ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/05/10 11:30:00 海外教壇実習体験記(台湾・趙 鍊徽さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
東呉大学(2018年3月)


2017年入学 大学院 言語教育 趙 鍊徽


私が台湾の東呉大学で実習させていただこうと考えた理由は、大学院で日本語教育に関する知識を蓄えている日々の中で、知識だけではなく、知識に基づいた授業の経験を積んでこそ、良い研究者また良い教師になれると思ったからです。
 東呉大学での実習プログラムは、他の実習プログラムのように教壇に立って日本語を教えるのではなく、昼休みと放課後の時間を利用し、「日本語クラブ」で活動を行います。日本語クラブは、決められた活動の流れがないため、比較的自由に教材を作り、実践できることに魅力を感じ、参加しました。

 メインの活動としては、フィールドワークを行いました。「日本語で台湾の食べ物を紹介する」というフィールドワークに向け、準備をし、実際に行うというのが最も大きな活動でした。フィールドワークが終わってからは、方言カードゲームと若者ことば、オノマトペ、読解などの活動を行いました。

 クラブの学生たちは、学年とレベルが様々だったため、活動が予定していたように進まず、試行錯誤の繰り返しで不安な時もありました。しかし、その度に、学生たちの笑顔や、感謝の言葉、学習意欲に励まされて2週間の実習を終えることができました。

 そして、実習プログラムでは日本語クラブの活動だけではなく、授業見学もさせていただきました。授業見学は、韓国で日本語を教えることを目指している自分にとって、ノンネイティブ教師の授業方法や海外で行われている日本語の授業を見学するという貴重な経験になりました。

 今回の実習プログラムに参加して感じたことは、学んだことを実際に使わせることの大切さです。当たり前のことですが、先生だけが頑張っていても学生がアウトプットできなければ意味がないということ、教えるだけではなくて、教えたことを使わせることの大切さを実感しました。

 東呉大学の「日本語クラブ」は、通常の大学の授業の環境とは異なり、学生との距離が近かったので気軽にコミュニケーションを取ることができ、学生との会話のキャッチボールを楽しむことができました。また、他の方々と協力して実習する大切さを学ぶ絶好の機会にもなり、今後、日本語教師として働いていくうえで、自分に良い経験と影響を与えてくれました。

 みなさんも是非実習プログラムに参加して、日本国内では経験できない貴重な経験をしてみてください。

  • カルタを使って方言を紹介
  • 日本語で街を案内してもらいました

Page top