ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/02/19 11:20:00 日本語学科での4年間(太田実優さん・2017年度卒業)

  • Category日本語学科卒業生の声
  • Posted by近藤優美子
太田実優さん
(卒業後の進路:日本語教師(国内))


卒業を前に、京都外大での思い出、就職活動、これからの展望を語ってもらいました!

Q 外大の日本語学科を選んだ理由は?
私は小さいころから教師になりたいと思っていたのですが、何の教師になるかはいまいちピンとくるものがなく、決めていませんでした。しかし、高校生の頃に日本語教師という職業を知り、外国人に日本語を教えるっておもしろそう!と思いました。それから、日本語教師になることができる大学を探し、外大の日本語学科を見つけました。外大は私の家からも通え、日本語教育も勉強できるので、ここに決めました。

Q 入学時の気持ちはどんな感じでしたか。
初めて国語ではなく、日本語の授業を聞き、とても面白いと思ったことを覚えています。今まで意識していなかったことについて考えることができ、とても面白かったです。日本語の授業のほかにも日本文化や漢文、書道の授業、と当たり前ですが、日本に関する授業ばかりで私の興味のあることをたくさん勉強することができ、とても楽しかったです。高校生のころは好きな英語や国語以外の数学や理科など苦手なことも勉強しなければなりませんでした。しかし、大学では好きなことだけを深く勉強できるので、入学したときとても新鮮で毎日学校が楽しみでした。

Q 進路の決断は?
私は在学中日本語教壇実習や日本語を教えるボランティアをたくさんしました。そのとき、実際に日本語を教え、とても大変でしたがそれ以上にとても楽しかったです。もちろん給与面のことや将来のことを考え迷った時もありましたが、働くならやっぱり楽しいほうがいい!と思い日本語教師に決めました。

Q 具体的な就職活動は?
私は大学3年生の秋ごろから日本語学校で宿題の丸付けなどをするアルバイトをさせていただいていました。4年生の夏ごろ、その日本語学校の先生に非常勤講師にならないか誘っていただき、そのまま就職が決まりました。

Q アドバイスがあればお願いします。
外大には、海外日本語教壇実習や日本語ボランティアなど、たくさんの日本語を教える機会があります。もちろん授業で日本語教育について学ぶことができますが、実際に教えることで学べることがたくさんあります。先生の実際の日本語の授業に参加したり見学させていただけたりもできます。全部楽しかったので、ぜひこの機会を無駄にせず、いろいろなことに参加してほしいです。

Q 今後の夢はありますか。
まだ非常勤講師なので、今後日本語教師としてたくさん経験を積み勉強し、常勤講師になりたいです。もともとは留学生に日本語を教えたい、留学生と話したいという思いだけだったのですが、在学中にたくさんの留学生と関わることで、留学生の助けになりたいと思うようになりました。
常勤講師になると日本語を教えるだけでなく、留学生にいろいろと関わることができます。常勤講師になって、いろんな留学生をサポートしたいです。
  • マレーシアの中学校で日本語授業実習
  • 釜山外国語大学で日本語教壇実習
  • 校外でも日本語ボランティアで経験を積みました

Page top