ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/01/23 14:00:00 夏期日本語海外教壇実習体験記(韓国・釜山・冨田青空さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
釜山外国語大学校(2017年9月)
2016年入学 日本語学科 冨田青空


この教壇実習では、日本語教育に関してはもちろん、韓国の文化などについて学んだことがたくさんありました。

釜山外大は「can-do」方式であるため教科書や元にする教材がありません。その中で教案を作り授業準備をするのは初めてだったのでとても大変でした。しかし、教科書の例文のような、普段の会話では使わない日本語を教える授業ではなく、「実際に私たちが使っているような日本語を話せるようになる」ことを目標に授業を考えていくのでとても新鮮で面白かったです。

私自身、今まで模擬授業しか経験したことがなかったので、「100分の教案を書くこと」「実際に日本語学習者を相手に授業をすること」全てが初めての経験でした。とても大変でしたがやりきったという達成感と自信が身につきました。この実習では、授業や模擬授業だけでは体験することのできない経験をすることができたと思います。

また、チューターや釜山外大の先生、学生たちとの交流もとても楽しかったです。韓国の学生、文化、生活についてなど、たくさんの話を聞かせてもらいました。また、私は第二言語で韓国語を専攻しているので韓国語や、ソウルの言葉と釜山の方言の違いを教えてもらいました。
 この実習期間中に、韓国と日本は文化面において、似ているようで似ていないところが多いなと思いました。それを一番感じたのは年齢による上下関係です。韓国の日本語クラスには1年生から4年生の学生が入り混じっていました。男子学生の中には兵役終わりの方もいて、年齢層は日本の大学のクラスより広かったです。私より年上の方もいたので、言葉遣いには気を配りながら実習を進めました。この2週間では、ただ遊びに行くだけでは知ることのできない韓国の文化に触れることができたと思います。

この教壇実習は私にとって、とても有意義なものだったと思います。2週間という短期間ながら、たくさんの先生の授業を見学さえていただき、様々な授業スタイルがあることを実感することができました。また、実習を通してとても自信がついたと思います。これから私は自分の授業スタイルを見つけ、もっと経験を積んでいきたいと思います。

釜山外大での実習はとても大変ですがそれより、ためになることが多いので、まだ自身のない人、挑戦してみたい人は是非チャレンジしてみてください。

Page top