ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2017/08/17 09:30:00 京都市日本語ボランティア体験記(高校・チームレッスン)

  • Category学科紹介
  • Posted by近藤優美子
日本語学科では、「日本語を教える」経験を積むために、様々なボランティア活動を紹介しています。その中の一つが、京都市教育委員会と連携した京都市の小・中・高校での日本語指導ボランティアです。

今回はそのうちの1つ、2017年春学期、約2ヶ月間の高校でのボランティアをご紹介します。

対象はブラジルからの交換留学生、京都外大の学生4人でチームを組み、1日1コマ50分、週4回の日本語レッスンを担当しました。今回は期間が短いことから、実際に学校や生活で使える日本語を意識したカリキュラムを組みました。
チームは日本語学科の学生3名と、日本語教育を副専攻とするポルトガル学科の学生1名で編成し、どうしても日本語で言えない!というもどかしさが解消できるよう配慮しました。

ボランティアレッスンを担当した学生の声です。

★2ヵ月という短い間でしたが、普段あまり触れ合う機会のない外国の高校生と話し、日本語を教えることはとても楽しかったです。どんな日本語を学びたいのか、それをどう楽しく教えるのかという点が難しかったですが、生徒さんはとても素直で役立つ日本語を教えると必死にメモを取ってくれ、楽しいときは笑ってくれました。ですから、どんな授業をすればよいか考える授業準備の時間も楽しかったです。
今回のボランティアでは実用的な日本語、楽しい授業について多く考えることができ、成長することができたと思います。貴重な経験ができたので、参加できて良かったと感じています。(日本語学科4年次 太田さん)

★最初の授業では、生徒さんの発話量がまだとても少なく、授業の8割を私が話して終わった事もありました。でも、徐々に彼の身近にある環境を把握しながら話題づくりをし、すぐに使える日本語を教えてあげられる様になると、みるみるうちに発話量が増え、楽しく勉強する事ができました。短期間で効果が見えるように教える、という体験ができ、私にとても良い勉強となりました。(日本語学科4年次 峯さん)

★私にとっては初めての実際の「日本語指導」だったので、最初は不安もありました。ですが、説明が日本語では分からないところはポルトガル語で説明し、お互いの学習言語を使うことで楽しく勉強できました。授業中、必死にメモをとり、覚えようとしている姿にとても感動しました。「日本語教師」のやりがい、これからの自分の課題を見つけることができたので、これからも日本語教育に励んでいきたいと思います。(ポルトガル学科3年次 松井さん)

Page top