ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2017/07/20 17:30:00 日本語学科授業 『実践日本語教育2』

  • Category学科紹介
  • Posted by近藤優美子
京都外大の日本語学科には「実践日本語教育1」「実践日本語教育2」「実践日本語教育3」の授業が用意されています。
「実践日本語教育1」で教案の書き方を学び、初級の文型導入・練習の短い模擬授業を行います。
「実践日本語教育2」では、日本語を習ったことのない職業訓練生に実際に日本語の授業を行います。

本年度はカリブ海のマルティニーク島(フランス領)からの職業訓練生7人に計7回の授業を2人1組の7チームで担当しました。
7回の教室授業の総仕上げは、みんなで祇園祭を見学しながら習った日本語を使うこと。

「生きた日本語を教える」この授業は、履修生にも訓練生にも得がたい経験となっています。何人かの履修生の声を紹介します。

★ 授業担当のパートナーと一緒に授業を作っていく中で、客観的に授業の内容を判断していくことが出来るようになったと思います。学習者の皆さんに伝わるように、興味を持ってもらえるようにと考え、習った日本語を使うアクティビティを多く組み込むなどの工夫をしました。
最後に学習者さんが自分で話そうとして、それが出来たときの喜びを見たとき、とてもやりがいを感じることができました。 
(2年次生 横山さん) 


★この授業では本当に自己成長が出来たと感じています。学習者の皆さんが日常でしっかり使えるよう、実際の場面を考えながら、かつ楽しく飽きさせない授業を90分・・・。本当に難しく、大変でした。何度もパートナーと考え直した教案が実際にやってみたらうまくいかないときもありましたが、学習者が授業を理解して、しっかり伝えられたときは、もう本当に嬉しかったです。
うまくいったところは自信に、うまくいかなかったところは自分の課題として今後に活かし、もっと「より良い授業をできるようになりたい」と思えた授業でした。 
(2年次生 小山さん)


★この授業を受けて、私は大きく成長することができました。90分間の授業の教案を作りあげるまで、本当に時間がかかりました。時間配分、「書く・読む・聞く・話す」の4技能のバランス、自由度が高いため考えなければいけないことばかりです。実際に空き教室で練習しては教案を修正するので、授業準備にかなり時間がかかります。決して楽な授業ではありませんが、授業の後には「やりきった」という達成感を得ることができる授業です。この授業で、日本語教師として必要な力がどのようなものかを学ぶことができたと感じます。 
(2年次生 中井さん)

  • 祇園祭の屋台で買い物ができるように練習!
  • 最後の授業のあとで
  • 祇園祭見学&フィールドワーク

Page top