ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2016/02/29 16:50:00 中川愛理さん(2015年度卒業)

  • Category日本語学科卒業生の声
  • Posted by北川幸子
中川愛理さん(卒業後の進路:京都外国語大学大学院進学)

卒業を前に、京都外大での思い出、就職活動の苦労、これからの展望を語ってもらいました!

Q:外大の日本語学科を選んだ理由は?
もともと小さい時から外国とかにかっこいいなっていうイメージがあったので、外大にしました。

Q:入学時の気持ちはどんな感じでしたか。
入学当初はあまり意識的に勉強していなかったんですが、だんだん勉強していく中で日本語教育っていうものが楽しいなって思えて、いいなって思ったんです。大学は高校の時とは違って自分で動かないと何にも始まらないので、そこはいろんなアンテナを働かせていました。

Q:進路の決断は?
日本語にはあまり興味がなかったんですが、日本語教育を勉強して楽しいなって思って、教壇実習とか留学をして楽しかったので、日本語教育の道で行こうと思ったんです。
日本語教育の道で行くんだったら、このまま今の勢いにのって勉強して、修士取って、そこから自分のしたいことをやってほうがいいんじゃないかなと思って大学院にしました。

Q:後輩へのアドバイスがあればお願いします。
留学やインターンシップには行った方がいいと思います。思っているだけじゃもったいないので、友達との関係も一人暮らしも、すべてにおいて、こうしたらいいなって思うことはなんでもやってみるのがいいと思います。失敗は大学のうちならなんとでもなります。

Q:今後の夢はありますか。
日本語の先生として頑張ることですね。これまでお世話になった人に返していきたいなと思います。これからもずっと日本語教師でやっていきたいので。体力がある限り、外で働きたいですね。

Page top