ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2016/02/29 16:20:00 中川彩香さん(2015年度卒業)

  • Category日本語学科卒業生の声
  • Posted by北川幸子
中川彩香さん(卒業後の進路:Uターン就職)

卒業を前に、京都外大での思い出、就職活動の苦労、これからの展望を語ってもらいました!

Q:外大の日本語学科を選んだ理由は?
高校一年生の時から海外に興味があって、大学行って勉強するなら国際系の学部に行きたいと思ってました。日本語学科を選んだのは高校三年生の時に国際系行くんやったら日本語教師っていうのもあるし、そういう方向に行くのもどう?っていうひとつの提案でそういう道もいいんかなって思って、選びました。

Q:入学時の気持ちはどんな感じでしたか。
最初から日本語教育に興味があって入ったわけではなく、海外に興味があって、留学とか、海外に行きやすいのは、浅はかな考えかもしれないけど外大かなって思って、制度とかも整ってそうやしって感じで外大に来たんです。なので一回生のころから日本語教育でちゃんとレジュメ作って黒板に書いて、発表するのは正直めんどくさいなって思うことはありました。高校まで、専門的な知識を学んでなかったので、入ってからが大変でした。

Q:進路の決断は?
私はとりあえず、一番最初に就職するってなったときに、絶対徳島県に帰りたいと思ったんです。日本語教師という仕事も、二回生三回生の頃は海外に教壇実習も行って楽しいな、魅力あるなと思ってたんですけど、一回社会経験を踏んで、今じゃなくてもいずれなれるかなと思ったので。一般企業でもいろいろな知識を勉強できると思ったので、一回社会経験して、考えるのもありだと思いました。

Q:具体的な就職活動は?
私は、この会社しか受けなかったんですが、説明会に行って、エントリーシートを送って、そこから二次審査が六月半ばにあって、そこで国語と簡単な数学と小論文の試験があって、三次は個人面接がありました。エントリーシートを見ながらいろいろ聞かれたり、徳島の特産のすだちがあって、これについて面接官に紹介してって言われて、日本語教育もやっていたし、面接官の人を外国人っていう設定にして、外国人にすだちをアピールするっていうのを即興でしました。最終面接は集団面接で、社会問題についてなどの質問があって、結果は八月の末ぐらいに出ました。

Q:アドバイスがあればお願いします。
ボランティア活動もやっておいたほうがいいと思います。入った時から就職活動のことを考えて行動したらいいと思います。
サークル活動にも参加したほうがよかった~って今思うので、入った方がいいと思います。
あと社会経験のために、接客のアルバイトをしたほうがいいです!絶対いい経験になります。

Page top