ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2016/02/16 11:40:00 大学院修了生の声6

  • Category大学院修了生の声
  • Posted by北川幸子
【王尤さん(2015年3月 博士前期課程修了)】
中国の長春出身。93年に来日し、日本語学校を経て、大学に進学し、経営学を学ぶ。卒業後、日本の企業に6年勤めたのち、結婚、出産を機に中国へ帰国。その後、中国の吉林華橋外国語大学で日本語教師に。今度は研究に取り組んでみたいと再来日。京都外国語大学大学院の一年制コースに進学され、博士前期課程修了後、現在は再び吉林華橋外国語大学に戻られ、ご活躍されています。

北川:大学院進学を決めた理由は?

王さん:中国の大学で日本語を教え始めたときは知らないことが多くて、同僚の先生から直接法の教え方など教えてもらったり、自分自身でも実践を重ねて、だんだんうまく教えられるようになりました。自分のキャリアを積み重ねていく中で、教えることは問題なくても、研究の能力を伸ばすのは独学では難しいと感じたんです。自分の書いた論文を見ても、レベルが低いように感じて。それで、大学院に進学しようと思いました。

北川:なぜ中国の大学院ではなく日本の大学院に進学しようと思ったんですか。

王さん:住んでいる町の近くにそのような専攻の大学院がなかったことと、やっぱり「日本語教育」「日本語学」の最新の研究は日本でしか勉強できないんじゃないかって、思ったんですよね。

北川:研究のテーマについて教えてください。

王さん:これは9年間、中国の大学で日本語を教えた経験から始まっているんですけど、どうしても学生たちの勉強の意欲に問題があると感じたんですね。ただ授業を受身的に聞いている学生は日本語がなかなか上手にならないんですよね。もっと文化に興味を持たせて、意欲を持って勉強してくれるようにできないかと、中国の大学の日本語専攻者に対する日本語教育のあり方について研究してみることにしました。

北川:当時、指導されていた日本語専攻の大学生はどんな目的意識で入学してきていたんですか。

王さん:そうですね。いろいろですけど、入試制度によって、勉強したくないのに日本語学科に割り振られたという学生もいれば、親の言いなりで入ったという学生、自分自身でも何を勉強したいかよくわからないままに人に勧められて入ってくる学生なんかもいましたね。もちろんアニメなどの影響で自分の意志で入ってくる学生もいましたけど、半分くらいでした。日本語や日本語の学習を好きになってもらうということが意味のあることだと、その当時から思っていました。

北川:どのように研究を進められたのですか。

王さん:日本文化教育というテーマではたくさん研究があるんですが、中国の大学の事情として、「もっと学生を解放してあげましょう」という政策に従わなければならないんですね。それで大学のカリキュラムの中で授業に割く時間がカットされて、日本の文化を学ぶような授業を組み込んでいくというのは非常に難しい状況なんです。そこで私が注目したのが、課外活動なんですね。大学院に入学する前に、日系企業に勤める日本人で空手の経験者の方に協力していただいて、半年間、空手の課外活動を行いました。実施前と後とで、学生の変化を見たんです。そしたら、考え方の変化、モチベーションの変化が見られて、さらに大学院に入ってから成績への影響を統計を用いて分析してみましたら、ちゃんと有意差が出たんです。嬉しかったですね。

北川:きちんと結果が出たんですね。

王さん:はい。実は大学には空手以外に13もの日本文化を学ぶ課外活動があるんですけど、あまり成績などへのいい影響がないんですね。今回の空手の課外活動の利点はいろいろありますが、ひとつは自己決定理論ですね。大学からやらされるものと、自分で自発的に取り組んだものとの差です。あとは、空手の講師の方の日本語を、できる学生が通訳すると、他の学生はかっこいいと思ったり、講師の方に対しても、お金も出ないのに一生懸命教えてくれて、いい人だなぁと尊敬するようになって、それが学習動機につながった、ということです。

北川:大学院在学中、一番大変だったことは何ですか。

王さん:時間が短かったことと、研究をやればやるほど、自分の配慮不足に気づいて、このテーマでやる意味があるのか、自己否定するようになって、一時期は本当に自信をなくしましたね。でも、先生が「自信を持ちなさい」と何度も励ましてくださって。9月末に帰国して最終データを取りました。これで、先行研究もデータも揃っていて、あとは書くだけと思っていたんですが、書き出してみると、文字数が増えすぎてしまって、最後はまとまらなくなってしまって。そのあとはカットしていく作業で、全体の構成を整えなければいけなくて、大変でした。

北川:王さんは一年制ですので短かったと思いますが、大学院での学び、収穫はどこにあったと思いますか。

王さん:これまでたくさんの教育実践を重ねてきましたけど、いろいろと気になる部分やこうじゃないかなと思ってモヤモヤしていた部分が、大学院の授業を通して理論的な支えを得ることができて、そうか、ここに答えがあったんだとか、こうすればよかったんだって、毎回の授業で発見がありました。解決までは至らなくとも、どこに問題があるのかということは理論的に説明できるようになりましたね。これまでは職場での教師同士の議論でも「たぶんこうだと思います」としか言えなかったのが、今後はきちんと論理的に説明できるようになると思います。

北川:帰国後はどのようなことに挑戦されたいですか。

王さん:大学院で学んだ、「学生を動かす」授業を私も実践してみたいと思います。学生の授業外での学び、その動機づけを工夫していきたいですね。あとは有効な論文指導の方法なども考えていきたいです。

Page top