ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2019/01/07 09:30:00 派遣留学(オランダ・野口晴菜さん)

  • Category派遣留学
  • Posted by近藤優美子
オランダ国立南大学(2017年~2018年)

2016年度編入 野口晴菜


オランダ最南端の街マーストリヒトは、安全で美しい街です。そこにあるオランダ国立南大学(ZUYD)には日本語学科があり、日本語教壇実習プログラムでの留学制度があります。
留学中の活動は主に、①一般の留学生と同じく、マーケティングやコミュニケーション、オランダ語の授業を受講する、②日本語学科の日本語授業を見学し、最終的には授業の実践を行う、③授業外で日本語学習を補助する機会をつくり運営すること、の3つです。

① 学科の授業を受講する
現地のオランダ人向けの授業をオランダ人学生と一緒に受けることは決して簡単なものではありません。しかし、単位互換のことを考えると、単位を落とすわけにはいかず、オランダ人学生に手助けをしてもらいながら必死についていきました。宿題も試験ももちろんあるのですが、レポートなどはこつこつと進め、試験勉強は授業内容をしっかりと把握しておけば、単位は必ず取ることができると思います。とても忙しい日々を過ごすことになりますが、授業を通して英語やオランダ語、その他の知識が着実に蓄積されていき、必ず自分のためになるとてもいい経験です。

② 日本語の授業の見学と実践
現地の先生方の日本語指導を、日本国内での指導との差異など多くのことを授業見学を通して学ぶことができました。授業実習では日本とオランダの文化の違いや、学生たちの学習姿勢など様々な要素を考えながら一から授業を作ります。授業は毎回とても緊張し、本当に自分の授業は学生たちのためになっているのか、自分はきちんと説明することができているのかなど、不安でいっぱいになるときもありましたが、授業後に「おもしろかったです!」や「もっと他のクラスでも授業してください!」などといってもらえたときは、とてもやりがいを感じます。

③ 授業外の日本語学習の補助
オランダ人学生と日本人留学生を集めて日本語と英語で会話をしてもらう「しゃべくり」や、日本語学科の1年生を対象とした「文化紹介ワークショップ」、個人単位で学生からの日本語学習に関する相談をうけたり個人レッスンをしたりする「オフィスアワー」などのイベントの企画と運営を行いました。
学生達の興味を持続させること、授業スケジュールと活動実施日の調整など、いかにイベントの企画や運営大変なものであるかを思い知りました。しかし、授業外でのTA活動は授業内では聞くことのできない学生の思いや考えに触れられ、より近くで親身になって学生に対応することができるとてもいい機会です。
ZUYDの日本語学科の先生方は、日本語教育に関する悩みを相談すれば一緒に解決方法を考えてくださったり、アドバイスをくださったりと、とても心強い味方です。また、授業の頻度や持ち時間への希望も尊重してもらえます。ですので、日本語教育に不安を感じている人や、自信が持てない人でも、安心して授業をすることができる、素晴らしい環境であるといえます。

プログラム全体をひとつの形容詞で表すならば、「忙しい」です。授業の予習・復習・宿題に加えて、日本語の授業と授業外の日本語補助の準備と実施、その後の反省や報告書作成などをしていると、瞬く間にオランダでの日々は過ぎていきます。早朝から学校に出向き、気が付けば1日が終わっていることもしばしばで、とにかく忙しいです。しかしその分、得られるものはとても大きいです。英語力を高めたい人にとっては、オランダ人学生と一緒に授業を受け、わからないことを質問したり授業外で交流したりすることは、とてもよい英語習得の機会になるでしょう。また、日本語教育の教壇経験をしてみたい人にとっては、アジア圏の学習者とはまた違ったオランダの学習者たちを前に、多くの授業経験が得られ、実りのある時間になります。この素晴らしい留学生活を送ってみるのはいかがでしょうか。

Page top