ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

海外教壇実習

2019/06/16 10:20:00 日本語海外教壇実習体験記(マレーシア・林つぐみさん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
ラジャトゥンアズランシャー中高等学校(2019月2月)

2018年度入学 日本語学科 林つぐみ


日本語学科1回生でまだ知識も経験も浅いままでしたが、思い切ってマレーシアの実習に申し込み、参加できることになりました。
私が参加してみたいと思ったきっかけは、入学直後の先輩たちの実習報告でした。絶対に行った方が良いといと感じ、元々、日本語教育に興味があったことから、海外で日本語を教えられる機会があるなら是非体験していてみたいと思いました。

ラジャトゥンアズランシャー中等高等学校は、全寮制で1〜5年生(13〜17歳)までの生徒がいます。日本語の授業は、副専攻として4言語(日本語、中国語、フランス語、アラビア語)の中から選択できます。生徒が日本語を選んだ理由は、日本のアニメや漫画、ドラマが好きなことや親戚が日本にいることが挙げられました。授業はマレー語と英語で行われているため、生徒は流暢に英語も話せます。
今回、マレーシアの中等高等学校を選んだ理由は、日常生活では英語でコミュニケーションがとれる点や日本語の授業が出来る点、10代の生徒と関われる点の3点です。実際に、この3点をラジャトゥンアズランシャー中等高等学校で体験することが出来ました。日本語を勉強している生徒には出来るだけ日本語で会話をしましたが、日本語を学んでいない生徒や先生、スタッフの方とのコミュニケーションは英語でした。そのため、会話力も向上しましたし、より英語を勉強して意思疎通出来るようになりたいという意欲が湧きました。英語だけでなく、マレー語も生徒に教えてもらいました。マレー語で覚えた単語を使って話すととても喜んでくれることが嬉しく、もっと覚えようという気持ちになりました。そしてこれは、日本語教育でも同じことだと感じました。覚えた日本語を使った生徒に対して、反応良く応答すると学習者の学習意欲の向上に繋がります。このように、生徒から学びながら日本語の授業を作りました。
少ない知識の中で、私は今まで習った知識を振り絞り分からないところは現地の日本語の先生に相談して授業を作りました。その成果は、生徒の様子をみて判断します。理解できていない部分では、反応は薄いですが、理解できると顔が明るくなるのが分かるくらいに目が輝きます。その顔にするために、今後の大学生活で知識を蓄えて授業作りが出来るようになるのが、今後の目標です。今回、教壇実習に参加したことで今後の課題と日本語教育に対する興味がより増しました。また、これからが楽しみです。

  • 文化紹介での写真
  • 最終日の夕食の前に、生徒お別れのケーキのプレゼント
  • 最終日に5年生からお別れの日本語でのメッセージ

2019/05/16 10:20:00 日本語海外教壇実習体験記(台湾・倉本萌由さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
東呉大学(2019月3月)

2016年度入学 日本語学科 倉本萌由


私は今回、台湾の東呉大学で2週間実習させていただきました。ちょうど1年前にマレーシアのラジャ・トゥン・アズラン・シャー科学中高等学校での教壇実習プログラムに参加し、今回が2回目の教壇実習でしたが、教える対象や年齢、学習者のレベルや学習目的、実習内容など1年前と異なるものばかりでした。

東呉大学での実習の一番の目的は、日本語クラブを運営し、週末の1日を使いフィールドワークを行うことです。実習のメインが教壇に立つことではなく、クラスの運営・フィールドワークの実施というのは他の国の実習にはなく、興味深かったので参加を決めました。実習前にどのようなフィールドワークを行うか、その内容をクラブ内でどう説明するか、注意しなければならないことは何かなどを実習生3人で考えました。今回は「日本人を案内する台北ツアー」をテーマにそのツアーの中で行く場所や食べる食べ物を1人1つ選び、その歴史や成り立ち、作り方など紹介してもらうというものにしました。紹介文を書き始めるところから原稿を見ずに紹介できるようになるまで、予想していなかった問題点が見つかり、準備の方法や授業を進める際のパフォーマンスを変えることでもっと学生達がスムーズに取り組めることができたかもしれない、と自分が反省しなければならない部分もたくさんありました。それでも当日どのチームも無事にフィールドワークを終え、学生達の楽しかったという言葉や日本語で自分の国の歴史などを紹介できるようになって嬉しいという言葉を聞いたときはとても嬉しかったですし、このプログラムに参加してよかったと強く感じることができました。

日本語クラブに参加する学生は、全員が自らの意思で参加を決め参加してくれています。積極的な分、しっかり準備をしておかなければ大変な部分はありますが、学生と近い距離で長い時間を過ごせるというのはこの東呉大学での実習のいい部分だと感じました。また、実習生3人で協力しあって日本語クラブを運営していかなければならないので、協調性も高められると思います。事前学習や出発までの期間は大変なことの方が多いですが、参加すれば必ず日本語教育の面でも、人としても成長できますし、必ず何か得ることができます。将来日本語教育を目指している人はもちろん、何かに挑戦してみたい人も是非このプログラムに参加してみてください。

2019/04/16 10:20:00 日本語海外教壇実習体験記(マレーシア・蘆川玲奈さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
ラジャトゥンアズランシャー中高等学校(2019月2月)

2018年度入学 日本語学科 蘆川玲奈


マレーシアのペラ州タイピンにあるラジャトゥンアズランシャー中高等学校で2月23日〜3月10日の16日間、日本語教壇実習をさせていただきました。

このプログラムに参加にするにあたって、1回生であるということがかなりの不安要素でした。私にとってはこれが日本語を母語としない方へ授業をする初めての機会であり、まだ知識も経験も少なく、本当に授業ができるのかどうか不安でした。ですが、入学してから留学生に日本語を教えるボランティアや、SkypeやLINEで日本語学習者と会話をするボランティアに積極的に参加してきました。その中で学んだもの、得たものが非常に多く、経験を重ねることの重要さを感じたため、更に経験を重ねていこうと思い、このプログラムへの参加を決心しました。

今回実習を行ったラジャトゥンアズランシャー中高等学校は5学年あり、各自が言語を一つ選択して勉強します。その言語の一つとして日本語があります。日本語を選択した理由は、日本文化に興味がある、日本で勉強をしたい、簡単そうなどと人それぞれです。しかし、全員が真剣に授業を聞いている印象がありました。
今回の実習で私が最も苦戦したのは言葉の壁でした。想像以上に伝わりません。うまく伝えることができません。生徒は真剣に授業を聞いてくれます。理解しようと一生懸命に考えてくれます。それにもかかわらずうまく伝えることができない、分かりやすく伝えることができない自分の力不足に絶望しました。しかし、その分うまく伝わったときの生徒の反応がとても嬉しいのです。生徒は積極的に日本語を話してくれ、授業外でも生徒となるべく多くの日本語を使って会話をしていると、覚えた日本語、文法を使ってくれました。何かを教えるということの悦びを改めて実感しました。

私は人とコミュニケーションを取ることがあまり得意ではありません。実習中、正直、私はこの仕事に向いていないのではないかと感じることもありました。苦しいことも悩むこともたくさんあった実習でしたが、今後の大学生活をどう過ごすか、すべきことは何か分かった気がしました。私はこの実習に参加して本当に良かったと思っています。経験してみないと分からないことがたくさんあります。この実習で初めて気づいたこと、得たものがたくさんあります。それが何かはご自身で見つけに行ってみてください。迷ったら挑戦してみてください。きっと何かが変わります。

2019/03/26 10:20:00 海外教壇実習体験記(台湾・片岡 那月さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
東呉大学(2019年3月)

2017年入学 日本語学科 片岡那月


今回、実習先に台湾・東呉大学を選んだ理由は、他の実習先と異なり授業という形ではなく日本語クラブを通して活動する点、そのため学生との距離が近い点にあります。

日本語クラブは、授業に入り教壇に立つのではなく、お昼休みと放課後を利用して日本語を使った活動をするというものです。実習期間の中間に日本語で台湾を案内するというフィールドワークを入れたので、1週目はフィールドワークに向けての活動を行い、2週目は実習生それぞれが考えた日本語を使った授業を行いました。
教科書は無いので、自分たちでワークシートを考えて用意しましたが、どのように工夫したら学生に伝わるのか、たくさん書いてもらえるか等を考慮して作成するのは簡単ではなく、1~2行しか書いてもらえない事もあり、難しいものでした。

日本語クラブの学生さん達とは、事前にスカイプやLINE電話で会話をしてレベルを把握しておくのですが、電話越しで話す事と実際に会って話す事では印象が大きく異なり、非常に面白かったです。会話のレベルは高い学生が多く、会話にはあまり苦労しませんでした。ですが、作文の添削部分を説明する時には説明の意味を理解してもらえず、非常に大変でした。学生さんに理解してもらえるように教える事は本当に難しい事だと実感しました。

現地の実習経験以外にも、先生方に送るメールのマナーや計画・準備の大切さを学びました。チームワークが不可欠の実習でしたので、チームの2人と綿密に連絡を取って計画を立てたり、ミーティングを開き、役割分担をして準備をする等、行く前に出来る事は全てしようと決めていました。そのおかげで実習ではバタバタせずに活動を行う事が出来ました。

1年生の頃からこのプログラムに参加したいとずっと思っていました。参加して得た事は多くあります。また、考えさせられる事も多くありました。自分の実力や日本語教師の現状を痛感しました。しかし、私にとってこの実習は非常に良い経験でした。チームの2人と意見を出し合う事や授業見学も為になる事ばかりで、本当に楽しい日々でした。参加して終わりではなく、ここから様々な事に活かしていきたいです。

事前準備、教案作成は大変かもしれませんが、貴重な経験になります。参加して本当に良かったと実感しました。本当に楽しい日々を送る事が出来ました。参加してみたいと考えている人は是非参加してください!
  • 授業見学に入ったクラスの学生さんとも親しくなれます
  • 休日は学生さんが街を案内してくれました
  • 日本語クラブの学生さん達と

2019/01/28 11:20:00 夏期日本語海外教壇実習体験記(韓国・釜山・山野夏実さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
釜山外国語大学校(2018年9月)
2017年入学 日本語学科 山野夏実


私は夏休みを利用して釜山外国語大学での海外教壇実習に参加しました。
釜山外大の実習は,お茶の水女子大学,名古屋外国語大学,そして京都外国語大学の三校が集まって行われます。

釜山外大はCan-do statementsという授業方法が採用されていて,教科書は特にありません。場面を重視して、自分で場面を考えます。私は「自分と身近な人々」というトピックをさせて頂きましたが,どんな時に身近な人の話をするのか等色々考えました。この授業方法は,私が学んだ方法と異なるためとても苦労しました。
授業は50分×2コマを週に二つ,合計200分です。一つのトピックで200分も授業をしたこともないため,何をどのタイミングでどうすればいいのか考えることがたくさんあり、とても悩みました。

大学ではチューターという現地の学生がバディのような形で関わってくださいました。チューターの存在は私にとって大きく,様々な場面で助けて頂きました。


事前学習の段階から,春学期のレポート・テストのとても忙しい時期で「なんでこの実習に参加しようと思ったのだろう」と後悔をしてしまう程大変でした。しかし,いざ渡韓すれば後悔など一切無くなりました。頑張ろうと思えました。

「実習に参加できるのは今しかない」と少しの勢いで申し込みをしましたが,これを大事に今後も積極的に大学生の今しかできないことを取り組んで行きたいです。
実習で苦労したことや頑張ったこと,お茶の水女子大学と名古屋外国語大学の方々と交流できたこと,全部実習に参加したからこそできた経験だと思います。釜山外国語大学の教壇実習に参加できてよかったです。

Page top