ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS


2017/10/17 09:00:00 夏期海外教壇実習体験記(オーストラリア・川端恵梨子さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
オーストラリア国立大学 (2017年8月7日~25日)
2015年度入学 日本語学科 川端恵梨子


 私は今回、「学べることは全て学ぶ、吸収できるだけ吸収して帰ってくる」という意気込みで実習に臨みました。海外の生の日本語教育の現場に参加させていただけるという貴重な機会を余すことなく自分の糧にしたかったからです。

 今回の教壇実習で担当させていただいたのは会話中心のSpoken Japanese 2という科目のうちの会話練習クラスでした。月・火曜の講義で勉強した文法や表現を水・木曜日にペアワーク中心の授業で練習します。学生さんの会話例の発表にフィードバックするのは難しかったですが、日本人相手の模擬授業ではそうそう経験できないことなのでやりがいがありました。

 教壇に実際に立ったのは実習2週目と3週目、計7回です。会話練習クラスは発話の機会が増えるように少人数クラスになっており、教師は一日に同じ内容の授業を何度もします。同じ内容の授業を2回ずつ行なったので、1回目で失敗したことなどを反省し2回目に活かすことができ、改善できた時には大きな達成感を得ることができました。

また、担当クラス以外の授業にもできる限り多く参加し、先生方がどうクラスコントロールをし、どのような工夫がなされているのか、学生たちの反応はどうかなど、気付いたことは何でもメモを取りながら見学していました。ありがたいことに、参加した授業の中で先生が「実習生の皆さんはどう思いますか?」などと話を振ってくださったり、ご指示を受けて授業の一部を担当させていただいたり、インタビュータスクに協力したりと教壇実習以外でも貴重な経験ができ、とても有意義な時間が過ごせました。

 この海外日本語教壇実習プログラムは、将来日本語教師になりたいと考えている人、少しでも日本語教育に興味のあるという人にはぜひ参加してみてほしいなと思います。
実際の教育現場で教壇に立つのが不安だという人も、「実践日本語教育1・2」といった模擬授業の科目や推進室での事前学習で日本語教育の基礎をきちんと学んでおけば、そして何より熱意があれば、実習先の先生方は丁寧に指導してくださるので心配はないと思います。
 私も入学当初は「海外行くのって勇気要るな」と自分からは遠いことのように思っていました。しかし、今回の実習を終えて「勇気を出して参加してよかった、大きく成長できた」と心から感じています。ぜひ、チャレンジしてみてください。

2017/10/02 09:50:00 日本語海外教壇実習体験記(マレーシア・山本紗也香さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
ケパラバタス中等・高等学校(2017月8月)

2015年入学 日本語学科 山本 紗也香


私は、今回マレーシアのケパラバタス中等・高等学校で教壇実習をさせて頂きました。マレーシアでの教壇実習では、たくさん学ぶことがありました。

まず一つは、授業スタイルの違いです。教壇実習への参加は、今回で二度目でした。しかし、今回は前回とは異なり、海外の中学生や高校生に日本語を教えるという初めての挑戦でした。
中学生は大学生の授業とは異なり、講義形式の授業を続けてしまうと飽きてしまうため、授業内にたくさんのアクティビティやゲームを入れて授業をしていました。
毎日生徒たちのためになる、生徒たちに楽しみながら日本語を勉強してもらうアクティビティを考えるのは大変でしたが、生徒たちの分かった!という顔や楽しんでくれている顔を見ると、とてもやりがいを感じました。

二つ目は、マレーシアの文化についてです。マレーシアは、マレー系、中華系、インド系など様々な民族が共に暮らしている国です。そのため、食べ物は様々な国のものを食べることができました。
また、それぞれ宗教が違いますが、お互いの宗教を尊重しあって暮らしているのもマレーシアの特徴だと思いました。
担当の先生からマレーシアの様々な話を聞いたり、色々なマレー料理を食べに連れて行ってもらったりすることで、普通のマレーシア旅行とは異なり、様々なことを学ぶことが出来たと思います。

マレーシアの生活では、日本での日常と異なり戸惑うこともたくさんありました。特に時間にあまり厳しくないマレーシアの国民性は、初めはとても驚き、慣れるまでかなりの時間がかかりました。しかし、生活していく中で、マレーシアの方のそのような国民性があるからこそ、皆さん優しく私たちに接してくださるということが分かりました。
マレーシアに二週間滞在するからこそそのような国民性を知ることができ、貴重な経験が出来たと思います。

私は、今回の教壇実習で自分なりにかなり成長をすることが出来たと思います。それは、もちろん日本語教育という面においてもですが、一人の人として海外でかなりの経験をすることが出来たからです。

海外での生活は普段の生活とは異なり、戸惑うこともたくさんあると思いますが、必ず自分のプラスになると思います。自分を何倍も成長させたい人にとって、この海外教壇実習はとても魅力的だと思います。皆さん、是非参加してみてください。

2017/09/20 08:50:00 日本語海外教壇実習体験記(マレーシア・山本遙菜さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
ケパラバタス中等・高等学校(2017月8月)

2015年入学 日本語学科 山本 遙菜


夏季休暇の2週間を利用して、マレーシアのケパラバタスにある中・高等学校で実習をさせていただきました。以前、私は台湾での教壇実習に参加したことがあるので、台湾での経験を活かし、そのときの課題を克服することをを念頭に今回の実習に臨みました。

まず始めに私が驚かされたのは、日本とマレーシアの文化の違いです。ガイドブック等を利用して文化については勉強していたつもりでしたが、いざ現地に着いてみるとひしひしと肌で異文化を感じるました。日本では当たり前の事がマレーシアでは当たり前ではなかったり、そのまた逆も然り…。こういった異文化体験というものは、現地に行ってみないことには中々経験できないものです。このような体験が出来るというのも、教壇実習の魅力の1つではないかと思います。

夏季のマレーシア教壇実習では、主に中学生を対象に授業を行います。生徒たちは、英語の次に学ぶ第二言語として日本語を勉強しています。実習期間中は、中学1・2・3年生を担当させていだだき、ほぼ毎日1クラス~2クラスの授業(60分)を受け持っていました。2週間という短い期間の中で、こんなにも授業をしたのは初めてでした。実習を共にしている仲間と夜遅くまで教案や教材を作ったり、時には授業案がどうにもまとまらなかったり…。ですが、生徒たちが楽しそうに授業に取り組んでくれる姿を思い浮かべると、授業づくりは全く苦ではありませんでした。むしろ、楽しい授業作りためには妥協を許さないという気持ちで取り組めました。
また、授業中には子供たちが楽しめるようにゲーム感覚で楽しめるアクティビティも用意していました。アクティビティを通して、生徒たちが楽しそうに日本語を話している姿には心が打れました。その他にも日本文化体験ということで茶道体験をしたり、ソーラン節を踊ったりもしました。ただ単に机に向かって勉強するだけではなく、体験を通して日本を知ってもらう機会を設ける事が出来て良かったです。

今回この教壇実習に参加して日本語教育についてはもちろん、マレーシアの文化についても学ぶことが出来ました。振り返ると、怒涛の2週間で授業作りに追われながらの生活を送り、大変なこともたくさんありました。ですが教壇に立って生徒達のキラキラした目をみると、そのような大変だった思いや疲れは吹き飛びます。そして心から楽しいと感じながら授業をすることが出来ました。このような貴重な体験は、現地に行って日本語を教えなければ味わうことは出来ません。日本語教育を通して、このような体験をしてみたいと思った方は参加してみてはいかがでしょうか。

2017/08/17 09:30:00 京都市日本語ボランティア体験記(高校・チームレッスン)

  • Category学科紹介
  • Posted by近藤優美子
日本語学科では、「日本語を教える」経験を積むために、様々なボランティア活動を紹介しています。その中の一つが、京都市教育委員会と連携した京都市の小・中・高校での日本語指導ボランティアです。

今回はそのうちの1つ、2017年春学期、約2ヶ月間の高校でのボランティアをご紹介します。

対象はブラジルからの交換留学生、京都外大の学生4人でチームを組み、1日1コマ50分、週4回の日本語レッスンを担当しました。今回は期間が短いことから、実際に学校や生活で使える日本語を意識したカリキュラムを組みました。
チームは日本語学科の学生3名と、日本語教育を副専攻とするポルトガル学科の学生1名で編成し、どうしても日本語で言えない!というもどかしさが解消できるよう配慮しました。

ボランティアレッスンを担当した学生の声です。

★2ヵ月という短い間でしたが、普段あまり触れ合う機会のない外国の高校生と話し、日本語を教えることはとても楽しかったです。どんな日本語を学びたいのか、それをどう楽しく教えるのかという点が難しかったですが、生徒さんはとても素直で役立つ日本語を教えると必死にメモを取ってくれ、楽しいときは笑ってくれました。ですから、どんな授業をすればよいか考える授業準備の時間も楽しかったです。
今回のボランティアでは実用的な日本語、楽しい授業について多く考えることができ、成長することができたと思います。貴重な経験ができたので、参加できて良かったと感じています。(日本語学科4年次 太田さん)

★最初の授業では、生徒さんの発話量がまだとても少なく、授業の8割を私が話して終わった事もありました。でも、徐々に彼の身近にある環境を把握しながら話題づくりをし、すぐに使える日本語を教えてあげられる様になると、みるみるうちに発話量が増え、楽しく勉強する事ができました。短期間で効果が見えるように教える、という体験ができ、私にとても良い勉強となりました。(日本語学科4年次 峯さん)

★私にとっては初めての実際の「日本語指導」だったので、最初は不安もありました。ですが、説明が日本語では分からないところはポルトガル語で説明し、お互いの学習言語を使うことで楽しく勉強できました。授業中、必死にメモをとり、覚えようとしている姿にとても感動しました。「日本語教師」のやりがい、これからの自分の課題を見つけることができたので、これからも日本語教育に励んでいきたいと思います。(ポルトガル学科3年次 松井さん)

2017/08/10 11:50:00 インターンシップ体験記(マレーシア・ペナン・中川 愛理さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
マレーシア国立科学大学(2016年3月)



2017年入学 大学院 実践日本語教育 中川愛理


マレーシアで実習させていただこうと考えた理由は、大学院卒業後、日本語教師として働き続けることを考えたときに東南アジアでの日本語教育について知っておくことは自身にとってプラスになると考えたからです。私は、大学2年生のときにオーストラリア国立大学での日本語教壇実習に参加し、大学3年のときにはオランダ国立南大学で1年間ティーチングアシスタントをさせていただく機会もいただきました。今回のマレーシアは3度目のチャレンジでしたが、何度行ってもやっぱり海外って、日本語教師って面白いです。

今回、2週間の滞在ではありましたが、本当に多くの授業を担当させていただき、現地の先生や学習者との交流の中で、また新たな自分を見つけることができました。また、初めて教壇に立ったオーストラリアでは緊張しながら教壇に立ち、現地の先生に「授業をするときは、自分が一番楽しまないと!!」と言われた私ですが、今回の実習では堂々と一人で授業をしている自分に気づき、自身の成長も感じることができました。

しかし、今回実習を行った国立マレーシア科学大学には、主専攻で日本語を勉強している学習者はおらず、副専攻、もしくはオプションで日本語の授業を履修している学生が多かったため、自分がこれまで指導してきた学習者とはニーズや教師に求めるもの異なり、戸惑うことも多くありました。それでも、現地の先生や学生に支えられながら、なんとか授業を終えることができました。

また、マレーシアにはイスラム教の方が多く、宗教面での異文化も強く感じました。イスラム教の女性は肌を多く露出してはいけません。食事をするときも、左手は「不浄の手」と言われているため右手を使って食べます。また、男性と女性はハグはもちろん、握手もしてはいけません。男女が一緒に行動をすることもあまり好ましくないそうです。初めは慣れない文化に驚くこともありましたが、また新しい知識や経験を得ることができました。

今回の実習を通して、どんな国にも、どんな人にも、柔軟に、臨機応変に対応できる、そんな日本語教師、人になっていきたい!!ということを強く感じました。新しいチャレンジをするときはいつも緊張しますし、不安にもなりますが、やってみたら意外とできちゃったりします。どんなことにも壁や限界を作らず、私自身、今後も多くのことにチャレンジしていきたいです。

日本語学科には多くの留学プログラムがあります。
みなさんも是非!チャレンジしてみてください。

Page top