ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS


2016/01/25 13:00:00 大学院修了生の声3

  • Category大学院修了生の声
  • Posted by北川幸子
【古澤純さん(2015年3月 博士前期課程修了)】
地元、愛知県の大学では文学部に在籍していた古澤さんですが、「言語」と「教育」への関心から本学の大学院へ進学されました。現在は、京都市内の私立高校で国語教師をされています。

北川:大学院進学を決めた理由は何ですか?
古澤さん:地元の大学(学部)では、文学部に在籍し、国語教師になるための勉強をしていました。2年生のときに国際学部という他学部の授業を受ける機会を得て、「日本語教育研究」という授業を受けました。その授業の最初の回で、先生が「この授業は国語教員を養成するための授業ではありません」とおっしゃったんです。それを聞いたとき、「あっ、間違えた」と思いました。そのときの僕は、「日本語教育」という世界を知らなかったんですね。その日から、「だまされた」と思いつつも受講し続けたんですが、毎回の授業が新鮮だったことを今でも覚えています。普段、当たり前に使っている日本語を外国語として学ぶ人の視点から見ると、まったく違ったふうに見える。鏡のない世界のひとが、初めて鏡を手にいれて、「ああ、僕ってこんな姿をしていたんだ」といった驚きに似ているかもしれません。そこから日本語教育への興味をもちつつも、国語教師の夢はそのままに卒業の年を迎えました。このまま教壇に立つか、大学院にいって学問をするか悩んだとき、単純に「もっと知りたい!」と思って大学院進学を決意しました。国語教師としての視野を広げるために、日本語教育が学べる本学の大学院に進学を決めました。

北川:大学院に入るまでは日本語教育ではなく国語ばかり?
古澤さん:先ほどの他学部の先生に勧められて地域の日本語教室で二年ほどボランティアで教えていたことがあります。愛知県は外国人集住都市のひとつで、南米地域の人が多いのが特徴です。そのときは日本語教育能力検定試験の勉強をしながら手探りで教えていました。

北川:大学院での研究テーマは?
古澤さん:「「名詞+ヲスル」構文の機能」というテーマで、日本語の文法を研究しました。この研究は明日すぐに役立つという「実践的な研究」ではないのですが、この研究を通して、「じっくり考える」ということが身についたと思っています。目の前の言語データを分析する目は、学習者の発した誤用を分析する目にもなると考えています。「基礎的な研究」も教師になるための大切な勉強だと思えたからこそ、「地味な研究」も続けられたのかもしれません。

北川:二年間で大変だったことは?
古澤さん:大変だったと思ったことはありません。院生仲間との自主ゼミ、推進室主催のニケの会、学部生と院生からなる文法勉強会、また、読書会など様々な会を掛け持ちしましたが、大変だったとは思いませんでした。いろんな人と議論することは、ただただ楽しかったです。また、院生みずから会を主催するというのも大事なんだなと思いました。大学院というところは主体的に学びの機会を得ることも大切なことであると考えています。

北川:自分自身の成長、大学院での収穫をどのように感じていますか?
古澤さん:自分の「専門」を語れるようになることではないでしょうか。先行研究が明らかにできていないことを発見して、自分がそれを明らかにしてやろうと思って、修士論文を執筆する。そうやって研究を進めていくと、その研究分野への愛着がわき、「分かった!」という喜びから、自分自身の「自信」に繋がっていきました。学部のときと決定的に違うのは、この研究が自分の「専門だ!」と自信をもって言えることです。また、そうして得た「研究者の視点」を私たち教師は、教育現場に生かすことを考えていかなければならないと思います。

2016/01/21 14:30:00 春のインターンシップの事前学習を行っています

  • Category海外教壇実習
  • Posted by北川幸子
 今年度、春のインターンシップ(海外教壇実習)には5名の日本語学科生が参加します。また、来年度には国内派遣留学で長崎へ行く学生が1名います。現在、その6名を対象に、事前学習会を行っています。
 事前学習会では、日本語教師として教壇に立つ上で知っておくべき基礎的な知識はもちろん、どのように授業を組み立て、実際にどのように教えるのかなど、実践的な内容をグループ活動などを通して主体的に学びます。
 今日は日本語学科の長濱先生にご指導いただき、模擬授業を行いました。今回の模擬授業では、シートベルト着用が義務化されたことを報じる新聞記事を使って、各自が読解授業を準備しました。一度目のリハーサルでは、文章を音読させて文法を軽く確認するだけの授業などが多かったのですが、そのあとの振り返りの作業で「この授業を通してどのような能力を身につけさせたいのか」、目的をはっきりさせたほうがいいという話が出ました。他にも、学習者の視点で、どのように説明すればわかりやすくなるのか、どのようなタスクにすると手ごたえを感じてもらえるのかなど、もう一度授業案を推敲する必要が出てきました。
 今日、二度目となる模擬授業では、しっかり準備をしてきた自信がそれぞれの表情に表れていました。最初の導入部分では、車の事故を想定した講習会の動画を見せる学生や、自分自身が教習所に通っている話をする学生がいて、それぞれに学習者の関心を引く工夫ができていました。また、ルビありとルビなしのプリントを効果的に使い分けたり、単語の言い換え練習を入れたりなど、語彙の深い理解、習得を意識したタスクが考えられていました。台湾、長崎での実習もこの調子で頑張ってほしいと思います。

2015/11/12 15:10:00 派遣留学(韓国・草川保奈美さん)

  • Category派遣留学
  • Posted by北川幸子
仁川大学(2013年~2014年)
2012年入学 日本語学科 草川保奈美


 私は日本語学科に入学してすぐ、日本語教育実習ができる派遣留学の存在を知りました。派遣留学から帰ってきた先輩に直接お話を伺い、興味を持ち、私も留学したいという気持ちを持ち始めました。日本語学科が派遣留学で申請できる国はオランダや韓国などがあり、私が韓国を選んだ理由は韓国語に関心があったからです。日本語と似ているといわれている韓国語ですが、韓国人はどのように日本語を勉強しているのか。また、日本語学習者の多い国である韓国ではどのような日本語教育が行われているのか知りたいという思いから、仁川大学を選び、韓国語の勉強も始めました。
 もともと韓国ドラマやK-popに関心があった私は韓国語の勉強も苦ではなく、楽しく留学生活を送っていました。授業の中で韓国語母語話者が誤りやすい文型や単語、言い回しなどを知り、それは私たち日本語母語話者が韓国語を話す際にも見られる母語干渉による誤用がたくさん出てきました。そしてそれらを疑問に思い、私に質問に来る学生も少なくはありませんでした。しかし、すぐ答えられるようなものではなく、ハンドブックや教科書を見ながら答えていました。そうして毎日を過ごすうちに、だんだん日本語の特徴や韓国語との微妙な語感の違いがわかっていき、もっと知りたいと思えるようになりました。また、日本語を勉強する学習者ともっと関わりたいと思い、仁川の中高生を対象にした日本語キャンプにも参加させていただきました。そこでは日本の音楽に興味がある学生や漫画・アニメが好きな学生など動機は様々ではありましたが、日本語を熱心に学ぶ学生たちの姿がありました。私はさらに日本語を勉強したいと思うようになり、同時に韓国語ももっと知りたいと思うようになりました。
 留学は楽しいだけではなく、実際に現地の授業や課題をこなさなければならず、慣れないことだらけで苦労もたくさんしました。しかし、それらを乗り越えれば、今まで見えてこなかったものが見えてきたり、それらに興味を持つようになったりします。そしてそれらは、留学していたからこそ見えてくるものであり、日本にずっといたらわからなかったことだろうと今では思います。みなさんも少しでも興味があるのであれば、ぜひ留学をしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、なにか新しいものが見えてくるかもしれません。私の体験を読んで、少しでも多くの人が留学に興味を持ってくださることを願います。ご精読ありがとうございました。
  • 仁川大学日本語学科が使っていた棟
  • 中高生対象の日本語キャンプの様子、たこ焼き体験
  • 中高生対象の日本語キャンプの様子、浴衣体験

2015/11/11 11:10:00 インターンシップ体験記(台湾・太田実優さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by北川幸子
東呉大学(2015年9月6日から9月13日)
2014年入学 日本語学科 太田実優


 私は2015年9月6日から9月13日までの約一週間、同年次生二人と台湾の東呉大学で海外日本語インターンシップに参加しました。私が参加した東呉大学のインターンシップは他とは異なり、教壇実習はなく、主に授業見学のみです。なので、日本語教師になりたいが、まだ授業をする自信がない方や海外の日本語の授業を見学したい方にはおすすめのインターンシップです。
 実習内容は、日本文化プレゼンテーションと授業見学があります。日本文化プレゼンテーションでは、私は日本の家の文化やマナーについてクイズ形式で紹介しました。台湾と日本は近いので、東呉大学の学生はとてもよく日本について知っています。なので、題材選びには苦労しましたが、結果は学生にとって新しい情報だったのもあり、楽しんでもらえました。このプレゼンテーションは約六十人のクラスで行いました。このような大人数の前でプレゼンテーションを行ったのは初めてで、とても緊張しましたが、とても良い経験になりました。授業見学では、日本語文法や日本語会話、ビジネス日本語など様々な先生による様々な授業を見学することができました。中でも、一番印象に残っている授業は、二年生の日本語会話の授業です。この授業では、私たち実習生三人と学生三十人が三つのグループに分かれて、学生の方が実習生にインタビュー形式で質問をするという授業内容でした。この授業のおかげで多くの学生の方と話すことができ、とても楽しかったです。また、楽しいだけではなく、台湾の学生が聞き取りにくい音や難しい日本語の説明方法を学ぶことができたので、この授業に参加することができてよかったです。
 私は台湾に滞在中は留学生用の寮に泊まりました。寮は四人部屋で私は三人の中国人の方と一週間過ごしました。私は中国語を話せないので、会話手段は英語です。外国人の方と話したことがほとんどなかったので、最初はとても緊張しましたが、ルームメイトは三人ともとても優しくて、すぐに仲良くなりました。四人で夕食を食べに行ったりもし、一週間はとても楽しく過ごすことができました。
 最後に、私は今回のインターンシップを通じて一番成長したのは、コミュニケーション能力だと思います。日本語を勉強している学生や寮のルームメイトなど多くの外国人の方と話すことができました。また、大人数の人の前で話したりもしました。このような機会はとても貴重で、自分にとってとても良い経験になりました。このインターシップに参加することができて本当によかったです。このような機会をくださった方々や協力してくださった方々にはとても感謝しています。ありがとうございました。
  • 東呉大学
  • 日本語会話の集合写真
  • 寮の部屋

2015/11/09 11:20:00 インターンシップ体験記(オーストラリア・嶋野安沙美さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by北川幸子
オーストラリア国立大学(2015年8月9日~31日)
2013年度入学 日本語学科 嶋野安沙美


 オーストラリア国立大学(ANU)は首都キャンベラにあります。首都と言っても、人工都市なのでとても静かで勉強にはとても最適な場所であると感じました。私たちは4名でANUへ行き実習や授業見学など様々なことを経験しました。
 最初に実習についてです。私たちが担当したのは2週目と3週目の水曜日・木曜日でした。1コマ50分授業がそれぞれの日に5コマあります。そのため2週目は1人2コマ、3週目は1人3コマ(最終コマは2人)それぞれ担当しました。
 主にPPTと教科書を使い進める授業でしたが、授業準備の段階で先生方が手厚く指導してくださり、実習に全力で取り組むことができました。
 実習時間以外にも学生と学内のカフェに行ったり学校の近くのショッピングセンターに行ったりと充実した時間を過ごすことが出来ました。
 次に、3週間の滞在についてです。キャンベラ滞在はホームステイで、4人バラバラのホストファミリーにお世話になりました。会話は英語でしたがなんとか3週間生活をすることが出来ました。家では、授業準備に追われていましたが、夜ご飯のあとにカードゲームをしたり映画を見たりと、ホストファミリーがとてもよくしてくれました。
 最後に、感想です。私はこのプログラムに参加する前、自分がちゃんと実習できるか、学生と話が出来るか、英語が通じるかなどさまざまな不安がありました。しかし、実際に現地に行ってみると学生はとても優しく積極的に日本語で話しかけてくれました。また、実習面では先生方がつまずいた時には丁寧に指導してくださりよりよい実習を行うことが出来ました。今回の経験を通して、どのように人に伝えたら分かりやすくなるか、言語が違う人にどうやったら自分のことを分かってもらえるか、など様々なことを考えさせられ自分の成長に繋がったと思っています。3週間長いなと思っていましたが、振り返ってみると毎日が充実してとてもあっという間の3週間でした。
  • 私が実習している様子です
  • キャンベラの夜景です
  • 4人で使っていたオフィスです

Page top