ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS


2016/02/03 14:50:00 大学院修了生の声5

  • Category大学院修了生の声
  • Posted by北川幸子
【吉田奈々さん(2015年3月 博士前期課程修了)】
京都外国語大学外国語学部日本語学科を卒業後、同大学大学院に進学。現在は日本語教材専門書店にお勤めで、日本語教材の出版や販売、教材に関連したイベントの企画運営等に携わっておられます。

北川:大学院進学を決めた理由は?

吉田さん:大学三年生の時に、ここ(京都外大)の留学制度を利用して、韓国仁川大学に留学しました。今思えば、そこで出会った日本語の先生に「大学で学ぶことの楽しさ」を教えてもらったことがきっかけだったのではないかと思っています。私は留学先の大学で日本語の授業のアシスタントに入っていたのですが、その中の1つに「上級日本語会話」という授業がありました。その授業は映画を見た後、その映画を題材にディスカッションをする授業でした。ディスカッションは、ただ、映画の感想を話し合うのではなく、映画という具体化されたストーリーの中から、この作品が伝えたいことは何かという抽象的な部分を、その映画が作成された背景を調べたり、映画と関係している宗教に関する文献を読んだりして議論し合うことが重視されていました。今思えば、文学が専門だった先生の掌でうまいこと転がされていたのだと思うのですが(笑)「あの映画のあのワンシーンにはどのような意味があったのか」と疑問に思ったことをきっかけに、自ら図書館に足を運び、調べ、自分の考えを膨らまし、言語化して伝えるという行為、そして、その過程を経ても必ず「これが答えだ!」というものがないというのがなんだか魅力的で楽しくて。あの時はじめて「本当の学問の楽しさ」に触れた気がしました。そこから「大学」という場所に魅力を感じ、「大学で働きたい!→働くためには大学院に行かなくてはいけない」というなんとも安易なんですが、そんな理由で大学院進学を決めました。

北川:大学院で取り組んだ研究テーマとその内容について教えてください。

吉田さん:作文の教材として使われる「モデル文」について研究しました。きっかけは、作文の授業のときに、教師がモデル文を学生さんに配付しても、回収した作文は、モデル文のような作文もあれば、モデル文とは全く異なった作文もあって、でも、教師が知りたい「モデル文が学生さん1人1人にどのような影響を与えたか」という部分は、出来上がった作文で想像するしかないという現状があると思いました。そこで、学生さんにモデル文を使用したタスクとインタビュー調査を行って、学生さんのモデル文に関する認識や使用実態を明らかにし、モデル文の「役割」について考えました。

北川:どんな結果が得られましたか。

吉田さん:表現や接続詞のバリエーションが少ない学生さんへの補助や、文章を構成する上での助けになるなど文章を産出するための補助輪的な役割があることは想像の範囲内だったのですが、その他にも、教師がモデル文を配付した意図を自分なりに考え、教師が何を望んでいるかを考えながら文章を産出する学生さんがいたり、良い評価を得るために、自己表現を抑えてあえてモデル文のように書いている学生さんがいたりなど、アンケートではなく「インタビュー」にしたからこそ得られた学生さんの「本音」も明らかになりました。「それは修論では書けないかな…」というような本音まで打ち明けてくれる学生さんもいて驚きましたが、そのような学生さんの「声」が届けられた論文になったのではないかと思います。

北川:二年間で一番大変だったことは?

吉田さん:量的研究ではなく、質的研究を手法にとった上で、できるだけ避けたかったのは、個々に焦点当てて調べた結果、色んな人がいて、色んな意見を得ることができました、人によってモデル文の役割もそれぞれでしたよ、ってゆう研究結果。でも、調査の人数が少ないので、結果を一般化することができないのも事実、その中で、「どのように結果をまとめるか」という論文の着地点に一番悩みました。日本語教育における質的研究の存在や意義とは一体何だろうと何度も考えたのが苦しい期間でしたね。

北川:大学院二年間での自分自身の成長をどのあたりに一番感じていますか。

吉田さん:視野がかなり広がったことだと思います。広がった視野とは、日本語教育が社会に貢献できる範囲や教育理念などです。それらは修論を書いた経験から得たものもありますが、多くは修論を執筆していく過程での、院生同士の勉強会や、学会・研究会に参加したこと、そして多くの先生にお会いして先生の発表や著書、お話に触れたことから得ていたと思います。

北川:では最後に今後の展望について教えてください。

吉田さん:色んな経験を積んで、オリジナリティのある先生になれたらいいなというのと、先生としての引き出しを増やすという意味も込めて日本語教材専門書店で働くことにしました。でも、大学で学ぶことの楽しさも忘れられないので、やはり将来は大学で日本語を教えたいです。その目標が達成できるよう、仕事も研究も頑張っていきたいと思います。

2016/02/03 14:50:00 大学院修了生の声4

  • Category大学院修了生の声
  • Posted by北川幸子
辻野美穂子さん(2015年3月 博士前期課程修了)
京都外国語大学外国語学部英米語学科を卒業後、同大学大学院に進学。現在は国際交流基金のJ-LEAPプログラムにより、アメリカ、カリフォルニア州のカストロバレー高校に派遣され、アシスタントティーチャーとしてリードティーチャーと共に約160人の高校生に日本語を教えていらっしゃいます。

北川:大学院進学を決めた理由は?

辻野さん:大学院に入る前は、京都外国語大学で英米語学科を専攻していました。大学に入る時から日本語教師になりたいと思っていたので、副専攻で日本語教員養成プログラムのコースに入りました。大学卒業後は普通の就職をするつもりだったので、就職活動を本格的に始める前の大学3年の春に、最後の思い出づくりと思ってハワイに日本語の教育実習に行きました。そこで他に参加していた院生や日本語学科の学生と自分を比べて、やっぱり全然違うなと、自分の経験のなさとか知識のなさとかを実感して、もっと勉強したいなと思い始めて、帰ってきて進学を決めました。

北川:大学院ではどんなテーマで研究したんですか。

辻野さん:ハワイの日系人日本語学習者の日本語学習ってどんなものか、どうして日本語を勉強しているのかっていうのを明らかにするというのをテーマにしました。

北川:研究の方法は?

辻野さん:ハワイの日系人日本語学習者の方に、「生まれてから今までどんな生活を送ってきたのか」、「どうして日本語を勉強しているのか」ということをテーマにインタビューをとって、彼らのライフストーリーを作成しました。そこから彼らの人生において起こった出来事と日本語学習との関係を見ていくという方法をとりました。

北川:研究の中で大変だったことや、苦労したことは?

辻野さん:2つあるんですけど、1つは、自分が知りたいことがいっぱいあって、インタビューの中には面白いと思う内容がたくさんたくさんあるんですけど、それを全部研究対象にすると収拾つかなくなってしまうので、修士論文の中でどこにフォーカスをあてるか、自分のテーマをこれって決めるのがまず難しかったですね。あとは、絶対自分はこうだ、こういう結論にしたいと思っても、自分の考えだけでは研究は成り立たないっていうか、ちゃんと自分の主張を通すために、先行研究などを引用しながら論理的に書いていくことが難しかったです。

北川:大学院の二年間で得られたもの、収穫は?

辻野さん:一番は自分の視野が広がったこと。他の院生たちがそれぞれのテーマについて熱意を持っていて、環境的に他の人の研究対象にも関心を持たざるを得なかったです。私の関心のあることは「日系人の生き方」とか「日本語学習動機」とかで、一人だったらやっぱりそれに関係のある文献しか読まないですよね。でも他の院生も「教室活動」とか「文法」とかにそれぞれ熱心に取り組んでるので、隣にいると自然とそういう関係の文献も読むようになっていて、自分のテーマ以外のことも真剣に考える時間が持てました。自分の研究においても、日系人の人たちがどう考えどう感じているのか、調査をするまでは私は想像することしかできなかったんですが、インタビューを研究方法にとったので、彼らの葛藤とか決意とか、いろんな声が直接聞けました。こんな感じで視野が広がったというのが大きな収穫ですね。

北川:今後の展望は?

辻野さん:まずはやっぱり日本語教師として実際に日本語を教えてみたいです。でも研究も続けたいと思っています。できるなら、自分で収入を得て、ある程度余裕ができればアメリカで大学院にも行ってみたいです。

2016/01/25 13:00:00 大学院修了生の声3

  • Category大学院修了生の声
  • Posted by北川幸子
【古澤純さん(2015年3月 博士前期課程修了)】
地元、愛知県の大学では文学部に在籍していた古澤さんですが、「言語」と「教育」への関心から本学の大学院へ進学されました。現在は、京都市内の私立高校で国語教師をされています。

北川:大学院進学を決めた理由は何ですか?
古澤さん:地元の大学(学部)では、文学部に在籍し、国語教師になるための勉強をしていました。2年生のときに国際学部という他学部の授業を受ける機会を得て、「日本語教育研究」という授業を受けました。その授業の最初の回で、先生が「この授業は国語教員を養成するための授業ではありません」とおっしゃったんです。それを聞いたとき、「あっ、間違えた」と思いました。そのときの僕は、「日本語教育」という世界を知らなかったんですね。その日から、「だまされた」と思いつつも受講し続けたんですが、毎回の授業が新鮮だったことを今でも覚えています。普段、当たり前に使っている日本語を外国語として学ぶ人の視点から見ると、まったく違ったふうに見える。鏡のない世界のひとが、初めて鏡を手にいれて、「ああ、僕ってこんな姿をしていたんだ」といった驚きに似ているかもしれません。そこから日本語教育への興味をもちつつも、国語教師の夢はそのままに卒業の年を迎えました。このまま教壇に立つか、大学院にいって学問をするか悩んだとき、単純に「もっと知りたい!」と思って大学院進学を決意しました。国語教師としての視野を広げるために、日本語教育が学べる本学の大学院に進学を決めました。

北川:大学院に入るまでは日本語教育ではなく国語ばかり?
古澤さん:先ほどの他学部の先生に勧められて地域の日本語教室で二年ほどボランティアで教えていたことがあります。愛知県は外国人集住都市のひとつで、南米地域の人が多いのが特徴です。そのときは日本語教育能力検定試験の勉強をしながら手探りで教えていました。

北川:大学院での研究テーマは?
古澤さん:「「名詞+ヲスル」構文の機能」というテーマで、日本語の文法を研究しました。この研究は明日すぐに役立つという「実践的な研究」ではないのですが、この研究を通して、「じっくり考える」ということが身についたと思っています。目の前の言語データを分析する目は、学習者の発した誤用を分析する目にもなると考えています。「基礎的な研究」も教師になるための大切な勉強だと思えたからこそ、「地味な研究」も続けられたのかもしれません。

北川:二年間で大変だったことは?
古澤さん:大変だったと思ったことはありません。院生仲間との自主ゼミ、推進室主催のニケの会、学部生と院生からなる文法勉強会、また、読書会など様々な会を掛け持ちしましたが、大変だったとは思いませんでした。いろんな人と議論することは、ただただ楽しかったです。また、院生みずから会を主催するというのも大事なんだなと思いました。大学院というところは主体的に学びの機会を得ることも大切なことであると考えています。

北川:自分自身の成長、大学院での収穫をどのように感じていますか?
古澤さん:自分の「専門」を語れるようになることではないでしょうか。先行研究が明らかにできていないことを発見して、自分がそれを明らかにしてやろうと思って、修士論文を執筆する。そうやって研究を進めていくと、その研究分野への愛着がわき、「分かった!」という喜びから、自分自身の「自信」に繋がっていきました。学部のときと決定的に違うのは、この研究が自分の「専門だ!」と自信をもって言えることです。また、そうして得た「研究者の視点」を私たち教師は、教育現場に生かすことを考えていかなければならないと思います。

2016/01/21 14:30:00 春のインターンシップの事前学習を行っています

  • Category海外教壇実習
  • Posted by北川幸子
 今年度、春のインターンシップ(海外教壇実習)には5名の日本語学科生が参加します。また、来年度には国内派遣留学で長崎へ行く学生が1名います。現在、その6名を対象に、事前学習会を行っています。
 事前学習会では、日本語教師として教壇に立つ上で知っておくべき基礎的な知識はもちろん、どのように授業を組み立て、実際にどのように教えるのかなど、実践的な内容をグループ活動などを通して主体的に学びます。
 今日は日本語学科の長濱先生にご指導いただき、模擬授業を行いました。今回の模擬授業では、シートベルト着用が義務化されたことを報じる新聞記事を使って、各自が読解授業を準備しました。一度目のリハーサルでは、文章を音読させて文法を軽く確認するだけの授業などが多かったのですが、そのあとの振り返りの作業で「この授業を通してどのような能力を身につけさせたいのか」、目的をはっきりさせたほうがいいという話が出ました。他にも、学習者の視点で、どのように説明すればわかりやすくなるのか、どのようなタスクにすると手ごたえを感じてもらえるのかなど、もう一度授業案を推敲する必要が出てきました。
 今日、二度目となる模擬授業では、しっかり準備をしてきた自信がそれぞれの表情に表れていました。最初の導入部分では、車の事故を想定した講習会の動画を見せる学生や、自分自身が教習所に通っている話をする学生がいて、それぞれに学習者の関心を引く工夫ができていました。また、ルビありとルビなしのプリントを効果的に使い分けたり、単語の言い換え練習を入れたりなど、語彙の深い理解、習得を意識したタスクが考えられていました。台湾、長崎での実習もこの調子で頑張ってほしいと思います。

2015/11/12 15:10:00 派遣留学(韓国・草川保奈美さん)

  • Category派遣留学
  • Posted by北川幸子
仁川大学(2013年~2014年)
2012年入学 日本語学科 草川保奈美


 私は日本語学科に入学してすぐ、日本語教育実習ができる派遣留学の存在を知りました。派遣留学から帰ってきた先輩に直接お話を伺い、興味を持ち、私も留学したいという気持ちを持ち始めました。日本語学科が派遣留学で申請できる国はオランダや韓国などがあり、私が韓国を選んだ理由は韓国語に関心があったからです。日本語と似ているといわれている韓国語ですが、韓国人はどのように日本語を勉強しているのか。また、日本語学習者の多い国である韓国ではどのような日本語教育が行われているのか知りたいという思いから、仁川大学を選び、韓国語の勉強も始めました。
 もともと韓国ドラマやK-popに関心があった私は韓国語の勉強も苦ではなく、楽しく留学生活を送っていました。授業の中で韓国語母語話者が誤りやすい文型や単語、言い回しなどを知り、それは私たち日本語母語話者が韓国語を話す際にも見られる母語干渉による誤用がたくさん出てきました。そしてそれらを疑問に思い、私に質問に来る学生も少なくはありませんでした。しかし、すぐ答えられるようなものではなく、ハンドブックや教科書を見ながら答えていました。そうして毎日を過ごすうちに、だんだん日本語の特徴や韓国語との微妙な語感の違いがわかっていき、もっと知りたいと思えるようになりました。また、日本語を勉強する学習者ともっと関わりたいと思い、仁川の中高生を対象にした日本語キャンプにも参加させていただきました。そこでは日本の音楽に興味がある学生や漫画・アニメが好きな学生など動機は様々ではありましたが、日本語を熱心に学ぶ学生たちの姿がありました。私はさらに日本語を勉強したいと思うようになり、同時に韓国語ももっと知りたいと思うようになりました。
 留学は楽しいだけではなく、実際に現地の授業や課題をこなさなければならず、慣れないことだらけで苦労もたくさんしました。しかし、それらを乗り越えれば、今まで見えてこなかったものが見えてきたり、それらに興味を持つようになったりします。そしてそれらは、留学していたからこそ見えてくるものであり、日本にずっといたらわからなかったことだろうと今では思います。みなさんも少しでも興味があるのであれば、ぜひ留学をしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、なにか新しいものが見えてくるかもしれません。私の体験を読んで、少しでも多くの人が留学に興味を持ってくださることを願います。ご精読ありがとうございました。
  • 仁川大学日本語学科が使っていた棟
  • 中高生対象の日本語キャンプの様子、たこ焼き体験
  • 中高生対象の日本語キャンプの様子、浴衣体験

Page top