ページの先頭です。ページの本文へ

イタリア語学科の日常 RSS

Profile
イタリア語学科は2004年に開設されました。

学生と教員の距離が近く、アットホームな雰囲気が特徴です。

キャンパスには毎年10人前後のイタリア人留学生がおり、留学生との交流も盛んです。

【お知らせ】
2019年12月7日(土)
全日本学生イタリア語弁論大会
を開催します。

(14時00分より7号館4階741教室にて)

全国8大学の13名によるスピーチを
ぜひ聴きに来てください!

全日本学生イタリア語弁論大会

2020/02/02 13:30:00 Buona esperienza a Bologna

  • Category留学体験記
  • Posted by小中高大
Ah ogni giorno studio...ah sono stanchissimo...
Ah, ciao e buongiorno a tutti. Mi chiamo Kodai. Sono a Bologna dallo scorso settembre e tra un mese devo ritornare in Giappone. Ahhhhh, non voglio lasciare i miei amici italiani... ma in futuro verrò di nuovo in Italia ahahah! Comunque qui in Italia sto bene ogni giorno!!!!!
 はい、ということで、皆さん、こんにちは。イタリア語学科三回生の小中高大です。これ、ふざけてませんからね。本名ですからね。先に言っておきます。突っ込まれる前に。
 はい、前置きはそれぐらいにして、僕はいま、派遣留学生としてイタリアのBolognaという地で生活をしています。早速ですが、Bolognaって何があると思います?Firenze, Roma, Napoli, Venezia,Milano あとTorino…この六つの地は結構知っている人は多いのではないでしょうか?日本のテレビの番組でも特集されていますよね。あっ、実は僕ミラノに友達がいて、たまたま遊びに行った日に、なんと!あの有名人にあったんですよ。なんかね、世界に行ってタレントさんが挑戦をしている番組に出ている有名人二人に、たまたまあったんですよ。これはびっくりしましたね。あっ話が飛んじゃいましたね。戻しましょうか。Bolognaって聞いてなんか思い浮かぶものってありますか。そうですね。ボローニャ風ミートソース。そう!ミートスパゲッティの本場なんですよ!!!でも皆さん、ぜひBolognaという地に行って、TrattoriaでもRistoranteでも入ってRagù alla bologneseを食べてください。おいしいです。他に、BolognaにはLasagnaやMortadella、Tortelliniなどたくさんのおいしいものがあります。食べ物好きな僕からすれば天国であり、そして太りました。最悪です。(笑)
 ということで、ここまでBolognaのちょっとした紹介をしました。ここからは生活ですね。正直留学生活、不安な方が多いのではないでしょうか。留学生活、面倒だし金かかるし、ホームシックになるのではないか、という不安要素満載ではないでしょうか。やばい、話せなかったらどうしよう。うまく伝えられなかったらどうしよう。友達出来るかな、向こうで一人、やっていけるのかな。このように思っている人が、ほとんどだと思います。じゃあ、実際はどうなの?ということを語っていきますね。あくまでも僕の体験談です。全てが僕のようになるとは限りません。
 一言でまとめると、楽しい!です。笑じゃあ何が楽しいのか。やっぱり、”出会い”ではないでしょうか。正直来る前、友達はたぶんできても5人以下かなと思っていました。
 到着当初、授業などなかったので、ひとりでどこかへ出かけたり、日本人の友達と一緒に出掛けることが多かったです。ですが、ある日の授業で一人のイタリア人と出会いました。そして、授業の後、その友達とその彼女の他の友達と一緒に食べに行ったり、晩には映画を見たのを覚えています。彼女たちの名前は、Sara(サラ), Maria(マリア), Eleonora(エレオノーラ)といいます。皆さん、きちんと名前は覚えてくださいね(笑笑)。彼女たちとは、授業終わりに、家で集まり、テレビを見ながら、話し合って、たまには僕が日本食を作ったり、時には彼女たちが何かを作ってくれたり。時には喧嘩もしました。
 あっ、実は喧嘩をするとですね、なぜか分かりませんが、自然と単語が頭に出てきます。そして、すごくイタリア語も上手になれると僕は思っています。後ですね、アニメは見ておくべきですよ!特にマリアが凄くジョジョの奇妙な冒険が好きで、よく彼女とジョジョポーズをしたり、セリフを言いあったりします(笑)。
 本当に三人とも優しくて、ずっといじりあったり、笑いあったりとこんな楽しい生活を送ってます。
 こんなこともあるんですよ!
 ある日、サラが自分の家、つまり実家に招待してくれて、家へ行くと、まあなんて広い家、そして何もかもがきれいで、その時は本当にこんな豪邸があるなんてと思いましたよ。そして何より感動したのは、よく聞きますよね。イタリアのマンマが作ったパスタ!めっちゃおいしかったですよ!普通に店で食べるよりもうまいです。冗談抜きで。そして、家族の人たちとたくさんのことを話しました。日本のことや自分についてのこと。楽しかったな。さらに、イタリアでスケートも体験しました。初めてで、まあたくさんこけて(笑笑)、充電器を壊しました。今ではいい思い出話です。
 クリスマスにはエレオノーラが家に招待してくれて、一週間ずっと一緒に過ごしました。イタリアでは、クリスマスは凄く大事な時期になります。絶対友達を作って、イタリアのクリスマスを体験してください!!!本当に楽しいですよ。25日と26日はですね、昼から夜にかけて、食べて、飲んで、話してとこんな感じで過ごしました!また行きてえな!
 またこんなエピソードもあります。クリスマス休暇で出会った、エレオノーラの妹、名前はSara!またサラ?となるかもしれませんが、僕の友だちにサラは7人います。サラについて話をしていると、それってどのサラって聞かれます。それぐらいイタリアでは多い名前の一つだと思います。エレオノーラの妹、サラとはですね。最初は凄く距離が遠かったのですが、別れるとき、楽しかったらしく、僕ともう一人の日本人の子が帰るとき、彼女は悲しくて泣いてくれました。でも、お別れではないです。今でも、WhatsAppでずっと会話をしています。そうです。ちょっとした出会いでも、こんなにも仲良くなれたのです。嬉しかったな。
 そして、年越しとお正月ですね。実はイタリアのお正月、日本ほど騒がしくなく、とても落ち着いています。年越し、お正月はラウラという友達が家へ誘ってくれました。とにかく、ワインを飲んで、テレビを見て、ご飯を食べてと普通の日常のように過ごしましたが、カウントダウンの時、シャンパンを取り出して、ポンッと開けて飲みました。いやあ、あの瞬間は二度と忘れないだろうな。とにかく、いずれにしても楽しい年越し、お正月を送りましたよ。そして、一緒に過ごしたことで、よりラウラと仲良くなることができました!今では、、、とこれ以上は語りませんよ(笑)
 他にもですね、友達の町に行って、散策したり、飯に行ったりというストーリーもありますが、多すぎて書けません。今では、20人くらいかな、友達がいます!!いやもっといるかも。笑笑
 という感じで、たくさん書かせていただきましたが、何も心配する必要はありませんよ。もちろん、不安を抱えるのは当たり前です。が、来て、友達と出会うと、もう何もかもが楽しいです!!!もし、うまく伝わらなくても、友達やイタリア人の人は基本的に話を聞いて、理解してくれます。そして、たとえ理解ができない時があっても、彼ら、彼女たちが助けてくれます。そして、辛いことがあっても、日本の友達が助けてくれるように、イタリアで友達ができれば、彼らが支えてくれます!
 そして、きっと出会った友達は一生の友達になるでしょう。僕もそうですから。本当に留学を経験し、たくさんのことも学べましたし、勉強しました。今では、日本に帰りたくないぐらいになっています。
 最後に、留学へ行く人に向けて。楽しんでください!!!
 そして悩んでいる人へ、留学へ行きましょう!!!
 Dunque, se volete andare all‘estero, non pensateci troppo! Prima dovete provarci! Spero che facciate questa esperienza proprio in Italia. Vi divertirete molto!!!!!

Kodai

Page top