ページの先頭です。ページの本文へ

イタリア語学科の日常 RSS

Profile
イタリア語学科は2004年に開設されました。

学生と教員の距離が近く、アットホームな雰囲気が特徴です。

キャンパスには毎年10人前後のイタリア人留学生がおり、留学生との交流も盛んです。

【お知らせ】
2017年12月9日(土)
全日本学生イタリア語弁論大会
を開催します。

応募締切は、10月27日(金)。
みなさんのご参加をお待ちしています!

詳しい応募方法は、

「イタリア語学科ページ」
http://www.kufs.ac.jp/faculties/unv_italian.html

の「新着情報」欄をご覧ください イタリアウィーク2014の準備風景です

イタリア語弁論大会

2016/06/30 14:10:00 イタリア語弁論大会に出場しませんか?

  • Categoryイタリア語弁論大会
  • Posted by花本知子

全日本学生イタリア語大会



今回の2016年度で、第10回を迎えます!

大会が始まった当初は関西周辺の大学に在籍する学生のみなさんからの応募が多かったのですが、
回を重ねるにつれ、
いまでは関西、九州、中部、関東、東北から…と、
さまざまな地域から応募いただくようになりました。


【大会の概要】

日時: 2016年12月10日(土)13時30分開始
場所: 京都外国語大学 7号館 741教室

*どなたにも観覧いただけます。
 入場無料、事前申し込み不要

出場資格:
大学・短期大学・大学院(修士課程)在籍者で、以下のいずれかに該当する者は除く

1)両親のいずれかがイタリア語を母語としている
2)イタリア語圏に通算1年以上滞在したことがある
3)過去に本学主催の弁論大会で入賞経験がある

出場者数: 15名程度
(応募数にかかわらず予選を行います)

演題: 自由(ただし、未発表のものに限る)
発表時間: 5分以内
原稿締切: 2016年10月28日(金)


賞品: 駐日イタリア大使賞(副賞:旅行券)
京都外国語総長賞(副賞:旅行券、図書カード)
在大阪イタリア総領事賞(副賞:旅行券)
  他(予定)

【応募方法】

・ 以下のファイル2点を添付の上、italia@kufs.ac.jp
(京都外国語大学イタリア語学科 イタリア語弁論大会事務局)へ送信してください。

2016年10月28日(金)締切


*11月3日(木)までに受け取りの返信が届かない場合は、お問い合わせください。

*原稿審査(原稿予選)の結果を11月10日(木)までにメールで連絡します。

 [メールに添付するファイル]


 ①イタリア語原稿
(A4、文字の大きさ12ポイント、原稿の最初にイタリア語演題・大学名・氏名を記入のこと、5分以内に発表できる分量)
 ②日本語要旨原稿
(A4、文字の大きさ10ポイント以上、原稿の最初に日本語演題・大学名・氏名を記入のこと、900字以内)

・ メールの本文に、以下の項目を記入してください。
 ①氏名ふりがな
 ②氏名
 ③住所(郵便番号も含む)
 ④電話番号
 ⑤メールアドレス
 ⑥所属大学
 ⑦学部または学科
 ⑧学年
 ⑨イタリア語演題
 ⑩日本語演題

・ 一度応募いただいたイタリア語演題、日本語演題、日本語要旨原稿は変更することができません(プログラム、要旨集を作成し、配布します)。

・ イタリア語原稿は暗記の上、発表することを原則とします。

・ 発表後のイタリア語による質疑応答はありません。


大会後には、来場者、出場者、審査員のみなさんとの懇親会も予定されています。

懇親会では毎年、各地でイタリア語を学ぶ学生同士、楽しく交流している姿が見られます。

たくさんのご応募をお待ちしています!


  • 航空券など、豪華な賞品も魅力的です!
  • 5つの賞が設けられる予定です
  • 第7回大会の様子

Page top