ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/03/05 01:30:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険5

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミ@パナマです。このあとイスタンブールへ向かいます。
 さて、みなさん!お待たせしました。ボアコでのフィールドワークを終えた二人からメッセージ+写真が届きましたので紹介します。

ミズキ
 ボアコではUNICAの先生であるFrank先生や学生のみなさんと共に農家を訪問し、様々なお話を聞かせていただきました。
コーヒー特有の病気に対する予防、品質向上、人手(跡継) 不足など沢山の課題があるんだなと思いました。
 ある農家さんはコーヒー以外にも様々な作物を生産しておられました。そこで私は人生で初めてサトウキビを食べたのですが、 サトウキビってこんなに甘いんだ!と本当にびっくりしました。日本ではなかなか味わえないとても貴重な経験をさせていただき、 とても感謝しています!

ナオヤ
 今回UNICAの先生や学生の人たちと一緒にボアコを訪問しましたが、様々な経験をさせて頂きました。コーヒー農園にもいくつか見学させて頂きましたが、農家の人たちがとても努力していることが伝わりました。
 しかし、社会の問題などの課題がたくさんあることが分かり、いくら努力しても今の状況が変わりそうにないことが分かりました。それでも、農家の人たちはコーヒーの生産ではなく、質で勝負をしたいということを知り、感動しました。
 また、ボアコの農家を訪問する際に移動する道のりは、大変で疲れることが多かったです。
それでも、他にも更に苦労している人がたくさんいることが今回の経験で分かり、自分が今どれだけ恵まれているかを実感しました。
 現代ではこうした現状を抱えていることが多いですが、そうしたことを少しでも改善するためにも、貢献していきたいと思います。

ミナミ
 二人とも優等生すぎるなあ~。本当は体力的にもしんどかったと思うし、グループ行動ばかりだから精神的にもつらかったのと違うかな。それでも一生懸命、カトリック大学の学生だけでなく現地の方々と交流している姿は大変感動的でもありました。
 マティグアスはどうですか?早速発掘調査に入っているようですね。ここからはますます体力勝負です。絶対無理をしてはいけません。
 「のんびり、ぼちぼち、慌てずに」の本学学芸員資格課程履修のモットーで「楽しく頑張ろう!」でいきましょう!
 
  • みなさん、見てください。この笑顔!!!
  • 有機の森を歩く。次第に体も慣れて・・・とはなかなかいきませんでしたが、楽しかったよね。
  • ミナミからはこの一枚!どうですか!この森と空と草原のコントラスト。そしてそこを歩くミズキ、ナオヤと仲間たち!

Page top