ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/03/04 07:00:00 プロジェクト・マティグアス事務所を開設します!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
こんにちは!マドカです!
今週は現場の開始を遅らせて何をしていたかと言いますと、マティグアスに開設する事務所の準備をしていました!

今年の1月から借り上げているこの事務所は、今後外大生が滞在する宿舎でもあり、快適に滞在できるよう細かい改修工事を重ねながら、ようやく事務所らしい形になってきました。
以前から「いい空き家はないかな~」と探していたところ、なんといつも滞在しているホテル・ブリサス・デ・キラグア(Hotel Brisas de Quirragua)の真向かいが空き家になっていることに気が付き、良い立地と熱心な大家さんとの交流もあってこの空き家を事務所兼宿舎として整備することになりました。

そしてこの事務所に滞在してくれるのは、発掘開始当初から毎年関わってくれているヘウスです!昨年めでたくUNANの考古学科を卒業したヘウスは、考古学者として、そしてプロジェクト・マティグアスのマティグアス支部代表として、現地での考古学に関する情報収集をはじめ、プロジェクトのコーディネートなどを現地からフォローしてもらう予定です。

おっと、先ほど共同組合との報告会を終えたボアコ組がマティグアスに到着したようです!お迎えしなくては!
いよいよ明日から現場が始まります!ボアコでの活動とはまた異なった経験になることでしょう。中米フィールドワークもいよいよ後半戦です。張り切ってまいりましょう!
  • ホテルの道を挟んで真向かいの緑のお家が事務所になります!
  • お家の中はこんな感じ。これから少しずつ家電や家具を揃える予定です。
  • マナグア出発前にUNAN-CADIで修了証書を受け取ったばかりのヘウスを激写!同じくプロジェクトに協力してくれているバニも嬉しそうです!

Page top