ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/03/03 14:30:00 プロジェクトの開始は市内でのご挨拶まわりから

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
長らくお待たせしております!お師匠のミナミ先生からは大冒険シリーズその1その2その3)が公開されていましたが、プロジェクト・マティグアスも着々とマティグアスでの活動を行っています!こちらはメキシコ留学から帰ってきたマドカがお送りいたします!あらためてよろしくお願いします!

発掘調査を開始する前に必ず行っていることが、マティグアス市内各所へのご挨拶まわりです。私たちがマティグアスに到着した旨、滞在期間、調査メンバーの紹介や今期の調査の目的などをご説明して回ります。

まずご挨拶にまわるのは、マティグアス市役所のマルロン・スカーレット市長です。ティエラブランカ村へのコミュニティ・ミュージアムの設立にも積極的にご協力いただいています。

その他には、マティグアス教育省や警察署、市内の小学校やティエラブランカ村の小学校など、各所に足を運んでご挨拶をしてまわりました。行く先々で「今回も調査に来たのね!」と笑顔で迎えてくれるのがとても嬉しいです!

間もなくボアコから合流するミズキとナオヤを交えて、プロジェクト・マティグアス発掘調査始まります!今期もよろしくお付き合いくださいませ!

  • スカーレット市長と、新しく着任された市役所の担当者の皆さまです。よろしくお願いします!
  • 警察署にもご挨拶に行きます。小さな町なので、町の皆さんはお互いが顔見知り。私たちが犯罪に巻き込まれないようにという防犯だけでなく、町の方々に安心して接していただくためにも大切なことなのです。
  • 市内の小学校でもご挨拶してきました。漫才しているわけじゃないんですよ!ミナミ先生のご挨拶を私が通訳しているところです!本当です!

Page top