ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/02/26 03:30:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険3

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 こんにちわ!こちらは日曜日。お天気も今のところ晴れたり曇ったり。昼からスコールあるかもしれません。雨が止んだ後、気温が急に下がります。したがって、昼間の間にシャワー浴びないと夜は寒くて・・・。なぜ?水シャワーしかないからです。明日、マナグアからフィールドにやってくるミズキとナオヤは大丈夫かなあ。
 さて、あっという間にカトリック大学でのワークが昨日終了したようです。
 早速、この一週間の感想を送ってもらいましたので、「ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険3」としてご紹介します。

ミズキ
 この一週間、ニカラグアの色んな景色を見れてとても楽しかったです。文化や伝統工芸品、山や動物、市場、経済などニカラグアについて沢山のこと知れました。来る前はもっと危険でおおざっぱな人が多いイメージだったのですが、ニカラグアはそこまで危険ではないし、ニカはとても親切で真面目な人が多いなと思いました。私の中のラテンアメリカのイメージが変わりました。とてもいい経験ができて良かったです。

ナオヤ
 ニカラグアで生活して一週間経ちましたが、様々なことを経験できてとても楽しかったです。
 例えば、大学の現地の学生やお世話になった人たちと話した時にスペイン語が分からないことが多々ありました。しかし、ニカラグア人は僕の拙いスペイン語を受け入れてくれて必死でコミュニケーションを図ろうとするところに感動しました。
 他にも、ニカラグアの観光地にもいくつか行きましたが、自然豊かなところが多かったです。特にニカラグア最大の湖であるニカラグア湖は琵琶湖の13倍の面積で、その大きさに圧倒されました。
 ニカラグアは日本ではあまり馴染みのない国ですが、とても良い国だということを実感しました。

ミナミ
 おお!素晴らしい!きっとラテンアメリカ、ニカラグアの良さを理解してくれると信じていましたが、私もほっとしています。これもカトリック大学の先生や仲間、二人をバックアップしている方々のおかげです。ありがたいね!
 さあ、いよいよ明日からはフィールドワークです。何もかにもマナグアにいるようにはいきません。ニカラグアへ来る前の緊張感を取り戻して、身を引き締めて来てください。ボアコで再会するのを楽しみにしています。
  • カトリック大学の仲間たち。二人の写真には多くの仲間が写っているのがうれしいです
  • ミズキの写真です。モモトンボ火山?いい写真だね。
  • ナオヤの写真です。ニカラグア湖で獲れた魚の料理だよね~。うまそう!

Page top