ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/02/20 17:00:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険2

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険2
ミナミです。
 今日からカトリック大学でのワークが始まります。事前に大学から土曜日までの予定は送っていただいておりました。それによると午前中は学内、午後からは学外でフィールドワークと大変充実した時間が過ごせそうなプログラムです。
 まずは副学長のコテ先生、昨年本学を訪問いただいたサラマンカ先生、フランク先生にご挨拶。サラマンカ先生は今年から教学担当の副学長になられました。フランク先生には、この1週間ミズキとナオヤの面倒を見ていただきます。
 学内案内の後、大学紹介のオリエンテーション、そして最初の授業です。最初の授業はフランク先生が、ニカラグアの自然や地理だけでなく、食べ物やお金の種類、公共交通機関など二人にとっても身近な話題をUNICAの学生にリードさせ、実際にお菓子や地元チーズを食べながら進めていました。 ちなみに一緒に学ぶのは、国際関係学科の学生諸君です。この中には来週二人と一緒にボアコで活動する学生、来年本学への留学を希望する学生、日本語を勉強している学生がいて、二人をうまくリードしてくれました。
 ここでお昼。学食です。おいしかったです(学内の様子は、別の機会に二人から紹介してもらいましょう)
 午後からも授業がありますが、私はここまで。二人が1週間過ごす宿舎の前でしばしのお別れ!最初の不安な様子は消えて、楽しそうに手を振る二人が印象的でした。
 さあ、いよいよスタートしました。ここでもいつもの合言葉「ぼちぼち、のんびり、慌てずに、楽しく頑張って」いきましょう。
 えっ?ミナミは?はい!私はプロジェクト・マティグアスの調査へ向かいますよ~。発掘もいよいよ佳境ですし、ボアコでの地域課題解決のための新しい調査も始めます。
 これからも皆さんの応援をお願いします。
  • フランク先生のリードで楽しくっ授業が進んでいきます。
  • 国際関係学会の学生諸君もまじえての記念撮影。ナオヤとミズキをよろしく。
  • ここが二人が1週間お世話になる宿舎です。手を振る二人。いいところでしょう!楽しんでください。

Page top