ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/12/27 17:00:00 平成29年度私学研究資金第1回報告会を開催しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
皆さまクリスマスはいかがお過ごしでしたか?私はこの年末年始はニカラグア調査報告書の作成に向けて、お師匠のミナミ先生とともに報告書執筆マラソンを駆け抜けることになりそうです!さすが師走!プロジェクト・マティグアスでは、弟子のマドカはもちろんですが、師匠のミナミ先生も全力疾走でがんばります!

さて本日は、12月25日に行った「平成29年度私学研究資金第1回報告会」についてご報告します!なにやら小難しいタイトルがついておりますが、11月29日から12月8日にかけて南先生たちがニカラグア・ブルーフィールズで行った博物館調査と、エルサルバドルで開催されたパブリック考古学ワークショップに関する活動を報告しようという会です。

最初に、市川彰先生からブルーフィールズCIDCAでの考古資料調査およびソンブレロ・ネグロ遺跡フィールドワークについてご報告いただきました。CIDCAの考古資料はBICUやUNANなどの大学による緊急発掘や地域住民から寄贈された資料が多く、資料のコンテクストが不十分である点が指摘されました。またソンブレロ・ネグロ遺跡にある大きなペトログリフ(岩刻画)についてもご紹介いただきました。

続いて、村野正景先生からはエルサルバドルでのパブリック考古学ワークショップについてご報告いただきました。サンサルバドルにある国立人類学博物館で開催されたこのワークショップは「アイデンティティを強化する道具のひとつとしてのパブリック考古学」をテーマとしており、自分たちのルーツを探るためのパブリック考古学の在り方について議論が行われました。以下はエルサルバドル文化庁(SECULTURA)が公開しているワークショップの様子です。スペイン語ですが、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

≪関連動画≫
Secultura impartió taller de Arqueología Pública
(クリックするとYoutubeページに飛びます)


最後になりましたが、みなさま今年一年も掘れ惚れニカラグアDiaryをご愛読いただきありがとうございました!2018年もプロジェクトメンバー一同精進してまいりますので、これからも応援よろしくお願いいたします!
それではみなさま!良いお年を!
  • 市川先生発表中です。今回の調査に参加された研究者の皆さまが参加されました。
  • 村野先生からはエルサルバドルでのパブリック考古学ワークショップの参加報告でした。

Page top