ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/12/06 18:20:00 ブルーフィールズCIDCAにて考古資料調査中

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 ミナミです。カリブ海側の港まちブルーフィールズにいます。
 カトリック大学での講演の翌日、今回ブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学(BICU)付属研究所(CIDCA)に収蔵されている考古資料の調査のために集まった5名の考古学者・博物館研究者と一緒にブルーフィールズに到着。早速、CIDCAでの作業を始めました。
 メンバーは、IELAK客員研究員の嘉幡茂(メキシコのラスアメリカス大学准教)、村野正景(京都文化博物館学芸員)、市川彰(名古屋大学院助教)とフリエッタ・ロペス(メキシコUNAM博士課程後期)。いずれも古代メソアメリカ地域を中心とした考古学、博物館学の専門家です。そしてニカラグアからはUNANの卒業生でサグラリオ先生の教え子であるバニ・バルベレナさん。彼は今年CIDCA所長のドナルド先生の下で考古資料の整理をしていたということで今回手助けを頼みました。
 今年、本学とブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学が、国際文化資料館とCIDCAの博物館学、考古学に関する協定を結んだこともあり、IELAKが計画している「アメリカ地中海文化圏」研究の第一歩をスタートすることができました。ただし、調査は地味ですよ~。
 CIDCAに集められている資料の中で重要性の高い遺跡の出土遺物を分類し、実測し、写真にとり、分析する。限られた時間の中、無駄なく進んでいく調査を見て、さすがにこのメンバーならではと感心したり、ちょっと自慢したり(集めたのは誰?そう!)。こういう中に本学の学生さんにも加わってもらおうと思います。
 調査は、今週一杯続きます。しかし、私は村野さんのエルサルバドル国立博物館でのパブリック考古学ワークショップ(京都外大が共催)を見届けるため明日にはサンサルバドルへ向かいます。後ろ髪ひかれながらも、エルサルバドルも大事・・・・・。身体が2つほしいとはまさにこのことです。
 これからもブルーフィールズでの考古学・博物館学調査、IELAK「アメリカ地中海文化圏研究」にご支援ください!
  • CIDCA所長のドナルド先生のレクチャー!いつも熱く語りかけてこられます。オーバーヒート気味ですが(笑)
  • CIDCAでの作業風景。博物館の展示室を借り切って(したがって休館・・・すみません)作業を進めています。正直、楽しい!!!
  • 夕食のレストランでたまたま会合されていたBICUの先生方。学長先生がおられました。先回はお目にかかれなかったのでこの機会にご挨拶。今は、市長さんでもあります。

Page top