ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/12/04 14:00:00 ニカラグア共和国カトリック大学25周年記念の講演会

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 みなさん。こんにちは!ミナミです。またまたご無沙汰しておりました。
 夏の調査が終わり、あっという間に2か月が過ぎてしまいました。いやあ~早いですね。もう12月です。
 さて、途中いろいろご報告したいことがありますが、いつまでも待っているとますます情報がたまっていますので、時間的前後はご勘弁いただき、最新情報をお知らせします。
 ミナミは、29日にニカラグアのマナグアに到着、今日3日にブルーフィールズへ移動しました。そうなんです~授業期間中ですが、ニカラグアのカリブ海側ブルーフィールズでの開始した新しいプロジェクトでの初の考古学資料の調査が1週間の予定で行います。共同研究者であるIELAK客員研究員の先生方の都合もあってこの時期となりました。
 まず、文化庁考古局の局長先生を訪問し、今年の夏の調査の報告を行いました。そして、新しいプロジェクトについて説明し応援をお願いしたところ、ご協力いただけることになりました。
 また、これにあわせてニカラグアの協定校であるカトリック大学から創立25周年の記念として、京都外国語大学と国際文化資料館について話をしてほしいという依頼がありました。両校で進めている「平和の貢献できる人材育成」協働事業について、カトリック大学の先生や学生に知ってもらおうということです。
 ということで、一昨日(ニカラグア12月1日)、大学のホールで1時間(通訳いれて)話をさせていただきました。国際文化資料館の協働活動の特徴、京都のまちや大学の施設案内の後に、外部連携活動事例の一つとして、福井県越前町で進めているフィールドミュージアム活動を紹介しました。学生が作ってくれた動画が人気でした。
 すでに本学に留学を希望している学生が2名いるそうです。楽しみですね。
 さあ、明日からブルーフィールズでの調査が始まります。
  • ニカラグア文化省考古局での打ち合わせ
  • 講演会の後の記念撮影
  • 講演会が終わりほっと一息。カトリック大学のいつもの先生かたの顔がみえます。

Page top