ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/09/12 11:40:00 夏の調査が終わります

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 夏の調査が終わります。今回は途中でブログが更新できず申し訳ありません。掘れ惚れフアンの方にはふあんを与えた?・・・なんて。
 さて、遅まきながら夏の調査の様子を発信していきたいと思います(マドカもよろしく)。
 今期前半は、事情があって予定を変更し、後半の博物館活動を中心とした調査を実施しました。
 とくにメキシコから参加したマドカが、私の代わりに調査を立派にリードしてくれました。ありがとう。さらにマイやカケルを主役に国際文化資料館、学芸員資格課程の外部連携活動の様子を4月から撮影していた撮影スタッフが、メキシコ、ニカラグアと調査に同行していたこともあって大変だったと思います。ブルーフィールズからはバレーラ由美子さんの支援を得て、またUNANやUNICAの先生方の協力もあってなんとか無事に終えることができました。マティグアスの町の人たちともしっかり関係が築けているなあと思います。また、京都で私たちの活動を支えてくれた資料館のメンバーの力も大きかったね。
 こうしたみなさんの力を得て、マドカもマイもカケルも成長したと思います。
 来年春は今年の夏にできなかった調査を進めないといけません。引き続き楽しく頑張っていきましょう。
 掘れ惚れフアンの方も応援よろしくお願いします。
  • 後半の調査のメインは調査報告会。とくに春の考古学調査の成果報告、コミュニティ・ミュージアムに関するワークショップの報告は、これからの新しい活動の始まりでもあります。UNICAの副学長コテ先生もはるばるマナグアから駆けつけていただきました。
  • カケルに測量調査、実測がいかに重要かを理解してもらうことは今後のプロジェクトにとっても重要なのです。習うより慣れろではなく、習い、かつ慣れる。考古学の目指す上でとっても大切な心構えです。
  • みなさんの協力もあって今回も無事に終わりました。この写真に写っていない人も含め、みなさんお疲れ様でした。

Page top