ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/08/12 15:10:00 2017夏期調査に向けて~準備は進む!~

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 いやあ~、時間のすぎるのは早い!ブログをあげるタイミングもないままに8月夏休みに突入です。
 さて、プロジェクト・マティグアスの方でも着々(?)と準備が進んでいます(のやろか~)。しかし、そこはプロジェクト・マティグアスチームのスタッフのチーム力で乗り越えていきましょう!
 なお、今期の調査は8月18日に日本を出発、21日にマティグアスへ向かいます。マドカは26日にマナグアへ、調査に合流します。調査は9月3日終了予定です。
 今日は、準備の様子をお見せします。メンバーは、初参加のカケルと3回目になるマイ、今回は参加しませんがアスカも手伝ってくれています。いつものことですが、忘れ物があってもすぐに取りに帰るわけにはいきませんので、準備には万全を期さないといけません。また、調査予定もチケットの手配ホテルの手配に始まって現地で使う車の借り上げ、海外研究者との調査など多岐にわたります。こうした経験を経て、次第に自分でプロジェクトを持てるようになるわけです。
 最後は、測量、実測の練習。考古学にとって最も大事な調査です。はじめてのカケルの感想はどうだったでしょうか!
 さああ~、準備は整いました(ぎりぎりまで続きますが)。まず、マイがコスタリカでの博物館実習のためサンホセに向けて旅立ちました(初の一人旅)!がんばってください。20日にマナグアで会いましょう。
 
  • こののんびり感がいいなあ~
  • しかし、図面のことになるとそうはいきません。ミナミの説明にも力が入ります。
  • 測量の練習。レベルもしっかり覚えてください。

Page top