ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/07/24 18:50:00 ニカラグア・カトリック大学の先生方が表敬訪問されました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
先日、7月4日~9日にかけて、ニカラグア・カトリック大学(以下、UNICA)の副学長ホセ・ウルテチョ先生、教務担当顧問カルラ・サラマンカ先生、国際部長のフランシスコ・エレラ先生が来日され、本校を表敬訪問されました!

本ブログでも紹介してきましたが、UNICAと本学が協定を締結したことを機に、地域活動(ボアコ県コーヒーと蜂蜜製造支援プロジェクト)を中心とした交換留学プログラムの立ち上げ準備を進めてきました。今まで私たちがプロジェクト・マティグアスと並行して行っていた現場視察の様子は以下をご覧ください。

ニカラグア・交換留学プログラムについて
(2016年9月)

ボアコ県コーヒーと蜂蜜
(2014年8月)

そして今回UNICA代表の先生方には、この留学プログラムの詳細な打ち合わせに加え、ニカラグアの学生が活動する現場の視察を行うために来日していただいたのです。本学松田学長と会談されたほか、現場視察としては京都市内(京のまちなか)、福井県越前町を訪問され、博物館学芸員課程の学生を対象に、ニカラグアやUNICAの紹介に加え、プログラムについてもプレゼンしていただきました。

連日予定がみっちりでしたが、合間を利用してお寺で禅体験をされたり、祇園祭の山鉾なども見学され、短い滞在でしたがとても有意義に過ごしていただけたようです!

奇しくも私がニカラグアで学会に参加している頃で、普段お世話になっているUNICAの先生方を日本でお迎えできなかったのが個人的には残念でなりませんが、南先生やマイやアスカ、本学の皆さまが温かく迎えてくださったとUNICAの先生方はとても喜んでいらっしゃいました。なんと普段ニカラグアでお世話になっているバレーラ由美子さんも通訳として同行してくださっていたとのこと。なんでも一時帰国されていたところを師匠にズバっとヘッドハンティングされたとかなんとか。

UNICAの先生方は、今回の会談や現場視察を通じてより具体的にプログラムをイメージできるようになったと仰っていました。今後も、交換留学プログラムを実現するべく両校で協議を重ねてまいります!
  • 松田学長とも和やかな雰囲気で会談されたウルテチョ先生
  • 学芸員資格課程の学生を対象にUNICAについてプレゼンしていただきました。終了後の記念撮影はみんな笑顔ですね。
  • 京都の町中は祇園祭の真っただ中!とても良い時期に来京されましたね(左から、フランシスコ先生、カルラ先生、ウルテチョ先生)

Page top