ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/07/19 18:10:00 記念すべき!第1回ニカラグア考古学学会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!いつもお久しぶりなマドカです!
早速ですが、先日ニカラグアで行われた学会に参加してきましたので、その様子をご報告したいと思います。

7月5日~7日にかけて、

I Coloquio de Arqueología de Nicaragua (第1回ニカラグア考古学学会)

がマナグアで開催されました。この大会は、サンディニスタ革命38周年を祝う記念イベントの一環としてニカラグア文化庁が主催したもので、考古学学会はなんと国内初のことでした。ちなみに、サンディニスタ革命記念日は7月19日、本日です!

さて、本大会の主旨は、現在ニカラグアで考古学調査を実施している研究者を招集し、それぞれが調査で得られた情報を発信・共有することでニカラグア考古学のさらなる発展を目指す、というものでした。ニカラグア文化庁やニカラグア国立自治大学(UNAN-Managua)をはじめ、国内で活躍するニカラグア人考古学者はもちろん、カナダやオランダ、アメリカ等の外国人研究者の先生方も召集され、私は僭越ながらプロジェクト・マティグアスの代表として参加いたしました!2016年までの調査経過を報告しましたが、私たちのプロジェクトのように地域住民と一緒に行っているプロジェクトというのはあまり類がなく、とても興味深く聞いていただきました!やりました師匠!

3日間で、約30本の調査報告が行われ、各プロジェクトの考古学調査速報のほか、プロジェクト・マティグアスのように考古学を活用した地域活動に関する報告もありました。またニカラグアでは、各地に岩刻画が多く残っており、それらの登録や保護についてのプロジェクトが目立っていたように思います。

私たちを含め外国人調査チームからすると、今回のように、各地で調査を進める考古学者が一堂に会して情報交換できることは大変ありがたいことですし、ニカラグア人考古学者の皆さんにとっても各地の情報を得られる重要な機会となったことでしょう!これからもぜひ継続してこのような大会を開催していただきたいと思います!


UNAN-Managuaの大学HPでも学会の様子が紹介されています。スペイン語勉強中の方はぜひこちらもご覧になってみてくださいね!

  • 2日目はUNANにて。こう見えて(?)緊張しぃのマドカ発表中です。
  • 大会委員長であり、ニカラグア文化庁考古学課長でもあるイボン・ミランダさん。大会を終えてサンディーノの前で記念撮影です!お疲れさまでした!
  • レオナルド先生、サグラリオ先生、ヘウスにバニ!もちろんプロジェクト・マティグアスでお馴染みの皆さんも参加されていましたよ!

Page top