ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2016/03/02 14:00:00 マティグアス~調査再開

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
 今年もやってきましたマティグアス。マナグアから車で5時間弱。従来ボアコ県を通るこのコースは、距離的には最短ながら道路事情が悪く、結構辛い旅でしたが、今年は随分道がよくなっていました。
 さて、いよいよ調査再開です。まずは昨年の調査終了後に埋め戻した土を取り除く作業。これが結構しんどいです。今年、初めて参加したアスカとマイもスコップと格闘しながらがんばっていました。
 そして、ここは大先輩のマドカ登場!大きなツルハシを振るう姿もだいぶ様になってきました。って、あんまり褒められた姿ではないのかもしれませんが・・・。一般的には。
 作業終了後は、楽しみの昼食と休憩。相変わらずホテルは水シャワーですが、慣れると気持ちいいです。
 一日の最後は、夕食後のミーティング。今日の作業の振り返りや明日の作業の打ち合わせです。新人二人に調査主任でもあるマドカからいろいろと指示や連絡が伝えられます。大事なのは、情報をいかにみんなで共有するか。報告・連絡・相談はもちろんのこと、常日頃のコミュニケーションが十分でないと調査はうまくいきません。初日から熱心な意見交換が行われます。
 さあ、明日からは中心部の調査を始めます。成果をお楽しみに。
  • 発掘とはいえ作業の多くの場面ではこうした大型の道具も使うことになります。慣れるまでは結構難しいです。
  • ツルハシを振るうマドカ
  • 宿舎のホテルでのミーティング。この時間になると気温も下がり過ごしやすくなります。蚊取り線香炊いている?蚊に刺されないように!

Page top