ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2022/08/25 20:30:00 中米考古学・博物館研究プロジェクト再開に向けて

  • Categoryお知らせ
  • Posted by南 博史
掘れ惚れセントロアメリカDiary(掘れ惚れニカラグアDiary改称)
購読者のみなさま
 大変ご無沙汰しております。プロジェクト代表の国際貢献学部グローバル観光学科南です。このたび新型コロナウイルス感染拡大によって中断していたエルサルバドル、ニカラグア、コスタリカを中心とした中米地域での考古学と博物館学による実践的地域研究プロジェクトの再開に向け活動をはじめました。ようやくです(涙)
 思い返せば2年半前、2020年3月が最後の調査でした。調査そのものはおかげさまで差しさわりなく終了し、メンバーも無事に帰国しましたが、他のチームではその後、長期間調査国にとどめ置かれた事例もありました。この2年間は、まさに「陸に上がった河童」でした。
 そして、今夏ようやく大学の海外渡航禁止も、一定の条件の下で再開できるようになりました。本学の先生方も多く海外に出かけられているようです。
 私たちのプロジェクトでも、調査再開に向けて8月22日から9月13日までの期間、メキシコ→エルサルバドル→ニカラグア→コスタリカを順次訪問し、調査地の確認や関係機会、関係者との打ち合わせを行います。また、今回は京都外国語大学学園創立75周年記念の事業として、「(仮)京都外国語大学国際文化資料館中米考古学・博物館研究の歩み」をテーマにした映像制作を行います。現地を訪問したり関係者のインタビューなどの作業が、今後のプロジェクトにも大きな+の成果があると考えています。
 ということで~、私は最初の訪問地メキシコシティにおります(パチパチ)。科学研究費分担(嘉幡茂先生)による調査です、そして今日、次の訪問地エルサルバドルへ向かいます。
 エルサルバドルでは、国際文化資料館の開設者でもあり初代に館長であった故大井邦明先生が、チャルチュアパ遺跡の考古学調査に取り組んでおられました。その成果でもあるカサブランカ遺跡公園の様子を記録し、当時調査主任として調査に取り組んだ柴田潮音さん(現在:文化省文化自然遺産局考古課)からお話を伺う予定です。
 なお、今回は本学スペイン語学科卒業で現在、同志社大学院総合政策科学研究科博士課程前期1年の杉岡明日香さんが、ご自身の研究(ラテンアメリカにおけるコミュニティ・ミュージアム)をかねて通訳として一緒に調査に加わっています。杉岡さんは学部時代ニカラグアの調査に参加してくれたこともありました。今回から新しくプロジェクトメンバーとして加わっていただけることになり、私や川嶋(植村)まどかさん、深谷岬さんも大喜びです。また、このブログからも発信いただく機会を作りますね。
 ということで、掘れ惚れセントロアメリカDiary再開で~す。
  • 伊丹空港です。ここからいったん羽田へ。そこから成田までバスで移動。家を出てから成田まで6時間~。アクセスの回復はまだまだですね。
  • メキシコシティです。何はともあれ国立人類学博物館へ。しっかり見るには数日かかる大型館です。今回はさっと!それでも2時間かかります(民俗展示は無しですが)
  • 科研代表嘉幡先生と奥様のフリエタさんと打ち合わせ

Page top