ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2014/08/25 03:30:00 コーヒーと蜂蜜

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
みなさん!お元気ですか?
 私、ミナミは8月21日にニカラグアに到着。今夏のプロジェクトマティグアスの調査を始めます。
昨日、マティグアスに到着。さきほど遺跡を下見してきました。春と違って雨季、地面の状況が気になっていましたが、今年は雨が少ないらしく発掘には問題ないようで安堵しました。しかし、農作物にとっては少々心配ではあります。
 さて、今回マティグアスへ来る途中で、ボアコ県にあるオーガニックコーヒーと蜂蜜製造の共同組合と現地の共同体を訪問してきました。これは先にブログにもあげたように、今春本学を訪問、交流協定を結んだニカラグア・カトリック大学の副学長先生とのお話の中で、プロジェクトマティグアスをきっかけとして、地域課題の解決に両校の学生が一緒に関わるようなことができないかという提案がありました。今回、候補地となったボアコ県を訪問したところです。
 現地では地元共同組合の方々からいろいろお話をうかがったり、蜂蜜採取用防具服を縫製している作業場を見学しました。今後どのような活動が可能か、カトリック大学とも連携しながら考えていきたいと思います。
 
  • Boaco Viejo村の共同組合にて
  • 植村さん考古学者から蜂蜜屋さんへ転職

Page top