ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2019/04/05 14:40:00 中米春期調査は無事終了しました

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
日本はもう桜の季節ですね。

調査を締めくくるのはコスタリカ。
今回は太平洋側にあるグアナカステ州のリベリア市へ行ってきました。
グアナカステ博物館の特別展を見学した後、現地考古学者のアナジェンシーさんの案内でラ・エスパニョーラ遺跡にも行ってきました。
この遺跡ではニカラグアでもたくさん見つかっているペトログリフ(岩刻画)が確認されていますよ。
岩の裂け目から川がゆっくり流れてくる光景がなんとも神秘的で、古代の人々もここを神聖な空間として捉えていたのかなぁ・・・と昔に思いを馳せるのでした。

前回ブログでは、エルサルバドルでのドローン調査について報告させてもらいました。
その調査の様子が、エルサルバドルの新聞社に取り上げられてインターネットに記事が掲載されました。
インターネット掲載記事1
インターネット掲載記事2
※スペイン語です

今回の春期調査も、みなさんのおかげで無事に終了しました、ありがとうございました。

まもなく新学期がはじまります、4月以降の活動についても引き続きブログで紹介させてもらいますので、時々チェックしてみてくださいね。
  • グアナカステ博物館の外観
  • 両側の岩に岩刻画が描かれています
  • 博物館広報のソレンさんと考古学者のアナジェンシーさん

Page top