ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2019/03/23 12:00:00 2019年春期マティグアス発掘調査終了報告(遅くなってすみません)!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
皆さまご報告が遅くなり申し訳ありません!あっという間に2019年春期マティグアス発掘調査が終了してしまいました!

今期の調査では、発掘調査と毎回恒例となっているティエラブランカ村の住民を対象とした調査報告会に加え、児童を対象にした考古学ワークショップも開催しました。

考古学ワークショップは、ティエラブランカ村の小学校の教員であるホセ先生から「毎回大人が対象なので、子どもたちにも考古学や村の遺跡について学ぶ機会をつくってほしい」という希望を受けて、5・6年生(10~13歳)を対象に考古学者の仕事、考古学についてのミニ講義を行い、その後ラスベガス遺跡を見学し、子どもたちに「ティエラブランカ村の昔の人々の暮らし」をテーマに絵を描いてもらいました。

ミニ講義の終了後や遺跡の見学中には、子どもたちから様々な質問が出ました。
「考古学って何のために勉強するの?」「昔の人々はどんな服を着ていたの?どうやって肉を焼いていたの?」「考古学者になるには何を勉強すればいいの?」「ひとつの遺跡を発掘するのにどれくらいかかるの?」「発掘ではどんなものが見つかったの?」などなど!私たちのプロジェクトを通じて、子どもたちも考古学に興味を持ってくれていたようで、今回直接子どもたちと接する機会を持ち、今後は大人だけでなく子どもたちを対象としたワークショップの必要性を感じました。未来の文化遺産を守っていくのは、この村の子供たちなのですから!

調査最終日、地域住民を対象とした調査報告会では、なんと朝から停電に見舞われるハプニング!パソコンやプロジェクターは使えないので、急遽ホワイトボードにイラストを描いて、地域住民へ口頭で調査報告を行うことになりました。過去のプレゼンのように写真や図では説明できませんでしたが、地域住民の皆さんは熱心に耳を傾けてくださいました。報告会後半は、「ティエラブランカ村での観光政策」をテーマに、地域の資源を活かした持続可能な観光開発についてグループワークを行い、今期の調査も皆さまのご協力のもと、無事に終えることができました。ありがとうございました!

2019年春期のマティグアス発掘調査はこれにて終了いたしますが、中米調査はまだ続いております!もうしばらくお付き合いください!
  • 調査報告会で掲示された絵を見る子どもたち。自分の絵について説明してもらったり、みんなの絵を見ながらどんなことが描かれているか見比べたりしました。
  • 教室のホワイトボードを借りて、図を描きながら発掘の成果を報告しました!
  • 報告会にはUNICAからコテ先生とフランク先生、マティグアスのホテルのオーナーのヘイセルさんらも出席してくださいました!ニカラグア文化庁考古課からはテイラーさん(写真右)も視察のため現場を訪れてくださいました。皆さま、今期もお疲れ様でした!

Page top