ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2019/03/25 10:30:00 エルサルバドルでドローンを飛ばす!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
マティグアス調査を終え、次に私が向かったのはエルサルバドル。

今回は、ラ・リベルタ県タマニケ市にあるいくつかの遺跡で、ドローンを使った写真撮影と地形測量をしてきました。
と言ってもドローンを飛ばしたのは私ではなく、テクノシステム株式会社の島津さんですが。

調査をおこなった遺跡は、エル・パンテオンシートなど計6つ。
どの遺跡も山の尾根沿いに位置しているのが特徴で、見晴らしがとても良いんです。

近年この地域で考古学調査をしている考古学者のミリアムさんは、ドローンで撮った写真を見て大喜び。
なぜなら、山脈に沿って分布する遺跡まで歩いていくのは本当に骨が折れるからだとか…。

遺跡があるサンイシドロ共同体では、村の魅力である美しい自然と遺跡、コーヒーや畜産などを活用して地域活性化を目指しているそうです。

遺物を見せてくれたお宅では麻袋いっぱいのマンゴーをおすそわけしていただき、フルーツがたくさん収穫できるもの魅力の一つだなぁ・・・と思うのでした。

さて、エルサルバドルの後もまだ調査は続きます。
今回はこれにて。
  • ドローン操縦中の島津さんと見守るミリアムさん
  • ドローンはどーこだ?
  • アイス片手にドローンを見つめる私たち

Page top