ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

プロジェクト・マティグアスの日常

2014/08/30 02:50:00 メンバーを紹介します

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
調査メンバーを紹介します
 今日は、現場作業はお休み。前半で出土した遺物の洗浄や整理を行なっています。発掘は現場での作業だけではなく、調査報告書の刊行までこうした室内作業が大変重要です。とくに海外調査では遺物をもって日本へ帰れませんので、滞在中に作業を進める必要があります。とくに、この洗浄作業だけは遺物をもう一度確認するという意味でもどうしても終わらせないといけません。場合によっては夜を徹してでも完了させるという実は大変な作業なのです。
 では、この機会に今回の調査メンバーをご紹介します。私ミナミとマドカ(植村まどかさん)が調査員。調査補助員として京都外国語大学英米語学科4年生石川麻衣さんとドイツ語学科3年生の藤田みつきさんが参加しています。二人ともミナミのゼミ生、そして学芸員資格課程の履修生です。
石川さんは卒論でマヤをテーマにしており、この調査が終わったらメキシコで遺跡を回るそうです。藤田さんは、とくに新大陸の考古学とか博物館をテーマにしているわけではないのですが、フィールドワークが好きだそうで今回このプロジェクトに興味をもって参加してくれました。スペイン語は全くだめだそうですが、スペイン語AZUCAL(砂糖)がドイツ語ZUCALと一緒だ!と気づいたり、片言でも話をしないと共同で発掘作業はできないことを実感したり・・・。外国語を学ぶことの面白さや大切さを知ってもらう機会になったと思います。初めは表情が硬かったお二人も、次第に笑顔が出来てきました。そう!がんばれ!若造(女子でも使います?)!!!
 さて、最後になりました。今回のニカラグア調査で社会学の立場から参加いただきました京都外国語大学教授で京都ラテンアメリカ研究所(IELAK)副所長の辻豊治先生をご紹介します。ここマティグアスに到着してから毎日、市役所や関連施設を訪問いただき、地域の現状を理解するためのデータの収集や聞き取り調査を実施されています。また、明日からはマナグアに戻られて、国全体からみたさまざまな政策課題について調査されます。
 私たち考古チームとしても、地域事情については常日頃気にしているところではあるのですが、なかなか調査の時間がありません。また、その方法も正しくは理解できていません。今回、辻先生の調査は、その意味からも大変有意義なものです。その成果を期待したいと思います。
そして、こうした総合的な調査ができるのが、ラテンアメリカ各分野の先生方おられるIELAKのもっともすばらしいところだとあらためて実感しています。
 それでは私も作業に戻ります(というか、宿題の原稿が・・・)
  • 発掘現場へ向かうメンバー(右から藤田さん、植村さん、石川さん)
  • 遺物の洗浄作業を行う藤田さんと石川さん
  • マティグアス郡の首長と副首長にご挨拶する辻先生(右)

2014/08/22 15:30:00 ニカラグア首都・マナグアへ到着しました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさん、こんにちは!そしてはじめまして!
”考古学と博物館学との仲介者ミナミの弟子”こと植村まどかです!
ニカラグアでは「マカ!」と呼ばれております。ぜひとも”ド”にアクセントをつけて「マカ!」と呼んでください!ちなみに私の師匠のミナミ先生は「ミミ!(やっぱりナにアクセント)」と呼ばれて親しまれて(?)おります!どうぞよろしく!

さて、大変長らくお待たせいたしました。本日21日にミナミ先生とその弟子マドカは、隣国コスタリカでの博物館訪問を終えて、ニカラグアの首都マナグアへ到着いたしました!以前からお知らせしていた『プロジェクト・マティグアス』の現地調査で、今回は調査地フィンカ・ラスベガスで発掘をします!調査地選びのために初めて南先生とニカラグアを訪れて早2年・・・ついに待望の発掘調査が実現しました!やったー!

今日は、ニカラグア・カトリック大学の先生やニカラグア国立自治大学の先生と調査に関する打ち合わせを行いました。また今回も本学の学生が発掘調査に参加しています。初めてのニカラグア、初めての発掘、慣れないスペイン語・・・初めてのことばかりで戸惑うこともあると思いますが、一緒に頑張っていきましょうね!

調査地マティグアスへ移動するのは、明後日の23日。明日はニカラグア・カトリック大学と在ニカラグア日本大使館へご挨拶に行く予定です。う~、緊張!あー今日は打ち合わせがほとんどだったので全然写真が撮れませんでした・・・。写真がないのも寂しいので、本日のベストショット・ミナミを公開しちゃいますね!

それではみなさん!アスタルエゴ~(またね)!
  • フードコートで遅めの昼食、そしてこのドヤ顔!美味しかったですね。

Page top