ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

プロジェクト・マティグアスの日常

2015/03/11 15:50:00 日本へ~ブルーフィールズ訪問~

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
 みなさんこんにちは(こんばんわ)
 私ミナミもいよいよ明日マナグアを離れて日本へ向かいます。昨日、IELAKで計画している「アメリカ地中海文化圏」における共同調査の下見に行っていたカリブ海ブルーフィールズから戻りました。今日は大使館挨拶、UNANの先生方と8月の予定などの打ち合わせを済ませこれで今期の予定をすべて終了ということになります。ふう。
 今期のニカラグアダイアリーお楽しみいただけたでしょうか?途中、マドカが行方不明になるという事態?にもめげず調査は順調に進めることができました。新しい仲間も加わり楽しい現場でした。その様子が少しでも皆さんに伝わったでしょうか。今度はぜひ「あなた!」も一緒に!
 さて、ということでこのニカラグアから最後のブログは、ブルーフィールズを紹介します。
 ブルーフィールズは、隠れた川「Río Escondido」の河口、カリブ海に張り出す潟の内側にある「陸の孤島」です。つまり、車でアクセスできるような陸路はありません。マナグアからはEl Ramaまでで、そこからはボートになります。後は飛行機。もともとはオランダ人によって作られた町ですがやがて英国の主導権となります。もともと住んでいたRAMAなどの先住民に加えて、アフリカから連れてこられた黒人奴隷の子孫、ヨーロッパ系、メスティーソなどさまざまな顔つき、身体つきの人々が暮らしています。
 さて、こんなところにも「日本人」(実際に出演されたそうです)。この町のただ一人の日本人、バレーラ由美子さんにお目にかかりました。東京ご出身で大学は上智大学。青年海外協力隊員や大使館の調査員などを勤められ、現在はご主人がブルーフィールズにある大学URACANに勤務されているためこの町に一人息子さんと3人でお住まいだそうです。20年近くニカラグアに関わっておられるとのこと。今後IELAKでの研究にもいろいろとお手伝いいただけるのではないかと思うところです。
 少し町を歩いてみましたが町の建物も植民地の時代を思わせるような雰囲気を残しています。木造建築ということもあるのでしょうね(国際文化資料館のブログでとりあげた博物館を参照してください)。黒人系、先住民系、ヨーロッパ系さまざまな人々に混ざって欧米人もちらほら。カリブ海に浮かぶリゾートであるコーン島に船で向かうバックパッカーが多いようです(多くは飛行機で直接コーン島へ)。一方、このあたりは麻薬の密輸ルートにもあるらしく空港も麻薬犬がいつもいるなど町もそうした裏の世界があるのだろうと感じました。
 今回は下見ということでとくに何かを目的していたわけではありませんが、もう一つの大学BICUの研究センター長先生から現地情報をいろいろ聞かせていただきました。IELAKの先生方にも報告し今後の共同研究の参考にしたいと思います。
 そうそう、時間が少しあったので小舟で湾を横断しカリブ海との間の砂帯にあるEL BULLFという町まで行ってきました。カリブ海にタッチしてきましたが、波がはげしくカリブ=リゾートというイメージは全くありません。かつては沖に停泊した帆船から小舟で上陸するため(内側の湾へ入る)にしばしば犠牲を出したという荒れ狂う海でした。湾の内側から見た静かな海と日の出、夜の月の風景はまた機会がありましたら紹介します。
 さあ、ニカラグア滞在も後、わずかとなりました。現地からのニカラグアダイアリーはこれにて終了します。また、日本で会いましょう。
  • 空からみたブルーフィールズの町。向こう側に川が見えます。
  • いろいろとおもしろいお話を聞かせていただきありがとうございました(左側:名古屋大学伊藤先生)
  • ブルーフィールズからEL BULFFに向かう渡し舟の港です。

2015/03/05 13:50:00 マドカが発見されました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさんどうもお久しぶりです!長らく行方不明だったマドカです!さあ私はニカラグアの発掘を途中で抜け出し、一体どこにいたのでしょうか・・・?!

正解は・・・南米ペルー共和国!!!
私のお師匠ミナミがニカラグアに到着して間もなく、私はペルーに旅立っておりました。
そして何をしていたかというと・・・今回はお師匠ミナミの元を離れて、筑波大学の保存科学をご専門とされる松井敏也先生に同行し、ナスカの地上絵の環境調査をしていました!

初めてペルーを訪れたのは、学部時代の1年留学の時だったので、今回は人生2度目のペルー訪問となりました。空港を出た時のリマの香りや、毎日バスで通学した大通りなど、懐かしく思える場所がたくさんあって、「あ~久しぶりに帰ってきたなぁ」という里帰りのような気持ちでした。私が考古学を本格体に勉強したいと思うようになったのもペルー留学時代のことです。第二の故郷であるペルーで、このような調査に携わることが出来て本当に嬉しく思います!ナスカ調査のことは、また機会があれば紹介したいと思います。

さて、マティグアスでの調査も無事に終了したとのことですが、今回の調査参加メンバーの紹介がまだでしたね!ここでニカラグア国立自治大学からの参加メンバー3名を紹介したいと思います!

まずは考古学専攻のヘウスくんとグレーテルさん。彼らはサグラリオ先生とレオナルド先生のもとで考古学を学んでおり、発掘や踏査などの経験も豊富で、今回の発掘でも即戦力となりました。
もう一人はアルベルトくん。彼は今回人類学専攻学生ということで調査に呼ばれましたが、もともとは美容師やメイクアップアーティストなどの美容系のお仕事をされていたそう。発掘以外でも突然歌ったり踊ったりして、現場のムードメーカー的存在でした。

今回はニカラグアの学生も調査に参加して、とても楽しい現場だったので、途中で現場を離れるのは正直寂しかったですが・・・ペルーでも新しい出会いや経験、勉強が出来て有意義な滞在になったと思っています!

私は一足お先に帰国しますが、ニカラグアのみなさん、今回も調査お疲れ様でした!調査後半の報告を楽しみにしています!
  • ナスカの地上絵にて。松井先生とマドカのデビューです!
  • ペルーといえば・・・インカコーラ!マドカはインカコーラが大好きです。

2015/02/13 14:20:00 マナグアだよ全員集合!2015年春期調査のはじまりです!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは、マドカです!
先日、師匠のミナミからもお知らせがありましたが、昨日ニカラグアのマナグアに今期の調査参加メンバーが無事に全員集合しました!私はコスタリカから、藤村くん(京都外大4年)はスペイン語の語学学校での勉強を終えてグラナダから、小川くん・川端くん(同志社大3年、2年)はエルサルバドルからバスで、それぞれマナグアに入りました。エルサルバドルからマナグアまでは、なんとバスで13時間!長旅お疲れ様でした!

マナグアでの滞在はいつもと同じホテルなので、ここに来ると「あ~戻ってきたなぁ」という安心感があります。今朝はみんなで揃って朝ごはんを食べました。

そして今日は午前中にUNAN(ニカラグア国立自治)大学を訪問し、いつもお世話になっているロバート先生にご挨拶にいきました。ロバート先生は、人文・法律学部の学部長を務めておられ、このプロジェクト・マティグアスを大学側からサポートしてくださっています。

調査地マティグアスへ移動するのは15日(日)を予定しています。
これからもどんどん近況をアップしていきたいと思っていますので、みなさんぜひチェックしてくださいね!

それではみなさん、アスタルエゴ(またね)!
  • 今期の調査メンバー揃って朝ごはん
  • UNAN大学人文・法律学部長ロバート先生とサグラリオ先生

2015/02/10 00:50:00 駐日ニカラグア大使を表敬訪問しました

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
 みなさんご無沙汰しております。ミナミです。
 今期のプロジェクト・マティグアス現地調査が近づいてきました。マドカは今、コスタリカです。修士論文でお世話になった先生方への挨拶やら今後の相談をしていると思います。そうそう!コスタリカの博物館と国際文化資料館との協定についても言伝を頼みました。目標は4月・・・。よろしく!
 本学の藤村くんは一年ぶりの参加でニカラグアへ先行し今はグラナダでスペイン語の特訓中。
 同志社の小川君と川端君(彼は初参加)は、無事にメキシコへ到着。マナグア向けてバスで出発したころでしょう。
 彼らは11日~12日にマナグアへ集結し、調査準備を整えてマティグアスへ向かいます。とりあえずは全員元気でマナグアへ集まってくれることを願っています。
 ・・・と、ミナミは何をしているか!!!はい、決して遊んでいるわけではありません。大学の仕事もあったりで出発は19日を予定しています。
 今日は、東京の駐日ニカラグア大使を表敬訪問してきました!と言えば恰好がいいのですが、IELAK副所長の辻先生のお供ということで・・・。でも、2013年プロジェクト・マティグアスの調査報告書を手渡しし、また昨年の調査の写真も見てもらいました。大使もマタガルパ県など北部の自然が大好きだそうです。はい。ほんとうにきれいです。また、人々の心根も大変すばらしいとも。はい!つよくそう思います。また、ガヨピントもおいしい!。はい。これまた同意します。
 ということで、ミナミは次の調査の下準備を整えて19日出発したいと思います。さて、今回はどのような調査になるでしょうか!楽しみです。
  • ニカラグア大使と辻先生(後ろはニカラグア革命の雄アウグスト・セサル・サンディーノ)
  • プロジェクト・マティグアスについては大変喜んでいただています

2014/09/05 16:30:00 マナグアに戻りました

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
マナグアへ戻りました 
 マドカさんから報告ありましたように、調査は3日の報告会にて無事に終了しました。今日から7日早朝の出発までは、調査機材の後片付け、関係機関へのご挨拶、共同研究の先生方と来年の調査についての打ち合わせなどが続きます。
 ラスベガス遺跡で調査したマウンドのトレンチは埋め戻し、来春まで冬眠(熱帯地方ですが)です。たった6日間調査しただけですが、大変興味ある遺物や遺構も発見できました。どうやら住居址ではないかと思っています。今年の11月には調査概報をニカラグアの文化庁に提出。今年度中には日本語版を出します。その結果によりますが、来年からは本格的は調査の段階に移ります。また、遺跡は思った以上に広がっていることも判明し、来年はあらためて遺跡を踏査する必要も出てきました。今年以上に多くの学生諸氏の参加を期待したいところです。
 さて、今日は一足先にマナグアへ戻られていた辻先生と一緒に、考古学の共同研究先であるニカラグア国立自治大学を訪問し、共同研究者が所属する文学部長のロバート先生にご挨拶をしてきました。ミナミが初めて大学を訪問しロバート先生にお目にかかって丸2年。先生もその成果を喜んでいただいていました。
 また。IELAKでは11月24日に中米考古学と日本人研究者をテーマとした研究講座を予定しています(国際文化資料館共催)。この記念講演に共同研究者であるサグラリオ・バジャダレス先生をご招待することになり、正式にそのお願いをしてご了解をいただきました。本学とニカラグアとの交流がますます盛んになり、ミナミとしても大変喜んでおります。
 ということで、今回の調査も大詰めとなりました。このダイアリーもそろそろお開き?いえいえIELAKの研究テーマである「アメリカ地中海文化圏研究」はこれからも続きます。引き続きニカラグアを中心にダイアリーを出し続けたいと思います。みなさん。今後ともよろしくお願いします。
  • 今年も報告会を終えてほっとしました。みなさん笑顔がステキです。
  • マウンドに設けたトレンチも埋め戻し来年2月の調査再開まで冬眠です。
  • ニカラグア国立自治大学にて右側ロバート先生、左側手前から共同研究者のレオナルド先生、サグラリオ先生、本学辻先生、マドカさん

Page top