ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

プロジェクト・マティグアスの日常

2017/08/29 12:20:00 2017年、夏期調査始まったよ!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
皆さま大変お待たせいたしました!
プロジェクト・マティグアス2017年夏期調査が8月27日から始まりました!!!

私は26日にメキシコから合流して、27日にはマティグアスへ移動しました。カケル君とは初対面でしたね、初めまして!
カケル君は私とマナグアで合流するまでの約1週間、UNICAに滞在していました。その様子をまとめてくれましたので、こちらの掲載をもって夏期調査の幕開けとさせていただきます!

****************************
村田翔くん(本学スペイン語学科2年)
今回初参加だったので8月18日当日伊丹空港に着いたとき、楽しみであると同時に不安もありました。スペイン語を大学で1年半勉強してきましたが、しっかりとニカラグアの人たちとコミュニケーションを取れるのかがとても心配でした。というのも、ニカラグアに行ってからの最初の一週間はニカラグア・カトリック大学(UNICA)に滞在し、スペイン語で授業を受ける予定もあり、授業についていけるかなとか、友達ができるかなとか色々考えていました...
無事に長旅を終え、首都マナグアのホテルに着いたとき疲れで爆睡してしまい、次の日の朝、南先生に電話で起こしてもらいました(笑)。その日、UNICAのフランク先生に1日泊りがけで先生の実家があるサン・ラファエル・デル・ノルテに連れて行って頂きました。フランク先生はとても気さくな方で、英語とスペイン語を使って非常にわかりやすく話しかけてくださり、すぐに打ち解けることができました。サン・ラファエル・デル・ノルテは自然豊かで非常に美しい場所でした。ご家族の方もまた非常に気さくな方でたくさん話しかけてくださり、コミュニケーションに不安を持っていた僕にはとても良いウォーミングアップにもなり緊張感もほぐれました。
いよいよ月曜日からUNICAでの学校生活が始まり、初めて授業を受けましたがとても話す速さがはやくほとんど理解できませんでした... しかし、同じクラスの学生たちが話しかけてくれて授業内容を説明してくれたり、会話をしたりしてとても気が落ち着きました。大学で過ごすうちに友達もたくさんでき、金曜日には授業が終わった後、友達にマナグアツアーをしてもらいました。とても良い思い出でしたし、良い経験ができたと思います。来たときよりもだいぶスペイン語にも慣れたのも、友達のおかげだと思います。
たった一週間でしたが、とても内容の濃い一週間でした。
****************************

早速1週間をスペイン語で過ごし、ニカラグアのスペイン語にもだいぶ慣れたでしょうか?今回予定されていた発掘はキャンセルになりましたが、現地報告会の準備、一緒に頑張りましょうね!

それでは皆さま、今期もどうぞよろしくお付き合いくださいませ!チャオ!

  • フランク先生とご家族 
  • 講演会前に... 
  • 友達とマナグアツアー 

2017/03/26 05:10:00 調査終了~お世話になりました

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 23日の報告会の後、発掘のトレンチを埋め戻し(せっかくここまで掘ったのになあと思いながら)、後片付けをして、ティエラブランカの村ともお別れです。みんなそれぞれの思いを胸に「さようなら」です。村の人が手を振ってくれるのがとっても嬉しいです。マイ・アスカ・チカも子どもたちが手を振ってくれると歓声をあげていました。村の一員のはしくれになれたでしょうか。
 マティグアスのホテルへ戻って最後の夜は、恒例のカレーパーティ=(また機会があったら3人から報告してもらいましょうね)。最終日24日は荷物の片付けです。今期の調査で消耗したものや新しく増えた道具をメモし来期に備えます。終わりは次への始まり。
 11時前、国立自治大学から手配していただいてバスが到着。みんなでマナグアへ向かいます。ホテルオーナーや従業員さんたち、向かいの食堂やお店のおばちゃん。マティグアスの町にも思いを残して「さようなら」です。
 そして、マナグアに戻ってきました。
 私たちからみなさんにお礼です。

 きおつけ!「キラグアの山の神さまへ。マイ・アスカ・チカがお世話になりました」

 礼!「ティエラブランカ村のみなさん!マティグアスのみなさん!ありがとうございました」

 なおれ!「お疲れ様でした」
  • きおつけ!
  • 礼!
  • なおれ!お気楽に~

2016/04/12 16:40:00 打ち上げをしました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは!時が経つのは早いもので、帰国して一週間あまりになりました。私もすっかり元の生活?に戻りつつあります。昨日から京都はすっかり冷え込んでしまって、中米の暑かった日々が恋しいです!せめて春の陽気、カムバーック!

さて、先日お待ちかねのプロジェクト・マティグアスの今期の打ち上げを行いました!私の帰国を待っててくださったので、みんなは帰国してしばらく経ってしまいましたが、海外から帰ってきて食べたくなる日本食といえば!やっっっぱりお寿司ですよね!美味しかったです。満足です。今期の調査も本当にお疲れ様でした皆さん!

しかしこれで調査が終わりというわけではなく、これからしばらくの間は報告書の作成や資料の整理など、帰国してからも調査のとりまとめは続きます。また、資料館の研究会などで今期調査の報告会なども予定していますので、興味のある方はぜひ研究会へ足を運んでみてくださいね!お待ちしています!
  • みんなたくさん食べましたね!お気に入りのネタとパシャリ。
  • びっくらポンが3個出るくらい食べました!
  • 大好物のマンゴーを目の前にしてご満悦です。「中米だったらもっと安くてたくさん食べられるのに・・・」ですって。マンゴー好きさんはぜひ中米へ!

2016/04/03 02:40:00 早く帰っておいで

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
 マドカ!長らくの調査おつかれさまでした。
 パナマ、コロンビアと新しい地域を巡ってみていかがでしたか?まさに「百聞は一見にしかず!」いい機会になったと思います。これからもどんどん視野を広げてください。きっときっと気づかなかったものを発見すると思います。
 さて、私たちはすでに京都に戻ってすっかり元の生活?に戻っています。Maiは「ニカラグアへ戻りたい」と言ってました。Asukaも元気です。みんな頼もしいねえ。
 4月1日は入学式。新しい学生さんが入学してきました。この中にニカラグアへ一緒に行きたいと言ってくれる学生が出てくるよう、みんなで一緒に楽しくがんばりましょう。
 それでは無事の帰国を待っています。

 

掘れ惚れニカラグアDiaryを応援いただいているみなさまへ
 春の調査も植村さんの帰国を待って、すべての調査が終了します。今期も収穫の多い調査でした。そして、それ以上に新たな課題も出てきました。発掘するたびに新しい発見が増えていきます。謎も増えていきます。
 そのたびに、あれやこれやと考え、みんなで議論し、試し、失敗し、また挑戦していく。これの繰り返しです。まさにノンフィクション、筋書きのない、筋書きを何度も何度も書き換えていく。これが考古学、発掘のおもしろさです。
 そんな楽しみに触れてみたいと思う「あなた」。ぜひ、私の研究室または国際文化資料館のドアを開いてください。そこはすでに考古学のワンダーランドです。

  • ミナミーヘウス
  • MAI & ASUKAーカルメンおばさん
  • マドカーレオナルド

2016/03/27 14:30:00 終わったと思ったら大間違い?もうちょっと続くよブルーフィールズでの資料調査

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
もうプロジェクトも終わって、すっかりお疲れ様~な雰囲気だったでしょ!?そうでしょ!?実はまだ中米に滞在中のマドカなのですこんにちは!

先日MaiとAsukaが無事に日本へ帰国しましたが、私マドカはプロジェクト・マティグアス終了後、単身でニカラグアのカリブ海岸の町・ブルーフィールズに渡っていました!

昨年8月には、BICU-CIDCAに所蔵されている文献調査を行いました。今回の調査では、CIDCAに収蔵される考古遺物の資料を見せていただきました。
CIDCAには、今までBICUがカリブ海岸地域で行ってきた踏査で収集してきた土器片や石器などの考古遺物が多数収蔵されていますが、それらの遺物はほとんど未整理のまま保管されている状態にあるとCIDCA館長のDonald先生が話してくださいました。
これらの資料は収集元であるコミュニティの許可を得てCIDCAに収蔵しているということもあり、今後はこれらの資料をどのように活用し、コミュニティに情報を還元できるか、という課題を解決することが重要だとも仰っていました。展覧会などを開催しようにも、CIDCAには博物館をマネージメントできる専門家がいないため、どのようにすればいいのかよく分からないという状態だそうです。

そこで!頼りになるのは国際文化資料館ではないでしょうか!CIDCAには収蔵品の管理・登録などの課題だけでなく、地域に情報を発信するという教育普及活動についても国際文化資料館がお手伝いできるような課題があるように思いました。

さて、私の中米の旅はもう少しだけ続きます。一体次はどこから更新されるでしょうか!?
それではみなさま、¡Hasta luego!
  • 飛行機のコックピットがこんなに近くに!お馴染みの国内線は小型飛行機です。私はコックピットの真後ろの席に座るのが好きなんです!なんだかワクワクしませんか?
  • CIDCAの展示室です。セマナサンタで休館中だったのでなんと貸切り!なんて贅沢なひとときなのでしょう!
  • メタテの写真撮影をしました。この建物の天井にはコウモリが大量に住んでいるようで、貸切りだけど、一人じゃない感がまた素敵です。姿は見えないものの、キーキーと鳴いていましたよ!

Page top