ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

発掘・考古学

2016/11/24 01:20:00 2017年春季調査に向けてスタート

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
掘れ惚れニカラグアDiaryを楽しみにしていただいているみなさまへ
 ミナミです。すっかり更新が後回しになっておりました。申し訳ありません。
 今夏は、世界考古学会議の第8回世界大会が同志社大学で開催され、そのお手伝いをしていたいこともあって、プロジェクト・マティグアスの調査もお休み。9月の1週間、フィンかラスベガスの地主さんへのあいさつや協力機関へのご挨拶、加えてブルーフィールズでは来年度以降の調査について相談をしてきました。ということで9月のブログで夏季調査スタートとしたものの、終わりについて発信できていませんでした。すみません。
 そして10月、2012年のニカラグアへの予備調査依頼、ずっと私の手元で調査に参加してくれていたマドカは、いよいよ次のステップへということで、メキシコ国立自治大学へ1年間の留学に出発しました(おめでとう!!!)。1年後の成長が楽しみです。
 さて、私たちもいよいよ来春の調査の準備を始めました。
 来春は、あらたな3年間の科研費1年目1回目の調査ということで、発掘調査も本格化してきます。参加者も増えそうですから、それらのマネジメントも需要な仕事です。
 今回、今春に調査に参加してくれたマイとアスカが再び参加してくれることになりました。さらに、新しく「さかもとちか」さんが加わるということで、おおいに喜んでいます。
 先日、第1回目の打ち合わせ会を開催しました。初めて参加のチカもマイやアスカがいるので安心できると思います。マイやアスカも初めての時と違って余裕もあるでしょう。しかし、こういうときこそ、今までの以上に慎重にしないといけません。油断大敵。そのためにはまずはしっかり準備をすることです。
 そして、今年の成果の報告を出す作業も重要な活動です。みんなでしっかり共有して調査に向かいましょう。マドカ姉さんに心配をかけないよう一致団結してがんばりましょう。
 そこの君!どう、一緒に!決して楽ではないけれど、楽しいですよ。
  • まずは来春の調査の予定を決めないといけません。そして、それまでに何をしないといけないのか。今春の調査をふりかえりつつ。
  • マドカ姉さん!がんばってますよ!
  • プロジェクト・マティグアス調査室(10号館3階国際文化資料館館長室)では今年の調査の報告書づくりが進んでいます。

2016/09/06 18:10:00 ニカラグアチームに新しいメンバー!~夏季調査開始~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
ニカラグアダイアリーを楽しんでいただいているみなさま!
 ご無沙汰しております。ミナミです。
 いよいよ今期の調査が始まりますが、ミナミ、マドカ、マイほか国際文化資料館のメンバーも世界考古学会議のお手伝いをしていたため、今期の調査はたった1週間となってしまいました。もちろん、これでは発掘はできません。来季のために下準備と新しいミッションのためです。
 そうです。そのミッションのために、わがチームに新しい生贄。じゃなかった仲間が加わることになりました。
 教務部の中橋智史さんをご紹介します。
 新しいミッションは、協定を結んでいるカトリック大学の共同して「日本と中米の大学が協働して世界の平和に貢献できるグローバル人材の育成事業」を始めるための具体的な打ち合わせに来てもらいました。プロジェクト・マティグアスには直接かかわらないように思われるかもしれませんが、大きな目標である地域課題を解決していく活動を継続的に行うためには、こうした人材育成が必ず必要になります。5年後、10年後を考えると、今から始めなくてはならいないのです(たまにはいいことと言うなあ)。
 しか~し、わがチームに入るためには、試練を乗り越えていただかなくてになりません。
 今日は、中橋さん3態。京都から26時間の移動、マナグアに一泊して「地の果て?」ブルーフィールズへ。小型機は雨期の嵐に翻弄され、やっとたどり着き、無事に中橋さんはチームに迎えられたのでした。お疲れさまでした!(まだまだ試練はつづきますが)。
  • これで行くの?雨期の嵐の隙間をぬって離陸!
  • 機中。まだ余裕です。
  • 途中省略。ブルーフィールズのまちを望むレストランでやっと一息。中橋さんいわく「カルチャーショックが・・・」

2016/03/18 17:00:00 マナグアに戻ってきたよ!皆で食べたあのカレーライスの味は忘れない!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
昨日マティグアスからマナグアへ戻ってきました。帰りのバスの中ではお昼ご飯を食べた時以外終始爆睡だったマドカですこんにちは!

さてマティグアス最終日、私が何をしていたかといいますと・・・カレーライスを作っていました!日本のカレーライスを世界に広めるべく、過去にペルー、エルサルバドル、コスタリカでカレーを作ってきたマドカですが、この度念願のマティグアスでカレーライスを振る舞うことができました!Asukaが持ってきていたインスタントのお味噌汁とセットで、UNANの皆さんにも大好評!この調子でまずはラテンアメリカにカレーライスを広めていきたいと思います。

さて、恒例となりましたが、今期の調査に参加してくれたAsukaとMaiの調査参加感想文を紹介したいと思います。
****************************
杉岡明日香さん(京都外大スペイン語学科1年生)
今回のニカラグアの旅では、たくさんの学びを得ることができました。発掘についてはもちろん、母国語の異なる人々とコミュニケーションをとることの難しさや楽しさは全て、私にとって素晴らしい体験となりました。また、今まで全くと言っていい程知らなかったニカラグアという国についても、たくさんのことを肌身で感じ、知ることが出来ました。そして、ニカラグアという国が大好きになりました。南先生、植村先生、その他私に関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。ニカラグアで学んだ様々なことを、これからの学びに活かせていきます。

竹林麻衣さん(京都外大スペイン語学科1年生)
以前から発掘に興味があり、今回このプロジェクトに参加させていただくことにしました。想像していたよりも細かい作業や覚えなければいけないことが多く大変でした。しかし、自分が掘っている場所から様々な土器片が出土したり、この遺跡は何であるのかを考えたりすることがとても面白いと感じました。そして、この約一か月間本当にたくさんの方々にお世話になりました。皆様がいつも親切にして下さったこと、感謝しています。ニカラグアに到着する前は正直不安でいっぱいでしたが、多くのことを経験し学ぶことができ今では来て良かったと思っています。南先生、植村先生には何もわからない私に多くのことを一からご指導いただきました。本当にありがとうございました。
****************************

1年生をプロジェクトに迎えるのは初めてでしたが、体調を崩すこともなく、良く食べ!良く寝て!二人ともとてもよく頑張ってくれました。いよいよ二人は明日帰国ですね。ニカラグアで経験したことを忘れず、これからも頑張ってくださいね!
  • 前回のブログで紹介したカカオジュース!これが飲めなくなるのは寂しいです・・・。
  • カレーライスen Matiguás!ヘウスとバニとレオナルド先生はおかわりしてました!
  • マナグアへ戻り、UNAN大学CADIの前で集合写真。皆さま今期もお疲れ様でした!

2016/03/16 14:40:00 今期の発掘調査も無事に終了!お疲れ様でした!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
¡Hola todos! みなさんこんにちは!最近カカオジュースを飲むのがマイブームなマドカです!あっという間にマティグアスで過ごす最後の夜となってしまいました!ティエラブランカ村でのワークショップも終えて、翌日発掘現場は埋戻し作業を行いました。

今期の現場でMaiとAsukaはこんがり日焼けをしてしまったみたいです。調査中は長袖に軍手のスタイルですが、図面作成や細かい作業にあたっていると、どうしても手首から先だけが日焼けしてしまい、なんとも不恰好な仕上がりになってしまいます。かくいう私も手先だけこんがり・・・しかしこれは最後まで現場をやり抜いた証でもあると思っています!
というわけで、今期の調査も無事に終了しました。みなさんお疲れ様でした!

発掘作業は昨日で終えましたので、今日は遺物の整理や写真撮影などを行っていました。MaiとAsukaとで協力して、今日で全ての土器と石器の写真撮影を終えることができました!その間マドカは何をしていたかというと・・・?これはまた次回のブログで!
  • 今期掘った土をみんなで埋め戻します。
  • 実は昨日一足早くマナグアへ戻られたお師匠のミナミ先生。コリブリのホテルのタクシー運転手レスターさんに迎えにきてもらい、いつもお世話になっています。”Fuera de servicio! (使用不可!)”
  • MaiとAsukaで遺物の写真撮影中。一眼レフの扱いにも慣れてきたかな?

2016/03/11 08:20:00 発掘も大詰め

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
 世界女性の日があって、なぜ男性の日がないのか?「他の日がすべて男性の日がからよ~」とおっしゃる、マティグアス・サンダルガールズのみなさん。ほんまかなあ~と「マティグアス・ヤンキーボーイズ」。
 さて、早いもので発掘も大詰めに差し掛かっています。今回の目的だったマウンド頂部で確認していた石組みもほぼ発掘が終わり、最後の詰めの作業をしています。え?結局何だったのか?それは・・・です。もう少し分析してから、またご報告したいと思います。
 あっ!子豚が危ない!!!何かに狙われている・・・て、あれ?マドカじゃん。晩御飯のおかず?
 いえマドカは、子ぶたちゃん(チャンチート)が大好きなようです。いつも「チャンチート!」と呼んでは「かわいい、かわいい」と。では、やっぱり豚は食べないの?「大好物で~す」。
 やっぱり、「危ない!逃げろ!チャンチート!」
 最近、少し雨が降るせいか山も少し緑が見えるようになってきたように思います。雨季が近づいているのでしょうか(少し早いような)。熱帯のこの地でも、季節は変わります。
  • ほんまかな~とヤンキーボーイズ!って、ボーイでないのが一人いる?ええやん。
  • 逃げろ!チャンチート!
  • マティグアスの町へ戻る道。ふと振り返ると・・・。

Page top