ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

発掘・考古学

2018/08/07 09:40:00 グアテマラカリブ海岸地域事情調査~リビングストン編~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
またまたモーターボードに乗りドゥルセ川を下っていくと、カリブ海に面する街リビングストン(Livingston)に到着しました。この街では、アフリカ系移民(ガリフナ)文化が強く感じられ、他のグアテマラの街とは雰囲気を異にしているので、一瞬どこの国にいるんだっけ?と思ってしまうほど。

ガリフナ文化について知るために、「ガリフナ文化の家(Casa de la cultura Garífuna)」という資料館へ行ってみました。そこではガリフナの民具や衣装を展示するほかに、定期的に音楽やダンスのイベントも行っているそうです。

お察しの方もいるかと思いますが、彼らの祖先は、植民地時代にスペイン軍によってアフリカから連れてこられ、農園などで強制的に働かされていた黒人奴隷です。悲しい過去もあるけれど、自身の文化に誇りを持っているし、その文化も守りたいという資料館の方の言葉が印象的でした。

またまたまたモーターボートに乗り、貿易港があるプエルト・バリオスという街にも行ってきましたが、リビングストンにもここにも、現在行われている発掘調査は無いんだそうです。しかし、モーターボートからは建造物と思しき怪しいマウンド(土山)が見える・・・。

残念ながら今回のカリブ海岸地域事情調査はここで時間切れ。
3回にわたり「グアテマラカリブ海岸地域事情調査」編をお送りさせていただきました。
まだまだ夏期調査は続きます!次はどこへ行くのでしょう?
  • タパード(Tapado)はココナッツミルクベースの海鮮スープ。ガリフナの食文化もしっかり堪能。
  • 「ガリフナ文化の家」
  • 船着き場の様子。水がとても汚い。

2018/08/06 02:20:00 グアテマラカリブ海岸地域事情調査~リオ・ドゥルセ編~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
キリグアからバスを乗り継ぎ辿り着いたのは、リオ・ドゥルセ(Río Dulce)。町の名前にもなっているドゥルセ川(Río Dulce)と、グアテマラ最大の湖イサバル湖との結節点に位置します。現在は欧米系外国人たちが多く訪れるリゾート地になっているようで、湖畔には水上コテージも多く見られます。ただし、個人的にはここで泳ぐことをおススメすることはできません。水が茶色いので。

この街の最も有名な歴史的建造物は、植民地時代にスペイン軍によって建設されたサン・フェリペ城(要塞)です。ドゥルセ川は、カリブ海からイサバル湖へ入る唯一の水上路ですので、両者の交わる場所にあるこの街は水上交通の要衝でした。この地を狙って攻撃を仕掛けてくる海賊から街を守るために作られたのがこの要塞なのです。が、グアテマラ人によれば「でも実は要塞にはいっっつも海賊の旗が立ってたんだぜ笑」とのこと・・・。

サン・フェリペ城のように、スペイン軍が植民地時代に海賊の攻撃に備えて建設した要塞は、お隣の国メキシコやホンジュラスのカリブ海岸地域にいくつも存在しています。現在も植民地時代も、きっと先スペイン期(16世紀以前)も、水上交通の要衝となる場所は大きく変わっていないですから、古代の水上交通について探るために、要塞のある街の調査をしてみるのも面白いかも・・・?

次回はリビングストン編です!
  • サン・フェリペ城へはモーターボートで行きます
  • こちらがサン・フェリペ城。ゲームやアニメに出てきそうなかわいらしい要塞。
  • 私も要塞を乗っ取ってみました。左手側にドゥルセ川、右手側にイサバル湖です。

2018/08/06 02:00:00 グアテマラカリブ海岸地域事情調査~キリグア編~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
本日は7月30日から8月3日にかけておこなったグアテマラカリブ海岸地域事情調査の様子についてお伝えします。

現在、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(IELAK)では、カリブ海からメキシコ湾を研究対象とするアメリカ地中海文化総合研究の準備を進めています。それに伴い、中米諸国のカリブ海岸地域で地域事情調査をはじめています。昨年からニカラグア・ブルーフィールズでは調査がはじまっています。(ブルーフィールズ調査については過去ブログ参照)

そんなこんなで、グアテマラのカリブ海岸地域へ、私ミサキが地域事情を調査しに行って参りました。そして今回は、交通事情や治安情報を的確に把握するため、グアテマラ、サン・カルロス大学のフェルナンド君にも同行してもらいました(ちなみに彼は日本食が大好きだそうです)。

最初の街はキリグア。世界遺産キリグア遺跡がある街です。キリグア遺跡はカリブ海岸地域に面するイサバル県に位置するんですが、キリグアは内陸部モタグア川の近くにあります。話がややこしくてすみません。
キリグア遺跡は1981年に世界遺産に登録されており、遺跡公園内では数々の石彫や祭壇、建造物などを見学することができます。キリグアは古典期(紀元後3~9世紀頃)に最も栄えたマヤの古代都市で、考古学調査や碑文研究(マヤ文字の解読)などにより様々な歴史が明らかにされてきました。
私も遺跡見学を楽しみにしていたのですが・・・なんと、キリグアで一番大きな石彫は、保護用屋根の改修のためビニールでぐるぐる巻きに!なんとも悲しい結果でしたが、グアテマラの遺跡保存の一面を見ることが出来て良かったのかも・・・。

次回はリオ・ドゥルセ編!
  • 同行してくれたフェルナンド君。虎の絵が素敵な食堂でお昼ご飯待ち。
  • キリグア遺跡
  • 巨大海苔巻きと化した石彫と悲しみに暮れる私

2018/06/13 12:30:00 京都メソアメリカ考古学研究会を開催しました。

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
みなさん、こんにちは。梅雨時のジメジメのせいで、頭からキノコが生えそうなミサキです。

先週6月10日(土)、京都メソアメリカ考古学研究会を開催しました。この研究会では、メソアメリカやアンデス、中間領域に関する考古学や博物館学についての発表と意見交換を行っています。学生が調査体験報告をしたり、大学院生が論文の構想について発表したり、第一線で活躍する研究者から最新の調査成果報告があったりと、幅広い内容を扱っています。

今回は名古屋大学大学院の伊藤伸幸先生から、エルサルバドル共和国の発掘調査成果についてご発表をいただきました。

【第52回京都メソアメリカ考古学研究会】
発表タイトル:「チャルチュアパ遺跡エル・トラピチェ地区の発掘について」
発表者:伊藤伸幸先生(名古屋大学大学院)

先生からは、これまでの発掘調査成果から明らかになってきたことや、春の調査で見つかった「7バクトゥン」の石彫の解釈についてお話していただきました。チャルチュアパ遺跡では、オルメカやマヤと関係のある遺物が数多く出土しており、メソアメリカの歴史を考える上でとても重要な遺跡と言えるのです。
ちなみに私もチャルチュアパ遺跡の調査には2013年から参加させていただいてます。

「7バクトゥン」って何?という声が聞こえてきそうですね。みなさんは、「マヤの暦」についてご存知でしょうか。例えば私たち日本人は、西暦と和暦を用いて日付を表しますが、古代マヤの人たちは、主に短期暦と長期暦と呼ばれる暦を使って日付を表していました。そして「バクトゥン」とは、長期歴で日付を表すときに用いられる単位なのです。
2012年12月21日にマヤの長期暦が終わって世界も終わる!と、少し世間がざわつきましたね。しかし、長期歴が一区切りを迎える2012年12月21日はいわゆる大晦日のような日で、翌日2012年12月22日はいわゆる元日にあたるので、世界が破滅するわけではないんです。
マヤの暦について少しだけお話しましたが、実はもっと複雑です(笑)。もっと詳しく知りたい方は、まずは「ミサキ」まで!さらに、国際文化資料館図書室にある入門書や専門書を手に取られることをお勧めいたします。

  • 研究会の様子。
  • 質問に答える伊藤先生。
  • 懇親会の一枚。写真に収まりきっていません。私がメイン!!!

2018/06/04 11:20:00 ニカラグア研究集会を開催しました

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
初夏の日差しが眩しい季節となりました、掘れ惚れブログ初投稿のミサキです(実は過去記事に登場しています)。

先週5月30日(水)、来年度以降の調査に向けた研究集会を開催しました。これまで、ニカラグア内陸部に位置するマティグアスを中心に調査を進めてきましたが、ミナミ先生はカリブ海岸地域にまで調査地域を広げるため、あれやこれやと算段しているとか・・・。

研究集会プログラム
【報告①】 ニカラグアで石器をみせてもらいました。(川合剛先生、名古屋市博物館)
【報告②】 ラス・ベガス遺跡出土土器 (深谷岬、京都外大博士課程)
【自己紹介】 鈴木真太郎先生(グアテマラ・デルバジェ大学)、青木敬先生(京都外大教員)
【協議】来年度以降のアメリカ地中海地域を対象とした総合的研究に向けて意見交換
古代文明メソアメリカとアンデスを結ぶ中間領域:両文明の狭間で発展した周辺地域の重要性(嘉幡茂先生、メキシコ・ラスアメリカス大学)

今回は国内外から共同研究者のみなさんが集結し、今後の調査計画について熱い議論が繰り広げられました。
川合先生からは今年春に行われた石器分析についてご報告をいただきました(かわい先生だけにかわいらしい発表タイトル)。私からは土器に関する報告をさせていただき、鈴木先生と青木先生にはご自身の研究についてお話いただきました。
嘉幡先生からは、これまでの調査から明らかになった中間領域研究の重要性と研究計画案ついてお話があり、それをもとに皆さんで協議をおこなって今後の研究方針について話し合いを進めました。

今後の調査については、このブログで随時報告していきます!乞うご期待!
  • 研究集会の様子。
  • キリッ。
  • この後の懇親会でも議論は続くのであった・・・

Page top