ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れセントロアメリカDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

発掘・考古学

2019/03/23 12:00:00 2019年春期マティグアス発掘調査終了報告(遅くなってすみません)!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
皆さまご報告が遅くなり申し訳ありません!あっという間に2019年春期マティグアス発掘調査が終了してしまいました!

今期の調査では、発掘調査と毎回恒例となっているティエラブランカ村の住民を対象とした調査報告会に加え、児童を対象にした考古学ワークショップも開催しました。

考古学ワークショップは、ティエラブランカ村の小学校の教員であるホセ先生から「毎回大人が対象なので、子どもたちにも考古学や村の遺跡について学ぶ機会をつくってほしい」という希望を受けて、5・6年生(10~13歳)を対象に考古学者の仕事、考古学についてのミニ講義を行い、その後ラスベガス遺跡を見学し、子どもたちに「ティエラブランカ村の昔の人々の暮らし」をテーマに絵を描いてもらいました。

ミニ講義の終了後や遺跡の見学中には、子どもたちから様々な質問が出ました。
「考古学って何のために勉強するの?」「昔の人々はどんな服を着ていたの?どうやって肉を焼いていたの?」「考古学者になるには何を勉強すればいいの?」「ひとつの遺跡を発掘するのにどれくらいかかるの?」「発掘ではどんなものが見つかったの?」などなど!私たちのプロジェクトを通じて、子どもたちも考古学に興味を持ってくれていたようで、今回直接子どもたちと接する機会を持ち、今後は大人だけでなく子どもたちを対象としたワークショップの必要性を感じました。未来の文化遺産を守っていくのは、この村の子供たちなのですから!

調査最終日、地域住民を対象とした調査報告会では、なんと朝から停電に見舞われるハプニング!パソコンやプロジェクターは使えないので、急遽ホワイトボードにイラストを描いて、地域住民へ口頭で調査報告を行うことになりました。過去のプレゼンのように写真や図では説明できませんでしたが、地域住民の皆さんは熱心に耳を傾けてくださいました。報告会後半は、「ティエラブランカ村での観光政策」をテーマに、地域の資源を活かした持続可能な観光開発についてグループワークを行い、今期の調査も皆さまのご協力のもと、無事に終えることができました。ありがとうございました!

2019年春期のマティグアス発掘調査はこれにて終了いたしますが、中米調査はまだ続いております!もうしばらくお付き合いください!
  • 調査報告会で掲示された絵を見る子どもたち。自分の絵について説明してもらったり、みんなの絵を見ながらどんなことが描かれているか見比べたりしました。
  • 教室のホワイトボードを借りて、図を描きながら発掘の成果を報告しました!
  • 報告会にはUNICAからコテ先生とフランク先生、マティグアスのホテルのオーナーのヘイセルさんらも出席してくださいました!ニカラグア文化庁考古課からはテイラーさん(写真右)も視察のため現場を訪れてくださいました。皆さま、今期もお疲れ様でした!

2019/03/04 14:10:00 発掘現場では様々な訪問者を迎えています!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
こんにちは!あれからまた同じアリに刺されてしまい、すっかりアリ恐怖症のマドカです!

今回の調査では、週6日は朝7~13時まで発掘現場、週1日は室内作業(遺物洗浄)で活動しています。マティグアスやティエラブランカ村でもプロジェクト・マティグアスの認知度も高まってきているようで、日々さまざまな方が発掘現場を訪問してくださっています。

先日は、過去の調査で昼食を作ってくれていたレイナさんがアロス・コン・レチェを差し入れてくださったり、調査地の地主であるアブデル・モントヤさんや、マティグアス市長のマルロン・エスカーレットさんが市役所観光業開発の一環として訪問してくださいました。

その他にも遺跡沿いの公道を通りすぎる村の方々が声をかけてくださったり、「ティエラブランカの者やけど、おまいさんらいつもここで何しとるんかいのー(マティグアス訛り)」と発掘を見学しに来てくださる方も以前に比べて多くなりました。

最近は、アブデルさんの農場で働く家族の子どもたちが、農作業のお手伝いの合間に頻繁に足を運んでくれるようになりました。アレクソン君とアレハンドリート君も、毎日の発掘作業に興味深々の様子です。

気が付けば調査も中盤となってきました!
ニカラグアは乾季にもかかわらず、ときどきスコールに見舞われているマティグアスで引き続き調査を続けます!
  • 軽食としてアロス・コン・レチェを差し入れしてくださったレイナさん(写真右側)と娘さん、それをしかと受け取るサグラリオ先生(写真左側)
  • 左から、発掘現場までの運転手を務めるウィルマンさん、市長のマルロンさん、カリブの調査を終えて合流したケビン
  • 厳しい日差しをものともせず、熱心に発掘を見学するアレハンドリート君(写真左側)とアレクソン君(写真中央)

2019/02/26 15:00:00 マティグアスに到着しました!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
こんにちは!昨日マナグアからマティグアスへ移動し、本日から早速発掘現場入りしています。颯爽と現場入りして間もなく、激痛に思わずしゃがみ込んだらなんと蟻に7ヵ所も足を噛まれてシャベルを握ることなく撤退した悲しみのマドカです!皆さんも発掘現場ではくれぐれも足元にお気を付け下さい!

さて今回は約2週間の発掘調査、そしてもちろん最終日にはティエラブランカ村でのワークショップも予定しています。

出発前には、UNANの新しい学部長を務めるリヒア・マルティネス先生にご挨拶することができました。昨年10月にはミナミ先生もプロジェクト再開に向けてご挨拶に伺っており、リヒア先生はプロジェクト・マティグアスについて「ミナミ先生の愛と情熱溢れるプロジェクト!」と大絶賛とプロジェクト再開への感謝のお言葉をいただきました!

マティグアスに到着後、昨年4月からマティグアスの事務所を拠点に考古学調査を進めてくれていたUNANの卒業生で考古学者のヘウスと合流して事務所で打ち合わせを行いました。今までは打ち合わせなども全て滞在先のホテルで行っていたので、ようやく拠点が整ったといったところでしょうか。

発掘現場初日の今日は、前回発掘を終えたところまでの埋め戻した廃土の除去を行いました。今回の発掘調査開始メンバーは、サグラリオ先生、レオナルド先生、ヘウス、マドカの4人しかいません。かれこれ1年振りのガチガチに固まった廃土の除去は私たちだけでは人手が足りないので、近年はティエラブランカ村の人たちにも手伝ってもらうようになりました。

このように村の方々が手助けしてくれるのも、毎回の調査で実施しているワークショップの成果のひとつです。村の方々の中に芽生えた考古学や文化財への興味、調査に対する協力的な姿勢、何よりプロジェクトに自ら携わろうとしてくれる姿勢を大切にしながら、これからも調査を行っていきたいと思います!
  • リヒア先生にプロジェクト・マティグアスの報告書をお渡ししました!
  • マティグアス到着後は、早速事務所で打ち合わせです!
  • 私がアリに噛まれている間にどんどん廃土の除去を進める屈強な村人たちとレオナルド.

2018/09/02 08:30:00 世界文化遺産「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」~コスタリカ南部ディキス調査~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
引き続き、ディキス調査について報告いたします。
本調査2つ目の主要目的は、「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」に関する調査です。

世界遺産に登録されている主な遺跡は、フィンカ6(Finca 6)、グリハルバ2(Grijalba 2)、バタンバル(Batambal)、エル・シレンシオ(El Silencio)の4つですが、町中の公園や農場でも石球を見ることができます。今回は、フランシスコさんたちが調査をおこなっているグリハルバ2と、遺跡公園として一般公開されているフィンカ6の見学をしてきました。

グリハルバ2では、建造物の基礎を確認することができます。河原石を用いた遺構と、石灰岩を用いた遺構の2種類があることが特徴です。こちらはまだ一般公開されていないのですが、公開に向けて遺構の修復や歩道の整備などが進められています。

フィンカ6には博物館が併設されており、遺跡の概要や自然景観についての基礎知識を得てから遺跡見学をすることができます。この遺跡は元々バナナ農園でしたので(フィンカはスペイン語で農園の意)、バナナ栽培のための土地改変のせいで遺跡の作りが少しわかりにくいのが問題のひとつ。また、雨期には遺跡が完全に水没してしまうこともあるらしく、遺跡保存に関する課題もついて回るようです。

運が良ければ、遺跡見学中にリスザルやコンゴウインコなどの動物にも出会えるかも!
  • グリハルバ2遺跡の様子
  • フィンカ6の石球。埋まっています。
  • 野生のリスザルに出会えました!

2018/09/02 01:10:00 カンタレロ遺跡とコミュニティの活動~コスタリカ南部ディキス調査~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
本日はコスタリカ南部ディキス調査の主要目的のひとつ、カンタレロ遺跡調査の模様についてお話しいたします。

ディキスと言ったら石球!世界遺産!と思われがちですが、実は他にもたくさん遺跡はあるんです。そしてこのカンタレロ遺跡、山を越え、川を越えなければたどり着くことができません。山道をピックアップに揺られながら進み、歩いて川を横断してたどり着くと、そこには草木に覆われた建造物と足元に散らばる遺物が。気分はまさにインディージョーンズ。

カンタレロ遺跡が位置するオサ半島には、コルコバード国立自然保護区があり(こちらも世界遺産)、多種多様な動植物が生息しています。そのため、エコツーリズムを目的とする観光客が多く訪れています。しかし、文化遺産と観光を結びつける活動が少ないことが課題で、現在フランシスコさんは遺跡周辺のコミュニティと連携して文化遺産の活用と地域課題の解決に取り組んでいらっしゃいます。

今回は、遺跡の周辺コミュニティであるガジャルド村とドス・ブラソス村を訪問しました。どちらの村でも、文化遺産を積極的に活用しようという思いが感じられ、遺跡案内をするための勉強や、観光客が宿泊できる場所の整備が進んでいます。今後は広報活動やインフラ整備などが課題になっていくそうです。

ガジャルド村では、コミュニティの方にプロジェクト・マティグアスの活動を紹介したり、質疑応答をしたり、コミュニティ活動を発展させていくための意見交換を行う場を設けていただき、実りのある時間をすごすことができました。
  • 川を渡って遺跡へと向かいます
  • カンタレロ遺跡の建造物は、私たちが渡ってきた川の石でつくられました
  • コミュニティの方々との意見交換の様子

Page top