ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

発掘・考古学

2018/09/02 08:30:00 世界文化遺産「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」~コスタリカ南部ディキス調査~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
引き続き、ディキス調査について報告いたします。
本調査2つ目の主要目的は、「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」に関する調査です。

世界遺産に登録されている主な遺跡は、フィンカ6(Finca 6)、グリハルバ2(Grijalba 2)、バタンバル(Batambal)、エル・シレンシオ(El Silencio)の4つですが、町中の公園や農場でも石球を見ることができます。今回は、フランシスコさんたちが調査をおこなっているグリハルバ2と、遺跡公園として一般公開されているフィンカ6の見学をしてきました。

グリハルバ2では、建造物の基礎を確認することができます。河原石を用いた遺構と、石灰岩を用いた遺構の2種類があることが特徴です。こちらはまだ一般公開されていないのですが、公開に向けて遺構の修復や歩道の整備などが進められています。

フィンカ6には博物館が併設されており、遺跡の概要や自然景観についての基礎知識を得てから遺跡見学をすることができます。この遺跡は元々バナナ農園でしたので(フィンカはスペイン語で農園の意)、バナナ栽培のための土地改変のせいで遺跡の作りが少しわかりにくいのが問題のひとつ。また、雨期には遺跡が完全に水没してしまうこともあるらしく、遺跡保存に関する課題もついて回るようです。

運が良ければ、遺跡見学中にリスザルやコンゴウインコなどの動物にも出会えるかも!
  • グリハルバ2遺跡の様子
  • フィンカ6の石球。埋まっています。
  • 野生のリスザルに出会えました!

2018/09/02 01:10:00 カンタレロ遺跡とコミュニティの活動~コスタリカ南部ディキス調査~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
本日はコスタリカ南部ディキス調査の主要目的のひとつ、カンタレロ遺跡調査の模様についてお話しいたします。

ディキスと言ったら石球!世界遺産!と思われがちですが、実は他にもたくさん遺跡はあるんです。そしてこのカンタレロ遺跡、山を越え、川を越えなければたどり着くことができません。山道をピックアップに揺られながら進み、歩いて川を横断してたどり着くと、そこには草木に覆われた建造物と足元に散らばる遺物が。気分はまさにインディージョーンズ。

カンタレロ遺跡が位置するオサ半島には、コルコバード国立自然保護区があり(こちらも世界遺産)、多種多様な動植物が生息しています。そのため、エコツーリズムを目的とする観光客が多く訪れています。しかし、文化遺産と観光を結びつける活動が少ないことが課題で、現在フランシスコさんは遺跡周辺のコミュニティと連携して文化遺産の活用と地域課題の解決に取り組んでいらっしゃいます。

今回は、遺跡の周辺コミュニティであるガジャルド村とドス・ブラソス村を訪問しました。どちらの村でも、文化遺産を積極的に活用しようという思いが感じられ、遺跡案内をするための勉強や、観光客が宿泊できる場所の整備が進んでいます。今後は広報活動やインフラ整備などが課題になっていくそうです。

ガジャルド村では、コミュニティの方にプロジェクト・マティグアスの活動を紹介したり、質疑応答をしたり、コミュニティ活動を発展させていくための意見交換を行う場を設けていただき、実りのある時間をすごすことができました。
  • 川を渡って遺跡へと向かいます
  • カンタレロ遺跡の建造物は、私たちが渡ってきた川の石でつくられました
  • コミュニティの方々との意見交換の様子

2018/08/07 09:40:00 グアテマラカリブ海岸地域事情調査~リビングストン編~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
またまたモーターボードに乗りドゥルセ川を下っていくと、カリブ海に面する街リビングストン(Livingston)に到着しました。この街では、アフリカ系移民(ガリフナ)文化が強く感じられ、他のグアテマラの街とは雰囲気を異にしているので、一瞬どこの国にいるんだっけ?と思ってしまうほど。

ガリフナ文化について知るために、「ガリフナ文化の家(Casa de la cultura Garífuna)」という資料館へ行ってみました。そこではガリフナの民具や衣装を展示するほかに、定期的に音楽やダンスのイベントも行っているそうです。

お察しの方もいるかと思いますが、彼らの祖先は、植民地時代にスペイン軍によってアフリカから連れてこられ、農園などで強制的に働かされていた黒人奴隷です。悲しい過去もあるけれど、自身の文化に誇りを持っているし、その文化も守りたいという資料館の方の言葉が印象的でした。

またまたまたモーターボートに乗り、貿易港があるプエルト・バリオスという街にも行ってきましたが、リビングストンにもここにも、現在行われている発掘調査は無いんだそうです。しかし、モーターボートからは建造物と思しき怪しいマウンド(土山)が見える・・・。

残念ながら今回のカリブ海岸地域事情調査はここで時間切れ。
3回にわたり「グアテマラカリブ海岸地域事情調査」編をお送りさせていただきました。
まだまだ夏期調査は続きます!次はどこへ行くのでしょう?
  • タパード(Tapado)はココナッツミルクベースの海鮮スープ。ガリフナの食文化もしっかり堪能。
  • 「ガリフナ文化の家」
  • 船着き場の様子。水がとても汚い。

2018/08/06 02:20:00 グアテマラカリブ海岸地域事情調査~リオ・ドゥルセ編~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
キリグアからバスを乗り継ぎ辿り着いたのは、リオ・ドゥルセ(Río Dulce)。町の名前にもなっているドゥルセ川(Río Dulce)と、グアテマラ最大の湖イサバル湖との結節点に位置します。現在は欧米系外国人たちが多く訪れるリゾート地になっているようで、湖畔には水上コテージも多く見られます。ただし、個人的にはここで泳ぐことをおススメすることはできません。水が茶色いので。

この街の最も有名な歴史的建造物は、植民地時代にスペイン軍によって建設されたサン・フェリペ城(要塞)です。ドゥルセ川は、カリブ海からイサバル湖へ入る唯一の水上路ですので、両者の交わる場所にあるこの街は水上交通の要衝でした。この地を狙って攻撃を仕掛けてくる海賊から街を守るために作られたのがこの要塞なのです。が、グアテマラ人によれば「でも実は要塞にはいっっつも海賊の旗が立ってたんだぜ笑」とのこと・・・。

サン・フェリペ城のように、スペイン軍が植民地時代に海賊の攻撃に備えて建設した要塞は、お隣の国メキシコやホンジュラスのカリブ海岸地域にいくつも存在しています。現在も植民地時代も、きっと先スペイン期(16世紀以前)も、水上交通の要衝となる場所は大きく変わっていないですから、古代の水上交通について探るために、要塞のある街の調査をしてみるのも面白いかも・・・?

次回はリビングストン編です!
  • サン・フェリペ城へはモーターボートで行きます
  • こちらがサン・フェリペ城。ゲームやアニメに出てきそうなかわいらしい要塞。
  • 私も要塞を乗っ取ってみました。左手側にドゥルセ川、右手側にイサバル湖です。

2018/08/06 02:00:00 グアテマラカリブ海岸地域事情調査~キリグア編~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
本日は7月30日から8月3日にかけておこなったグアテマラカリブ海岸地域事情調査の様子についてお伝えします。

現在、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(IELAK)では、カリブ海からメキシコ湾を研究対象とするアメリカ地中海文化総合研究の準備を進めています。それに伴い、中米諸国のカリブ海岸地域で地域事情調査をはじめています。昨年からニカラグア・ブルーフィールズでは調査がはじまっています。(ブルーフィールズ調査については過去ブログ参照)

そんなこんなで、グアテマラのカリブ海岸地域へ、私ミサキが地域事情を調査しに行って参りました。そして今回は、交通事情や治安情報を的確に把握するため、グアテマラ、サン・カルロス大学のフェルナンド君にも同行してもらいました(ちなみに彼は日本食が大好きだそうです)。

最初の街はキリグア。世界遺産キリグア遺跡がある街です。キリグア遺跡はカリブ海岸地域に面するイサバル県に位置するんですが、キリグアは内陸部モタグア川の近くにあります。話がややこしくてすみません。
キリグア遺跡は1981年に世界遺産に登録されており、遺跡公園内では数々の石彫や祭壇、建造物などを見学することができます。キリグアは古典期(紀元後3~9世紀頃)に最も栄えたマヤの古代都市で、考古学調査や碑文研究(マヤ文字の解読)などにより様々な歴史が明らかにされてきました。
私も遺跡見学を楽しみにしていたのですが・・・なんと、キリグアで一番大きな石彫は、保護用屋根の改修のためビニールでぐるぐる巻きに!なんとも悲しい結果でしたが、グアテマラの遺跡保存の一面を見ることが出来て良かったのかも・・・。

次回はリオ・ドゥルセ編!
  • 同行してくれたフェルナンド君。虎の絵が素敵な食堂でお昼ご飯待ち。
  • キリグア遺跡
  • 巨大海苔巻きと化した石彫と悲しみに暮れる私

Page top