ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/01/17 19:10:00 考古学とイラストレーター

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
みなさま
 新年のご挨拶もできないうちに、松の内も終わってしまいました。今年もよろしくお願いします。
 さて、最近ブログがアップできていませんでしたが、春の調査に向けて準備を進めています。
 今期はミナミとマイ、アスカ、チカの4人は、2月23日に日本を発ってコスタリカ、(エルサルバドル:ミナミ)をまわって3月1日にニカラグアへ入ります。また、詳細が決まりましたらお知らせします。
 今日は、考古学とイラストレーターのお話です。
 今、マイとアスカがイラストレーターの使い方を名古屋大学の市川彰先生(秋学期考古学関係の授業をお願いしています)から教わっています。イラストレーターは、図化のソフトですよね。ポスターやチラシなどのデザインをされる方がよく使うソフトです。これが考古学のどう関係するのかわかりますか?
 考古学は大変たくさんの図面を作ります。いつぞやマドカが紹介していたかと思いますが、発掘現場では遺構の発見状況や遺物の出土状態、土層の断面など多種多様な図面を作ります。地形測量もあります。また、室内の整理作業でも土器や石器の実測図などもあります。こうした手書きの図面を出版などに用いるためには、手書きの線を整え、必要な情報を整理した図化=トレースをしなければなりません。そのためにイラストレーターを使うわけです。
 マイもアスカも昨年の調査の図面のトレースを行っていますが、イラストレーターの使い方がまだまだ十分ではないということで今回市川先生の指導を受けることになりました。
 これを覚えると「考古学」だけではなく、さまざまな「場面」で出来る「人」になります。考古学と聞いただけで、古臭い~と思う人が多いかもしれませんが、実はイラストレーターのように最新のソフトや機器を使いこなしていかないといけません。考古学ならではの特徴です。
 さあ~、マイ、アスカ!これでもうイラストレーターを縦横に使えますよね。仕事バリバリやっていきましょう。出発まで後37日!
  • どう?
  • できる?

2016/11/24 01:20:00 2017年春季調査に向けてスタート

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
掘れ惚れニカラグアDiaryを楽しみにしていただいているみなさまへ
 ミナミです。すっかり更新が後回しになっておりました。申し訳ありません。
 今夏は、世界考古学会議の第8回世界大会が同志社大学で開催され、そのお手伝いをしていたいこともあって、プロジェクト・マティグアスの調査もお休み。9月の1週間、フィンかラスベガスの地主さんへのあいさつや協力機関へのご挨拶、加えてブルーフィールズでは来年度以降の調査について相談をしてきました。ということで9月のブログで夏季調査スタートとしたものの、終わりについて発信できていませんでした。すみません。
 そして10月、2012年のニカラグアへの予備調査依頼、ずっと私の手元で調査に参加してくれていたマドカは、いよいよ次のステップへということで、メキシコ国立自治大学へ1年間の留学に出発しました(おめでとう!!!)。1年後の成長が楽しみです。
 さて、私たちもいよいよ来春の調査の準備を始めました。
 来春は、あらたな3年間の科研費1年目1回目の調査ということで、発掘調査も本格化してきます。参加者も増えそうですから、それらのマネジメントも需要な仕事です。
 今回、今春に調査に参加してくれたマイとアスカが再び参加してくれることになりました。さらに、新しく「さかもとちか」さんが加わるということで、おおいに喜んでいます。
 先日、第1回目の打ち合わせ会を開催しました。初めて参加のチカもマイやアスカがいるので安心できると思います。マイやアスカも初めての時と違って余裕もあるでしょう。しかし、こういうときこそ、今までの以上に慎重にしないといけません。油断大敵。そのためにはまずはしっかり準備をすることです。
 そして、今年の成果の報告を出す作業も重要な活動です。みんなでしっかり共有して調査に向かいましょう。マドカ姉さんに心配をかけないよう一致団結してがんばりましょう。
 そこの君!どう、一緒に!決して楽ではないけれど、楽しいですよ。
  • まずは来春の調査の予定を決めないといけません。そして、それまでに何をしないといけないのか。今春の調査をふりかえりつつ。
  • マドカ姉さん!がんばってますよ!
  • プロジェクト・マティグアス調査室(10号館3階国際文化資料館館長室)では今年の調査の報告書づくりが進んでいます。

2016/09/06 18:10:00 ニカラグアチームに新しいメンバー!~夏季調査開始~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
ニカラグアダイアリーを楽しんでいただいているみなさま!
 ご無沙汰しております。ミナミです。
 いよいよ今期の調査が始まりますが、ミナミ、マドカ、マイほか国際文化資料館のメンバーも世界考古学会議のお手伝いをしていたため、今期の調査はたった1週間となってしまいました。もちろん、これでは発掘はできません。来季のために下準備と新しいミッションのためです。
 そうです。そのミッションのために、わがチームに新しい生贄。じゃなかった仲間が加わることになりました。
 教務部の中橋智史さんをご紹介します。
 新しいミッションは、協定を結んでいるカトリック大学の共同して「日本と中米の大学が協働して世界の平和に貢献できるグローバル人材の育成事業」を始めるための具体的な打ち合わせに来てもらいました。プロジェクト・マティグアスには直接かかわらないように思われるかもしれませんが、大きな目標である地域課題を解決していく活動を継続的に行うためには、こうした人材育成が必ず必要になります。5年後、10年後を考えると、今から始めなくてはならいないのです(たまにはいいことと言うなあ)。
 しか~し、わがチームに入るためには、試練を乗り越えていただかなくてになりません。
 今日は、中橋さん3態。京都から26時間の移動、マナグアに一泊して「地の果て?」ブルーフィールズへ。小型機は雨期の嵐に翻弄され、やっとたどり着き、無事に中橋さんはチームに迎えられたのでした。お疲れさまでした!(まだまだ試練はつづきますが)。
  • これで行くの?雨期の嵐の隙間をぬって離陸!
  • 機中。まだ余裕です。
  • 途中省略。ブルーフィールズのまちを望むレストランでやっと一息。中橋さんいわく「カルチャーショックが・・・」

2016/08/04 16:20:00 国際文化資料館プレゼンツ!国際シンポジウム開催のお知らせ!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
Hola!外大はいよいよ夏期休暇に入りましたね!夏休みだーーー!皆さんは夏期休暇はどのように過ごされるのでしょうか?私は、とにかく毎日暑いのでプールに行きたいです。海は好きじゃないので、プールです!ニカラグアでは味わえない日本の夏というものをとにかく味わいたいマドカです。

さて、今日はそんな夏期休暇中に開催される国際シンポジウムのお知らせです。
2016年8月27日(土)10時より、
国際文化資料館第3回研究講座WAC8関連企画

「考古学と博物館〜考古学と社会をつなぐ博物館とは〜」


が京都外大1号館7階171教室で開催されます。

このシンポジウムでは、パブリック考古学をキーワードに、日本と中米の博物館活動や考古学事情を比較しながら、考古学と社会をつなぐ博物館の役割についての議論を深めることを目的としています。

なんと!2014年の国際シンポジウムでは、ニカラグアからサグラリオ先生をお招きしましたが、一昨年に引き続き、今回のシンポジウムでも中米ニカラグア、コスタリカから研究者、学芸員の方々をお呼びすることになったのです!日頃中米でお世話になっている方々に日本を知っていただけるのは本当に喜ばしいことです!

早速ですが、ご招待する講師の方々をご紹介したいと思います!

レオナルド・レチャド先生(考古学者/ニカラグア国立自治大学)
ニカラグアからは、このブログでもすっかりお馴染みのプロジェクト・マティグアスで共同研究者として活躍してくださっているレオナルド先生です。国立大学所属の考古学者としてサグラリオ先生と一緒に国内における様々なプロジェクトに携わっており、地域コミュニティにおける博物館(コミュニティ・ミュージアム)の取り組みも行っています。

プリシーラ・モリーナさん(学芸員/コスタリカ中央銀行博物館)
コスタリカからは2名の学芸員をお招きいています。一人目はコスタリカ中央銀行博物館から、学芸員のプリシーラさんです。コスタリカ中央銀行博物館は、考古資料の中でも金製品のコレクションが素晴らしいことで有名です。彼女は館に収蔵される考古資料のコレクションの管理や特別展の企画などを担当しています。たまにおっちょこちょいなところがあるプリシーラさんですが、コスタリカを訪れる度に興味深い展覧会を紹介してくださいます。

セルヒオ・ガルシアさん(学芸員/ヒスイ博物館)
コスタリカからの二人目の学芸員は、ヒスイ博物館学芸員のセルヒオさんです。ヒスイ博物館は2014年にリニューアルオープンしたばかりで、セルヒオさんはリニューアル前からインターンとして当博物館に勤めていた期待のホープ!博物館では展示案内はもちろんのこと、考古学に限らず展示や博物館イベントの企画などを担当しています。


ほらほら~だんだんシンポジウムが気になってきたんじゃないですか?
このシンポジウムは事前申し込み制となっています。申し込み方法は以下のとおりです。

【申し込み方法】
参加費無料/先着100名
・往復はがきに、参加者名前(2名まで)、住所、電話、メールアドレスをご記入の上、国際文化資料館までご郵送ください。
・メールまたはお電話でもお申込可能です。
℡:075-864-8741  Mail: umc@kufs.ac.jp

皆さまからのお申し込み、お待ちしております!!!
  • レオナルド先生はフルーツが大好き!ちなみにこちらのフルーツはカシューナッツの実です。木に実っているところを棒を使って器用に自力でGETしていました
  • 左:コスタリカ中央銀行博物館のビルヒニア館長、中央:プリシーラさん、右:マドカ。ちょっとおっちょこちょいなところも華麗に切り抜けるプリシーラさんなのです。
  • ヒスイ博物館にて、日本のお菓子が大好きなセルヒオさんにじゃがりこ期間限定しあわせ梅をプレゼントしました。お気に入りはきのこの山だそうです。

2016/08/02 16:20:00 行ってきました!「アートと考古学展~物の声を、土の声を聴け~」京都文化博物館で開催中!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
暑い日が続きますね。先週末は暑さのあまり京都文化博物館へ涼みに行ってまいりましたマドカです。毎年この時期はニカラグアへ渡航すること早4年・・・京都の蒸し暑さには早くもギブアップなマドカです。暑い・・・。

涼みに出かけたのも嘘ではないのですが、楽しみにしていたのは現在京都文化博物館で開催中の展覧会「アートと考古学展~物の声を、土の声を聴け~」を鑑賞することでした!

「アートと考古学」は、考古学をより多くの人々に解放し、その楽しみ方を再発見したり、もっと魅力は価値を高めようとする運動の一つで、とくに芸術(家)と考古学(者)のコラボレーションによる様々な取組を指します。』(一部展覧会情報より抜粋)とありますが、本展では、考古遺物や実測図、芸術家による作品などを展示しながら、「アートと考古学」の取り組みを紹介しています。

私は出土遺物や考古資料などは、どうしても考古学者目線で見てしまいますが、同じ出土遺物でも芸術家目線で見るとまったく違った遺物の一面が見えてくるのです!私がとくに面白いなと思ったのは、修復された出土遺物の展示のコーナーだったのですが、お皿の欠け具合に美を見出したり、あえて器を正位置に据えずにナナメにコロっと転がして愛でてみたり・・・という芸術家さんたちのコメントが添えられた展示でした。修復された陶器に愛着が湧く瞬間といいますか・・・まさに楽しみ方の再発見!でした。

また先週のブログで図面のトレース作業は大変だぁ~という記事を書きましたが、会場には京都文化博物館が実施した発掘調査で作成された図面とトレース図が展示されておりました!なんて美しい図面!またこれはお師匠のミナミ先生が仰っていた手書きトレース図!石垣や検出された遺構の図面などが展示されていましたが、この石なんて、小さいものでは直径1mmくらいしかないのに!ちゃんと石に見えるんですよ!
すごいですよね!素敵ですよね!普段は他の人の図面を見る機会がありませんので、存分に堪能いたしました~。

いや~最後の方はついつい興奮気味になってしまいましたが、みなさんついて来られてます?大丈夫です?
「アートと考古学展~物の声を、土の声を聴け~」は9月11日(日)まで京都文化博物館3階展示室にて開催中です。
美しい図面をご覧になりたいそこのアナタ!涼みがてら、京都のアートと考古学に触れてみてはいかがですか?
  • いつも楽しい展覧会をありがとう、ぶんぱく!
  • ちゃっかり「ダリ版画展」も観てきたんです。真夏のシュールレアリスム、素敵でした~♪

Page top