ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/03/15 22:40:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険6

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険6をお届けします。
 フィールドワークの後半の舞台は、ニカラグア北部マタガルパ県キラグア山系の西麓ティエラブランカ村です。近くにあるラスベガス遺跡の発掘調査と村に計画をしているコミュニティ・ミュージアムづくりに参加してもらいました。
 ミナミはこの期間ウズベキスタンにいましたので、国際文化資料館西村学芸員が私に代わって二人に同行しました。西村さんはもともと考古学が専門。調査主任のマドカにとっても大変助かったようです(西村さん!写真1枚使わせてもらいますよ)。
 それでは二人からの感想とお気に入りの1枚をお届けします。

ミズキ
 マティグアスでは、初めて発掘を体験しました。まず、排土を取り除く作業をしましたが、慣れない作業に体がついていけず、翌日、筋肉痛が酷くて動けませんでした(笑()
 発掘作業は炎天下の中、慣れない姿勢で発掘していたのでとても疲れましたが、何かが出土する度にとてもわくわくしました。
 細かい作業が好きなので、土器や石器を洗浄するのは楽しかったです。
 考古学の基礎を教えてもらいながら、発掘に携われてとてもよかったです。

ナオヤ
 今回初めてマティグアスで発掘を体験しました。
 炎天下の中で土を掘る作業をしましたが、何かが出土する度に興味が湧いてきました。
出土した土器や石器を洗う作業もしましたが、洗ってみると様々な形や模様が分かってきて、とても興味深かったです。
 終わってからはとても疲れましたが、それと共に達成感も感じました。
 考古学とはどのようなものかを知ることができ、とても良い経験ができました。

 う~ん、相変わらず優等生的感想やなあ~。もっと本音で・・・。
 さて、マティグアスでの最終日は、地元の村の方々への報告会です。その様子はまた次回!
  • ミズキは土器洗浄の写真
  • ナオヤからは、炎天下のはっくつの様子。暑い様子がよくわりますね。
  • 西村さんからの1枚。こういう楽しみがあるのです!!!

2018/03/08 12:30:00 もうひとつのニカラグア調査~ブルーフィールズ~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
もうひとつのニカラグア調査~ブルーフィールズ~
 ミナミです。今は、ニカラグアから時差11時間、ウズベキスタンにおります。新しい情報が届きましたのでアップしますね。
 2018年春のニカラグア調査では、プロジェクト・マティグアス、ラテンアメリカ考古学博物館フィールドワークinニカラグアのほかに、カリブ海に面したブルーフィールズでの人類学調査も昨年春に引き続き実施しました。担当は、国際言語平和研究所嘱託研究員の青木敬くん。ご自身のクレオール研究の延長で昨年春の調査に引き続き、この新しいフィールドで頑張ってもらっています(・・・はず、・・・たぶん、おそらく)。
ブルーフィールズは、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(IELAK)で準備を進めているカリブ海からメキシコ湾まで研究領域を広げたアメリカ地中海文化総合研究の拠点ととらえています。彼にはあらかじめ地域事情を把握し、地域と良好な関係を作っていくための大変重要な役割を担ってもらっています(わかってる・・・はず、たぶん、かな~)。
 また今回、4月から京都外国語大学院博士課程後期に入学する深谷岬(ふかや みさき)さんが、プロジェクト・マティグアスに参加する前に、ブルーフィールズで先に調査を進めていた青木くん(彼のお目付け役・・・おっと失礼、彼女のお目付け役)と合流。二人には昨年12月に実施したCIDCA(所長:ドナルド先生)の収蔵品調査を行ったソンブレロ・ネグロ遺跡の見学と地域事情の調査を実施してもらいました。
 さて、3月5日に無事に調査を終了しマティグアスに入った深谷さんから活動報告が届きました。写真と感想を中心にブログにアップします
  • 青木君と深谷さん、そしてカラワラ(マタガルパ川がカリブ海にそそぐ地域)で人文地理の分野でフィールドワークをされている横浜国立大学池口先生。今後一緒に共同研究ができればと考えています。
  • 青木くんとドナルド先生。活動拠点となるEL LAMAまでは、ブルーフィールズからボートで2時間遡る。ドナルド先生に「ワニとかいるの?」と聞いたところ、「いるよ!でも何もしてこないから大丈夫!」とのこと。本当に大丈夫かな(深谷)
  • ソンブレロ・ネグロ遺跡にはこうした岩刻画がたくさん発見されています。古代人は何を思ってこうした画像を刻んだのだろうか。

2018/03/05 01:30:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険5

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミ@パナマです。このあとイスタンブールへ向かいます。
 さて、みなさん!お待たせしました。ボアコでのフィールドワークを終えた二人からメッセージ+写真が届きましたので紹介します。

ミズキ
 ボアコではUNICAの先生であるFrank先生や学生のみなさんと共に農家を訪問し、様々なお話を聞かせていただきました。
コーヒー特有の病気に対する予防、品質向上、人手(跡継) 不足など沢山の課題があるんだなと思いました。
 ある農家さんはコーヒー以外にも様々な作物を生産しておられました。そこで私は人生で初めてサトウキビを食べたのですが、 サトウキビってこんなに甘いんだ!と本当にびっくりしました。日本ではなかなか味わえないとても貴重な経験をさせていただき、 とても感謝しています!

ナオヤ
 今回UNICAの先生や学生の人たちと一緒にボアコを訪問しましたが、様々な経験をさせて頂きました。コーヒー農園にもいくつか見学させて頂きましたが、農家の人たちがとても努力していることが伝わりました。
 しかし、社会の問題などの課題がたくさんあることが分かり、いくら努力しても今の状況が変わりそうにないことが分かりました。それでも、農家の人たちはコーヒーの生産ではなく、質で勝負をしたいということを知り、感動しました。
 また、ボアコの農家を訪問する際に移動する道のりは、大変で疲れることが多かったです。
それでも、他にも更に苦労している人がたくさんいることが今回の経験で分かり、自分が今どれだけ恵まれているかを実感しました。
 現代ではこうした現状を抱えていることが多いですが、そうしたことを少しでも改善するためにも、貢献していきたいと思います。

ミナミ
 二人とも優等生すぎるなあ~。本当は体力的にもしんどかったと思うし、グループ行動ばかりだから精神的にもつらかったのと違うかな。それでも一生懸命、カトリック大学の学生だけでなく現地の方々と交流している姿は大変感動的でもありました。
 マティグアスはどうですか?早速発掘調査に入っているようですね。ここからはますます体力勝負です。絶対無理をしてはいけません。
 「のんびり、ぼちぼち、慌てずに」の本学学芸員資格課程履修のモットーで「楽しく頑張ろう!」でいきましょう!
 
  • みなさん、見てください。この笑顔!!!
  • 有機の森を歩く。次第に体も慣れて・・・とはなかなかいきませんでしたが、楽しかったよね。
  • ミナミからはこの一枚!どうですか!この森と空と草原のコントラスト。そしてそこを歩くミズキ、ナオヤと仲間たち!

2018/03/04 07:00:00 プロジェクト・マティグアス事務所を開設します!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
こんにちは!マドカです!
今週は現場の開始を遅らせて何をしていたかと言いますと、マティグアスに開設する事務所の準備をしていました!

今年の1月から借り上げているこの事務所は、今後外大生が滞在する宿舎でもあり、快適に滞在できるよう細かい改修工事を重ねながら、ようやく事務所らしい形になってきました。
以前から「いい空き家はないかな~」と探していたところ、なんといつも滞在しているホテル・ブリサス・デ・キラグア(Hotel Brisas de Quirragua)の真向かいが空き家になっていることに気が付き、良い立地と熱心な大家さんとの交流もあってこの空き家を事務所兼宿舎として整備することになりました。

そしてこの事務所に滞在してくれるのは、発掘開始当初から毎年関わってくれているヘウスです!昨年めでたくUNANの考古学科を卒業したヘウスは、考古学者として、そしてプロジェクト・マティグアスのマティグアス支部代表として、現地での考古学に関する情報収集をはじめ、プロジェクトのコーディネートなどを現地からフォローしてもらう予定です。

おっと、先ほど共同組合との報告会を終えたボアコ組がマティグアスに到着したようです!お迎えしなくては!
いよいよ明日から現場が始まります!ボアコでの活動とはまた異なった経験になることでしょう。中米フィールドワークもいよいよ後半戦です。張り切ってまいりましょう!
  • ホテルの道を挟んで真向かいの緑のお家が事務所になります!
  • お家の中はこんな感じ。これから少しずつ家電や家具を揃える予定です。
  • マナグア出発前にUNAN-CADIで修了証書を受け取ったばかりのヘウスを激写!同じくプロジェクトに協力してくれているバニも嬉しそうです!

2018/03/04 00:40:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険4

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです
 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険4をお届けします。
 ボアコでのフィールドワークも無事に終了しました(パチパチ)。4日間のフィールドワークでは、7か所のオーガニックコーヒーの生産者や協同組合の施設を見学してきました。
 朝8時から夕方まで、山道をトラックで走り、草原を歩き、山中の生産者を訪ね、生産者の方で案内で「有機の森」を歩くフィールドワークは、地球環境保護について直接取り組む方々との交流し、代えがたい知識と経験を持つことができました。
 ミズキとナオヤも元気です。すっかり親しくなったカトリック大学の学生と楽しくやってますよ~(ここではお見せできないのが残念・・・)。
 さあ、今日は協同組合での報告会です。そのあとボアコで合流する西村先生、ニカラグア自治大学の先生方と一緒にマドカが待つ、マティグアスへ移動です。
 マドカ~、ユキコ~、後は頼んだよ~。大冒険引き継いでくださいね。
 しかし、いやあ、山歩きはしんどかったです。歳かなあ・・・。結局いつもしんがりは私でした(くそ)。でも、遺跡発見してしまった!!!へへ。
  • 目的地はこの霧と森の向こう!!!
  • 「有機の森」は宝の山です。生産者の方々のほんとうに地道な努力によって自然環境が守られています。
  • 「有機の森」は宝の山。観葉植物も育てられていました。しかし、引き取られる値段を聞い愕然としまし

Page top