ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/05/12 14:00:00 お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018~②在ニカラグア日本大使を表敬訪問しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
続いて、5月3日には在ニカラグア日本大使を表敬訪問しました!
2018年3月に着任された在ニカラグア日本大使鈴木康久氏にお招きいただき、大使公邸にて意見交換を兼ねた昼食会に出席してまいりました。

現在、京都外大がニカラグアで実施しているマティグアスやボアコなどの各プロジェクトのカウンターパートであるUNANとUNICAを代表して、UNANからは大学事務局長を務めるルイス・ロバート先生とサグラリオ先生、UNICAからはコテ先生とフランク先生がそれぞれ出席され、和やかな雰囲気のもと有意義な意見交換会となりました。

鈴木大使は、日本がどのような形でニカラグアに協力・貢献できるのか、また外大のプロジェクトが日本とニカラグアの架け橋になるために大使館としてどのように協力できるかについて先生方のご意見を伺いながら議論を深められました。

マティグアスでのコミュニティ・ミュージアム設立に向けての協力についてもご快諾いただき、今後の活動にもますます熱が入ります!
  • 最後は鈴木大使と出席者の先生方みんなで記念撮影!

2018/05/07 17:40:00 お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018~①JICAニカラグア事務所を表敬訪問しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
¡Hola! (こんにちは!)
ニカラグアからどうもこんにちは、暑さのあまり一足お先に夏バテ気味のマドカです。
掘れ惚れブログをご愛読の皆さま、今年のゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?私はといいますと、冒頭にもありましたように、お師匠ミナミ先生のお供をして5月からニカラグアに来ております。

今回は、「お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018」と題しまして、GW中のニカラグアでの活動をご報告したいと思います!

まずは5月2日にJICAニカラグア事務所を表敬訪問し、所長の高田宏仁氏と意見交換会を行いました。プロジェクト・マティグアスもかれこれ5年目となる中、今回JICA事務所を訪問したのは初めてのことでしたが、今後の新しいプロジェクトに向けての有意義な意見交換ができました!

ニカラグアのJICAでは、インフラ整備や地域活性化、教育など様々な協力活動を通じてニカラグアがより良い国になるよう貢献してきました。とくに、マナグアからマティグアスへ向かう途中に架けられた立派な橋もJICAの橋を架けるプロジェクトのひとつでした。また、セントロアメリカーナ大学(UCA:Universidad Centroamericana)では、在二カラグア日本大使館と連携して、日本語講座を開講しています。

いっぽう、私たちの行っているプロジェクト・マティグアスや、ボアコでのコミュニティ調査については、外国人チームとしてではなく、UNANやUNICA、地元NGOなど現地のカウンターパートとしっかり役割分担が出来ており、プロジェクトを進める上でとても良い環境にあることを高田所長に評価していただきました。

また、フィールドへの関わり方については、京都外大とJICAとの間で大きな違いがあることも分かりました。南先生は、京都外大がフィールドワークをする上で、長期的にフィールドに関わり続け、プロセスを公開し、地域住民と共有することが大切だというお話。しかしJICAの場合は、ボランティア隊員の任期は通常2年と限定されるため、決められた時間で成果を見込めるような短期プロジェクトが主流になっており、長期的なプランを掲げることが今後の課題だと高田所長はおっしゃていました。

おっと、少しずつ京都外大とJICAのビジョンがマッチしてきました・・・?!高田所長はマティグアスでのコミュニティ・ミュージアム活動にもとても興味を持ってくださり、夏期調査の現場を視察に来ていただけることになりました!プロジェクト一同、お待ちしております!

今回ご対応いただきました高田宏仁所長のJICAニカラグア事務所とご挨拶のページを以下のリンクで共有しています。JICAに興味のある方は以下をご覧ください。

ニカラグア事務所
高田宏仁所長からのご挨拶

(JICAホーム―ページより)


現在絶賛帰国中のお師匠のミナミ先生には、JICAから帰国後の宿題をいただいておりますので、京都外大とJICAとのコラボレーション・プロジェクトについては先生から詳しくご報告いただけるかと思います!そうですよね、先生!ご期待ください!

  • 今回も現地研究協力者のバレーラ由美子さんにご協力いただきました!早速新しく出来たピザ屋さんを紹介していただきました。美味しいいい!
  • 意見交換会を終えて。ゆるやかにたなびくJICAの旗を眺めながら、未来の共同プロジェクトに胸をわくわくさせるKUFS一同でありました!

2018/04/19 13:50:00 第2回メソアメリカ研究会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
先日、4月14(土)に京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(IELAK)で開催された第2回メソアメリカ研究会(於:IELAK)に参加してまいりましたのでご報告いたします。

今回で第2回目を迎えるメソアメリカ研究会は、メソアメリカ地域における考古学、人類学、歴史学など幅広い研究分野から講師の先生をお招きし、メソアメリカ研究の見識を深めるだけでなく、他分野の研究を知ることで新たな視点を得ようという試みのもと、IELAK所長の大越翼先生が主催されています。

今回は、マヤ考古学者・碑文学者である、スタンリー・ポール・ギュンター先生をお招きして、古典期マヤ、アンコール文明、大和朝廷の王権をめぐる比較研究をテーマとしたお話をお伺いしました。

一見「え?アンコール文明とマヤ文明???」と思ってしまいますが(私も思っていました)、ギュンター先生のお話を聞くと、石造建造物(神殿ピラミッド)、高温多湿な気候、文字が刻まれた石碑など、文明の共通点があるのですね。特に、正面に階段が取り付けられた石造建造物の写真を並べられると、「マヤのピラミッドあんなにたくさん見てきたのに、アンコールなのかマヤなのかどっちか分からない・・・!」と思ってしまうほど酷似していることにびっくり!

またよく似た気候も文明の盛衰に影響しているのではないかというのはギュンター先生の意見で、アンコール朝が栄えた現カンボジアと、マヤ文明が栄えたメキシコの緯度は実はほとんど同じ。歴史の中で多雨や干ばつを繰り返し、文明が衰える一因になったことを強調されていました。

さらに先生は日本の大和朝廷と2つの文明を比較してお話をしてくださいました。日本から遠く離れたマヤやアンコールでも共通点はたくさんあるんですねぇ。

今回の講演はスペイン語でしたが、ニカラグア調査に参加してくれている学部生のみなさんも勉強しに参加してくれました。久しぶりにスペイン語をたくさん聞いて、考古学の勉強にもなって、良い経験になったのではないでしょうか?
  • 計10名程が参加しました。
  • ニカラグア調査参加学生たちもずらり!

2018/04/11 20:20:00 2018年春期ニカラグア調査反省会&打ち上げを行いました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさまお久しぶりです(いつもいつも・・・)!
先週、2018年春期ニカラグア調査反省会と打ち上げを行いました!

今期の調査では、当ブログでも紹介していた海外フィールドワーク、プロジェクト・マティグアス、ニカラグアカリブ海岸調査が行われており、それぞれの活動報告や、来期の調査への課題などを話し合いました。

今期の調査も(なんとか)無事に終えることができたのも、事前に打ち合わせや準備を重ねて万全の状態で調査に参加してくださった皆さま、日本から活動をサポートしてくださった皆さまのおかげです。もちろんニカラグアやコスタリカでも多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました!

プロジェクトでは、今期の調査のとりまとめと夏期調査に向けての準備に取り掛かり始めています。これからも力を合わせて頑張りましょうね、みなさん!


関連ブログ記事は以下からご覧ください
◎ニカラグアカリブ海岸調査
もうひとつのニカラグア調査~ブルーフィールズ~

◎海外フィールドワーク
ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険シリーズ
その1その2その3その4その5その6
その7その8大冒険を終えて
  • ニカラグアメンバーが勢揃いしました。互いに参加していない活動などもあり、有意義な意見交換でした。
  • いろいろな思いで話ができましたね!

2018/03/20 11:50:00 「ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険」を終えて

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!いつもお久しぶりのマドカです!(泣)
ミズキさん、ナオヤくん、そしてミナミ先生、無事にご帰国されたようで、1ヵ月の大冒険お疲れ様でした!

大変遅くなりましたが、マティグアスの調査に参加してくれた2人の感想をお気に入りの写真とともにアップしたいと思います!

ミズキ
人生で初めての発掘にマティグアスで携わることが出来て、とても楽しかったです。
きっと日本では起きないであろうハプニングに見舞われながらも、和気藹々と発掘が出来たことがとてもよかったなと思いました。
発掘のお手伝いをさせてもらえたことで、全く関心のなかった考古学に興味が湧いたきっかけになりました。また是非ここに来たいと思います。
そして、マティグアスでついにコリブリを撮影することに成功しました。何度か見かけてはいたのですが、いつもとてつもない速さで飛んでいるのでなかなか写真に収めることができませんでしたが、やっと撮ることができてとても嬉しいです。

ナオヤ
マティグアスでは発掘調査をメインに行きましたが、他にも様々な体験をさせて頂きました。例えば、JICAの派遣でマティグアスのカカオ工場でボランティアをしている日本人にお会いしました。僕たちをマティグアスのメルカドに連れて行ってくれたり、カカオ工場内を案内してくれました。
メルカドでは様々な商品が並ぶ文房具屋に行ったり、現地のアイスクリームを食べたりしました。カカオ工場では広々とした工場内を見学する他にも、実際に生産しているカカオで作ったチョコレートを試食しました。特にこのチョコレートは本格的で、とても美味しかったです。
僕たちにマティグアスのことなどを親切に教えて下さり、とても感謝しています。今回JICAで派遣されている日本人にお会いでき、とても良い経験ができました。

2人とも初めての発掘現場で体力的にも大変だったのではないでしょうか。体調も崩すことなく、元気に過ごしてくれただけでなく、考古学の楽しさやマティグアスの町についても興味を持ってもらえてとても嬉しいです!
  • ミズキさんからの1枚は念願のハチドリ!綺麗に撮れていますねぇ~♪
  • ナオヤくんからは、マティグアスで見学したカカオ工場の写真が届きました!

Page top