ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/02/25 21:00:00 サンホセでの博物館見学

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 久々にマドカからのブログがアップされましたね。いやはや、どこでなにをしていたことか・・・って、いやいや違います。メキシコ国立自治大学で留学中です。留学ですよ~。いいなあ、恰好いいなあ~
 さて、ミナミからも昨日のサンホセでの博物館調査と見学のワンシーンをお届けします。
 昨日は、さきほど資料館ブログにもアップしましたが、マイがヒスイ博物館と黄金博物館で学芸員実習を受けられることになり、ミナミにとって大変うれしい日となりました。また、昨年に引き続き参加してくれたアスカも、また今回初めて参加のチカも、すごく素敵な夢を持っていて(「自分で考えているだけですが~」って・・・それを「夢」というでのすよ!)、ミナミとしては感激の一日でした。すごいぞ!京都外大生!!!
 両方の博物館との打ち合わせでは、国際文化資料館との協定を記念した写真展(コスタリカの考古学:両館に国立博物館を加えた3館連携による)開催について具体的な話ができました。2018年京都外大での開催に向けて準備を始めます。3館目の国立博物館との協定も急ぎます。
 今日の博物館見学はヒスイ博物館。斬新でわかりやすい展示、さらに参加型の展示(たとえば発掘体験)もあって、学生3名も驚いていました。
 今日は、黄金博物館を見学してもらいます。ミナミ?ホテルで原稿書きます・・・とほほ。
  • ヒスイ博物館展示室の埋葬展示の前で。マドカの好物・・じゃなかった、研究資料の祭祀メタテが死者の上に置かれています。なんでかなあ?
  • ニカラグアでの発掘調査に向けて実習中?マドカの厳しい指摘が入ります。「ちょっとそれ割れてるんちゃう?」
  • そして、仕事が終わった後は、もりもり食べます!

2017/02/24 10:20:00 コスタリカだよ!全員集合!!!~2017年春期調査始まりました~

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
皆さま!お久しぶりです!そしてお待たせいたしました!
約半年振りのマドカからの更新です!

本日から中米考古学珍道中・・・ではなかった、中米考古学調査・2017年春の部が開始しました!

お師匠のミナミ先生は、日本からマイ、アスカ、そして今期初参加のチカを連れて、そしてマドカはメキシコからの参加です。マイとアスカは今回で2度目の調査参加になりますね。ミナミ組は途中のアメリカでの乗り換えで2名程が迷子になるというアクシデント(?)に見舞われたようですが、予定通り全員コスタリカで合流することができました。

コスタリカでは、明日からヒスイ博物館、コスタリカ中央銀行博物館(黄金博物館)を訪問し、本学との具体的な交流内容についての会議を予定しています。学生たちにとっては初めてのコスタリカ訪問なので、博物館の充実した展示の見学も楽しみですね。

というわけで、いよいよ今期の調査が始まりました!
調査の様子はこちらのブログでリアルタイムで更新していきたいと思います!
今期もどうぞよろしくお願いします!
  • 今期のメンバーは、左からマドカ、ミナミ、マイ、チカ、アスカです。よろしくお願いしまーす!

2017/01/17 19:10:00 考古学とイラストレーター

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
みなさま
 新年のご挨拶もできないうちに、松の内も終わってしまいました。今年もよろしくお願いします。
 さて、最近ブログがアップできていませんでしたが、春の調査に向けて準備を進めています。
 今期はミナミとマイ、アスカ、チカの4人は、2月23日に日本を発ってコスタリカ、(エルサルバドル:ミナミ)をまわって3月1日にニカラグアへ入ります。また、詳細が決まりましたらお知らせします。
 今日は、考古学とイラストレーターのお話です。
 今、マイとアスカがイラストレーターの使い方を名古屋大学の市川彰先生(秋学期考古学関係の授業をお願いしています)から教わっています。イラストレーターは、図化のソフトですよね。ポスターやチラシなどのデザインをされる方がよく使うソフトです。これが考古学のどう関係するのかわかりますか?
 考古学は大変たくさんの図面を作ります。いつぞやマドカが紹介していたかと思いますが、発掘現場では遺構の発見状況や遺物の出土状態、土層の断面など多種多様な図面を作ります。地形測量もあります。また、室内の整理作業でも土器や石器の実測図などもあります。こうした手書きの図面を出版などに用いるためには、手書きの線を整え、必要な情報を整理した図化=トレースをしなければなりません。そのためにイラストレーターを使うわけです。
 マイもアスカも昨年の調査の図面のトレースを行っていますが、イラストレーターの使い方がまだまだ十分ではないということで今回市川先生の指導を受けることになりました。
 これを覚えると「考古学」だけではなく、さまざまな「場面」で出来る「人」になります。考古学と聞いただけで、古臭い~と思う人が多いかもしれませんが、実はイラストレーターのように最新のソフトや機器を使いこなしていかないといけません。考古学ならではの特徴です。
 さあ~、マイ、アスカ!これでもうイラストレーターを縦横に使えますよね。仕事バリバリやっていきましょう。出発まで後37日!
  • どう?
  • できる?

2016/11/24 01:20:00 2017年春季調査に向けてスタート

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
掘れ惚れニカラグアDiaryを楽しみにしていただいているみなさまへ
 ミナミです。すっかり更新が後回しになっておりました。申し訳ありません。
 今夏は、世界考古学会議の第8回世界大会が同志社大学で開催され、そのお手伝いをしていたいこともあって、プロジェクト・マティグアスの調査もお休み。9月の1週間、フィンかラスベガスの地主さんへのあいさつや協力機関へのご挨拶、加えてブルーフィールズでは来年度以降の調査について相談をしてきました。ということで9月のブログで夏季調査スタートとしたものの、終わりについて発信できていませんでした。すみません。
 そして10月、2012年のニカラグアへの予備調査依頼、ずっと私の手元で調査に参加してくれていたマドカは、いよいよ次のステップへということで、メキシコ国立自治大学へ1年間の留学に出発しました(おめでとう!!!)。1年後の成長が楽しみです。
 さて、私たちもいよいよ来春の調査の準備を始めました。
 来春は、あらたな3年間の科研費1年目1回目の調査ということで、発掘調査も本格化してきます。参加者も増えそうですから、それらのマネジメントも需要な仕事です。
 今回、今春に調査に参加してくれたマイとアスカが再び参加してくれることになりました。さらに、新しく「さかもとちか」さんが加わるということで、おおいに喜んでいます。
 先日、第1回目の打ち合わせ会を開催しました。初めて参加のチカもマイやアスカがいるので安心できると思います。マイやアスカも初めての時と違って余裕もあるでしょう。しかし、こういうときこそ、今までの以上に慎重にしないといけません。油断大敵。そのためにはまずはしっかり準備をすることです。
 そして、今年の成果の報告を出す作業も重要な活動です。みんなでしっかり共有して調査に向かいましょう。マドカ姉さんに心配をかけないよう一致団結してがんばりましょう。
 そこの君!どう、一緒に!決して楽ではないけれど、楽しいですよ。
  • まずは来春の調査の予定を決めないといけません。そして、それまでに何をしないといけないのか。今春の調査をふりかえりつつ。
  • マドカ姉さん!がんばってますよ!
  • プロジェクト・マティグアス調査室(10号館3階国際文化資料館館長室)では今年の調査の報告書づくりが進んでいます。

2016/09/06 18:10:00 ニカラグアチームに新しいメンバー!~夏季調査開始~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
ニカラグアダイアリーを楽しんでいただいているみなさま!
 ご無沙汰しております。ミナミです。
 いよいよ今期の調査が始まりますが、ミナミ、マドカ、マイほか国際文化資料館のメンバーも世界考古学会議のお手伝いをしていたため、今期の調査はたった1週間となってしまいました。もちろん、これでは発掘はできません。来季のために下準備と新しいミッションのためです。
 そうです。そのミッションのために、わがチームに新しい生贄。じゃなかった仲間が加わることになりました。
 教務部の中橋智史さんをご紹介します。
 新しいミッションは、協定を結んでいるカトリック大学の共同して「日本と中米の大学が協働して世界の平和に貢献できるグローバル人材の育成事業」を始めるための具体的な打ち合わせに来てもらいました。プロジェクト・マティグアスには直接かかわらないように思われるかもしれませんが、大きな目標である地域課題を解決していく活動を継続的に行うためには、こうした人材育成が必ず必要になります。5年後、10年後を考えると、今から始めなくてはならいないのです(たまにはいいことと言うなあ)。
 しか~し、わがチームに入るためには、試練を乗り越えていただかなくてになりません。
 今日は、中橋さん3態。京都から26時間の移動、マナグアに一泊して「地の果て?」ブルーフィールズへ。小型機は雨期の嵐に翻弄され、やっとたどり着き、無事に中橋さんはチームに迎えられたのでした。お疲れさまでした!(まだまだ試練はつづきますが)。
  • これで行くの?雨期の嵐の隙間をぬって離陸!
  • 機中。まだ余裕です。
  • 途中省略。ブルーフィールズのまちを望むレストランでやっと一息。中橋さんいわく「カルチャーショックが・・・」

Page top