ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/02/22 15:40:00 2018春期プロジェクトマティグアス開始です

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 「ミズキとナオヤの大冒険」無事にスタートしました。今頃はUNICAの先生や学生さんたちと楽しく勉強しているころでしょう。ちょこっとミナミとしてはうらやましい。
 さて、本番のプロジェクト・マティグアスも明日は現地へ移動。ティエラブランカ遺跡での調査に向けて準備に入ます。
 今回は、ラスベガス遺跡の発掘だけでなく、平行して行っているコミュニティミュージアムづくりについても、住民の方々と一緒になって計画を作っていく段階にきています。実は、こうした作業は現地調査だけではなく、日本での準備が大切です。
 調査をはじめる一コマとして、まずは京都でマイ(卒業論文としてコミュニティミュージアム研究進めている)とアスカ(半年間のスペイン留学から帰国)が、コミュニティミュージアムについて現地で行なうワークショップの準備を進めています。
 二人とも昨年春にはティエラブランカの村の人々に「コミュニティミュージアムって何?」の紙芝居をやり、また一緒にワークショップを主導していたこともあって、次に向けて何をすればいいのか真剣な議論が続きます。こうした地道な作業もプロジェクトを支える重要な活動であることを知っていただければ幸いです。
 さて、マナグアに来てからはいろいろと準備を進めていますが、ミズキとナオヤがお世話になっているカトリック大学のほか、プロジェクト・マティグアスの大切な仲間であるニカラグア国立自治大学へも毎回挨拶にいって、調査の報告と今後についていろいろと話をしています。
 とくに大学NO3のロバート先生は、私たちのプロジェクトのよき理解者であり、支援者でもあります。先生からは、これからはプロジェクトの成果の還元を進めていくようアドバイスを受けました。私もそう思います。さらに、大学の分校が国内に4か所あってそれぞれで考古学と博物館を仲介者として実践的研究を展開してはどうかと提案ありました。とってもありがたいことですが、現状では力不足。これからの課題としておきたいと思います(ふう)。
 さて、プロジェクト・マティグアスに平行して、今期もブルーフィールズでの調査も行います。
 みなさんご存知の本学嘱託研究員の青木敬さんとブルーフィールズ在住で私たちの大切な現地パートナーであるバレーラ由美子さん。今年も青木君をよろしくお願いします。
 そうかあ~今回由美子さんには、海外フィールドワークの学生さんを面倒見てもらうことになっているので、青木君までの面倒を見てもらうのは無理ですね。
 青木君!がんばって自立自立~よろしくお願いします。
 それではマティグアスに向けて出発です。
 おっと、最後になりましたが、メキシコで1年修行を積んだ?マドカがマティグアスに戻ってきます。これからも中心でがんばってくれます。みなさん、応援よろしくお願いします。
  • コミュニティミュージアム住民調査に向けて打ち合わせを行うマイとアスカ
  • UNANロバート先生、サグラリオ先生、公共広報関係部部長のミゲル先生
  • ホテルコリブリ前でBFメンバー集合

2018/02/20 17:00:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険2

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険2
ミナミです。
 今日からカトリック大学でのワークが始まります。事前に大学から土曜日までの予定は送っていただいておりました。それによると午前中は学内、午後からは学外でフィールドワークと大変充実した時間が過ごせそうなプログラムです。
 まずは副学長のコテ先生、昨年本学を訪問いただいたサラマンカ先生、フランク先生にご挨拶。サラマンカ先生は今年から教学担当の副学長になられました。フランク先生には、この1週間ミズキとナオヤの面倒を見ていただきます。
 学内案内の後、大学紹介のオリエンテーション、そして最初の授業です。最初の授業はフランク先生が、ニカラグアの自然や地理だけでなく、食べ物やお金の種類、公共交通機関など二人にとっても身近な話題をUNICAの学生にリードさせ、実際にお菓子や地元チーズを食べながら進めていました。 ちなみに一緒に学ぶのは、国際関係学科の学生諸君です。この中には来週二人と一緒にボアコで活動する学生、来年本学への留学を希望する学生、日本語を勉強している学生がいて、二人をうまくリードしてくれました。
 ここでお昼。学食です。おいしかったです(学内の様子は、別の機会に二人から紹介してもらいましょう)
 午後からも授業がありますが、私はここまで。二人が1週間過ごす宿舎の前でしばしのお別れ!最初の不安な様子は消えて、楽しそうに手を振る二人が印象的でした。
 さあ、いよいよスタートしました。ここでもいつもの合言葉「ぼちぼち、のんびり、慌てずに、楽しく頑張って」いきましょう。
 えっ?ミナミは?はい!私はプロジェクト・マティグアスの調査へ向かいますよ~。発掘もいよいよ佳境ですし、ボアコでの地域課題解決のための新しい調査も始めます。
 これからも皆さんの応援をお願いします。
  • フランク先生のリードで楽しくっ授業が進んでいきます。
  • 国際関係学会の学生諸君もまじえての記念撮影。ナオヤとミズキをよろしく。
  • ここが二人が1週間お世話になる宿舎です。手を振る二人。いいところでしょう!楽しんでください。

2018/02/19 16:30:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険1

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 いよいよ「ラテンアメリカ考古学博物館フィールドワークin ニカラグアちょこっとコスタリカde博物館」がスタートしました。ラテンアメリカでははじめてとなる今年の海外セミナーは、プロジェクトマティグアスの研究活動と連携して行うことにしました。
 それにしても、タイトルが長い?確かに。そこで参加者のミズキとナオヤの冒険をおっかけるブログとして「ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険」としました。ミナミがじゃま?・・・一応、責任者ですので~。ちょこっと。
 さて、私たちは2月18日の12時前に伊丹空港で集合。まずは成田へ向かいました。そして、いよいよ太平洋を横断です。11時間と少々かかってアメリカでの中継地ヒューストンに到着。最後はマナグアまで。到着したのは現地18日の夜の9時半。プロジェクトの常宿コリブリに着いたのは午後11時ですから約26時間の旅でした。
 途中は大変順調でした。とくに課題はアメリカ入国。今まではヒューストン空港でメンバー行方不明になったり、入国するのに2時間かかったメンバーもいたりで、ミズキとナオヤにとっては最初の関門でしたが、まずはクリア!!!無事に到着となりました。ほんとうにお疲れ様でした。
 でも、はじめての2人はさすがにちょっとしんどそうでしたね。今は、それぞれの部屋でお休み!
 ということで「ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険」のはじまりはじまり!みなさんこ応援をよろしくお願いします。
  • 伊丹です。行ってきま~す。
  • ヒューストンにて。ミズキとナオヤは空港内探検へ!私はブログを書きはじめらしく
  • ようやくコリブリに到着。昨日到着していた嘱託研究員の青木くんが出迎えてくれました。

2018/02/12 12:00:00 フィールドワークミーティングを行いました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
いよいよ中米フィールドワークの出発が今週末と迫ってまいりました!

出発に向けて、引率担当の南先生と国際文化資料館学芸員の西村先生、コミュニティエンゲージメントセンターの森川さんとフィールドワーク参加学生が出席し、顔合わせを兼ねた打ち合わせを行いました。

参加される学生さんたちもニカラグアでのフィールドワークは初めての経験になります。
事前に頭の中でシュミレーションを重ね、疑問や不安なことなどをひとつずつ解消していくことが大切です。現地調査では、現場での応用力ももちろん大切ですが、こういった事前の準備が重要なのです!

さて~出発まで残り1週間となり、プロジェクト・マティグアス調査組も急いで準備を進めています!やらなきゃいけないことはまだまだたくさん残っています!頑張るぞ~!オー!!!(必死)
  • 現地調査に向けて、質問が飛び交います!準備が大切です!

2018/02/06 10:40:00 KUFS PEOPLEに掲載されました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは!
先日募集いたしました「ラテンアメリカ考古学と博物館フィールドワーク」の募集では、2名の学生が応募してくださいました!2月中旬の出発に向けて、急ピッチで準備を行っているところです!

さて今回は、京都外国語大学HPのトピックとなっているKUFS PEOPLEについてご紹介します!KUFS PEOPLEは、京都外大で活躍する外大生や卒業生、教員など、外大にゆかりのある人物をピックアップしている人物紹介サイトです。

なんとこの度、私のことを取り上げていただきました。インタビューでは、考古学を始めたきっかけや、後輩に向けたメッセージなどをお話させていただきました!とくに、日頃はなかなか学部生と接する機会がないので、学部生に向けてのメッセージを発信する機会をいただけて良かったです!提供した写真もたくさん載せていただきましたが、中でもオルメカヘッドの写真がとても気に入っています!皆さまもぜひご一読いただければ幸いです。

お師匠のミナミ先生のページも一緒に貼り付けちゃいました!こちらもぜひご覧くださいませ!


KUFS PEOPLE


植村まどか
(2018年2月5日掲載)

南博史先生
(2015年10月28日掲載)

Page top