ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

お知らせ

2018/09/08 12:40:00 夏の調査終わりをむかえて

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
夏の調査もいよいよ最終日となりました。

今日は、10月9日から国際文化資料館で開催される写真パネル展『コスタリカの魅力~先スペイン期古代文化と自然環境~』に関する最終打ち合わせをヒスイ博物館でおこないました。参加者は、国立博物館のウィルソンさん、ヒスイ博物館のヴィルヒニアさん、中央銀行博物館のプリシーラさん、マドカ、ミサキ。この展覧会は、コスタリカ国立博物館、ヒスイ博物館、中央銀行博物館の3館と国際文化資料館が交流協定を結ぶことを記念して企画されました。詳細は京都外国語大学国際文化資料館HPにてお知らせしています。

展覧会まで残りあと一か月ということで、コスタリカの博物館スタッフも、国際文化資料館スタッフも、開会に向け準備を進めています。海を越え、みんなで力を合わせて作り上げる写真パネル展は、10月9日から11月24日まで開催予定です。みなさんもぜひお越しください。

さて、グアテマラに始まった2018年夏期調査はコスタリカにておしまい(とはいえ、無事に帰国して報告書をまとめなくてはならないのですが…)。今回の調査も多くの方の協力のおかげで終えることができそうです、皆さんありがとうございました。
  • 打ち合わせの様子
  • ウィルソン、マドカ、ヴィルヒニア、プリシーラ、ミサキ
  • 博物館の皆さんがプチお別れ会を開いてくれました

2018/09/06 13:50:00 平成最後の夏期調査!ラストスパートです!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
コスタリカ調査も終盤となり、そこはかとない寂しさを感じているミサキです。
私はマドカと二人で、平成最後の夏をコスタリカで終えようとしています。

先日、文献収集のためにコスタリカ大学へ行ってきました。中米考古学研究には、スペイン語や英語で書かれた文献が必要不可欠なのですが、日本で手に入れるのはなかなか難しいため、中米に来た際に文献をかき集めて帰るのがお決まりのパターンです。マドカと手分けして集めた本でスーツケースはいっぱい。お土産用のスペースを確保できるのか心配になってきました。

コスタリカ大学は、コスタリカで最も歴史のある大学で、中米諸国の大学の中でもトップクラスの研究実績を有する国立大学です。また、そのキャンパスはかなり広大で、学生の移動のために無料バスが走っているほど。緑豊かな学内でランニングをしたり、会話を楽しんだりする人も多いようです。そして、コスタリカ大学の学食では安くて美味しい日替わりランチをいただくことができます。

帰国まで残すところあと僅かとなり、博物館の方と打ち合わせをしたり、ディキス調査のまとめをしたり、次期調査にむけて協議をしたりと慌ただしい日々を送っておりますが、おいしい学食を食べて最後まで元気にがんばります!
  • コスタリカ大学の様子
  • 真面目に文献収集中
  • コスタリカ大学の学食。おいしい。

2018/08/31 13:50:00 コスタリカ南部ディキス調査へいってきました

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
残暑お見舞い申し上げます、ミサキです。
8月28~30日にかけて、コスタリカ南部ディキス調査へ行ってきました。

「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」
は、2014年ユネスコ世界遺産に登録されています。コスタリカ初の文化遺産です。大きな石の真球を目にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

今回の調査には、私ミサキとマドカに加え、コスタリカ国立博物館のフランシスコさんと運転手のエドワルドさんに同行していただきました。調査期間は3日間と短かったのですが、長年ディキスで調査を続けてきたお二方のおかげで、いろんな場所でいろんな経験をすることができました。

また、ディキスではコミュニティと連携した活動がかなり進んでいるみたい。マティグアスでも実践できるアイデアが見つかりそうですよ、南先生!

ディキス調査の詳細は随時、報告していきます!お見逃しなく!
  • 調査に同行してくれたフランシスコさん(後)とエドワルドさん(前)
  • コロコロコロコロ...

2018/08/24 14:00:00 ミナミ先生!ようこそ、コスタリカへ!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさまお久しぶりの更新です!
今夏の調査は、ミサキが報告してくれていた中米グアテマラ(その1その2その3その4)から始まり、お次はコスタリカにやってまいりました!今週ようやくお師匠のミナミ先生をコスタリカでお迎えし、今後の新しい調査に向けて情報を集めるべく、コスタリカの各博物館や大学との意見交換を行っています。

コスタリカ活動日初日は、JICAコスタリカ支所を訪問し、前田英男所長にコスタリカにおけるJICAの活動についてお話を伺ったり、京都外大がラテンアメリカで行ってきた活動、とくに現在ニカラグアで行っている「プロジェクト・マティグアス」での考古学と博物館についてお話をしました。前田所長はこれまで勤務されてきた中米諸国のご経験から、中米諸国の中でも平和を求める国民性が目立ち、先進国並みの経済力と安定性を持っている点など「中米のスイス」と呼ばれるコスタリカの魅力を語ってくださいました。また今後中米で実現できそうなプロジェクトの方向性についても非常に有意義な意見交換ができました!

引き続き、コスタリカでの活動の様子をお伝えしていきます!
よろしくお付き合いください!
  • 豊富な活動経験をお話してくださった前田所長、ありがとうございました!
  • JICAコスタリカ支所で意見交換を行いました!
  • 南先生、ようこそコスタリカへ!

2018/07/31 00:30:00 グアテマラ学会参加報告&夏の中米調査はじまるよ!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
お久しぶりです、ミサキです。
台風が変な方向から襲ってきたとの噂を聞いています、みなさん大丈夫ですか?

台風の季節となりましたので、夏の調査もそろそろ始動しますよ!
ミナミ先生率いるチーム外大の活動内容(珍道中?)について、随時ブログで報告させていただきます、乞うご期待。

ちなみに私はと言いますと、一足先にグアテマラ入りし、7月23日から27日にかけてグアテマラ国立考古学歴史博物館で開催された第32回グアテマラ国際考古学シンポジウム(XXXII Simposio de Investigaciones Arqueológicas en Guatemala)に参加しておりました。
毎年7月末に開催されるこのシンポジウムでは、世界中からメソアメリカ考古学研究者が集まり、最新の調査研究について情報交換や議論がなされています。
そして僭越ながら、私もこの場で発表する機会をいただきました。

発表の準備には時間がかかる上、研究がどう評価されるかも不安、自分のスペイン語が伝わるかも不安、そしていざマイクの前に立つと緊張で頭真っ白。
それでも発表を終えると、同世代の研究者や超有名な考古学者まで、たくさんの方から質問や意見をもらうことができ、大変充実した学会となりました。
このような経験を積み重ねていくことで、私たち若手研究者はステップアップしていくのです。

さてさて夏の調査、良いスタートを切ることができそうですね(個人的に)。
来週から本格的に調査がはじまります。
最初の調査地に向けて、私は移動を開始します。
  • シンポジウム会場のグアテマラ国立考古学歴史博物館
  • 発表の様子です

Page top