ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

お知らせ

2019/07/01 16:20:00 映画「最後の楽園コスタリカ~オサ半島の守り人」上映会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは!いよいよ関西圏も梅雨に突入しましたね。昔の梅雨とは異なる雨の降り方のように感じています。これも温暖化による現象なのでしょうか?まあ、私の場合は雨が降ったらビーチサンダルを履いてどこへでもいってしまうので、雨で靴が濡れる心配は無用です!・・・と思ったら4年前にも似たようなことをこのブログで発信していました。お恥ずかしや!

さて、今回は2019年6月30日(日)に京エコロジーセンター(京都市伏見区)で開催されたドキュメンタリー映画「最後の楽園コスタリカ~オサ半島の守り人」上映会に参加しました!

コスタリカは、四国と九州を合わせたほどの小さな面積に地球上の動植物種の約5%を占めると言われており、豊かな自然と多様な動植物の宝庫として知られています。

この映画は、コスタリカ南西部太平洋岸に位置するオサ半島における自然環境と野生動物の保護に取り組む海外のNGO団体や地元の地域住民の活動をドキュメンタリーにしたもので、日頃のフィールドワークではついつい博物館や遺跡などに意識が向かいがちな私ですが、今回新しい視点でコスタリカの魅力と地域が抱える課題について学ぶことができました。

映画上映後には、実際にコスタリカを訪問したり、コスタリカの博物館と協定書を締結したり、コスタリカ展覧会を指揮したりと何かとゆかりのあるミナミ先生のプチ講演会も行われました!会場内には昨年10月に国際文化資料館で行われた写真パネル展「コスタリカの魅力~先スペイン期古代文化と自然環境~」で実際に使用されたパネルも展示していただきました!

最後になりましたが、京エコロジーセンターの皆さまには素晴らしいイベントにご招待いただき、感謝申し上げます。
  • 京都市伏見区にある京エコロジーセンターです!初めて訪問しました!
  • 昨年の展覧会で使用したパネルを一部展示いただきました!
  • ミナミ先生のプチ講演会の様子です。ファミリーイベントだったので、会場前列には小さなお子さんもいらっしゃっていました!

2019/06/19 10:50:00 第7回国際言語文化学会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは。昨日は新潟県を中心に大きな地震に見舞われました。被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。昨年の同日は奇しくも大阪でも地震(大阪府北部地震)に見舞われた日でもあります。京都では大きな被害は出なかったと記憶していますが、それでも漠然と怖かったことは今でも思い出されます。自然災害は防ぐことはできませんが、今後に向けて自分でできる対策に努めたいですね。

さて本日は、2019年6月15日(土)に京都外国語大学4号館5階451教室で開催された第7回国際言語文化学会(学内学会)についての報告です。

2013年に設立された国際言語文化学会は今年で第7回目を迎えました。この学会では学内外の研究者、とくに院生や若手研究者の育成に力を入れており、今年も院生2組の発表がありました。第7回プログラムはこちらをご覧ください。

そのうちのひとつが「プロジェクト・マティグアス2019 年春期調査概報―ニカラグア共和国ラスベガス遺跡考古学調査および博物館活動成果報告―」ということで、私とミサキから2019年2・3月に実施されたマティグアス調査報告をしました。実は私は第1回、2回の学会でもマティグアスについて発表してきましたが、今回久しぶりの発表となりました。

学内の先生方といっても、学部や学科が違うと日頃なかなかお目にかかる接点がなく、今回は直接お話する機会の少ない先生方からも活動へのコメントやアドバイス、激励のお言葉などを頂戴し、大変良い機会になりました。

6月も半ばに差し掛かり、夏期調査の準備をちまちまと進めているマドカとミサキです。明日はお師匠のミナミ先生と調査の打ち合わせを予定しています!南先生、最近元気がないので、ミサキと2人でお菓子を献上しようとたくらんでいます!先生には内緒ですよ!
  • 本学会の会長でもある松田学長による開会のご挨拶
  • 司会は本学グローバル学科の村山弘太郎先生が務めてくださいました

2019/05/23 12:10:00 国際文化資料館にアンデスの風が吹く

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
みなさんこんにちは、ミサキです。

国際文化資料館では、5月13日にリニューアルオープンした3階のコレクション展示室が一般公開され、小原豊雲コレクションが一部展示されています。美しいアンデスの土器や染織品が展示されており、かなりの見応えありです。また、3階エントランスギャラリーでは、古代アンデスと展示品に関するムービーも放映中で、こちらも見どころの一つになっています。4階企画展示室で開催中の常設展と併せてぜひご覧ください。
詳細はこちら

私たちが調査をしているニカラグアやコスタリカは「中間領域」とよばれる地域に含まれています。「中間領域」は、メソアメリカとアンデスの中間に位置することからその名がつけらました。ですので、中間領域研究を進める上でもアンデスは重要な地域。コレクション展示室公開を機に、アンデスについても勉強をしなくては、と思うのでした。

一方、わたくしは5月22日に院生研究会にはじめて参加させてもらいました。参加者の専門分野はバラバラなので、様々な視点から意見や質問が飛び出します。私からは中米調査や博論の計画について発表させてもらったのですが、考古学者同士では気付かないような点を指摘してもらったり、鋭い質問を受けたりして、かなり刺激のある時間となりました。

だんだん暑くなってきました、そろそろ夏期調査の予感…?
  • 3階エントランスギャラリーの様子
  • 布の下には見事なアンデス染織品が!
  • 色んな意見をもらって研究は深化するのです

2019/04/22 10:50:00 エルサル調査報告会&マティグアス活動展示

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
桜の季節も終わりを迎えようとしていますね。
こんにちは、ミサキです。

4月18日に、エルサルバドル春期調査の報告会をおこないました。
私からは調査の概要と踏査の成果、テクノシステムの島津さんからはドローン空撮と測量の結果について報告がありました。
今回の調査では、これまで手を付けられていなかった場所の測量や写真撮影をおこなうことができ、また踏査で新しい遺跡が見つかるなど実りの多い調査となりました。

京都外国語大学国際文化資料館(10号館4階)ではじまった常設展では、プロジェクト・マティグアスの活動についても少し紹介されています。
2013年から続くプロジェクトの様子が分かるムービーも見ることができます。
常設展は5月25日まで開催されていますので、みなさまぜひお立ち寄りください。
常設展示の詳細はこちら
  • 島津さんの報告を食い入るように聴くミナミ先生とミサキ
  • プロジェクト・マティグアス展示の様子

2019/02/20 14:10:00 おかえり、ニカラグアへ!~2019年春期調査が始まるよ~

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!マドカです!
2019年最初の投稿はなんとニカラグアからお送りいたします!

ニカラグアでの調査は昨年の春期調査以来、1年振りになります。実は、日本ではあまり報道されていませんでしたが、昨年4月頃からニカラグアでは反政府デモが激化していました。私も昨年5月から6月まで研究滞在のためマナグアに滞在していましたが、連日デモや襲撃のニュースがテレビで流され、国内の道路封鎖、夜間6時以降の外出禁止令など、残念ながら調査ができる状態とは言えませんでした。

ですが、暴動も少しずつ収束し、昨年10月にはミナミ先生がマナグアを訪れてUNANやUNICAの先生方と意見交換を行い、この度の春期調査の実施に至りました。

ニカラグアに到着して1週間になりますが、町の景色も人々も今までと変わらない様子です。もちろん、全てが暴動前の状態に戻ったわけではありません。マナグアの常宿であるホテル・コリブリでは、宿泊客は数える程度しかおらず、週末の宿泊は私一人だったようです。また暴動の拠点のひとつとされていたUNANの構内では、たくさんの窃盗や器物破損などがあり、被害は計り知れないといいます。

そのような中でも、今は授業が再開され、学生たちも大学に戻ってきました。なにより、ご覧ください!この皆さんの素敵な笑顔を!皆さんも調査の続行をとても心配されていたようで、今回調査が再開されることをとても喜んでくださいました。私も、ニカラグアに戻ってこられてとても嬉しいです!

さぁ、2019年春期調査!はじまりはじまり~!
  • UNANのCADI(考古学研究室)では、サグラリオ、レオナルド、ケビン、そして遺物整理をしていたバニが迎えてくれました!
  • コリブリの従業員マイラさんとコリブリのタクシー運転手レスターさんです。レスターさんは空港からの送迎中、毎回これまでニカラグアに訪れた学生や先生方の名前を挙げながら思い出話を語ってくれます。いつもプロジェクトでお世話になっております!

Page top