ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/04/19 13:50:00 第2回メソアメリカ研究会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
先日、4月14(土)に京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(IELAK)で開催された第2回メソアメリカ研究会(於:IELAK)に参加してまいりましたのでご報告いたします。

今回で第2回目を迎えるメソアメリカ研究会は、メソアメリカ地域における考古学、人類学、歴史学など幅広い研究分野から講師の先生をお招きし、メソアメリカ研究の見識を深めるだけでなく、他分野の研究を知ることで新たな視点を得ようという試みのもと、IELAK所長の大越翼先生が主催されています。

今回は、マヤ考古学者・碑文学者である、スタンリー・ポール・ギュンター先生をお招きして、古典期マヤ、アンコール文明、大和朝廷の王権をめぐる比較研究をテーマとしたお話をお伺いしました。

一見「え?アンコール文明とマヤ文明???」と思ってしまいますが(私も思っていました)、ギュンター先生のお話を聞くと、石造建造物(神殿ピラミッド)、高温多湿な気候、文字が刻まれた石碑など、文明の共通点があるのですね。特に、正面に階段が取り付けられた石造建造物の写真を並べられると、「マヤのピラミッドあんなにたくさん見てきたのに、アンコールなのかマヤなのかどっちか分からない・・・!」と思ってしまうほど酷似していることにびっくり!

またよく似た気候も文明の盛衰に影響しているのではないかというのはギュンター先生の意見で、アンコール朝が栄えた現カンボジアと、マヤ文明が栄えたメキシコの緯度は実はほとんど同じ。歴史の中で多雨や干ばつを繰り返し、文明が衰える一因になったことを強調されていました。

さらに先生は日本の大和朝廷と2つの文明を比較してお話をしてくださいました。日本から遠く離れたマヤやアンコールでも共通点はたくさんあるんですねぇ。

今回の講演はスペイン語でしたが、ニカラグア調査に参加してくれている学部生のみなさんも勉強しに参加してくれました。久しぶりにスペイン語をたくさん聞いて、考古学の勉強にもなって、良い経験になったのではないでしょうか?
  • 計10名程が参加しました。
  • ニカラグア調査参加学生たちもずらり!

2018/04/11 20:20:00 2018年春期ニカラグア調査反省会&打ち上げを行いました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさまお久しぶりです(いつもいつも・・・)!
先週、2018年春期ニカラグア調査反省会と打ち上げを行いました!

今期の調査では、当ブログでも紹介していた海外フィールドワーク、プロジェクト・マティグアス、ニカラグアカリブ海岸調査が行われており、それぞれの活動報告や、来期の調査への課題などを話し合いました。

今期の調査も(なんとか)無事に終えることができたのも、事前に打ち合わせや準備を重ねて万全の状態で調査に参加してくださった皆さま、日本から活動をサポートしてくださった皆さまのおかげです。もちろんニカラグアやコスタリカでも多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました!

プロジェクトでは、今期の調査のとりまとめと夏期調査に向けての準備に取り掛かり始めています。これからも力を合わせて頑張りましょうね、みなさん!


関連ブログ記事は以下からご覧ください
◎ニカラグアカリブ海岸調査
もうひとつのニカラグア調査~ブルーフィールズ~

◎海外フィールドワーク
ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険シリーズ
その1その2その3その4その5その6
その7その8大冒険を終えて
  • ニカラグアメンバーが勢揃いしました。互いに参加していない活動などもあり、有意義な意見交換でした。
  • いろいろな思いで話ができましたね!

2018/03/20 11:50:00 「ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険」を終えて

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!いつもお久しぶりのマドカです!(泣)
ミズキさん、ナオヤくん、そしてミナミ先生、無事にご帰国されたようで、1ヵ月の大冒険お疲れ様でした!

大変遅くなりましたが、マティグアスの調査に参加してくれた2人の感想をお気に入りの写真とともにアップしたいと思います!

ミズキ
人生で初めての発掘にマティグアスで携わることが出来て、とても楽しかったです。
きっと日本では起きないであろうハプニングに見舞われながらも、和気藹々と発掘が出来たことがとてもよかったなと思いました。
発掘のお手伝いをさせてもらえたことで、全く関心のなかった考古学に興味が湧いたきっかけになりました。また是非ここに来たいと思います。
そして、マティグアスでついにコリブリを撮影することに成功しました。何度か見かけてはいたのですが、いつもとてつもない速さで飛んでいるのでなかなか写真に収めることができませんでしたが、やっと撮ることができてとても嬉しいです。

ナオヤ
マティグアスでは発掘調査をメインに行きましたが、他にも様々な体験をさせて頂きました。例えば、JICAの派遣でマティグアスのカカオ工場でボランティアをしている日本人にお会いしました。僕たちをマティグアスのメルカドに連れて行ってくれたり、カカオ工場内を案内してくれました。
メルカドでは様々な商品が並ぶ文房具屋に行ったり、現地のアイスクリームを食べたりしました。カカオ工場では広々とした工場内を見学する他にも、実際に生産しているカカオで作ったチョコレートを試食しました。特にこのチョコレートは本格的で、とても美味しかったです。
僕たちにマティグアスのことなどを親切に教えて下さり、とても感謝しています。今回JICAで派遣されている日本人にお会いでき、とても良い経験ができました。

2人とも初めての発掘現場で体力的にも大変だったのではないでしょうか。体調も崩すことなく、元気に過ごしてくれただけでなく、考古学の楽しさやマティグアスの町についても興味を持ってもらえてとても嬉しいです!
  • ミズキさんからの1枚は念願のハチドリ!綺麗に撮れていますねぇ~♪
  • ナオヤくんからは、マティグアスで見学したカカオ工場の写真が届きました!

2018/03/20 07:20:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険8~ゴール~

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険も3月18日無事にゴールとなりました。
 ヒューストンからの便が遅れたため予定していた成田から伊丹への乗り継げず、私とミズキ・ナオヤが別便での伊丹着となりました。したがって、成田で解散です。
 二人ともお疲れさまでした。今頃はご家族にお土産話をされているころでしょうか?それとも時差ぼけ?ともあれゆっくり休んで新学期に備えてください。
 ただ、うかうかはしておれませんよ~。フィールドワークの振り返りもありますし、活動の成果をどう報告するかもこれからです。この期間に集めた資料・写真を整理しておいてくださいね。フィールドワークは計画・準備、本番、そしてとりまとめが大切です。これが次への活動に繋がります。近いうちに集まりますからね。
 一方、ミナミは、スーツケースの中身を放り出し、洗濯、旅行道具、調査道具をしまって、調査資料や集めた文献類など必要なものは大学へ運ぶ準備。そして、一番大切で急ぐのは事務処理です。1ケ月の間に海外フィールドワークの他にいくつかの研究事業を行いました。目の前にある膨大な書類を見ながら「溜息」ついております。
 さあ、今日は卒業式!頭を大学に戻すにはちょうどいい機会です。

 今回、29日間におよぶ「ラテンアメリカ考古学博物館フィールドワークinニカラグア!ちょこっとコスタリカde博物館」の活動の様子を8回のブログに分けて紹介してきました。振り返ってみると、もっともっとたくさんのことを書きたかったと思います。吉田さんと高橋君の活躍もさることながら、彼らを支えてくれたカトリック大学、国立自治大学の教員学生さん、CECセンターのみなさん、そして研究チームの仲間にあらためて感謝申し上げます。そして私自身が大変勉強になる29日間でした。
 「ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険」をお楽しみいただいたみなさま、応援ありがとうございました。この成果はあらためて別の形でみなさんに知っていただこうと思います。
 楽しみに待っていてください。
 それではこれにて!!!

(最後に、ミズキとナオヤとミナミの頭1字をとると「ミナミ」になるんですう~~~、どうでもいいのですが。どなたか気づかれましたかね)
 
  • 成田に無事にゴール
  • もっともっと書きたいことがあったなあと思います

2018/03/17 03:00:00 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険7~最終章へ~

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険もいよいよ最終章。コスタリカでの博物館見学です。
 国立博物館と国際文化資料館が協定を結んでいる黄金博物館とヒスイ博物館を訪問し見学。
 とくに黄金博物館とヒスイ博物館では、学芸員の実習を引き受けてもらっており、昨年は第1号として竹林麻衣さんがお世話になりました。今年も実習を希望している学生さんもいるということで、あらためて両館の館長先生にご挨拶をしたことろです。
 ミズキとナオヤは、コスタリカの博物館の印象はどうでしたか?残念ながらヒスイ博物館の展示を見学することはできませんでしたが、マティグアスでの発掘経験と重なって、考古学の面白さをさらに知ってもらえたらうれしいなあと思います。
 また、サラピキのジャングルツアーにも参加しました。二人とも大の動物好きということで、遺跡見学をやめてサンホセから近いこの場所を訪問しました。ここは牧場だったところを、オーナーが20年以上かけて、周辺の土地を買いながら森を復元してきたそうです。
 すると貴重な動植物も戻ってきてジャングルツアーが楽しめるコスタリカでも有数の場所になっています。現在は5ヘクタール(最初は400㎡)にさまざまな鳥、小動物、昆虫、とくに蝶を観察することができます。ニカラグアでは、有機の森を回ってきただけに興味深かったです。
 ミズキはボアの赤ちゃんを首にかけてもらって、ナオヤは大きなカブトムシを腕につけて・・・。妙な二人でした。
 さあ、コスタリカでも活動も大詰め、そろそろ日本が恋しくなってきた?
 ミズキとナオヤちょこっとミナミの中米大冒険もまもなくフィニッシュ!
 
  • コスタリカ国立博物館にて。
  • サラペキのジャングルツアー。ボアコから比べれば楽!楽!
  • 協定校であるコスタリカ国立大学を見学しました。ナオヤのリクエスト。ニカラグア国立自治大学やカトリック大学とは、規模も様子も大きく異なりますね。

Page top