ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/03/24 23:30:00 ティエラブランカ村は大忙し~マイ・アスカ・チカの大冒険も最終章へ~

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
みなさん!こんにちは。ミナミです。
 あっという間に今期の発掘調査も大詰めです。私は卒業式などのため一時日本に戻っていましたが、発掘調査の最後のとりまとめと、マイ・アスカ・チカを迎えに来ました。「みんな迎えに来たよ!さあ、帰ろう〇〇へ!」というのはある漫画の有名な(私だけ?)シーンです。わかるかなあ~。
 さて、調査の最終に行う恒例の報告会。今回もティエラブランカ村の小学校で行いました。しかし、今回は駐ニカラグアの今井日本大使ご夫妻がおいでになるということで、マティグアス市もティエラブランカ村も大騒ぎ。大使を迎える小学校ではペンキ塗りをしたり、日本の国旗を準備したり、子供は全員制服を準備するわ・・・。
 そして、当日、市内についた大使の車を警備のために銃を構えた警察官が乗るパトカーが先導したのは良かったのですが、まずは最初の行き先を間違え(市役所待ち合わせなのに)るは、市長との面談の後、遺跡に向かって市役所を早々に出発したものの、なぜかティエラブランカ村に着いておらず関係者をあわてさせるわ(別の場所に案内したらしい)、大使ご夫妻も苦笑い。う~ん、さすがというか・・・脇があまいというか・・・呑気というか・・・。
 そして、いつもの報告会は、なにやらセレモニーが続いたもので、省略省略・・・・。その結果、マイ・アスカ・チカが準備してくれた「コミュニティ・ミュージアムって何?」がメインイベントになりました(パチパチ)。3人は発掘調査作業の隙間をみて準備を進めてくれました。もちろんスペイン語です。大変だったと思います。
 はじまりました!考古学者(マイ)、学芸員(アスカ)、村の女の子(チカ)の役になって、博物館って何?の説明から、コミュニティ・ミュージアムは住民が主体的に運営するところまでを登場者のイラストをうまく使って(チカ作)説明してくれました。私が一番、緊張していたかもしれませんが、みんな「素晴らしい」。村の人々も楽しそうに聞いていましたよ~。そして、参加者にアンケートをとってどこまで理解が広がったか確認しました。分析が楽しみですね。
 最後は大使ご夫妻や市長さん、わざわざマナグアから来ていただいた協定校カトリック大学副学長コテ先生、住民のみなさんと一緒に遺跡見学です。こうして少しずつ地域の方々に地元に眠る遺跡の価値を知ってもらえたらと思います。
 朗報です。市長さんは2018年~2019年にティエラブランカに博物館を作ることを宣言されました!!!大使館の方でもお手伝いいただけるとのこと。
 さあ、博物館づくりがはじまります!!!
 マイ・アスカ・チカをはじめ今までお手伝いしてくれた学生のみなさんの努力が少しずつ形になっていきます。みなさんのおかげです。ありがとう。そして、後輩の諸君!ぜひこの後を引き継いでください。
  • 村のメインストリート?も今日は大混雑
  • 市長さんの挨拶
  • マイ・アスカ・チカの発表がはじまりました!がんばれ~!

2017/03/15 15:50:00 ラスベガス遺跡発掘中「暑さのなかでも楽しもう!」

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
みなさんこんにちは!ミナミです。
 ニカラグアのマタガルパ県マティグアスの山中、ラスベガス遺跡の春の調査が始まりました。昨年9月はWAC8(世界考古学会議京都大会)のため、調査が実施できませんでしたので、1年ぶりの発掘となります。
 すでに調査は中盤です。引き続きマウンド1の頂部のトレンチでの掘り下げが進んでいます。そして、昨年来、私たちの頭を悩ませている遺構の中にあった「モノリート(石柱)」をついに取り上げました。今回の調査に参加してくれているマイ、チカ、アスカの3名も国立自治大学のヘウスと一緒に記念撮影です。
 今年は乾季にも関わらず雨が多いですね。とくに調査開始したころは連日の雨でした。そして、ここ2,3日はようやく乾季の晴れ間が広がり、すると一気に暑くなります。
 とくに今日は暑かったです。ついつい注意力も散漫になりがち。そこでいつもの気分転換を図った「遊び」が登場!
 そうです!今日は、第2回世界スイカの種飛ばし大会を開催しました。今回は国別団体戦。日本とニカラグアとメキシコの三国対抗戦!私たち日本を代表する京都外大チームは、第1回世界大会の屈辱を果たすべくアスカとチカ、そしてマイのピンチヒッターでミナミが参加しました。
 そして結果は?
 5mから先に置いたシート越えのヘウスとシート上まで飛ばしたレオが所属するニカラグアチームが優勝、2位はシートまで運んだ嘉幡先生を擁するメキシコチームが2位、そして、我々は・・・3位でした(ってて、またべったです)。2連敗・・・。とほほ。
 次回は国内で予選をして、優勝者・上位者をニカラグアへ来てもらうかな~なんて。
  • モノリートを取り上げて満足げなマイ、チカ、アスカとヘウス(埃除けのため顔が見えん)
  • 種飛ばし大会のはじまり!!!がんばれアスカ!
  • メキシコチームのフリエッタさんも!

2017/03/11 13:10:00 日本フェスティバル!~INニカラグア~

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの休日~中米観光地紹介
  • Posted byマイ・アスカ・チカ
 ¡Hola!こんにちは。マイ、チカ、アスカです。
 今回はニカラグアで行われた日本フェスティバルに行ってきました。発掘調査を一緒にしているUNAN大学のヘウスが連れて行ってくれました。場所はニカラグアの首都であるマナグアのニカラグア日本友好公園という場所で行われていました。正面には石の大きな鳥居あります。

 このフェスティバルは日本大使館が主催していて、武道のデモンストレーションに始まり、セントロアメリカーナ大学の学生による日本の昔遊びコーナー(けん玉、折り紙など)や浴衣の着付け体験、パナソニックによるワークショップ、また生け花や囲碁の体験コーナーもありました。軽食コーナーにはレストラン京都という寿司屋さんが巻きずしを販売していたり、牛丼や親子丼、枝豆といった日本人に馴染みのある食べ物が販売されたりしていました。日本から離れて一週間ほどでしたが、久しぶりの日本食を食べることが出来て嬉しかったです。他にも、現地の学生と折り紙や輪投げなどの日本の文化を通して交流できて楽しかったです。

 武道場では現地の方々による合気道や柔道、また日本人による居合切りをするデモンストレーション、現地の学生によるエイサーやソーラン節といった日本の伝統的な踊りを楽しむことが出来ました。

 今回このフェスティバルに参加して、ニカラグアでこんなにも日本のことが紹介されているということにとても驚きました。また、反対に、日本ではまだまだニカラグアのことが知れ渡っていないと思うので、私たちが伝えていきたいです。
 それでは、この辺で!さようなら!
  • ニカラグア日本友好公園です。大きな鳥居が目印です。
  • ヘウスはお寿司がお気に入りだったようです。
  • 折り紙を教わっています!ユリの花をなかなか上手に折ることが出来ました。

2017/03/01 18:50:00 博物館リポート:コスタリカ国立博物館

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの休日~中米観光地紹介
  • Posted byマドカ
¡Hola! こんにちは! マイ、チカ、アスカです。

今回は、国立博物館に行ってきました。国立博物館は、先日南先生がブログで紹介されていたヒスイ博物館の向かい側に建っています。お城のような外観で、きれいに整えられているという印象を受けました。

入館して最初に目にするのは、色々な種類の蝶たちです。この蝶たちは温室で飼育されていて、自由に飛び回っている所を間近で観察できます。

温室を抜けると、国立博物館の歴史の展示に移ります。19世紀頃の国立博物館の周りをとりまく歴史が写真と共に展示されていて、当時の様子がよくわかりました。

その次は、先コロンビア期の展示が行われていました。この時代の人々の日常生活の様子が、当時使われていた土器や石器、またジオラマなどを用いて説明されていました。ケースに入っていない展示物も数多くあり、細かい部分まで観察することが出来ました。

そして最後は、コスタリカの歴史についての展示でした。自分の身を挺してニカラグア軍と戦ったコスタリカの英雄、フアン・サンタマリアについて、また、コスタリカの家庭の移り変わりやコーヒー農園の歴史などが主に展示されていました。コスタリカの新たな一面を知ることが出来ました。そして、この展示は最近始まったようで、地元の学生も訪れていました。

学生といえば!受付で学生証を見せれば、本来の入場料の8ドルが半額の4ドルで入館することが出来ます。コスタリカを訪れた際には、足を運んでみてください。私たちは、次はニカラグアに移動します。

¡Hasta luego!また今度!
  • 真正面です。オレンジが印象的な建物です。
  • 先コロンビア期の展示コーナー。
  • 最近作られた展示室にあるコスタリカの英雄、フアン・サンタマリアの像。

2017/02/27 18:40:00 博物館リポート:コスタリカ中央銀行博物館

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの休日~中米観光地紹介
  • Posted byマドカ
現在コスタリカに滞在中のマティグアス調査チームですが、せっかくなので滞在中に訪れた博物館の紹介をしてもらうことになりました!

今期の学部生調査メンバーのマイ、チカ、アスカが担当してくれます。あらためまして、どうぞよろしくお願いします!

* * * * *
初めまして、今回プロジェクトに参加させていただいているマイチカアスカです。今回初めてブログを書くことになりました!ではさっそく、26日に見学したコスタリカ中央銀行博物館について書きたいと思います。

コスタリカ中央銀行博物館(現地の人は黄金博物館と呼んでいます)は、地下3階にわたり展示が行われているという珍しい博物館です。私たちは地下でさまよってしまいました。地下2階3階には、5世紀から16世紀にかけての金の装飾品が主に展示してあります。

他にもその時代に使われてきた土器も展示していました。また、レプリカを使って間近で見たり、実際に触ってみたりできるコーナーもありました。実際に土器のレプリカを触る体験をしてみると、展示物を見るだけでは分からなかった模様が分かり面白かったです。

地下1階には貨幣を展示していました。そこではコスタリカの通貨(コロン)が手作業で作られていたころから、現在のような紙幣と硬貨に移り変わるまでの歴史を知ることが出来ました。板チョコ一枚ほどの大きさの紙幣が使われていた時代もあり、びっくりしました(財布に入らないじゃないか!)。お土産コーナーには黄金をモチーフにしたアクセサリーや土器の製作キットなどが売られていて、充実していました。

こんな感じで充実した博物館見学をしてきました。
次回は国立博物館の見学について書きます!お楽しみに~~!
  • 入口です。上は広場になっています。
  • 地下2階の展示コーナーです。
  • アスカとマイでハンズオン展示を体験中。

Page top