ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2014/12/17 11:30:00 サグラリオ先生が来日されました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
お久しぶりです!ニカラグアから帰国以来の更新となりました、マドカです!
もう先月末のことになりますが、11月24日(月・祝)に京都外国語大学で国際シンポジウム「メソアメリカ考古学研究とその展望~次世代を担う日本人研究者たち~」が開催されました。
このシンポジウム開催にあたり、海外からスペシャルゲストをお呼びしました。なんと・・・「プロジェクト・マティグアス」開始以来のニカラグアでのカウンターパートである、ニカラグア国立自治大学(UNAN-Managua)のサグラリオ・バジャダレス先生です!わーい、ようこそお越しくださいました!

ここではサグラリオ先生とマドカの京都観光の様子を紹介したいと思います!パチパチ~。

1日目
京都文化博物館見学―寺町でお土産探し―鴨川を渡り祇園・花見小路~建仁寺

2日目
京都市内発掘現場見学―錦市場―金閣寺

京都文化博物館では、京都ラテンアメリカ研究所の客員研究員でもある学芸員の村野正景さんに収蔵庫を案内していただきました。過去の発掘調査で取り上げられた考古遺物や、修復の様子などを見学しました。

また、別日には京都文化博物館から徒歩5分ほどの発掘現場の見学にも行ったのですが、「こんな町の中に本当に発掘現場があるの?」と道中不安を隠せないサグラリオ先生。本当に町のど真ん中に発掘現場があり、とても驚かれていました。ニカラグアの発掘現場とは確かに様子は異なりますが、日本の発掘の様子はとても興味深かったようで、小雨の降る中、熱心に見学されていました。とくに、出土遺物を見せていただいた際に古銭があったのですが、「あら、この穴のあいたコイン、今でも使ってるわね!陶器もそうだけど、日本人は何百年も前から、同じ形、同じ質のものを使い続けているわ!すごい!」ととても感動されていました。

そのほか、建仁寺や金閣寺をはじめ、町の至るところで紅葉を満喫し、日本の四季を感じることができたのではないかな~と思います。またサグラリオ先生は遺跡の修復・保存の観点から、日本の木造建築が昔と変わらない形を維持し続けていることにも驚かれていました。まさに、京の匠の成せる業というわけですね!

滞在期間は6日間ほどと短く、京都のほんの一部しかご案内ができませんでしたが、「日本は本当にOtro mundo(別世界)ね!次はレオナルドと一緒に遊びに来たいわ!」と今回の滞在にご満足いただけたようです!レオナルド先生は、サグラリオ先生の教え子であり、今は良き相棒としていつも二人でニカラグア国内の考古学調査にあたっています。次はぜひレオナルド先生もご一緒に!

  • 金閣寺にて。シャッターを押すときの掛け声は"MI・NA・MI!"でこの笑顔です。
  • 錦市場で三色団子を購入!美味しかったですね!
  • 最後は伊丹空港でお見送り。次はニカラグアでお会いしましょう!

2014/09/05 16:30:00 マナグアに戻りました

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
マナグアへ戻りました 
 マドカさんから報告ありましたように、調査は3日の報告会にて無事に終了しました。今日から7日早朝の出発までは、調査機材の後片付け、関係機関へのご挨拶、共同研究の先生方と来年の調査についての打ち合わせなどが続きます。
 ラスベガス遺跡で調査したマウンドのトレンチは埋め戻し、来春まで冬眠(熱帯地方ですが)です。たった6日間調査しただけですが、大変興味ある遺物や遺構も発見できました。どうやら住居址ではないかと思っています。今年の11月には調査概報をニカラグアの文化庁に提出。今年度中には日本語版を出します。その結果によりますが、来年からは本格的は調査の段階に移ります。また、遺跡は思った以上に広がっていることも判明し、来年はあらためて遺跡を踏査する必要も出てきました。今年以上に多くの学生諸氏の参加を期待したいところです。
 さて、今日は一足先にマナグアへ戻られていた辻先生と一緒に、考古学の共同研究先であるニカラグア国立自治大学を訪問し、共同研究者が所属する文学部長のロバート先生にご挨拶をしてきました。ミナミが初めて大学を訪問しロバート先生にお目にかかって丸2年。先生もその成果を喜んでいただいていました。
 また。IELAKでは11月24日に中米考古学と日本人研究者をテーマとした研究講座を予定しています(国際文化資料館共催)。この記念講演に共同研究者であるサグラリオ・バジャダレス先生をご招待することになり、正式にそのお願いをしてご了解をいただきました。本学とニカラグアとの交流がますます盛んになり、ミナミとしても大変喜んでおります。
 ということで、今回の調査も大詰めとなりました。このダイアリーもそろそろお開き?いえいえIELAKの研究テーマである「アメリカ地中海文化圏研究」はこれからも続きます。引き続きニカラグアを中心にダイアリーを出し続けたいと思います。みなさん。今後ともよろしくお願いします。
  • 今年も報告会を終えてほっとしました。みなさん笑顔がステキです。
  • マウンドに設けたトレンチも埋め戻し来年2月の調査再開まで冬眠です。
  • ニカラグア国立自治大学にて右側ロバート先生、左側手前から共同研究者のレオナルド先生、サグラリオ先生、本学辻先生、マドカさん

2014/09/04 18:10:00 アディオス、マティグアス!

  • Category地域連携活動
  • Posted byマドカ
マティグアスでの現地調査を終え、本日マナグアへ戻ってきました。帰りのマイクロバスはマティグアスからマナグアまで約4時間の道のりでしたが、ほとんど爆睡だったマドカです!

昨日はマティグアス最後の晩餐ということで、カップラーメン・ソパ・マルチャンとリモナーダで乾杯をしました。日本ではマルちゃん正麺で知られるソパ・マルチャンですが、実はマティグアス調査中の晩ごはんはいつもこのカップラーメンでした。別にごはん代をケチっているわけではありません!ニカラグアに限らず、中米では一日のメインディッシュは昼食です。なのでお昼にどどーんと山盛りごはんを食べるので、夜になってもあまりお腹が空かないというわけです。またこちらのカップラーメンは、日本のような脂っこさが無く、どちらかと言うとスープ感覚で、「体にやさしいカップラーメン」といった感じです!言葉で言ってもイマイチ伝わらないかと思いますが、私たち日本人調査団は毎回とてもお世話になっているソパ・マルチャンなのです!

そして今日は朝から大忙し!
毎回現地調査の最終日には、マティグアス郡内のコミュニティリーダーを招待して現地説明会を開催しています。調査を行うだけでなく、その成果・結果を地域の人々に報告するということはとても大切なことで、この説明会を通じて地域の人々が文化遺産の保護に興味を持ってもらえるようになったり、そもそもそれらの遺産は他の誰でもなく彼ら自身の貴重な遺産であるということを知るきっかけになるのです。
昨晩から雨が降ったり止んだり不安定な天候でしたが、今朝の天気もどんより時々雨。悪天候の中、15名のコミュニティリーダーが参加してくれました。最初は難しい顔をしてプレゼンを聞いてくださるのですが、しばらくすると「私の町にも似たようなモノリートがある!」とか「おれも昔はよく地面に落ちてる動物の顔みたいな破片を拾って遊んでたけど、あれって大切なものだったんだな!」など、どんどん発言をしてくれるようになりました。現地説明会は、地域の人々との交流の場でもあり、情報収集の場でもあります。最後に参加してくれたコミュニティリーダーの皆さんで集合写真を撮って、現地説明会は無事に終了しました。

次にマティグアスを訪れるのは2月~3月の予定です。それまではしばらくアディオス、マティグアス!
  • ソパ・マルチャンいつもありがとう!それにしても、この6日間の発掘でみんな真っ黒になりました!
  • ちなみにこちらは普段の昼食。いつもワンプレートで出てきます。お米は毎日食べますが、この日はなんとお米+スパゲッティの炭水化物盛り!マドカはスパゲッティをおかわりしました。
  • ウノ、ドス、トレス!

2014/09/02 14:50:00 発掘調査、本日で終了(寂しい)!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
ティエラブランカ村にもやっと馴染んできたと思ったのに、本日で発掘調査最終日を迎えてしまい早くも発掘現場が恋しいマドカですこんにちは!

遺跡への出発時と帰りにティエラブランカ村のメインストリートを通るのですが、通り際に「¡Buenos días!(おはよう)」や「¡Adiós!(さようなら)」と声をかけながら手を振ると、笑顔で手を振りかえしてくれるようになりました。先日小学校からの見学もあったせいか、去り際に子どもたちが「マドカ!」と声をかけてくれた時は本当に嬉しかったです!マティグアスからティエラブランカ村を往復するバスがあるのですが、一日に数えるほどしかないそうで、最近は遺跡からマティグアスへ帰る際に私たちの車へ乗りこんできてくれる人も現れました。今後も少しずつでいいので、村の方々とお近づきになれたらいいなと願っています。

発掘現場での調査を終えてホテルに戻ったのは午後2時前頃でしたが、ホテルに着く頃にはどしゃぶりの雷雨!ニカラグアは現在雨季なので午後に雨が降ることはめずらしいことではないのですが、困ったことにその後町まるごと停電になってしまいました。いつもなら数分程度で復活するはずが、今日の停電は夜の8時頃まで続きました。今日中に終わらせなければならない作業があったので、懐中電灯や携帯電話のライトを持ち寄り照らしながら、作業を続行!どうにか終えることができました。町の方々はやはり停電には慣れているようで、特に慌てる様子も困る様子もなく(ミナミ先生とマドカもどちらかというとこちら側)過ごしていました。

さて、調査自体はあと数日続きますが、発掘調査は本日で終了しました。ここで今回調査に参加してくれている石川さんと藤田さんの調査の感想文を書いてもらいましたので掲載します。

****************************
石川麻衣さん(京都外国語大学英米語学科4年生)
はじめての発掘調査ということで、ドキドキしながら実家を出たものの、飛行機トラブルにより現地入りが遅れるという波乱の幕開け。しかし、現場に入り土を掘りはじめると、これが面白い!土の中からモノを発見することがこれほど面白いとは思いませんでした。初めて自らの手で土の中から掘り出したのは小さな土器の欠片。発掘調査をしているという実感が湧き、感動したのを思い出します。その後も夢中でトレンチを掘り進め、腰を痛めるという残念な結果になってしまいましたが、この発掘調査を通して非常に充実した日々を過ごすことができました。また、毎朝発掘現場へ向かうあいだ目にする大自然のパノラマ、食堂のおばちゃんが作ってくれるニカラグア料理、挨拶の飛び交う毎日…ニカラグアという国を満喫でき大変満足しています。南先生、植村さんをはじめとし、お世話になった方々全員に感謝しています。素晴らしい経験をさせて頂きありがとうございました。私の人生における宝物です。

藤田みつきさん(京都外国語大学ドイツ語学科3年生)
6日間という短い期間での発掘調査ということでしたが、私自身初めてだったので、すごく新鮮で勉強になることが多くありました。そもそも私は、考古学なんて専攻していたわけではないですが、やはり発掘して遺物が出土すれば面白いと感じれるし、そこからこの地はどういう所であったのかと考えることが楽しかったです。この発掘調査中いろんな現地の方々に出会いました。私はスペイン語を話せないので、大勢の人に迷惑をかけましたが、それでも優しくして頂き、偶に観光につれていってくれたり、昼食をご馳走して頂いたりと大変感謝しています。絶対この機会にニカラグアに来なければ、体験できなかったことばかりでした。私にとって大変貴重な体験でありました。ニカラグアの滞在が残り少なくなってきていますが、残りの期間もめいいっぱい楽しもうと思います。
****************************

石川さん、藤田さん、今日までの発掘調査お疲れさまでした!お二人にとって今回が人生初の発掘調査となりましたが、発掘だけでなくニカラグアの文化や生活に触れて、様々なことを経験し、学んだのではないかと思います。調査もいよいよ終盤、明日はホテルに留まり遺物の洗浄です。もうひと踏ん張り、頑張りましょう!
  • ティエラブランカ村のメインストリート
  • 藤田さん(左)、石川さん(右)、発掘調査お疲れさまでした!

2014/09/01 16:00:00 仲間

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
訪問者
 後半の3日間が始まっています。
 さて、マティグアスのホテルからティエラブランカ村のはずれにある遺跡までは、車で向かいます。調査機材とメンバー6名が乗るのと川を越えないといけないので、四駆ピックアップトラックを借りています。途中はサファリパーク状態。昨日は牛の群れが立ちはだかりました。
 連日、見学者があるのですが、昨日はヨーロッパにベースをもつ考古学による地域開発を行なうNGOのグループが見学にきました。マティグアス郡の隣の郡の「トゥーマラダリア」というところで、私たちと同じように遺跡を中心にコミュニティミュージアムを作ろうとしているそうです。プロジェクトマティグアスのことを聞きつけて来てくれました。お互いに協力しあえるところがありそうです。来春は一度見学に行くことにしました。
 仲間同士で記念撮影です。左から本学の石川さん、マドカ(調査主任植村)さん、NGOからベルギー、フィンランド、スペイン人メンバー、そして本学の藤田さんと私たちのカウンターパートでもある地元NGOの代表。なんとインターナショナル(ちょっと古い?)な光景でしょう。ニカラグアの山中の田舎でも、こうした若者が頑張っているのです!がんばれ若造!!!う~ん、それにしても日本語だけはミナミだけ・・・。
 いよいよ明日が発掘最終日です。頑張りましょう。
  • 天然サファリパーク
  • 仲間

Page top