ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2015/04/21 14:40:00 プロジェクト・マティグアス調査ミーティングやってます!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
いつもお久しぶりのマドカです!
4月に入ってからというもの、何かと雨続きですが、雨の日ってなんだか外に出るのが億劫になりませんか?私はスニーカーで外出して靴や靴下が濡れてしまうのが嫌なので、雨が降っているだけで外出するのが嫌になってしまいます。

そんな時!

マドカ流・雨の日の過ごし方は…

ビーチサンダル!!!

そう、濡れるのが嫌なら最初から履かなければいいじゃない!ということなのです。昔友人に「ビーチサンダルって、ビーチで履くからビーチサンダルって言うんやで」と憐みの目を向けられましたが、そんな眼差しにへこたれない精神を持っている人は、ぜひ雨の日ビーサンを実践してみてくださいね!

さて、前置きが長くなりましたが、昨日ニカラグア調査ミーティングを行いました。18時半頃から京都外大コンパーニョに集まり、議題は、先日4月12日に開催された第39回京都メソアメリカ考古学研究会で出た意見・アドバイスのまとめと、今後の調査方針の見直しでした。今回の春期調査参加の藤村くん、小川くん、川端くんに加え、昨年夏期に参加してくれていたメンバーの藤田さんも参加してくれました。

3月に帰国してから、実は何度もこのような形でミーティングを行っています。これは、調査を南先生に任せるのではなく、各自が調査の目的や方法をしっかり理解して調査に臨むためであり、またこれまでに参加してくれた人には、今後も継続されるマティグアスでの調査の動向を知ってもらう機会をつくりたいという意味があります。今までの調査に参加してくれた人も、現在調査に携わってくれている人も、みんながプロジェクト・マティグアスのメンバーです!考古学調査は一人で行うことはできません。これからも協力し合って頑張っていきましょう。私自身もまだまだ勉強中ですが、もっと頼れる調査主任になれるよう頑張ります!
  • ミーティング開始!お師匠ミナミはメキシカンチップスが大好きなのです。

2015/04/12 15:10:00 第39回京都メソアメリカ考古学研究会で発表しています

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 3月13日にニカラグアから帰国しましたが、あっという間に1か月が過ぎてしまいました。マティグアスでの調査が夢のような・・・。ミナミです。
 ミナミが代表するIFMA(NPO法人フィールドミュージアム文化研究所)が主催する「京都メソアメリカ考古学研究会」の第39回研究会(4月12日)にて、プロジェクト・マティグアスの春の調査の成果を藤村君、小川君、川端君から報告してもらっています。
 京都市の馬瀬さん、京都文化博物館の村野さんの厳しい目が・・・・。がんばれ!若造!!!
  • ああ、聞いていられない・・・。

2015/03/11 15:50:00 日本へ~ブルーフィールズ訪問~

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byミナミ
 みなさんこんにちは(こんばんわ)
 私ミナミもいよいよ明日マナグアを離れて日本へ向かいます。昨日、IELAKで計画している「アメリカ地中海文化圏」における共同調査の下見に行っていたカリブ海ブルーフィールズから戻りました。今日は大使館挨拶、UNANの先生方と8月の予定などの打ち合わせを済ませこれで今期の予定をすべて終了ということになります。ふう。
 今期のニカラグアダイアリーお楽しみいただけたでしょうか?途中、マドカが行方不明になるという事態?にもめげず調査は順調に進めることができました。新しい仲間も加わり楽しい現場でした。その様子が少しでも皆さんに伝わったでしょうか。今度はぜひ「あなた!」も一緒に!
 さて、ということでこのニカラグアから最後のブログは、ブルーフィールズを紹介します。
 ブルーフィールズは、隠れた川「Río Escondido」の河口、カリブ海に張り出す潟の内側にある「陸の孤島」です。つまり、車でアクセスできるような陸路はありません。マナグアからはEl Ramaまでで、そこからはボートになります。後は飛行機。もともとはオランダ人によって作られた町ですがやがて英国の主導権となります。もともと住んでいたRAMAなどの先住民に加えて、アフリカから連れてこられた黒人奴隷の子孫、ヨーロッパ系、メスティーソなどさまざまな顔つき、身体つきの人々が暮らしています。
 さて、こんなところにも「日本人」(実際に出演されたそうです)。この町のただ一人の日本人、バレーラ由美子さんにお目にかかりました。東京ご出身で大学は上智大学。青年海外協力隊員や大使館の調査員などを勤められ、現在はご主人がブルーフィールズにある大学URACANに勤務されているためこの町に一人息子さんと3人でお住まいだそうです。20年近くニカラグアに関わっておられるとのこと。今後IELAKでの研究にもいろいろとお手伝いいただけるのではないかと思うところです。
 少し町を歩いてみましたが町の建物も植民地の時代を思わせるような雰囲気を残しています。木造建築ということもあるのでしょうね(国際文化資料館のブログでとりあげた博物館を参照してください)。黒人系、先住民系、ヨーロッパ系さまざまな人々に混ざって欧米人もちらほら。カリブ海に浮かぶリゾートであるコーン島に船で向かうバックパッカーが多いようです(多くは飛行機で直接コーン島へ)。一方、このあたりは麻薬の密輸ルートにもあるらしく空港も麻薬犬がいつもいるなど町もそうした裏の世界があるのだろうと感じました。
 今回は下見ということでとくに何かを目的していたわけではありませんが、もう一つの大学BICUの研究センター長先生から現地情報をいろいろ聞かせていただきました。IELAKの先生方にも報告し今後の共同研究の参考にしたいと思います。
 そうそう、時間が少しあったので小舟で湾を横断しカリブ海との間の砂帯にあるEL BULLFという町まで行ってきました。カリブ海にタッチしてきましたが、波がはげしくカリブ=リゾートというイメージは全くありません。かつては沖に停泊した帆船から小舟で上陸するため(内側の湾へ入る)にしばしば犠牲を出したという荒れ狂う海でした。湾の内側から見た静かな海と日の出、夜の月の風景はまた機会がありましたら紹介します。
 さあ、ニカラグア滞在も後、わずかとなりました。現地からのニカラグアダイアリーはこれにて終了します。また、日本で会いましょう。
  • 空からみたブルーフィールズの町。向こう側に川が見えます。
  • いろいろとおもしろいお話を聞かせていただきありがとうございました(左側:名古屋大学伊藤先生)
  • ブルーフィールズからEL BULFFに向かう渡し舟の港です。

2015/03/09 20:10:00 今期の発掘調査が終了しました

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
 マドカ発見!いやあ、よかった!よかった!・・・というのはまあ冗談でありまして、マドカからも連絡がありましたように、今回は私の研究仲間である筑波大学の松井先生へのお手伝いということで、ペルーのナスカへ行ってもらいました。彼女にとってペルーは第2の故郷のようですので楽しい時間を過ごしたことと思います。一方、調査は遺跡の保存修復、環境調査という考古学とはまた違う分野の調査ですし、相手は世界遺産。さぞ緊張したことと思います。お疲れさまでした。
 さて、そうこうしている間に、今期のラスベガス遺跡での発掘調査も無事に終了しました。昨年よりも試掘坑を拡張し、トレンチ状に掘り下げることができました。この時点で集石が2か所ありそうです。これからの精査が楽しみです。8月ですね。また、ティエラブランカ村の中に準備している調査基地も8月にはなんとか整備が間に合うのではないかと思っています。
 今回は、日本から京都外国語大学と同志社大学計3名の学生さんに加えて、ニカラグア国立自治大学の学生さん3名も加わり、大変楽しい現場でした。植村さんが抜けた後も、まだまだつたないスペイン語ですが、身振り手振り、なんとか意思疎通をはかっていたのが印象的でした。言語だけではなく気持ちというか心というか、そういう姿勢、意思が大切だということをあらためて確認したところです。言語を通した世界の平和を!という本学の理念を実感できたことと思います。みなさんお疲れさまでした。
 さて、私ミナミはどこにいるか?決して行方不明になっているわけではありません。今は、カリブ海側のブルーフィールズという町におります。ここの話はまた次回に!
  • キラグア山系の山並みを背景にマウンド1の発掘調査が進みます。どうですか!みなさん、いいところでしょう。ぜひ次回はご一緒に!
  • マウンド1に設けたトレンチの発掘終了時の様子です。今の時点で手前(マウンド頂部)と向こう側(裾部)に石の集まりが見えています。もう少し精査ができれば明確な遺構になることを期待しています。
  • 今期の調査メンバーです。植村さんがいないのが残念。毎日車で私たちを運んでくれたシルビオ君(右端)もすっかり調査メンバーの一員です。

2015/03/05 13:50:00 マドカが発見されました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさんどうもお久しぶりです!長らく行方不明だったマドカです!さあ私はニカラグアの発掘を途中で抜け出し、一体どこにいたのでしょうか・・・?!

正解は・・・南米ペルー共和国!!!
私のお師匠ミナミがニカラグアに到着して間もなく、私はペルーに旅立っておりました。
そして何をしていたかというと・・・今回はお師匠ミナミの元を離れて、筑波大学の保存科学をご専門とされる松井敏也先生に同行し、ナスカの地上絵の環境調査をしていました!

初めてペルーを訪れたのは、学部時代の1年留学の時だったので、今回は人生2度目のペルー訪問となりました。空港を出た時のリマの香りや、毎日バスで通学した大通りなど、懐かしく思える場所がたくさんあって、「あ~久しぶりに帰ってきたなぁ」という里帰りのような気持ちでした。私が考古学を本格体に勉強したいと思うようになったのもペルー留学時代のことです。第二の故郷であるペルーで、このような調査に携わることが出来て本当に嬉しく思います!ナスカ調査のことは、また機会があれば紹介したいと思います。

さて、マティグアスでの調査も無事に終了したとのことですが、今回の調査参加メンバーの紹介がまだでしたね!ここでニカラグア国立自治大学からの参加メンバー3名を紹介したいと思います!

まずは考古学専攻のヘウスくんとグレーテルさん。彼らはサグラリオ先生とレオナルド先生のもとで考古学を学んでおり、発掘や踏査などの経験も豊富で、今回の発掘でも即戦力となりました。
もう一人はアルベルトくん。彼は今回人類学専攻学生ということで調査に呼ばれましたが、もともとは美容師やメイクアップアーティストなどの美容系のお仕事をされていたそう。発掘以外でも突然歌ったり踊ったりして、現場のムードメーカー的存在でした。

今回はニカラグアの学生も調査に参加して、とても楽しい現場だったので、途中で現場を離れるのは正直寂しかったですが・・・ペルーでも新しい出会いや経験、勉強が出来て有意義な滞在になったと思っています!

私は一足お先に帰国しますが、ニカラグアのみなさん、今回も調査お疲れ様でした!調査後半の報告を楽しみにしています!
  • ナスカの地上絵にて。松井先生とマドカのデビューです!
  • ペルーといえば・・・インカコーラ!マドカはインカコーラが大好きです。

Page top