ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2015/08/06 06:40:00 波乱の幕開け~2015年夏

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted by館長
 みなさんご無沙汰です。南です。
 あ~という間に春学期も終わり8月夏休みが始まりました。そして、プロジェクト・マティグアス2015年夏期調査は波乱の幕開けとなりました。
 今年のニカラグア調査は少々複雑です。パート1は、今季初めて参加いただくIELAK研究所の住田先生の文化人類学調査がカリブ海側で行うということで、8月5日~9日でブルーフィールズへ。パート2は、調査メンバーそれぞれが単独行動し、8月22日からパート3としてマティグアスで考古学調査を行ないます。
 さて、南は初参加のスペイン語学科2年生のKANADAさんを伴って8月4日に出発し、同日マナグアでそれぞれ出発した辻先生、住田先生ご夫妻、まどかと合流。5日にブルーフィールズへ行く予定でした。しかしさすが中米、いやいやさすが米国・・・。そうは簡単にはいきません。まずのっけから成田からヒューストンへいくUA6便が機材到着遅れで2時間出発が送れ、米国入国も1時間かかったにも関わらずなんとか間に合ったのは、ヒューストンからマナグアへ行く便が1時間遅れたおかげという、なんとも喜んでいいのか怒っていいのか(怒ることはないか)。ヒューストンで住田先生と待ち合わせだったので、先生もご心配をおかけしましたが安堵しました。
 しか~し、これで簡単に終わらせてくれる国々ではありません。マナグア空港で私のバッグが出ない!ロストバッグ。これで2年連続なんですよ~。ユナイテッド大丈夫ですか!関係者おられましたらぜひ検討ください。だって、KANADAさんのバッグは到着しているわけですから。ああ~。
 さらにさらに、5日ブルーフィールズへ行くラ・コスティーニャ航空がこれまた食わせ物で、な~んと私だけのチケットがない!住田先生ご夫妻、まどかにKANADAさんの4人はあるのに、これって嫌がらせでしょうか。ということで先ほど4人はブルーフィールズへ。
 さらにさらにさらに、私は深~い事情があって7日にはマナグアを出て日本へ。そういうことで私はホテルでそのための仕事だあ~と思ってたら、「今日は部屋が満室で・・・」。はぁ~とほほ~。
 さあ、波乱の幕開けとなった今年夏の調査はどのような結果になるのでしょうか。乞うご期待!(今晩、どこで寝よ???)
 
  • そう思えばなぜか不気味なUA6便トリプル7
  • KANADAさんのバッグが無事届いたのはかつ丼セット食べたから!?
  • ホテルCOLIBRIで打ち合わせ

2015/05/17 08:50:00 ニカラグアとのより深いつながりを求めて

  • Category地域連携活動
  • Posted by
 みなさん。ご無沙汰です。南です。
 10日からニカラグアとエルサルバドルを回っています。本学と両国の大学との連携を深めるための旅です。
 とくにニカラグアでは、協定校のカトリック大学に加えて、プロジェクト・マティグアスでお世話になっているニカラグア国立自治大学も今回本学とパートナーシップ校としてさらに一歩踏み込んだ交流が始められそうです。これもプロジェクト・マティグアスでの地道な交流の成果だと思っています。「掘れ惚れ、ニカラグアDiary」を応援いただいているみなさまのおかげでもあります。プロジェクトを代表し心から感謝申し上げます。また、夏に向けて調査準備も進めていますよ。楽しみにしていてください。
 また、カトリック大学とはいよいよ「ボアコ県コーヒーと蜂蜜製造支援プロジェクト」が始まりそうです。考古学が直接かかわることは今のところありませんが、ここでもフィールドミュージアムの視点で両校の学生諸君と一緒に地域の課題発見、解決に向けた活動を始めたいと思います。近いうちに「KUFSブランド~オーガニックコーヒーボアコ」と「kufsブランド~オーガニックコーヒー蜂蜜」が大学で販売されることを期待しています。みんなで売って、買って、味わって、ニカラグアの生産者の方々を支援し地域の活性化をお手伝いできるようになればいいですね。
 このブログもますます活発になるようにがんばります。引き続き応援してください。
 それではぼちぼち帰路に着きます。
  • みなさんのおかげでプロジェクト・マティグアスも順調に進んでいます。
  • ボアコ県でのプロジェクトについてのプレゼンを聞いています。
  • 本学から奥村君がUNICAに留学しています。カフェを案内いただきました。価格はコロン。4.4円かけてください。

2015/05/10 15:00:00 呼ばれて!飛び出て!ニカラグア渡航!?

  • Category地域連携活動
  • Posted byマドカ
皆さんこんにちは!
今、お師匠ミナミと私は成田空港におります!

さてどこに行くのでしょうか?それはもちろん・・・ニカラグアでーす\(^o^)/

今回の渡航は1週間と短いのですが、また現地からも更新できればと思っておりますので、更新をお楽しみに!

GW中に急に決まった渡航だったので、現地との予定の調整や書類作りなどに追われ、お師匠も私も昨日は徹夜で荷造り・・・空港で合流してからというものお互いにぼーーーっとしていることがかったですが、お昼に丼を食べてちょっと元気になってきました。

まもなく搭乗!相変わらずの弾丸渡航ですが、頑張ってきまーす\(^o^)/
  • 伊丹で合流して、まずは羽田へ。
  • 「親子丼、けっこう量あるなぁ〜」
  • 親子丼を食べて復活‼︎搭乗直前までバリバリお仕事されるそうです!でもやっぱりちょっと眠いらしい。

2015/04/21 14:40:00 プロジェクト・マティグアス調査ミーティングやってます!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
いつもお久しぶりのマドカです!
4月に入ってからというもの、何かと雨続きですが、雨の日ってなんだか外に出るのが億劫になりませんか?私はスニーカーで外出して靴や靴下が濡れてしまうのが嫌なので、雨が降っているだけで外出するのが嫌になってしまいます。

そんな時!

マドカ流・雨の日の過ごし方は…

ビーチサンダル!!!

そう、濡れるのが嫌なら最初から履かなければいいじゃない!ということなのです。昔友人に「ビーチサンダルって、ビーチで履くからビーチサンダルって言うんやで」と憐みの目を向けられましたが、そんな眼差しにへこたれない精神を持っている人は、ぜひ雨の日ビーサンを実践してみてくださいね!

さて、前置きが長くなりましたが、昨日ニカラグア調査ミーティングを行いました。18時半頃から京都外大コンパーニョに集まり、議題は、先日4月12日に開催された第39回京都メソアメリカ考古学研究会で出た意見・アドバイスのまとめと、今後の調査方針の見直しでした。今回の春期調査参加の藤村くん、小川くん、川端くんに加え、昨年夏期に参加してくれていたメンバーの藤田さんも参加してくれました。

3月に帰国してから、実は何度もこのような形でミーティングを行っています。これは、調査を南先生に任せるのではなく、各自が調査の目的や方法をしっかり理解して調査に臨むためであり、またこれまでに参加してくれた人には、今後も継続されるマティグアスでの調査の動向を知ってもらう機会をつくりたいという意味があります。今までの調査に参加してくれた人も、現在調査に携わってくれている人も、みんながプロジェクト・マティグアスのメンバーです!考古学調査は一人で行うことはできません。これからも協力し合って頑張っていきましょう。私自身もまだまだ勉強中ですが、もっと頼れる調査主任になれるよう頑張ります!
  • ミーティング開始!お師匠ミナミはメキシカンチップスが大好きなのです。

2015/04/12 15:10:00 第39回京都メソアメリカ考古学研究会で発表しています

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 3月13日にニカラグアから帰国しましたが、あっという間に1か月が過ぎてしまいました。マティグアスでの調査が夢のような・・・。ミナミです。
 ミナミが代表するIFMA(NPO法人フィールドミュージアム文化研究所)が主催する「京都メソアメリカ考古学研究会」の第39回研究会(4月12日)にて、プロジェクト・マティグアスの春の調査の成果を藤村君、小川君、川端君から報告してもらっています。
 京都市の馬瀬さん、京都文化博物館の村野さんの厳しい目が・・・・。がんばれ!若造!!!
  • ああ、聞いていられない・・・。

Page top