ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2015/09/08 12:00:00 ティエラブランカ村小学校、教材贈呈式のその後のお話

  • Category地域連携活動
  • Posted byマドカ
毎日の現場作業で日に日にこんがり焼けてきたマドカですこんにちは!

突然ですが、皆さま覚えておられますでしょうか?前回の2月の調査時にティエラブランカ村の小学校で教材贈呈式を行ったことを・・・!「覚えてない!」「そもそも知らない!」そんなあなたはコチラをご覧ください。

実は前回の贈呈式で教科書と一緒に贈呈するはずだった、日本から郵送した鉛筆やノートなどの筆記用具が予定期間内に届かず、贈呈見送りになっていたのです。先日のことになりますが、遅れて届いた物資を小学校に届けてきました。

小学校で教育支援の窓口をしてくださっているホセ先生に2月に贈呈した教科書などの活用状況について伺ったところ、とてもいいお話が聞けましたのでご紹介したいと思います!

先日、マティグアスの町の小学生を対象として朗読大会があり、10校の代表者が競う中、なんとティエラブランカ小学校の児童が優勝したそうです。
その理由として、2月に贈呈したたくさんの教科書や絵本を小学校が所有していたことにより、児童が自宅に持ち帰ったり、学校で先生と練習するなど常に練習できる環境にあったからだとホセ先生はおっしゃっていました。他の小学校には独自に所蔵がないため、大きな差が出たのだということです。

今回優勝したエリックくんはより大きな朗読大会に出場する予定だそうです。2月に贈呈した教科書は丁寧に本棚にしまわれていたり、教材のポスターはすぐ使えるように壁に掛けられていたり、先生方の教育に対する非常に熱心な姿勢もうかがえました。きっと児童のみんなも熱心に勉強してくれているのだと思います。今回早速資材贈呈の結果が出たことをとても嬉しく思います!
  • 教材の内容と使い方を確認しているホセ先生(写真右)
  • 朗読会で優勝したエリックくん!おめでとう!
  • お気に入りの絵本「3匹のこぶた」を朗読してくれました!

2015/09/06 13:40:00 プロジェクト・マティグアスの食事事情

  • Category地域連携活動
  • Posted byマドカ
ブエナス・タルデス(こんにちは)!今日も虫刺されで足がかゆくてたまらないマドカです。今日はお昼ご飯の風景をご紹介したいと思います!私たちは毎日どんな料理を食べているのでしょうか!?

ミナミ先生からも紹介があったように、今回からはティエラブランカ村にあるオランドさんのお宅で昼食を作ってもらうことにしました。ということで今日はニカラグアならぬプロジェクト・マティグアスの食事事情について紹介したいと思います!

お米やサラダ油など主要なものはマナグアで買い付け、その他の野菜や肉類などの食材は毎朝マティグアスのメルカドに寄って購入しています。オランドさん宅には冷蔵庫がないので、特に肉類は毎朝メルカドで買ったものをオランドさん宅に預けて調査に向かっています。

お料理を作ってくれているのは、このお家にお住まいのレイナさんです。お料理の腕はなかなかのもので、毎日美味しい料理をふるまってくださっています。ありがとう、レイナさん!
  • ニカラグアの主食はお米。ひき肉、トマトサラダとも相性抜群!
  • この日の料理はソパ・デ・ポジョ(鶏のスープ)。大きなお鍋ですがもちろんみんなで完食です!
  • いつも美味しい料理を作ってくれるレイナさんです!

2015/09/05 14:10:00 マティグアスの大学で講演会開催!

  • Category地域連携活動
  • Posted byマドカ
日に日にこんがり焼けてきたマドカですこんにちは!
今日はホテルで室内作業の予定でしたが、マティグアスの大学からプロジェクト・マティグアスに関する講演のオファーがあったため、予定を変更して大学で講演会を開催しました。

マティグアスにあるマルティン・ルテーロ大学(Universidad de Martín Lutero)は、平日は小学校として解放され、土曜日に大学の授業が行われているそうです。今回は、大学の先生が本プロジェクトのことを知り、この講演会を企画してくださいました。マティグアスの町でも少しずつ私たちのことを認識してくれるようになってきているようです!

また、この大学へはマティグアスだけでなく、リオ・ブランコやパンカサンなどの近隣の地区からも学生が通っているそうで、マタガルパ県に広く分布している考古学の遺跡や遺産に関する知識を伝える良い機会になったのではないかと思います。

  • 学会に続き今回も緊張気味。分かりやすいスペイン語を心がけました。
  • 会場いっぱいの学生さんが出席してくれました。

2015/09/04 14:10:00 ミナミ先生、アディオス!?

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
なんと先日ブログでミナミ先生の現場入りをご報告したばかりでしたが、マティグアス滞在約1週間、もう出発の日がやってきてしまいました。

ミナミ先生今期最後の現場は曇り時々スコール。途中で何度か木の下で雨宿りをしながらの現場作業になりました。雨あがりには太陽の周りに虹が!きれいですね~(裸眼で太陽を見てはいけませんよ!私はバニにサングラスを借りました)。

マナグアまでは貸切タクシーで。レオナルド先生も用事があるらしく同乗しましたが、明日にはバスでマティグアスまで戻ってくるそうです。

ミナミ先生、現場はマドカとミオにお任せください!アディオ~ス!
  • スコールの後に出た綺麗なまんまるの虹。これでミナミ先生の空の旅も安心・安全!
  • ミナミ先生、レオナルド先生、アディオ~ス!

2015/09/04 04:20:00 2015年夏期、調査メンバー紹介!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
南先生ようこそマティグアスへ!首をなが~くして到着をお待ちしておりました!それでは全員揃ったところで、今期の調査メンバーを紹介いたします!

まずは日本組から。今期は京都外大からは1名の学生さんを迎えています。スペイン語学科2年生のMIOさん、意外にも本プロジェクトでスペイン語学科の学生さんを迎えるのはこれが初めて。毎回日本から参加する学生さんは”スペイン語”という語学の壁にぶつかってしまいますが、彼女の場合は語学の壁は早々にクリアしたようです。ニカラグアでの生活もだいぶ慣れてきたかな?

さて続いてはニカラグア組の紹介です。今期はサグラリオ先生、レオナルド先生に加えて、UNAN大学から2名の学生さんヘウスとバニ、さらにUNAN卒業生のグレーテルが参加してくれています。ヘウスとグレーテルは今年の春期調査にも参加してくれていたので、また一緒に調査ができてうれしいです。

ちなみに、写真のシルビオさんは、マティグアスの町から遺跡までの送迎をしてくれている運転手さんです。シルビオさんともかれこれ1年くらいの付き合いになるでしょうか。発掘にも興味があるようで、発掘を見学しながら私たちと遺跡に留まることもしばしば。

というわけで!今期も新しいメンバーを迎え、プロジェクト・マティグアス毎日楽しく元気に活動しています!
  • 左からグレーテル、サグラリオ先生、レオナルド先生、ヘウス、シルビオさん。続いて右からミナミ先生、MIO、バニ。オランドさん宅で昼食です。
  • 今期初参加のバニ。動物が大好きだそうです。将来は動物考古学を勉強したいんだとか!

Page top