ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2015/09/04 14:10:00 ミナミ先生、アディオス!?

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
なんと先日ブログでミナミ先生の現場入りをご報告したばかりでしたが、マティグアス滞在約1週間、もう出発の日がやってきてしまいました。

ミナミ先生今期最後の現場は曇り時々スコール。途中で何度か木の下で雨宿りをしながらの現場作業になりました。雨あがりには太陽の周りに虹が!きれいですね~(裸眼で太陽を見てはいけませんよ!私はバニにサングラスを借りました)。

マナグアまでは貸切タクシーで。レオナルド先生も用事があるらしく同乗しましたが、明日にはバスでマティグアスまで戻ってくるそうです。

ミナミ先生、現場はマドカとミオにお任せください!アディオ~ス!
  • スコールの後に出た綺麗なまんまるの虹。これでミナミ先生の空の旅も安心・安全!
  • ミナミ先生、レオナルド先生、アディオ~ス!

2015/09/04 04:20:00 2015年夏期、調査メンバー紹介!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
南先生ようこそマティグアスへ!首をなが~くして到着をお待ちしておりました!それでは全員揃ったところで、今期の調査メンバーを紹介いたします!

まずは日本組から。今期は京都外大からは1名の学生さんを迎えています。スペイン語学科2年生のMIOさん、意外にも本プロジェクトでスペイン語学科の学生さんを迎えるのはこれが初めて。毎回日本から参加する学生さんは”スペイン語”という語学の壁にぶつかってしまいますが、彼女の場合は語学の壁は早々にクリアしたようです。ニカラグアでの生活もだいぶ慣れてきたかな?

さて続いてはニカラグア組の紹介です。今期はサグラリオ先生、レオナルド先生に加えて、UNAN大学から2名の学生さんヘウスとバニ、さらにUNAN卒業生のグレーテルが参加してくれています。ヘウスとグレーテルは今年の春期調査にも参加してくれていたので、また一緒に調査ができてうれしいです。

ちなみに、写真のシルビオさんは、マティグアスの町から遺跡までの送迎をしてくれている運転手さんです。シルビオさんともかれこれ1年くらいの付き合いになるでしょうか。発掘にも興味があるようで、発掘を見学しながら私たちと遺跡に留まることもしばしば。

というわけで!今期も新しいメンバーを迎え、プロジェクト・マティグアス毎日楽しく元気に活動しています!
  • 左からグレーテル、サグラリオ先生、レオナルド先生、ヘウス、シルビオさん。続いて右からミナミ先生、MIO、バニ。オランドさん宅で昼食です。
  • 今期初参加のバニ。動物が大好きだそうです。将来は動物考古学を勉強したいんだとか!

2015/09/03 18:30:00 ようやく発掘へ合流

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
 MADOKA!ごめん、ごめん。すっかり遅くなりました。いやあ~間違えてウズベキスタン行の飛行機に乗っちまいました!あっはっは~(笑)
 「掘れ惚れニカラグアDiary」ファン(そのようなご奇特な方がおいでになるかどうかはわかりませんが)のみなさま。私の不在中、調査主任のMADOKAをお助けいただきありがとうございました。8月28日朝に京都を出発。マナグア一泊で約48時間、現地29日午後にマティグアスに到着しました。パート1のニカラグアのカリブ海側ブルーフィールズ調査に向けての3泊4日弾丸調査から約3週間・・・。いろいろな意味で今年はマティグアスが遠かったなあと思い返しているところです。
 そして、30日から早速調査に合流。ようやく私の短い夏の調査パート3が始まりました。今期のラスベガス遺跡発掘調査は3週間を予定していますが、私が参加するのは真ん中の1週間ということで、恒例の調査報告会はMADOKAと新人KANADAさん(これからはMIO)に任せることになります。今回は、遺跡のあるティエラブランカ村の住民の方々を対象とするということで、できれば私も参加したいのですが大学の公務のため断念しました。プロジェクトの今後を占う上で大変重要な報告会となります。お二人さん!UNANサグラリオ先生、レオナルド先生、ANIDESのグロリアさんのアドバイスを受け、またUNAN学生さんに手伝ってもらってしっかりがんばってくさいね。
 ところで、今回ティエラブランカ村のはずれのオランドさん宅での調査ベース整備作業が進んだこともあって、調査メンバーは試験的に宿泊をしてくれました。寝室(窓ができた)や台所、トイレなどはずいぶん改善されましたが、ベッドなどの家具類がないということ、電気がまだ十分ではなく、またネット環境も悪いということで本格的な利用は来年度にまわすことにしました。
ただ、せっかく村の方々ともお近づきになれる機会ということで、昼食はオランドさんの家で準備いただき家の前庭で食べることにしたようです。材料は朝メルカードで買って持っていくということで、こちらの希望にあわせて調理してもらいます。いい判断だと思います。私も早速、家庭料理をいただきました。おいしいですよ~。
 さあ肝心の調査ですが、思わぬ展開となってきました。マウンド裾部で石列が確認されどうやらこのマウンドは平面四角である可能性が出てきました。また、頂部ではかなり大きな石の集中がみられます。これが何かは今後の調査にご期待ください。
 私が参加するのは今週金曜日まで。できるだけがんばって調査に貢献したいと思います。
 それではまた。
  • 木陰で休憩。少々バテております。
  • 着々と整備が進む?調査基地
  • マウンド頂部の調査風景。大きな石がごろごろと。

2015/08/30 15:20:00 発掘現場に出没する動物紹介!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
発掘も順調に進んでいますが、ここで発掘現場に出没した動物たちを紹介したいと思います!

まずは発掘2日目に岩の隙間から出てきたトカゲ。毒はないそうですが、なんだかアヤシイ色をしていました。見た目は可愛らしいですが、うかつに触るのは危険です。

続いて本日の発掘調査中に岩の隙間から出てきたヘビ。これは毒ヘビだそうで、危険だということから駆除しましたが、ヘビは動きが非常に素早く、一同も思わず冷や汗でした。駆除した後は近くに穴を掘って埋めました。これからも私たちの発掘を見守ってください~。

3枚目の写真はなんと野生のアルマジロ!通りすがりの村人のおじさんたちが見せに来てくれました。日本では動物園でしか見ることのできないアルマジロですが、こんな間近で見られるなんて思いませんでした!見かけによらず、やわらかい・・・!ちなみにこちらのアルマジロは食用らしく、町に売られてスープになるそうです。。。美味しいのかな?

これらの他にも、カエルやサソリなどもよく出没しています。サソリは石の底に潜んでいることが多く、毒があるのでうかつに石を手で持つのは危険だったりします。また、モノコンゴと呼ばれるサルも生息しているらしく、発掘現場には野太い鳴き声が頻繁に響いています。まだお目にかかったことはありませんが、いつか見てみたいなぁと思います。

モノコンゴを目撃した暁には、ぜひこちらのブログで紹介したいと思います!
それではみなさん、Hasta luego!
  • 発掘現場の岩の隙間からひょっこり出てきました!カラフルなトカゲには毒がある・・・のかな?
  • こちらも発掘中に出てきた毒ヘビ。可哀想ですが現場の安全性を優先して駆除しました。
  • 通りすがりのおじさんたちがアルマジロを捕まえました!スープになるの・・・?

2015/08/25 13:50:00 いよいよ2015年夏期パート3!発掘調査開始しました!

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは!いよいよ調査地マティグアスに入り、本日から発掘調査が始まりました!ニカラグアの8月は雨季。マティグアスでもほとんど毎日スコールが降っています。発掘現場に向かうまでの道のりは、一面青々とした緑が広がります。
遠くにそびえるキラグア山はマティグアスの象徴として町の人々に親しまれています。

さて、発掘初日は前回の調査で埋め戻した土を掘り返す作業から始まります。大きなスコップとツルハシを使ってひたすら土を運び出します。一度掘り起こしているとはいえ、時間が経過して固まった埋土をひたすら取り除く作業はなかなか根気のいる仕事です。

休憩時間には前回から恒例となったスイカをみんなで食べています。スイカはスペイン語でサンディア(Sandía)と言いますが、UNANの学生さんも先生方も前回の調査でスイカという言葉をすっかり覚えてしまいました。スイカのほかにも、メロンやバナナなどのフルーツを買ってきて食べることが多いです。

今夏の調査もパート1:カリブ海編、パート2:単独行動編を経てようやくパート3:プロジェクト・マティグアス編に突入しました!が!なんと南先生が不在ではありませんか!いったいお師匠はどこへ行ってしまったのでしょう・・・。先生!プロジェクト・マティグアス、始まっちゃいましたよー!
  • 遠くにかすんで見えるのがキラグア山。雨季は山の緑がとても美しいです。
  • 埋土を掘り返す作業はホントに大変です。
  • 休憩時間には恒例の(?!)スイカを食べて体力回復!

Page top