ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2015/03/05 13:50:00 マドカが発見されました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさんどうもお久しぶりです!長らく行方不明だったマドカです!さあ私はニカラグアの発掘を途中で抜け出し、一体どこにいたのでしょうか・・・?!

正解は・・・南米ペルー共和国!!!
私のお師匠ミナミがニカラグアに到着して間もなく、私はペルーに旅立っておりました。
そして何をしていたかというと・・・今回はお師匠ミナミの元を離れて、筑波大学の保存科学をご専門とされる松井敏也先生に同行し、ナスカの地上絵の環境調査をしていました!

初めてペルーを訪れたのは、学部時代の1年留学の時だったので、今回は人生2度目のペルー訪問となりました。空港を出た時のリマの香りや、毎日バスで通学した大通りなど、懐かしく思える場所がたくさんあって、「あ~久しぶりに帰ってきたなぁ」という里帰りのような気持ちでした。私が考古学を本格体に勉強したいと思うようになったのもペルー留学時代のことです。第二の故郷であるペルーで、このような調査に携わることが出来て本当に嬉しく思います!ナスカ調査のことは、また機会があれば紹介したいと思います。

さて、マティグアスでの調査も無事に終了したとのことですが、今回の調査参加メンバーの紹介がまだでしたね!ここでニカラグア国立自治大学からの参加メンバー3名を紹介したいと思います!

まずは考古学専攻のヘウスくんとグレーテルさん。彼らはサグラリオ先生とレオナルド先生のもとで考古学を学んでおり、発掘や踏査などの経験も豊富で、今回の発掘でも即戦力となりました。
もう一人はアルベルトくん。彼は今回人類学専攻学生ということで調査に呼ばれましたが、もともとは美容師やメイクアップアーティストなどの美容系のお仕事をされていたそう。発掘以外でも突然歌ったり踊ったりして、現場のムードメーカー的存在でした。

今回はニカラグアの学生も調査に参加して、とても楽しい現場だったので、途中で現場を離れるのは正直寂しかったですが・・・ペルーでも新しい出会いや経験、勉強が出来て有意義な滞在になったと思っています!

私は一足お先に帰国しますが、ニカラグアのみなさん、今回も調査お疲れ様でした!調査後半の報告を楽しみにしています!
  • ナスカの地上絵にて。松井先生とマドカのデビューです!
  • ペルーといえば・・・インカコーラ!マドカはインカコーラが大好きです。

2015/03/02 15:10:00 発掘は楽しい

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
 さて、発掘も明日が最終となります。早かったです。とくにミナミは途中参加というのもあったせいでしょうかね。大きなイベントが2つもあったせいでしょうか。
 発掘の成果はまた日を改めることにして、今日は「発掘は楽しい!」というテーマにしました。もちろん、発掘はいろいろな発見があります。そのたびに謎や疑問も増えます。それをああやこうやとみんなで考えながら、また考古学の手続きを踏みながら解決していくわけですから(解決できないことも多いのですが)、それは楽しいです。
 今日は、それとは別の楽しみのエピソードで、皆さんにも楽しんでいただきましょう。
 今回、3日間現場作業の中日にいろいろと工夫をしました。乾季は暑いですし、休日もないのでかなり疲れます。発掘にも影響が出ます。そこで今回は気分転換のためのゲームをいろいろ考えました。
 一つは、「作業時間中、すべてスペイン語を使おう!」です。ここはスペイン語圏ですので、われわれがスペイン語を使うのは当たり前ですが、弟子のマドカが行方不明(いったい、どこへ行ってしまったのやら)の現在、やはりなかなかコミュニケーションがとれません。日本人同士が日本語で済ませてしまいがち。そこでこのゲームとなりました。
 日本語を1回使ったら1コルドバの罰金です。最優秀者にはまちのただ一つのアイスクリーム屋さんでサンデー!次点にはアイスドブレです。
 さあ!スタート!ニカラグアメンバーからの「このスペイン語は日本語で何て言うの?」みたいな試練を乗り越え、日本人同士で足を引っ張り合い?さて、みなさん、誰が優勝したでしょうか?そして、誰がべった(最下位のこと)でしょうか?あたった人にはプロジェクト代表のミナミから・・・何もあげません。だって、下に結果を書きますから。
●優勝:川端くん/1コルドバ ●準優勝:小川くん/5コルドバ ●3位:藤村くん/11コルドバ ●4位:ミナミ/20コルドバ・・・とほほ。
 ということで、トップ1,2を同志社大学に独占されてしまいました!どうした京都外大!学長先生初め大学の関係者のみなさま。どうも、すみません。
 これではいかん!と2つめは本日開催した「第1回マティグアス・スイカの種飛ばし大会」です。
 休憩時間にメルカードで買ってきたスイカを食べるのですが、スイカを食べたら「種飛ばし」をするのが日本人の常識。ということで今回はニカラグアのメンバーも含めての国際大会です(ちなみに女性陣は参加しません。やはり美しくないからでしょうね・・。ちなみにアーチストのアルベルトも。やはりアートではないからか!)。
 結果は!!!
●優勝:レオナルド 計測不能を大きく超え
●準優勝:ヘウス 5m20センチ
●3位:小川君 4m50センチ
●4位:川端君 2m70センチ
●ブービー:南2m
●べった:藤村君 計測不能(口の中に残っていたため)
 ということで、今回も京都外大は苦渋をなめました。IELAKのみなさま、申し訳ありません。くう。
  • まずはミナミが始球式ならぬ、種飛ばし始めで開催です
  • 左:優勝者レオナルド 右:準優勝者ヘウス お互いに足をひっぱています
  • 藤村くんがんばったのですが、飛んだのは唾だけでした・・・。

2015/02/28 15:20:00 ティエラブランカ村小学校での教材贈呈式が行われました

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
 今日は3勤(現場作業)の後の、1休(ではなく、室内作業)でした。出土遺物の洗浄がおもな仕事です。また、プロジェクトマティグアスの写真展が夕方終わったので撤去に行ってきました。入場者がカウントされていたわわけではないのでどれくらいの方々が見学いただいたかはわかりませんが、文化センターの担当の方に言わせると、結構ご覧いただいていたとのこと。アンケートも結局50人ほどが書いていただいたので成功したと思っています。さて、この写真展はこの後、カウンターパートである地元NGOのANIDESによって、マタガルパ市内の数か所で展示されるとのこと。そして、その後UMANマナグアでの開催となります。反応が楽しみです。
 さて、もう一つのイベントになったティエラブランカ村小学校への教育資材の贈呈式について報告します。
 この取り組みは、京都外国語大学スペイン語学科卒業生による企業(Kbデバイス)とスペイン語学科学生ボランティアによる教育支援プロジェクトによるものです。昨年、ニカラグアでの総合学術調査に参加したボランティア指導の辻豊治先生のご提案もあって、遺跡近くのティエラブランカ村小学校へ教育資材の提供を行なうことになりました。今回、現地での対応をプロジェクト・マティグアスでお世話しました。
 2月23日贈呈式当日は、午前10時からスタートです。贈呈式の壇上にあがるのはマドカと、今年2月から協定校のカトリック大学へ留学している奥村くん。お二人がんばって大役を果たしてくれました。
 おかげさまで贈呈式は大賑わい。日頃、村人とは現場への行きかえりに挨拶するぐらいでしたが、今回は子どもの保護者や村の方々が大勢集まってこられていたので、あらためてご挨拶できました。こうした交流の機会がもてたことは大変ありがたかったです。確かにそれ以降、村を通る時に挨拶する村人にも笑顔が見えるようになりました。
 さて、この小学校はまだ電気がないこともあるのですが、給食設備がないため授業は午前中に限られているという課題があります。また、教科書も先生用があるだけで慢性的に教育資材不足が課題でした。今回の支援によって多少は補えるといいですね。しかし、給食室の設置という目標についてはまだまだ時間がかかりそうです。今後の本学からの支援が何らかの形になることを期待していると同時に、地区民からの期待も大きいことは間違いないでしょう。
 プロジェクト・マティグアスにとっても、博物館活動を通した地域との連携はまず一番初めの課題です。今回の贈呈式に多くの村民が参加していただいたことで、我々との交流も進んだと感じています。これを機会にプロジェクトとしてもさらに地域連携を進めたいと思います。
  • 小学校の校庭にテントをたて会場としました。在校生は約70名。保護者の方々もたくさん参加されました。
  • マドカと奥村くんから代表の子どもたちへ。今回、教科書、参考書、地図などの教材が贈呈されました。
  • 式の最後は飾り付けた風船を分けたり、お菓子のゲームもあり、子どもたちにとっても楽しい時間だったと思います。

2015/02/26 15:40:00 プロジェクトマティグアスの写真展がはじまりました

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
みなさま
 発信が遅くなりました。ミナミです。
 19日にマナグアに到着。20日にマティグアスへ移動し、調査主任の植村さんはじめ、今期調査に参加してくれている本学の藤村くん、同志社の小川くん、川端くんと合流しました。みんな元気そうで何よりです。加えて、今季からニカラグア国立自治大学(UNAN)の学生が3名参加してくれたこともあって、すごく賑やかになっています。
 さて、20日到着後、まずは一大イベントであるプロジェクト・マティグアスを紹介する写真展の開催です。これは先日まで国際文化資料館で開催していた2014年夏のニカラグア調査の写真展をスペイン語版にバージョンをアップしたものです。共同研究者であるNGOやUNANの先生方からの提案で、市長さんの勧めもあって市の文化センターで開催することにしました。2014年の調査の様子に加えて、京都外国語大学や国際文化資料館の様子も加えています。
 20日は市長も出席して開会式を行いました。約50人の市民の方が集まっていただき、われわれとしては大変うれしかったです。また、開会式では今までの調査の成果を報告し、広くみなさんにこのプロジェクトについて知っていただけたと思います。会期は27日まで。一人でも多くの町の方々にご覧いただければと思います。アンケートをとりましたのでその分析が楽しみです。
 次回は、もう一つのイベントであるティエラブランカ村のへの教育資材の贈呈式についてご報告したいと思います。
 調査はすでに後半に入っています。遅まきながらではありますが、現地からの掘れ惚れニカラグアダイアリーを綴っていきたいと思います。
 みなさんお楽しみに!
 さて、みなさん???ですよね、弟子のマドカはいったいどこに???マドカからの報告を待ちましょうかね。
  • 写真にはマドカが!右端が市長さん、真ん中はホテル向かいの食堂のおじちゃんです。
  • 教材贈呈式参加のためにマティグアスへ来てくれた本学スペイン語学科の奥村くんは、2月からニカラグアのカトリック大学へ留学をはじめたばかりです。もう赤ちゃんが???はずはないですよね。この赤ちゃんもホテル向かいの食堂のおばちゃんの孫さんです。
  • 開会式での報告会の様子です。ちかくの中学生もたくさん集まってくれました。

2015/02/13 14:20:00 マナグアだよ全員集合!2015年春期調査のはじまりです!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは、マドカです!
先日、師匠のミナミからもお知らせがありましたが、昨日ニカラグアのマナグアに今期の調査参加メンバーが無事に全員集合しました!私はコスタリカから、藤村くん(京都外大4年)はスペイン語の語学学校での勉強を終えてグラナダから、小川くん・川端くん(同志社大3年、2年)はエルサルバドルからバスで、それぞれマナグアに入りました。エルサルバドルからマナグアまでは、なんとバスで13時間!長旅お疲れ様でした!

マナグアでの滞在はいつもと同じホテルなので、ここに来ると「あ~戻ってきたなぁ」という安心感があります。今朝はみんなで揃って朝ごはんを食べました。

そして今日は午前中にUNAN(ニカラグア国立自治)大学を訪問し、いつもお世話になっているロバート先生にご挨拶にいきました。ロバート先生は、人文・法律学部の学部長を務めておられ、このプロジェクト・マティグアスを大学側からサポートしてくださっています。

調査地マティグアスへ移動するのは15日(日)を予定しています。
これからもどんどん近況をアップしていきたいと思っていますので、みなさんぜひチェックしてくださいね!

それではみなさん、アスタルエゴ(またね)!
  • 今期の調査メンバー揃って朝ごはん
  • UNAN大学人文・法律学部長ロバート先生とサグラリオ先生

Page top