ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/08/12 15:10:00 2017夏期調査に向けて~準備は進む!~

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 いやあ~、時間のすぎるのは早い!ブログをあげるタイミングもないままに8月夏休みに突入です。
 さて、プロジェクト・マティグアスの方でも着々(?)と準備が進んでいます(のやろか~)。しかし、そこはプロジェクト・マティグアスチームのスタッフのチーム力で乗り越えていきましょう!
 なお、今期の調査は8月18日に日本を出発、21日にマティグアスへ向かいます。マドカは26日にマナグアへ、調査に合流します。調査は9月3日終了予定です。
 今日は、準備の様子をお見せします。メンバーは、初参加のカケルと3回目になるマイ、今回は参加しませんがアスカも手伝ってくれています。いつものことですが、忘れ物があってもすぐに取りに帰るわけにはいきませんので、準備には万全を期さないといけません。また、調査予定もチケットの手配ホテルの手配に始まって現地で使う車の借り上げ、海外研究者との調査など多岐にわたります。こうした経験を経て、次第に自分でプロジェクトを持てるようになるわけです。
 最後は、測量、実測の練習。考古学にとって最も大事な調査です。はじめてのカケルの感想はどうだったでしょうか!
 さああ~、準備は整いました(ぎりぎりまで続きますが)。まず、マイがコスタリカでの博物館実習のためサンホセに向けて旅立ちました(初の一人旅)!がんばってください。20日にマナグアで会いましょう。
 
  • こののんびり感がいいなあ~
  • しかし、図面のことになるとそうはいきません。ミナミの説明にも力が入ります。
  • 測量の練習。レベルもしっかり覚えてください。

2017/07/24 18:50:00 ニカラグア・カトリック大学の先生方が表敬訪問されました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
先日、7月4日~9日にかけて、ニカラグア・カトリック大学(以下、UNICA)の副学長ホセ・ウルテチョ先生、教務担当顧問カルラ・サラマンカ先生、国際部長のフランシスコ・エレラ先生が来日され、本校を表敬訪問されました!

本ブログでも紹介してきましたが、UNICAと本学が協定を締結したことを機に、地域活動(ボアコ県コーヒーと蜂蜜製造支援プロジェクト)を中心とした交換留学プログラムの立ち上げ準備を進めてきました。今まで私たちがプロジェクト・マティグアスと並行して行っていた現場視察の様子は以下をご覧ください。

ニカラグア・交換留学プログラムについて
(2016年9月)

ボアコ県コーヒーと蜂蜜
(2014年8月)

そして今回UNICA代表の先生方には、この留学プログラムの詳細な打ち合わせに加え、ニカラグアの学生が活動する現場の視察を行うために来日していただいたのです。本学松田学長と会談されたほか、現場視察としては京都市内(京のまちなか)、福井県越前町を訪問され、博物館学芸員課程の学生を対象に、ニカラグアやUNICAの紹介に加え、プログラムについてもプレゼンしていただきました。

連日予定がみっちりでしたが、合間を利用してお寺で禅体験をされたり、祇園祭の山鉾なども見学され、短い滞在でしたがとても有意義に過ごしていただけたようです!

奇しくも私がニカラグアで学会に参加している頃で、普段お世話になっているUNICAの先生方を日本でお迎えできなかったのが個人的には残念でなりませんが、南先生やマイやアスカ、本学の皆さまが温かく迎えてくださったとUNICAの先生方はとても喜んでいらっしゃいました。なんと普段ニカラグアでお世話になっているバレーラ由美子さんも通訳として同行してくださっていたとのこと。なんでも一時帰国されていたところを師匠にズバっとヘッドハンティングされたとかなんとか。

UNICAの先生方は、今回の会談や現場視察を通じてより具体的にプログラムをイメージできるようになったと仰っていました。今後も、交換留学プログラムを実現するべく両校で協議を重ねてまいります!
  • 松田学長とも和やかな雰囲気で会談されたウルテチョ先生
  • 学芸員資格課程の学生を対象にUNICAについてプレゼンしていただきました。終了後の記念撮影はみんな笑顔ですね。
  • 京都の町中は祇園祭の真っただ中!とても良い時期に来京されましたね(左から、フランシスコ先生、カルラ先生、ウルテチョ先生)

2017/07/19 18:10:00 記念すべき!第1回ニカラグア考古学学会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!いつもお久しぶりなマドカです!
早速ですが、先日ニカラグアで行われた学会に参加してきましたので、その様子をご報告したいと思います。

7月5日~7日にかけて、

I Coloquio de Arqueología de Nicaragua (第1回ニカラグア考古学学会)

がマナグアで開催されました。この大会は、サンディニスタ革命38周年を祝う記念イベントの一環としてニカラグア文化庁が主催したもので、考古学学会はなんと国内初のことでした。ちなみに、サンディニスタ革命記念日は7月19日、本日です!

さて、本大会の主旨は、現在ニカラグアで考古学調査を実施している研究者を招集し、それぞれが調査で得られた情報を発信・共有することでニカラグア考古学のさらなる発展を目指す、というものでした。ニカラグア文化庁やニカラグア国立自治大学(UNAN-Managua)をはじめ、国内で活躍するニカラグア人考古学者はもちろん、カナダやオランダ、アメリカ等の外国人研究者の先生方も召集され、私は僭越ながらプロジェクト・マティグアスの代表として参加いたしました!2016年までの調査経過を報告しましたが、私たちのプロジェクトのように地域住民と一緒に行っているプロジェクトというのはあまり類がなく、とても興味深く聞いていただきました!やりました師匠!

3日間で、約30本の調査報告が行われ、各プロジェクトの考古学調査速報のほか、プロジェクト・マティグアスのように考古学を活用した地域活動に関する報告もありました。またニカラグアでは、各地に岩刻画が多く残っており、それらの登録や保護についてのプロジェクトが目立っていたように思います。

私たちを含め外国人調査チームからすると、今回のように、各地で調査を進める考古学者が一堂に会して情報交換できることは大変ありがたいことですし、ニカラグア人考古学者の皆さんにとっても各地の情報を得られる重要な機会となったことでしょう!これからもぜひ継続してこのような大会を開催していただきたいと思います!


UNAN-Managuaの大学HPでも学会の様子が紹介されています。スペイン語勉強中の方はぜひこちらもご覧になってみてくださいね!

  • 2日目はUNANにて。こう見えて(?)緊張しぃのマドカ発表中です。
  • 大会委員長であり、ニカラグア文化庁考古学課長でもあるイボン・ミランダさん。大会を終えてサンディーノの前で記念撮影です!お疲れさまでした!
  • レオナルド先生、サグラリオ先生、ヘウスにバニ!もちろんプロジェクト・マティグアスでお馴染みの皆さんも参加されていましたよ!

2017/06/23 23:30:00 今後の調査に向けて

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
 掘れ惚れニカラグアダイアリーファン?みなさん!ご無沙汰しております。ミナミです。
 春の調査が終わった後、冬眠・・・していたわけではありませんが、タイミング悪くブログの発信でできておりませんでした。すみません。
 しかし、調査の終わりは次への始まり!今年は新しい研究活動や国際交流活動も始まるということで、水面下(というか~なかなか浮きあがれな~い?)準備を進めております。
 そして、久々の更新はニカラグア首都マナグアの定宿、コリブリからです。
 21日に大荒れの日本を発って21日夜にマナグア着。朝は4時に起きてブルーフィールズ往復してきました。いやはや・・・。
 ブルーフィールズの目的は、以前より交流を続けてきたBICU(ブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学)付属研究所CIDCA(大西洋岸資料研究センター)との正式協定を結ぶ協定書を届けにきました。結局、大学同士の協定ということでこれからの継続的な交流が可能となります。アメリカ地中海地域研究を目指すIELAKにとっても重要な研究拠点ができました。
 ニカラグアでもカリブ海側は日本からさらに遠い地域です。BICUの学生にとっても、日本?どこ?みたない感覚かもしれません。本学の学生にとっても、中米の田舎町のちっぽけな大学としか見えないかもしれません。しかし、この海域は北米、中米、南米に面していて、大西洋につながる歴史学、人類学、地政上重要な地域であり、そこに面したブルーフィールズにベースが持つことは、IELAのみならず本学、さらには日本にとっても大変大きな意味があると思います。
 今年12月からまずはCIDCAに収蔵されている考古資料の調査を開始します。また、博物館的な交流も開始します。興味のある人はぜひご連絡ください。
 これでニカラグアのプロジェクトは、プロジェクト・マティグアス、ボアコ・コーヒーと蜂蜜製造共同組合との協働プロジェクト(そろそろ名前を考えないと)、このブルーフィールズでのプロジェクトの3つになりました。さすがにいっぱいいっぱい!みなさんのお力を貸してください。
 
  • BICU副学長のHennigston Omier先生と!学長先生が急用のためお目にかかれませんでしたが協定についてはすべてOK!とのことで、次回お目にかかれるのを楽しみしています。
  • 図書館の中に掲示されている大学ポスター 昼間と夜間の二部制に加えて土日のみのコースもあり、8000人近い学生が通っています。
  • 大学の図書館。新しい建物の一つ。新しい教室の建設も行われており、学内も活気があります。

2017/05/01 05:40:00 調査を終えて~参加学生による感想文紹介

  • Category発掘・考古学
  • Posted byマドカ
あっという間に春期調査も終わり、もうGWが始まってしまいましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

いつもお久しぶりです。
突然消えては現れる、まさに神出鬼没のマドカがお送りします。

今日は、今期の調査に参加してくれていた3名の学生による感想文をご紹介したいと思います。調査序盤でマドカがいなくなり、途中にはお師匠のミナミ先生も一時帰国された中で、3人でニカラグアチームと力を合わせて発掘を頑張ってくれました。そして最後はティエラブランカ村での現地報告会ではスペイン語で発表をして有終の美を飾り、調査を大成功に導いてくれましたね!

それでは、マイ・アスカ・チカの感想文をそれぞれお気に入りの写真とともにお楽しみください。

****************************
竹林麻衣さん(本学スペイン語学科3年)
私は前回に引き続きこのプロジェクトに参加させていただきました。今回の調査で、私は専門的な知識を増やしたいと思いました。そう思ったのは、先生が帰国されていた期間の調査で、次に何をしたら良いかわからなかったり、ニカラグアの先生方ともうまくコミュニケーションをとることが出来なかったりで大変だと感じる時が多かったからです。調査の難しさを感じると同時に、様々な場面で調査の面白さも改めて感じました。遺物の特徴を見たり何のための場所であったか考えたりすることはとても楽しかったです。そして今回初めて報告会でのプレゼンもさせていただきました。準備をする際、一から説明することの難しさを痛感しました。しかし、住民の皆さんが一生懸命聞いて下さったことを知り嬉しかったです。今回のニカラグアでの日々は前回よりも濃いものとなりました。前回とは違う経験も多くすることが出来、少しですが自分自身成長できたのではないかと思います。関わって下さった全ての方々に本当にお世話になりました。ありがとうございました。

杉岡明日香さん(本学スペイン語学科3年)
前回のプロジェクトで発掘の面白さとニカラグアの魅力を知り、今回もこのプロジェクトに参加させていただきました。前回の発掘調査では、全ての作業が初めてで自信をもって行うことはあまりなかったのですが、今回は自信をもって作業を行うことができたのがうれしかったです。また、今回はコミュニティーミュージアムとは何かということを考える機会もあり、地域と博物館の関係性について学ぶことができました。ニカラグアでは色々な事を考え、それらを行動に移したことで自分にとってプラスになる経験をたくさんすることができたと思います。そして、前回よりもさらにニカラグアという国が好きになりました。今回も最後までたくさんのことを教えてくださった南先生、植村先生、ニカラグア自治大学の皆さま。加えて、私に関わってくださった皆さま。本当にありがとうございました。この経験を活かして、これからもたくさんのことを学んでいきます。

坂本千佳さん
(本学スペイン語学科3年)
私は今回、初めてこのプロジェクトに参加させていただきました。というのも、以前より考古学的な調査に興味をもっており、マイとアスカの話を聞き、行きたいと強く思ったからです。発掘調査では、今まで博物館などでガラス越しに見ていた土器などを自らの手で掘り起こせたことに言葉で言い表せないような感動がありました。他にも、遺跡とキラグアの山々の関係を想像し、仮説を立てていた先生の話を聞き、とてもワクワクしました。ニカラグアは、日本にいたときほとんど聞いたことない国でしたが、ニカラグアでの日本の浸透率に驚きました。自然豊かで人々も温かいニカラグアに滞在できたことは、私にとって良い経験になりました。1ヶ月があっという間に過ぎたこの調査で、語学力だけでなく様々な面でも成長できたと思います。このプロジェクトに参加することができ、とても楽しかったです。南先生、植村先生、マイ、アスカ、そして私に関わった全ての皆さま、ほんとうにありがとうございました。
****************************

私は毎回この感想文を読むのをとても楽しみにしているんです。
調査に参加してくれている学生さんたちが、日本とは全く異なるニカラグアという国で、慌ただしく過ぎていく日々の調査のなかでどのようなことを感じて、どんな新しい発見をしたのか、それぞれの視点で語ってくれることで、私自身も新しいことに気づかされたりするからです。

これまでの調査参加学生感想文はコチラをご覧ください。

2016年春期調査 マイ、アスカ

2015年夏期調査 ミオ

2014年夏期調査 マイ、ミツキ
  • 見てください!これがニカラグアの景色!
  • ティエラブランカ村の小学校の子供たちと
  • 全員集合!

Page top