ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/01/17 14:30:00 明けましておめでとうございます!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
本年も掘れ惚れニカラグアDiaryを宜しくお願いいたします!

さて2018年に入り、半月程が過ぎました。日本各地は年明けから寒波の影響で大雪に見舞われましたね。毎日寒い…私はもう、ニカラグアの蒸し暑い気候が恋しくてたまりません!!!

プロジェクトからの近況報告としましては、先週1月12日(金)に開催された国際文化資料館第30回合同報告会で、2017年夏期調査に参加したカケル君から調査参加報告がありました(詳しくはクリック先の資料館ブログをご覧ください)。

またプロジェクトでは、早くも今年の春期調査に向けての準備を進めています!
今年の春期調査では、昨年の春以来の発掘を再開し、発掘調査をガッツリ進める予定です。もちろん、ティエラブランカ村での報告会も予定しています。

今後の活動も、随時ブログでご報告していきたいと思っております!
今年もプロジェクト・マティグアスを宜しくお願いします!
  • 報告会で発表中のカケル君

2017/12/27 17:00:00 平成29年度私学研究資金第1回報告会を開催しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
皆さまクリスマスはいかがお過ごしでしたか?私はこの年末年始はニカラグア調査報告書の作成に向けて、お師匠のミナミ先生とともに報告書執筆マラソンを駆け抜けることになりそうです!さすが師走!プロジェクト・マティグアスでは、弟子のマドカはもちろんですが、師匠のミナミ先生も全力疾走でがんばります!

さて本日は、12月25日に行った「平成29年度私学研究資金第1回報告会」についてご報告します!なにやら小難しいタイトルがついておりますが、11月29日から12月8日にかけて南先生たちがニカラグア・ブルーフィールズで行った博物館調査と、エルサルバドルで開催されたパブリック考古学ワークショップに関する活動を報告しようという会です。

最初に、市川彰先生からブルーフィールズCIDCAでの考古資料調査およびソンブレロ・ネグロ遺跡フィールドワークについてご報告いただきました。CIDCAの考古資料はBICUやUNANなどの大学による緊急発掘や地域住民から寄贈された資料が多く、資料のコンテクストが不十分である点が指摘されました。またソンブレロ・ネグロ遺跡にある大きなペトログリフ(岩刻画)についてもご紹介いただきました。

続いて、村野正景先生からはエルサルバドルでのパブリック考古学ワークショップについてご報告いただきました。サンサルバドルにある国立人類学博物館で開催されたこのワークショップは「アイデンティティを強化する道具のひとつとしてのパブリック考古学」をテーマとしており、自分たちのルーツを探るためのパブリック考古学の在り方について議論が行われました。以下はエルサルバドル文化庁(SECULTURA)が公開しているワークショップの様子です。スペイン語ですが、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

≪関連動画≫
Secultura impartió taller de Arqueología Pública
(クリックするとYoutubeページに飛びます)


最後になりましたが、みなさま今年一年も掘れ惚れニカラグアDiaryをご愛読いただきありがとうございました!2018年もプロジェクトメンバー一同精進してまいりますので、これからも応援よろしくお願いいたします!
それではみなさま!良いお年を!
  • 市川先生発表中です。今回の調査に参加された研究者の皆さまが参加されました。
  • 村野先生からはエルサルバドルでのパブリック考古学ワークショップの参加報告でした。

2017/12/15 16:40:00 京都外大ドキュメンタリー「プロジェクト・マティグアス」の動画が公開されました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
なんと!!!

この度!!!

「プロジェクト・マティグアス」の!!!

ドキュメンタリー動画が公開されました!!!

パチパチパチ~!!!

「プロジェクト・マティグアス 中米ニカラグア 未知の古代遺跡に挑む大学生」
(クリックでYoutubeのページからご覧いただけます!)

この動画は、京都外大生がプロジェクト参加を通じて成長する様子をドキュメンタリーにしたものです。

これまで写真やブログではお伝えしきれなかったプロジェクトの活動の様子やマティグアスの風景などを映像でご覧いただけるとても良い仕上がりとなっており、プロジェクト一同も大満足しております!

既にBS-TBSで放送されましたが、今後地上波でも放送される予定です。
地上波放送予定はコチラをご確認ください!

皆さまこの機会にぜひご覧ください!
これからもプロジェクト・マティグアスをよろしくお願いいたします!

2017/12/13 13:10:00 第50回チャックモール考古学学会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
皆さん大変ご無沙汰しております!(ごめんなさい!)
ちょこちょこ当ブログでもご報告がありましたが、今年10月にメキシコ留学から帰国しました。今後はまた日本からブログを更新してまいりますので、どうぞお付き合いくださいませ!

さて、先月のことになりますが、11月8日~12日にかけて、

50th Chacmool Archaeological Conference(第50回チャックモール考古学学会)

がカナダのカルガリー大学で開催されました。めちゃくちゃさぶかった!!!

今回の学会の主催者の一人であるGeoffrey McCafferty先生は、ニカラグアのグラナダで考古学調査を行っています。中米での学会でもたびたびお目にかかっていたこともあって、今回の学会にお声を掛けてくださり、参加させていただけることになりました!

チャックモール学会は、カルガリー大学のチャックモール考古学クラブに由来していて、考古学の知見を深めることを目的に、毎年11月に定期大会が開催されています。今年で50回目を迎える本大会は「過去、現在、そして考古学の未来」と題し、カナダ、アメリカの研究者を中心に、ヨーロッパ諸国、中米からの参加がありました。またメソアメリカと暦、西部カナダ、ジェンダー、衣服とアイデンティティ、中米などの分科会があり、述べ研究発表190本、ポスター発表8本を数える大規模な会となりました。

中米の分科会では、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカでの考古学調査、博物館収蔵品調査など、大学院の修士課程、博士課程の若手研究者からの報告が多く、私はプロジェクト・マティグアスの2017年夏期までの調査報告を行いました。

若手研究者が多かったこともあり、私たちが行っているコミュニティと連携したワークショップは大変興味深く聞いてくださったようで、「調査を行う上でコミュニティとの連携は必須だと感じるけれど、どのように活動すれば良いか分からなかった」というコメントをいただきました。

考古学調査を行うだけでなく、コミュニティと連携したワークショップを行う私たちのプロジェクトは、プロジェクト・マティグアスの特徴のひとつです。学術調査だけに重きをおくのではなく、地域との連携や成果の還元についても私たちは取り組んでいかなければならないと考えています。今回、初めての北米での学会発表となりましたが、私たちのプロジェクトの活動を国際学会で報告できたことはとても有意義だったと思います!
  • 今回学会参加のきっかけを下さったジェフ先生、とても気さくな先生で調査のことを熱心にお話してくださいます。ネクタイが毎日変わって、どれもとてもおしゃれ!
  • 2013年にコスタリカ大学によるグァヤボ遺跡での発掘調査に参加していた友人とも再会できました。これからは同じニカラグアをフィールドに頑張りましょう!
  • カルガリー大学にある中米のコレクションをジェフ先生にご案内いただきました。

2017/12/06 18:20:00 ブルーフィールズCIDCAにて考古資料調査中

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 ミナミです。カリブ海側の港まちブルーフィールズにいます。
 カトリック大学での講演の翌日、今回ブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学(BICU)付属研究所(CIDCA)に収蔵されている考古資料の調査のために集まった5名の考古学者・博物館研究者と一緒にブルーフィールズに到着。早速、CIDCAでの作業を始めました。
 メンバーは、IELAK客員研究員の嘉幡茂(メキシコのラスアメリカス大学准教)、村野正景(京都文化博物館学芸員)、市川彰(名古屋大学院助教)とフリエッタ・ロペス(メキシコUNAM博士課程後期)。いずれも古代メソアメリカ地域を中心とした考古学、博物館学の専門家です。そしてニカラグアからはUNANの卒業生でサグラリオ先生の教え子であるバニ・バルベレナさん。彼は今年CIDCA所長のドナルド先生の下で考古資料の整理をしていたということで今回手助けを頼みました。
 今年、本学とブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学が、国際文化資料館とCIDCAの博物館学、考古学に関する協定を結んだこともあり、IELAKが計画している「アメリカ地中海文化圏」研究の第一歩をスタートすることができました。ただし、調査は地味ですよ~。
 CIDCAに集められている資料の中で重要性の高い遺跡の出土遺物を分類し、実測し、写真にとり、分析する。限られた時間の中、無駄なく進んでいく調査を見て、さすがにこのメンバーならではと感心したり、ちょっと自慢したり(集めたのは誰?そう!)。こういう中に本学の学生さんにも加わってもらおうと思います。
 調査は、今週一杯続きます。しかし、私は村野さんのエルサルバドル国立博物館でのパブリック考古学ワークショップ(京都外大が共催)を見届けるため明日にはサンサルバドルへ向かいます。後ろ髪ひかれながらも、エルサルバドルも大事・・・・・。身体が2つほしいとはまさにこのことです。
 これからもブルーフィールズでの考古学・博物館学調査、IELAK「アメリカ地中海文化圏研究」にご支援ください!
  • CIDCA所長のドナルド先生のレクチャー!いつも熱く語りかけてこられます。オーバーヒート気味ですが(笑)
  • CIDCAでの作業風景。博物館の展示室を借り切って(したがって休館・・・すみません)作業を進めています。正直、楽しい!!!
  • 夕食のレストランでたまたま会合されていたBICUの先生方。学長先生がおられました。先回はお目にかかれなかったのでこの機会にご挨拶。今は、市長さんでもあります。

Page top