ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/09/02 08:30:00 世界文化遺産「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」~コスタリカ南部ディキス調査~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
引き続き、ディキス調査について報告いたします。
本調査2つ目の主要目的は、「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」に関する調査です。

世界遺産に登録されている主な遺跡は、フィンカ6(Finca 6)、グリハルバ2(Grijalba 2)、バタンバル(Batambal)、エル・シレンシオ(El Silencio)の4つですが、町中の公園や農場でも石球を見ることができます。今回は、フランシスコさんたちが調査をおこなっているグリハルバ2と、遺跡公園として一般公開されているフィンカ6の見学をしてきました。

グリハルバ2では、建造物の基礎を確認することができます。河原石を用いた遺構と、石灰岩を用いた遺構の2種類があることが特徴です。こちらはまだ一般公開されていないのですが、公開に向けて遺構の修復や歩道の整備などが進められています。

フィンカ6には博物館が併設されており、遺跡の概要や自然景観についての基礎知識を得てから遺跡見学をすることができます。この遺跡は元々バナナ農園でしたので(フィンカはスペイン語で農園の意)、バナナ栽培のための土地改変のせいで遺跡の作りが少しわかりにくいのが問題のひとつ。また、雨期には遺跡が完全に水没してしまうこともあるらしく、遺跡保存に関する課題もついて回るようです。

運が良ければ、遺跡見学中にリスザルやコンゴウインコなどの動物にも出会えるかも!
  • グリハルバ2遺跡の様子
  • フィンカ6の石球。埋まっています。
  • 野生のリスザルに出会えました!

2018/09/02 01:10:00 カンタレロ遺跡とコミュニティの活動~コスタリカ南部ディキス調査~

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
本日はコスタリカ南部ディキス調査の主要目的のひとつ、カンタレロ遺跡調査の模様についてお話しいたします。

ディキスと言ったら石球!世界遺産!と思われがちですが、実は他にもたくさん遺跡はあるんです。そしてこのカンタレロ遺跡、山を越え、川を越えなければたどり着くことができません。山道をピックアップに揺られながら進み、歩いて川を横断してたどり着くと、そこには草木に覆われた建造物と足元に散らばる遺物が。気分はまさにインディージョーンズ。

カンタレロ遺跡が位置するオサ半島には、コルコバード国立自然保護区があり(こちらも世界遺産)、多種多様な動植物が生息しています。そのため、エコツーリズムを目的とする観光客が多く訪れています。しかし、文化遺産と観光を結びつける活動が少ないことが課題で、現在フランシスコさんは遺跡周辺のコミュニティと連携して文化遺産の活用と地域課題の解決に取り組んでいらっしゃいます。

今回は、遺跡の周辺コミュニティであるガジャルド村とドス・ブラソス村を訪問しました。どちらの村でも、文化遺産を積極的に活用しようという思いが感じられ、遺跡案内をするための勉強や、観光客が宿泊できる場所の整備が進んでいます。今後は広報活動やインフラ整備などが課題になっていくそうです。

ガジャルド村では、コミュニティの方にプロジェクト・マティグアスの活動を紹介したり、質疑応答をしたり、コミュニティ活動を発展させていくための意見交換を行う場を設けていただき、実りのある時間をすごすことができました。
  • 川を渡って遺跡へと向かいます
  • カンタレロ遺跡の建造物は、私たちが渡ってきた川の石でつくられました
  • コミュニティの方々との意見交換の様子

2018/08/31 13:50:00 コスタリカ南部ディキス調査へいってきました

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミサキ
残暑お見舞い申し上げます、ミサキです。
8月28~30日にかけて、コスタリカ南部ディキス調査へ行ってきました。

「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」
は、2014年ユネスコ世界遺産に登録されています。コスタリカ初の文化遺産です。大きな石の真球を目にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

今回の調査には、私ミサキとマドカに加え、コスタリカ国立博物館のフランシスコさんと運転手のエドワルドさんに同行していただきました。調査期間は3日間と短かったのですが、長年ディキスで調査を続けてきたお二方のおかげで、いろんな場所でいろんな経験をすることができました。

また、ディキスではコミュニティと連携した活動がかなり進んでいるみたい。マティグアスでも実践できるアイデアが見つかりそうですよ、南先生!

ディキス調査の詳細は随時、報告していきます!お見逃しなく!
  • 調査に同行してくれたフランシスコさん(後)とエドワルドさん(前)
  • コロコロコロコロ...

2018/08/26 03:40:00 コスタリカ博物館街道を歩く

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの休日~中米観光地紹介
  • Posted byミサキ
みなさん、こんにちは!
初めてコスタリカの地を踏み、少々興奮気味のミサキです!

初めてきたからには、とりあえず博物館に行かなければ!ということで、首都サンホセで博物館見学をしてきました。

まずはコスタリカ中央銀行博物館の特別展へ。この展示は「遺物が持つ意味」に焦点を当て、図像の解釈や神話との関係性など、いつもとは少し違った切り口で遺物を観察できるよう工夫されており、興味深く見学させてもらいました。

次は、ヒスイ博物館。常設展の見学を、と思って訪問したのですが、収蔵庫の中や展示替えの様子まで見せていただけることになりました。ラッキー!ヒスイ博物館というだけあって、ヒスイコレクションは圧巻です。

最後に見学したのは、コスタリカ国立博物館。ここにはコスタリカ全土の遺物が集合しており、各地の遺物の特徴を比較しながら見学することができます。考古遺物だけでなく、植民地時代や現代の技術についての展示もあるので、私のように初めてコスタリカを訪れる人にもオススメ!

この3つの博物館は、“Paseo de los museos(博物館街道)”という連携活動を行っており、地域住民や観光客が歴史や考古学に触れる機会を増やそうと様々な企画を実施しています。3館は1キロ圏内に位置し、共通チケットも販売されています。

お散歩がてら博物館めぐりをして、カフェでひと休み。そんな優雅な過ごし方ができるのもサンホセの魅力かもしれません。
  • 中央銀行博物館の学芸員プリシーラが案内をしてくれました
  • ヒスイ博物館の収蔵庫
  • 国立博物館の中庭にはディキスの石球もあります

2018/08/24 14:00:00 ミナミ先生!ようこそ、コスタリカへ!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさまお久しぶりの更新です!
今夏の調査は、ミサキが報告してくれていた中米グアテマラ(その1その2その3その4)から始まり、お次はコスタリカにやってまいりました!今週ようやくお師匠のミナミ先生をコスタリカでお迎えし、今後の新しい調査に向けて情報を集めるべく、コスタリカの各博物館や大学との意見交換を行っています。

コスタリカ活動日初日は、JICAコスタリカ支所を訪問し、前田英男所長にコスタリカにおけるJICAの活動についてお話を伺ったり、京都外大がラテンアメリカで行ってきた活動、とくに現在ニカラグアで行っている「プロジェクト・マティグアス」での考古学と博物館についてお話をしました。前田所長はこれまで勤務されてきた中米諸国のご経験から、中米諸国の中でも平和を求める国民性が目立ち、先進国並みの経済力と安定性を持っている点など「中米のスイス」と呼ばれるコスタリカの魅力を語ってくださいました。また今後中米で実現できそうなプロジェクトの方向性についても非常に有意義な意見交換ができました!

引き続き、コスタリカでの活動の様子をお伝えしていきます!
よろしくお付き合いください!
  • 豊富な活動経験をお話してくださった前田所長、ありがとうございました!
  • JICAコスタリカ支所で意見交換を行いました!
  • 南先生、ようこそコスタリカへ!

Page top