ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2014/08/29 15:10:00 村の小学生たちが見学に来てくれました

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
村の子どもたちが見学に来てくれました
 今日は発掘3日目。遺跡のあるティエラブランカ村の小学校の子どもたちが見学に来てくれました。この小学校には1年から6年生まで約80人が通っています。今回の調査は、ニカラグアにおける考古学と博物館を仲介者とした実践的地域研究「プロジェクト・マティグアス」の一つでもあり、この集落にコミュニティミュージアムを作りたいという地元NGOと協力しています。したがって、考古学調査だけではなく、集落内で地域交流活動を計画しており、村の子どもたちとつながりができるのは大変ありがたいです。
 最初は緊張気味だった子どもたちも次第に活発に動き始め、排土から土器の破片を見つけてくる子ども(われわれにとってはちょっと困るのですが)や植村さんから日本語を教えてもらったり、測量機材をのぞき込む子どもなど、にぎやかで楽しい時間でした。自分たちの住んでいるところに、古くから人が住んでいたことを実感してもらえればと思います。
 この村の学校には、電気がないとか、給食の材料の配布はあるが調理場がないとか、いろいろと課題があります。今回の調査がご縁となって、京都外国語大学スペイン語学科OBによる企業支援として、教育資材に提供プログラムも準備も進んでいます。その窓口としても地域の方々と交流を進めていきたいと思います。
 さて、明日の現場は休み。室内作業を行ないます。そして、土曜日からは後半の3日間です。
  • モノリートの大きさに一同びっくり
  • マドカの日本語教室
  • 熱心に発掘を見学

2014/08/28 11:40:00 発掘開始

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミナミ
発掘開始!
 いよいよ発掘開始です。今日は、発掘目標のマウンド(直径20m弱高さ2mほどの土盛り)の頂上と裾に2か所の試掘坑(2m×2m)を設けて掘り始めました。早速、頂上の方の試掘坑からは土器などが見つかっています。ここには盗掘坑らしい凹みもあるのでその破壊によるものかもしれません。
 本学から参加した2名の学部生さん(石川さんと藤田さん)も発掘は初めてですが、次第に道具の使い方も慣れてきたようです。私も一番初めに参加した発掘調査は強く印象に残っています(私の場合、その感動が強くてそのまま考古学を続けているようなものです)。どうかお二人にとってもいい思い出になりますように。。
 さて、現地は雨季ですが、今年は雨が少なく厳しい暑さが続いています。発掘も午前中に限られます。それでも暑さが厳しいので休み休みになります。メンバーの体調にも気を付けながら慎重に進めたいと思います。
 初めてこの遺跡を訪問して丸2年。みなさんの協力のおかげでようやくここまでたどり着きました!当初からこのプロジェクトに参加し、発掘調査主任でもありますマドカさんにとっても感慨深いと思います。
 さあ、勝負はこれからです。がんばります。
  • 発掘風景1(試掘坑の設定)
  • 発掘風景2(発掘開始)
  • 遺跡周辺の風景(雨季は緑と青と白色が映えます)

2014/08/25 03:30:00 コーヒーと蜂蜜

  • Category地域連携活動
  • Posted byミナミ
みなさん!お元気ですか?
 私、ミナミは8月21日にニカラグアに到着。今夏のプロジェクトマティグアスの調査を始めます。
昨日、マティグアスに到着。さきほど遺跡を下見してきました。春と違って雨季、地面の状況が気になっていましたが、今年は雨が少ないらしく発掘には問題ないようで安堵しました。しかし、農作物にとっては少々心配ではあります。
 さて、今回マティグアスへ来る途中で、ボアコ県にあるオーガニックコーヒーと蜂蜜製造の共同組合と現地の共同体を訪問してきました。これは先にブログにもあげたように、今春本学を訪問、交流協定を結んだニカラグア・カトリック大学の副学長先生とのお話の中で、プロジェクトマティグアスをきっかけとして、地域課題の解決に両校の学生が一緒に関わるようなことができないかという提案がありました。今回、候補地となったボアコ県を訪問したところです。
 現地では地元共同組合の方々からいろいろお話をうかがったり、蜂蜜採取用防具服を縫製している作業場を見学しました。今後どのような活動が可能か、カトリック大学とも連携しながら考えていきたいと思います。
 
  • Boaco Viejo村の共同組合にて
  • 植村さん考古学者から蜂蜜屋さんへ転職

2014/08/23 16:20:00 マサヤ火山国立公園に行きました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの休日~中米観光地紹介
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは!マドカです!
今日は朝からニカラグア・カトリック大学訪問、午後には在ニカラグア日本大使館訪問など忙しい一日でしたが、カトリック大学の先生が「せっかくニカラグアまで来たのだから、ぜひニカラグアの素晴らしいところを知ってもらいたい!」ということで、予定の合間をぬってマサヤ火山国立公園に行ってまいりました!

首都マナグアから車で南に約30分ほどのところにあるマサヤ火山国立公園。
公園内には道が整備されていて、車でぶーんと入っていけます。まずは公園入口から少し奥にあるマサヤ火山国立公園博物館へ。ここでは公園内で見られる動植物や火山の成り立ち、国立公園内で見つかった考古学的遺物などが紹介されていました。

さらに道は火口まで続いているため、車で火口まで行くことができます。火口に近づくにつれ、白い煙がモクモクモク・・・そうなのです、マサヤ火山は活火山!火口から元気に噴煙をモクモク出していました!

火山を訪れたのは初めてだったので、興奮のあまり火口を覗き込み、大量に煙を吸っていたらしく、しばらく喉が痛くなりました(半日もせずに治った)。後々、一緒に訪れた後輩に「火口付近には5分以上滞在しないでくださいって看板に書いてありましたよ」と告げられました(笑)知らなかった・・・でも楽しかったので特に後悔とかはしてません。

ニカラグアを訪れるのは今回で5回目(たぶん)になりますが、調査期間に時間を割いてしまうため、なかなか国内を観光することは今までありませんでした。今回はとても近場での観光になりましたが、大満足!馬に乗って火山周辺を歩くコースも用意されているようですので、次に来たときはぜひ馬に乗りたいです!

さて、明日はいよいよマティグアスに入ります。
今日でお湯シャワーともお別れか~としみじみしながらシャワーを浴びるも、滞在中のホテルでもなんと水!こんな前倒しはイヤー!なにか事情があってお湯が出なかったのだと思います。はい、明日からはマティグアスで元気に水シャワーで頑張ります!
日本は残暑どころか、まだまだ暑い日が続いていることと思います。みなさんもこの際、水シャワーを試してみてはいかがですか!

それではみなさん!アスタ・ルエゴ~(またね)!
  • 博物館で国立公園の模型を見ています。
  • 博物館の展望台からの景色。遠くにマサヤ湖が見えます。
  • 火口です!モクモクです!風向きによっては反対側のもうひとつの火山も見えるそう。

2014/08/22 15:30:00 ニカラグア首都・マナグアへ到着しました!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
みなさん、こんにちは!そしてはじめまして!
”考古学と博物館学との仲介者ミナミの弟子”こと植村まどかです!
ニカラグアでは「マカ!」と呼ばれております。ぜひとも”ド”にアクセントをつけて「マカ!」と呼んでください!ちなみに私の師匠のミナミ先生は「ミミ!(やっぱりナにアクセント)」と呼ばれて親しまれて(?)おります!どうぞよろしく!

さて、大変長らくお待たせいたしました。本日21日にミナミ先生とその弟子マドカは、隣国コスタリカでの博物館訪問を終えて、ニカラグアの首都マナグアへ到着いたしました!以前からお知らせしていた『プロジェクト・マティグアス』の現地調査で、今回は調査地フィンカ・ラスベガスで発掘をします!調査地選びのために初めて南先生とニカラグアを訪れて早2年・・・ついに待望の発掘調査が実現しました!やったー!

今日は、ニカラグア・カトリック大学の先生やニカラグア国立自治大学の先生と調査に関する打ち合わせを行いました。また今回も本学の学生が発掘調査に参加しています。初めてのニカラグア、初めての発掘、慣れないスペイン語・・・初めてのことばかりで戸惑うこともあると思いますが、一緒に頑張っていきましょうね!

調査地マティグアスへ移動するのは、明後日の23日。明日はニカラグア・カトリック大学と在ニカラグア日本大使館へご挨拶に行く予定です。う~、緊張!あー今日は打ち合わせがほとんどだったので全然写真が撮れませんでした・・・。写真がないのも寂しいので、本日のベストショット・ミナミを公開しちゃいますね!

それではみなさん!アスタルエゴ~(またね)!
  • フードコートで遅めの昼食、そしてこのドヤ顔!美味しかったですね。

Page top