ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

カリブ海調査

2019/03/07 17:30:00 カリブ調査は無事終了しました

  • Categoryカリブ海調査
  • Posted byミサキ
こんにちは、ミサキです。
さて、カリブ調査後半戦は私とケビンに加え、南先生、嘉幡さん(ラス・アメリカス大学)、フリエタさん(メキシコ国立自治大学)、市川さん(名古屋大学)と一緒に調査をおこないました。

まずは、ミスキートの村を訪問。今回お邪魔したのはトゥアピ村とクルキーラ村です。プエルトカベサス周辺の先住民村落はとても閉鎖的と聞いていたので少し心配していたのですが、外国人研究者を温かく迎えてくれたのが印象的でした。村の歴史や生業、宗教など、とても興味深いお話を聴かせてもらいました。

それに加えて、各機関が所蔵している考古学遺物のカタログも作成しました。嘉幡さんが主に写真撮影と3D化、フリエタさんが顕微鏡分析、市川さんと私で図面作成をおこないました。さすがは精鋭、あっという間に作業は進み、無事に調査成果を遺物カタログとしてまとめ、関係者に送ることができました。

今回の調査も、たくさんの人の協力があって実現しました。感謝感謝です。

カリブ調査を終え、次はマティグアス発掘調査に合流します。
引き続き掘れ惚れブログをよろしくおねがいします。
  • トゥアピ村でココナッツをいただきました
  • ニカラグアカリブ自治大学で青空意見交換会
  • 土器の図面を作成中の市川さんと私

2019/02/28 13:00:00 カリブ海でも調査がはじまっているよ~!

  • Categoryカリブ海調査
  • Posted byミサキ
みなさんこんにちは、ミサキです。
今年もニカラグア春期調査がはじまりましたね。
マティグアスでマドカが蟻に噛まれまくっている一方、実は私、カリブで蚊に刺されまくっています。

今回私がやってきたのは、ニカラグア北カリブ自治地域プエルトカベサス市のビルウィ(Bilwi)です。
昨年の春に行ったブルーフィールズは南カリブ自治地域にあります。過去ブログもご参照ください。

初訪問となるプエルトカベサスでは、アメリカ地中海文化総合研究を進めていく準備段階として、各研究機関と協議をしたり、文献や地域事情に関する情報を集めたりしています。いまは私とUNANのケビンが現地入りして活動していますが、今週末には強力な助っ人たちを迎え、考古資料の写真撮影や図面作成をガンガン進めて行く予定です。

ちなみに、ビルウィはミスキート(先住民系)が人口の多くを占め、街ではミスキート語が飛び交っています。また数は少ないですがクレオール(アフリカ系移民)語を話す人もいます。どうりで道行く人が何言ってるのか分からないわけだ…。

では本日はこのあたりで、Aisabi!
(ミスキート語でAdiós!)
  • 飛行機に乗り込まんとするケビンの背中が勇ましい
  • カリブ海にはヤシの木がよく似合う

Page top