ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2017/12/13 13:10:00 第50回チャックモール考古学学会に参加しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
皆さん大変ご無沙汰しております!(ごめんなさい!)
ちょこちょこ当ブログでもご報告がありましたが、今年10月にメキシコ留学から帰国しました。今後はまた日本からブログを更新してまいりますので、どうぞお付き合いくださいませ!

さて、先月のことになりますが、11月8日~12日にかけて、

50th Chacmool Archaeological Conference(第50回チャックモール考古学学会)

がカナダのカルガリー大学で開催されました。めちゃくちゃさぶかった!!!

今回の学会の主催者の一人であるGeoffrey McCafferty先生は、ニカラグアのグラナダで考古学調査を行っています。中米での学会でもたびたびお目にかかっていたこともあって、今回の学会にお声を掛けてくださり、参加させていただけることになりました!

チャックモール学会は、カルガリー大学のチャックモール考古学クラブに由来していて、考古学の知見を深めることを目的に、毎年11月に定期大会が開催されています。今年で50回目を迎える本大会は「過去、現在、そして考古学の未来」と題し、カナダ、アメリカの研究者を中心に、ヨーロッパ諸国、中米からの参加がありました。またメソアメリカと暦、西部カナダ、ジェンダー、衣服とアイデンティティ、中米などの分科会があり、述べ研究発表190本、ポスター発表8本を数える大規模な会となりました。

中米の分科会では、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカでの考古学調査、博物館収蔵品調査など、大学院の修士課程、博士課程の若手研究者からの報告が多く、私はプロジェクト・マティグアスの2017年夏期までの調査報告を行いました。

若手研究者が多かったこともあり、私たちが行っているコミュニティと連携したワークショップは大変興味深く聞いてくださったようで、「調査を行う上でコミュニティとの連携は必須だと感じるけれど、どのように活動すれば良いか分からなかった」というコメントをいただきました。

考古学調査を行うだけでなく、コミュニティと連携したワークショップを行う私たちのプロジェクトは、プロジェクト・マティグアスの特徴のひとつです。学術調査だけに重きをおくのではなく、地域との連携や成果の還元についても私たちは取り組んでいかなければならないと考えています。今回、初めての北米での学会発表となりましたが、私たちのプロジェクトの活動を国際学会で報告できたことはとても有意義だったと思います!
  • 今回学会参加のきっかけを下さったジェフ先生、とても気さくな先生で調査のことを熱心にお話してくださいます。ネクタイが毎日変わって、どれもとてもおしゃれ!
  • 2013年にコスタリカ大学によるグァヤボ遺跡での発掘調査に参加していた友人とも再会できました。これからは同じニカラグアをフィールドに頑張りましょう!
  • カルガリー大学にある中米のコレクションをジェフ先生にご案内いただきました。

2017/12/06 18:20:00 ブルーフィールズCIDCAにて考古資料調査中

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 ミナミです。カリブ海側の港まちブルーフィールズにいます。
 カトリック大学での講演の翌日、今回ブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学(BICU)付属研究所(CIDCA)に収蔵されている考古資料の調査のために集まった5名の考古学者・博物館研究者と一緒にブルーフィールズに到着。早速、CIDCAでの作業を始めました。
 メンバーは、IELAK客員研究員の嘉幡茂(メキシコのラスアメリカス大学准教)、村野正景(京都文化博物館学芸員)、市川彰(名古屋大学院助教)とフリエッタ・ロペス(メキシコUNAM博士課程後期)。いずれも古代メソアメリカ地域を中心とした考古学、博物館学の専門家です。そしてニカラグアからはUNANの卒業生でサグラリオ先生の教え子であるバニ・サンブラナさん。彼は今年CIDCA所長のドナルド先生の下で考古資料の整理をしていたということで今回手助けを頼みました。
 今年、本学とブルーフィールズ・インディアン・カリビアン大学が、国際文化資料館とCIDCAの博物館学、考古学に関する協定を結んだこともあり、IELAKが計画している「アメリカ地中海文化圏」研究の第一歩をスタートすることができました。ただし、調査は地味ですよ~。
 CIDCAに集められている資料の中で重要性の高い遺跡の出土遺物を分類し、実測し、写真にとり、分析する。限られた時間の中、無駄なく進んでいく調査を見て、さすがにこのメンバーならではと感心したり、ちょっと自慢したり(集めたのは誰?そう!)。こういう中に本学の学生さんにも加わってもらおうと思います。
 調査は、今週一杯続きます。しかし、私は村野さんのエルサルバドル国立博物館でのパブリック考古学ワークショップ(京都外大が共催)を見届けるため明日にはサンサルバドルへ向かいます。後ろ髪ひかれながらも、エルサルバドルも大事・・・・・。身体が2つほしいとはまさにこのことです。
 これからもブルーフィールズでの考古学・博物館学調査、IELAK「アメリカ地中海文化圏研究」にご支援ください!
  • CIDCA所長のドナルド先生のレクチャー!いつも熱く語りかけてこられます。オーバーヒート気味ですが(笑)
  • CIDCAでの作業風景。博物館の展示室を借り切って(したがって休館・・・すみません)作業を進めています。正直、楽しい!!!
  • 夕食のレストランでたまたま会合されていたBICUの先生方。学長先生がおられました。先回はお目にかかれなかったのでこの機会にご挨拶。今は、市長さんでもあります。

2017/12/04 14:00:00 ニカラグア共和国カトリック大学25周年記念の講演会

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
 みなさん。こんにちは!ミナミです。またまたご無沙汰しておりました。
 夏の調査が終わり、あっという間に2か月が過ぎてしまいました。いやあ~早いですね。もう12月です。
 さて、途中いろいろご報告したいことがありますが、いつまでも待っているとますます情報がたまっていますので、時間的前後はご勘弁いただき、最新情報をお知らせします。
 ミナミは、29日にニカラグアのマナグアに到着、今日3日にブルーフィールズへ移動しました。そうなんです~授業期間中ですが、ニカラグアのカリブ海側ブルーフィールズでの開始した新しいプロジェクトでの初の考古学資料の調査が1週間の予定で行います。共同研究者であるIELAK客員研究員の先生方の都合もあってこの時期となりました。
 まず、文化庁考古局の局長先生を訪問し、今年の夏の調査の報告を行いました。そして、新しいプロジェクトについて説明し応援をお願いしたところ、ご協力いただけることになりました。
 また、これにあわせてニカラグアの協定校であるカトリック大学から創立25周年の記念として、京都外国語大学と国際文化資料館について話をしてほしいという依頼がありました。両校で進めている「平和の貢献できる人材育成」協働事業について、カトリック大学の先生や学生に知ってもらおうということです。
 ということで、一昨日(ニカラグア12月1日)、大学のホールで1時間(通訳いれて)話をさせていただきました。国際文化資料館の協働活動の特徴、京都のまちや大学の施設案内の後に、外部連携活動事例の一つとして、福井県越前町で進めているフィールドミュージアム活動を紹介しました。学生が作ってくれた動画が人気でした。
 すでに本学に留学を希望している学生が2名いるそうです。楽しみですね。
 さあ、明日からブルーフィールズでの調査が始まります。
  • ニカラグア文化省考古局での打ち合わせ
  • 講演会の後の記念撮影
  • 講演会が終わりほっと一息。カトリック大学のいつもの先生かたの顔がみえます。

2017/09/12 11:40:00 夏の調査が終わります

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
ミナミです。
 夏の調査が終わります。今回は途中でブログが更新できず申し訳ありません。掘れ惚れフアンの方にはふあんを与えた?・・・なんて。
 さて、遅まきながら夏の調査の様子を発信していきたいと思います(マドカもよろしく)。
 今期前半は、事情があって予定を変更し、後半の博物館活動を中心とした調査を実施しました。
 とくにメキシコから参加したマドカが、私の代わりに調査を立派にリードしてくれました。ありがとう。さらにマイやカケルを主役に国際文化資料館、学芸員資格課程の外部連携活動の様子を4月から撮影していた撮影スタッフが、メキシコ、ニカラグアと調査に同行していたこともあって大変だったと思います。ブルーフィールズからはバレーラ由美子さんの支援を得て、またUNANやUNICAの先生方の協力もあってなんとか無事に終えることができました。マティグアスの町の人たちともしっかり関係が築けているなあと思います。また、京都で私たちの活動を支えてくれた資料館のメンバーの力も大きかったね。
 こうしたみなさんの力を得て、マドカもマイもカケルも成長したと思います。
 来年春は今年の夏にできなかった調査を進めないといけません。引き続き楽しく頑張っていきましょう。
 掘れ惚れフアンの方も応援よろしくお願いします。
  • 後半の調査のメインは調査報告会。とくに春の考古学調査の成果報告、コミュニティ・ミュージアムに関するワークショップの報告は、これからの新しい活動の始まりでもあります。UNICAの副学長コテ先生もはるばるマナグアから駆けつけていただきました。
  • カケルに測量調査、実測がいかに重要かを理解してもらうことは今後のプロジェクトにとっても重要なのです。習うより慣れろではなく、習い、かつ慣れる。考古学の目指す上でとっても大切な心構えです。
  • みなさんの協力もあって今回も無事に終わりました。この写真に写っていない人も含め、みなさんお疲れ様でした。

2017/08/29 12:20:00 2017年、夏期調査始まったよ!

  • Categoryプロジェクト・マティグアスの日常
  • Posted byマドカ
皆さま大変お待たせいたしました!
プロジェクト・マティグアス2017年夏期調査が8月27日から始まりました!!!

私は26日にメキシコから合流して、27日にはマティグアスへ移動しました。カケル君とは初対面でしたね、初めまして!
カケル君は私とマナグアで合流するまでの約1週間、UNICAに滞在していました。その様子をまとめてくれましたので、こちらの掲載をもって夏期調査の幕開けとさせていただきます!

****************************
村田翔くん(本学スペイン語学科2年)
今回初参加だったので8月18日当日伊丹空港に着いたとき、楽しみであると同時に不安もありました。スペイン語を大学で1年半勉強してきましたが、しっかりとニカラグアの人たちとコミュニケーションを取れるのかがとても心配でした。というのも、ニカラグアに行ってからの最初の一週間はニカラグア・カトリック大学(UNICA)に滞在し、スペイン語で授業を受ける予定もあり、授業についていけるかなとか、友達ができるかなとか色々考えていました...
無事に長旅を終え、首都マナグアのホテルに着いたとき疲れで爆睡してしまい、次の日の朝、南先生に電話で起こしてもらいました(笑)。その日、UNICAのフランク先生に1日泊りがけで先生の実家があるサン・ラファエル・デル・ノルテに連れて行って頂きました。フランク先生はとても気さくな方で、英語とスペイン語を使って非常にわかりやすく話しかけてくださり、すぐに打ち解けることができました。サン・ラファエル・デル・ノルテは自然豊かで非常に美しい場所でした。ご家族の方もまた非常に気さくな方でたくさん話しかけてくださり、コミュニケーションに不安を持っていた僕にはとても良いウォーミングアップにもなり緊張感もほぐれました。
いよいよ月曜日からUNICAでの学校生活が始まり、初めて授業を受けましたがとても話す速さがはやくほとんど理解できませんでした... しかし、同じクラスの学生たちが話しかけてくれて授業内容を説明してくれたり、会話をしたりしてとても気が落ち着きました。大学で過ごすうちに友達もたくさんでき、金曜日には授業が終わった後、友達にマナグアツアーをしてもらいました。とても良い思い出でしたし、良い経験ができたと思います。来たときよりもだいぶスペイン語にも慣れたのも、友達のおかげだと思います。
たった一週間でしたが、とても内容の濃い一週間でした。
****************************

早速1週間をスペイン語で過ごし、ニカラグアのスペイン語にもだいぶ慣れたでしょうか?今回予定されていた発掘はキャンセルになりましたが、現地報告会の準備、一緒に頑張りましょうね!

それでは皆さま、今期もどうぞよろしくお付き合いくださいませ!チャオ!

  • フランク先生とご家族 
  • 講演会前に... 
  • 友達とマナグアツアー 

Page top