ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどかと深谷岬

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/06/13 12:30:00 京都メソアメリカ考古学研究会を開催しました。

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
みなさん、こんにちは。梅雨時のジメジメのせいで、頭からキノコが生えそうなミサキです。

先週6月10日(土)、京都メソアメリカ考古学研究会を開催しました。この研究会では、メソアメリカやアンデス、中間領域に関する考古学や博物館学についての発表と意見交換を行っています。学生が調査体験報告をしたり、大学院生が論文の構想について発表したり、第一線で活躍する研究者から最新の調査成果報告があったりと、幅広い内容を扱っています。

今回は名古屋大学大学院の伊藤伸幸先生から、エルサルバドル共和国の発掘調査成果についてご発表をいただきました。

【第52回京都メソアメリカ考古学研究会】
発表タイトル:「チャルチュアパ遺跡エル・トラピチェ地区の発掘について」
発表者:伊藤伸幸先生(名古屋大学大学院)

先生からは、これまでの発掘調査成果から明らかになってきたことや、春の調査で見つかった「7バクトゥン」の石彫の解釈についてお話していただきました。チャルチュアパ遺跡では、オルメカやマヤと関係のある遺物が数多く出土しており、メソアメリカの歴史を考える上でとても重要な遺跡と言えるのです。
ちなみに私もチャルチュアパ遺跡の調査には2013年から参加させていただいてます。

「7バクトゥン」って何?という声が聞こえてきそうですね。みなさんは、「マヤの暦」についてご存知でしょうか。例えば私たち日本人は、西暦と和暦を用いて日付を表しますが、古代マヤの人たちは、主に短期暦と長期暦と呼ばれる暦を使って日付を表していました。そして「バクトゥン」とは、長期歴で日付を表すときに用いられる単位なのです。
2012年12月21日にマヤの長期暦が終わって世界も終わる!と、少し世間がざわつきましたね。しかし、長期歴が一区切りを迎える2012年12月21日はいわゆる大晦日のような日で、翌日2012年12月22日はいわゆる元日にあたるので、世界が破滅するわけではないんです。
マヤの暦について少しだけお話しましたが、実はもっと複雑です(笑)。もっと詳しく知りたい方は、まずは「ミサキ」まで!さらに、国際文化資料館図書室にある入門書や専門書を手に取られることをお勧めいたします。

  • 研究会の様子。
  • 質問に答える伊藤先生。
  • 懇親会の一枚。写真に収まりきっていません。私がメイン!!!

2018/06/04 11:20:00 ニカラグア研究集会を開催しました

  • Category発掘・考古学
  • Posted byミサキ
初夏の日差しが眩しい季節となりました、掘れ惚れブログ初投稿のミサキです(実は過去記事に登場しています)。

先週5月30日(水)、来年度以降の調査に向けた研究集会を開催しました。これまで、ニカラグア内陸部に位置するマティグアスを中心に調査を進めてきましたが、ミナミ先生はカリブ海岸地域にまで調査地域を広げるため、あれやこれやと算段しているとか・・・。

研究集会プログラム
【報告①】 ニカラグアで石器をみせてもらいました。(川合剛先生、名古屋市博物館)
【報告②】 ラス・ベガス遺跡出土土器 (深谷岬、京都外大博士課程)
【自己紹介】 鈴木真太郎先生(グアテマラ・デルバジェ大学)、青木敬先生(京都外大教員)
【協議】来年度以降のアメリカ地中海地域を対象とした総合的研究に向けて意見交換
古代文明メソアメリカとアンデスを結ぶ中間領域:両文明の狭間で発展した周辺地域の重要性(嘉幡茂先生、メキシコ・ラスアメリカス大学)

今回は国内外から共同研究者のみなさんが集結し、今後の調査計画について熱い議論が繰り広げられました。
川合先生からは今年春に行われた石器分析についてご報告をいただきました(かわい先生だけにかわいらしい発表タイトル)。私からは土器に関する報告をさせていただき、鈴木先生と青木先生にはご自身の研究についてお話いただきました。
嘉幡先生からは、これまでの調査から明らかになった中間領域研究の重要性と研究計画案ついてお話があり、それをもとに皆さんで協議をおこなって今後の研究方針について話し合いを進めました。

今後の調査については、このブログで随時報告していきます!乞うご期待!
  • 研究集会の様子。
  • キリッ。
  • この後の懇親会でも議論は続くのであった・・・

2018/05/14 13:50:00 お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018~ ③海外フィールドワーク反省会をUNICAで行いました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
さて、続きまして同日5月3日のことになりますが、UNICAで海外フィールドワーク反省会と来年度の開催に向けての意見交換を行いました!

海外フィールドワークとは、今年2・3月に開催されたラテンアメリカ考古学と博物館フィールドワークinニカラグア&ちょこっとコスタリカde博物館見学!のことで、本ブログでも活動風景(活動まとめについてはコチラから)を報告してまいりました。

この海外フィールドワークでは、大学での座学やボアコでのコミュニティ調査など、UNICAと協力しながら進めている活動が多くあり、より良い活動を目指して今期の反省と今後の課題について話し合うものでした。

異文化交流をしながら言語の壁を乗り越え、フィールドワークを協力して行うという、体力的にも精神的にもなかなかハードな活動内容ではありましたが、UNICAの学生もKUFSの学生も、海外フィールドワークには大変満足!ということでした!とくに、UNICA学生から「座学で学んだことをフィールドで実践して初めて身につくということを体感できた!」という意見が出ていたというフランク先生のお話が印象的でした。

最後に、ボアコの協同組合で取り扱っているオーガニックコーヒーとハチミツの販売ブースを紹介していただきました!ここでは、海外フィールドワークに参加した学生たちが授業の空き時間に店番をしながら、ボアコのオーガニックコーヒーやハチミツを販売し、普及活動を行っているそうです。フィールドワークだけで終わるのではなく、このように継続して活動していくことが大切ですね。

来年もより良い海外フィールドワークの開催に向けて、引き続き頑張っていきましょう!
それにしても、コーヒーとハチミツって本当に良い組み合わせ!私は毎朝トーストにボアコのハチミツ、ボアコのオーガニックコーヒーでハッピーな朝食です!
  • お馴染みとなりました、UNICAのフィールドワーク担当先生方(左から、ウルテチョ先生、コテ先生、サラマンカ先生、フランク先生)
  • ボアコのオーガニックコーヒー販売ブースでは、フィールドワークに参加した学生さんたちが交代で店番!
  • マドカの朝食はボアココーヒーとハチミツ!え、パン3枚も食べるんかって?こ、こっちの食パンは小ぶりなんですよ!ほんとに!

2018/05/12 14:00:00 お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018~②在ニカラグア日本大使を表敬訪問しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
続いて、5月3日には在ニカラグア日本大使を表敬訪問しました!
2018年3月に着任された在ニカラグア日本大使鈴木康久氏にお招きいただき、大使公邸にて意見交換を兼ねた昼食会に出席してまいりました。

現在、京都外大がニカラグアで実施しているマティグアスやボアコなどの各プロジェクトのカウンターパートであるUNANとUNICAを代表して、UNANからは大学事務局長を務めるルイス・ロバート先生とサグラリオ先生、UNICAからはコテ先生とフランク先生がそれぞれ出席され、和やかな雰囲気のもと有意義な意見交換会となりました。

鈴木大使は、日本がどのような形でニカラグアに協力・貢献できるのか、また外大のプロジェクトが日本とニカラグアの架け橋になるために大使館としてどのように協力できるかについて先生方のご意見を伺いながら議論を深められました。

マティグアスでのコミュニティ・ミュージアム設立に向けての協力についてもご快諾いただき、今後の活動にもますます熱が入ります!
  • 最後は鈴木大使と出席者の先生方みんなで記念撮影!

2018/05/07 17:40:00 お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018~①JICAニカラグア事務所を表敬訪問しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
¡Hola! (こんにちは!)
ニカラグアからどうもこんにちは、暑さのあまり一足お先に夏バテ気味のマドカです。
掘れ惚れブログをご愛読の皆さま、今年のゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?私はといいますと、冒頭にもありましたように、お師匠ミナミ先生のお供をして5月からニカラグアに来ております。

今回は、「お師匠ミナミ先生のGWの過ごし方2018」と題しまして、GW中のニカラグアでの活動をご報告したいと思います!

まずは5月2日にJICAニカラグア事務所を表敬訪問し、所長の高田宏仁氏と意見交換会を行いました。プロジェクト・マティグアスもかれこれ5年目となる中、今回JICA事務所を訪問したのは初めてのことでしたが、今後の新しいプロジェクトに向けての有意義な意見交換ができました!

ニカラグアのJICAでは、インフラ整備や地域活性化、教育など様々な協力活動を通じてニカラグアがより良い国になるよう貢献してきました。とくに、マナグアからマティグアスへ向かう途中に架けられた立派な橋もJICAの橋を架けるプロジェクトのひとつでした。また、セントロアメリカーナ大学(UCA:Universidad Centroamericana)では、在二カラグア日本大使館と連携して、日本語講座を開講しています。

いっぽう、私たちの行っているプロジェクト・マティグアスや、ボアコでのコミュニティ調査については、外国人チームとしてではなく、UNANやUNICA、地元NGOなど現地のカウンターパートとしっかり役割分担が出来ており、プロジェクトを進める上でとても良い環境にあることを高田所長に評価していただきました。

また、フィールドへの関わり方については、京都外大とJICAとの間で大きな違いがあることも分かりました。南先生は、京都外大がフィールドワークをする上で、長期的にフィールドに関わり続け、プロセスを公開し、地域住民と共有することが大切だというお話。しかしJICAの場合は、ボランティア隊員の任期は通常2年と限定されるため、決められた時間で成果を見込めるような短期プロジェクトが主流になっており、長期的なプランを掲げることが今後の課題だと高田所長はおっしゃていました。

おっと、少しずつ京都外大とJICAのビジョンがマッチしてきました・・・?!高田所長はマティグアスでのコミュニティ・ミュージアム活動にもとても興味を持ってくださり、夏期調査の現場を視察に来ていただけることになりました!プロジェクト一同、お待ちしております!

今回ご対応いただきました高田宏仁所長のJICAニカラグア事務所とご挨拶のページを以下のリンクで共有しています。JICAに興味のある方は以下をご覧ください。

ニカラグア事務所
高田宏仁所長からのご挨拶

(JICAホーム―ページより)


現在絶賛帰国中のお師匠のミナミ先生には、JICAから帰国後の宿題をいただいておりますので、京都外大とJICAとのコラボレーション・プロジェクトについては先生から詳しくご報告いただけるかと思います!そうですよね、先生!ご期待ください!

  • 今回も現地研究協力者のバレーラ由美子さんにご協力いただきました!早速新しく出来たピザ屋さんを紹介していただきました。美味しいいい!
  • 意見交換会を終えて。ゆるやかにたなびくJICAの旗を眺めながら、未来の共同プロジェクトに胸をわくわくさせるKUFS一同でありました!

Page top