ページの先頭です。ページの本文へ

掘れ惚れニカラグアDiary RSS

Profile
【ブログスタッフ】
“考古学と博物館学との仲介者” 南博史
“その弟子”植村まどか

【このブログについて】
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所(http://www.kufs.ac.jp/ielak/)では、学内の国際文化資料館(http://www.kufs.ac.jp/umc/)との共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。
このプロジェクトは、国際文化資料館館長、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。
つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。
現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。
今年の夏は、このマウンドの一つを発掘調査する予定ですので、こちらのブログより情報発信していきたいと思います! 現地説明会にて

2018/02/12 12:00:00 フィールドワークミーティングを行いました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
いよいよ中米フィールドワークの出発が今週末と迫ってまいりました!

出発に向けて、引率担当の南先生と国際文化資料館学芸員の西村先生、コミュニティエンゲージメントセンターの森川さんとフィールドワーク参加学生が出席し、顔合わせを兼ねた打ち合わせを行いました。

参加される学生さんたちもニカラグアでのフィールドワークは初めての経験になります。
事前に頭の中でシュミレーションを重ね、疑問や不安なことなどをひとつずつ解消していくことが大切です。現地調査では、現場での応用力ももちろん大切ですが、こういった事前の準備が重要なのです!

さて~出発まで残り1週間となり、プロジェクト・マティグアス調査組も急いで準備を進めています!やらなきゃいけないことはまだまだたくさん残っています!頑張るぞ~!オー!!!(必死)
  • 現地調査に向けて、質問が飛び交います!準備が大切です!

2018/02/06 10:40:00 KUFS PEOPLEに掲載されました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
みなさんこんにちは!
先日募集いたしました「ラテンアメリカ考古学と博物館フィールドワーク」の募集では、2名の学生が応募してくださいました!2月中旬の出発に向けて、急ピッチで準備を行っているところです!

さて今回は、京都外国語大学HPのトピックとなっているKUFS PEOPLEについてご紹介します!KUFS PEOPLEは、京都外大で活躍する外大生や卒業生、教員など、外大にゆかりのある人物をピックアップしている人物紹介サイトです。

なんとこの度、私のことを取り上げていただきました。インタビューでは、考古学を始めたきっかけや、後輩に向けたメッセージなどをお話させていただきました!とくに、日頃はなかなか学部生と接する機会がないので、学部生に向けてのメッセージを発信する機会をいただけて良かったです!提供した写真もたくさん載せていただきましたが、中でもオルメカヘッドの写真がとても気に入っています!皆さまもぜひご一読いただければ幸いです。

お師匠のミナミ先生のページも一緒に貼り付けちゃいました!こちらもぜひご覧くださいませ!


KUFS PEOPLE


植村まどか
(2018年2月5日掲載)

南博史先生
(2015年10月28日掲載)

2018/01/23 15:40:00 【急募!】ラテンアメリカ考古学と博物館フィールドワークセミナー参加者募集のお知らせ!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
皆さま大変お待たせしました!
いよいよ今春、ニカラグア&コスタリカでのフィールドワークセミナーを開催することとなりました!

ラテンアメリカ考古学と博物館フィールドワーク in ニカラグア


&ちょこっとコスタリカde博物館見学!


日程:2018年2月18日(日)~3月18日(日)29日間
対象:博物館学芸員課程履修中の在学生、
   考古学、博物館そしてラテンアメリカに興味のある在学生
費用:50万円程度(別途海外旅行保険費用として13,120円が必要です)
申込方法:コミュニティ・エンゲージメントセンター(8号館1階)へ申込書類を提出
申込締切:2018年1月24日(水)

在学生の皆さまにはすでにWebCampusでお知らせがあったかと思いますが、参加申し込み締め切りはなんと明日までとなっております。8号館1階(8号館ロビーに設置されている水槽横の出入り口から図書館に抜ける通りにあります)のコミュニティ・エンゲージメントセンターに申込用紙がありますので、締切日までに申し込み用紙を提出しましょう。

≪セミナーの見どころ!≫


見どころその1:ニカラグア・カトリック大学で留学体験!
ニカラグア到着から最初の1週間は、ニカラグア・カトリック大学(以下、UNICA)でニカラグアに関する基礎知識(歴史、文化、文化財など)を英語・スペイン語で勉強します。またオプションとしてスペイン語基礎会話授業も受けられるので、スペイン語が分からなくても大丈夫!UNICAの先生方がアットホームな雰囲気で楽しく教えてくださいますよ!

見どころその2:ボアコ県コミュニティでインタビュー調査!
続いての1週間は、ボアコ県でフィールドワーク調査です!これまでにブログでもご紹介してきたボアコ県の各コミュニティで、UNICAの学生と協力ながら地域課題解決に向けたインタビュー調査を行います。
参考:ボアコ県コーヒーと蜂蜜
(2014年8月)

見どころその3:遺跡発掘調査体験!
現地にも慣れてきた3週間目はいよいよマティグアスの発掘調査に参加します。発掘だけでなく、ぜひマティグアスで地域一丸となって取り組んでいるプロジェクト・マティグアスに皆さんもメンバーとして加わってください!現場ではマドカが皆さんをお迎えいたします!

見どころその4:コスタリカで博物館見学!
最後はなんとニカラグアから国境を飛び越え、コスタリカまで博物館訪問に行きます!コスタリカでは、首都サンホセにある国立博物館、コスタリカ中央銀行博物館(黄金博物館)、ヒスイ博物館の3館を訪問し、コスタリカの考古学、地域事情について学びましょう。また国内唯一の遺跡公園グァヤボ国立遺跡公園ツアーも予定しています!

さぁ、どうでしょうこの盛りだくさんなイベント!
道中は南先生や外大職員の先生方が引率してくださいますので、安心して参加できるのもこのセミナーの良いところです。
締切間近となっておりますが、皆さまのご参加をお待ちしています!

2018/01/17 14:30:00 明けましておめでとうございます!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
本年も掘れ惚れニカラグアDiaryを宜しくお願いいたします!

さて2018年に入り、半月程が過ぎました。日本各地は年明けから寒波の影響で大雪に見舞われましたね。毎日寒い…私はもう、ニカラグアの蒸し暑い気候が恋しくてたまりません!!!

プロジェクトからの近況報告としましては、先週1月12日(金)に開催された国際文化資料館第30回合同報告会で、2017年夏期調査に参加したカケル君から調査参加報告がありました(詳しくはクリック先の資料館ブログをご覧ください)。

またプロジェクトでは、早くも今年の春期調査に向けての準備を進めています!
今年の春期調査では、昨年の春以来の発掘を再開し、発掘調査をガッツリ進める予定です。もちろん、ティエラブランカ村での報告会も予定しています。

今後の活動も、随時ブログでご報告していきたいと思っております!
今年もプロジェクト・マティグアスを宜しくお願いします!
  • 報告会で発表中のカケル君

2017/12/27 17:00:00 平成29年度私学研究資金第1回報告会を開催しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byマドカ
こんにちは!
皆さまクリスマスはいかがお過ごしでしたか?私はこの年末年始はニカラグア調査報告書の作成に向けて、お師匠のミナミ先生とともに報告書執筆マラソンを駆け抜けることになりそうです!さすが師走!プロジェクト・マティグアスでは、弟子のマドカはもちろんですが、師匠のミナミ先生も全力疾走でがんばります!

さて本日は、12月25日に行った「平成29年度私学研究資金第1回報告会」についてご報告します!なにやら小難しいタイトルがついておりますが、11月29日から12月8日にかけて南先生たちがニカラグア・ブルーフィールズで行った博物館調査と、エルサルバドルで開催されたパブリック考古学ワークショップに関する活動を報告しようという会です。

最初に、市川彰先生からブルーフィールズCIDCAでの考古資料調査およびソンブレロ・ネグロ遺跡フィールドワークについてご報告いただきました。CIDCAの考古資料はBICUやUNANなどの大学による緊急発掘や地域住民から寄贈された資料が多く、資料のコンテクストが不十分である点が指摘されました。またソンブレロ・ネグロ遺跡にある大きなペトログリフ(岩刻画)についてもご紹介いただきました。

続いて、村野正景先生からはエルサルバドルでのパブリック考古学ワークショップについてご報告いただきました。サンサルバドルにある国立人類学博物館で開催されたこのワークショップは「アイデンティティを強化する道具のひとつとしてのパブリック考古学」をテーマとしており、自分たちのルーツを探るためのパブリック考古学の在り方について議論が行われました。以下はエルサルバドル文化庁(SECULTURA)が公開しているワークショップの様子です。スペイン語ですが、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

≪関連動画≫
Secultura impartió taller de Arqueología Pública
(クリックするとYoutubeページに飛びます)


最後になりましたが、みなさま今年一年も掘れ惚れニカラグアDiaryをご愛読いただきありがとうございました!2018年もプロジェクトメンバー一同精進してまいりますので、これからも応援よろしくお願いいたします!
それではみなさま!良いお年を!
  • 市川先生発表中です。今回の調査に参加された研究者の皆さまが参加されました。
  • 村野先生からはエルサルバドルでのパブリック考古学ワークショップの参加報告でした。

Page top