ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

2020/02/10 13:40:00 あわら温泉での学生の取り組み Student Initiative: Awara Photo Spot

  • Categoryお知らせ
  • Posted byKUFS Global Tourism
皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしですか?

今日は嬉しいニュースを皆さんにお届けしたいと思います!長大晴さんらグローバル観光学科1年次生の学生有志5名の皆さんが福井県あわら市や市観光協会と連携してプロデュースにかかわったフォトスポットが、先月28日、あわら市内の藤野厳九郎記念館にオープンしました!!

すでに本学ホームページでも紹介されていますので、ご存知の方々もいらっしゃるかもしれません。

グローバル観光学科では1年次生の取り組みとして、昨年、一昨年と学生、教員全員で福井県のあわら温泉を訪れ、学生目線での活性化策をフィールドワークにもとづいてあわら市や市の観光協会に提案させていただくという取り組みをおこなってきました。今回の連携企画は、この学科の取り組みに参加し問題意識を得た学生たちが自主的に課外で準備を進めてきたものです。

今日は、この活動に関わってきた長大晴さんからの寄稿を紹介します。

★活動経緯
 2019年6月に学科の行事でフィールドワークを行った際に、私があわら市観光協会の津田かゆきさんへ「あわら市を活性化していきたいです。」と声を掛けた事から始まりました。
 最初はWiTEPという学生団体を作り、活動をしていたのですが、メンバーのすれ違いなどが多く、他の活動でも上手くいかず、リーダーとしてまとめきれないという問題に直面し、個人で決断し活動せねばならなくなりました。しかし、結果的には、同じ学科1年次生の出口隼大さんと前田楓恋さんが最後まで協力をしてくれて、とても感謝しています。
 2019年8月には1週間、あわら市の美松という温泉旅館でインターンをさせていただきながらあわら市の現状を調査しました。それからあわら市を訪ねて観光協会の方とも何回も会議を行い、インスタ映えスポットを制作する事が11月に決まりました。12月には、あわら市インスタ映えスポットを制作するため、自分達の手で一つ一つ製作していきました。今年の1月28日にオープン式に出席し、あわら市インスタ映えスポット「あわらロマン館」を約8カ月間にわたり無事製作し終えました。
 あわらロマン館を制作した理由は、あわら温泉の観光推進になるようなスポットを学生目線で作れたらと考えたからです。私たちは現地調査を通して、平成初期のあわらは着物、浴衣をきた観光客が大勢訪れる街だったことを知りました。しかし今となっては、年々観光客の減少し、少子高齢化など多くの問題を抱えた町となっています。観光客の中にも旅館を出ると何も無いと言う方が多くいらっしゃったため、記念に写真を1枚とれるような場所は出来ないかと思い制作しました。また、今話題のアニメちはやふるや鬼滅の刃など、コスプレイヤーの方がここで写真を撮って頂くと「映える」の一言がでるのではないでしょうか。

★感想
 地域政策を考えるにあたって、まずは自分達が現地の方と交流する事が一番大切な事に気づきました。夏にインターンシップを行っている間、地域の方とご飯を一緒に食べ、一緒に足湯に浸かることでその場でしか得られない地域の方々の声を聞くことができました。そして、本当に自分の地元でもない地域の政策に自分たちがかかわってもいいのだろうか、よそ者の自分が行うことについて地域の方々はどう思うのだろうかなど、いろいろと考えました。今考えると、その声に沿って地域政策の在り方を考えることはとても重要だったと思います。
 グローバル観光学科の正課活動で学んだこと以外にもこういう形で、地域貢献を考えられるのはとても貴重な経験でした。また、学校やテレビ、新聞等多くのメディアの方が取材に来られ、オープン式の言葉、そしてテープカットまで参加し、全てにおいて貴重な経験が出来ました。関係者の皆様に感謝いたします。これからもあわら市観光協会の皆様と共に地域政策をしていきたいと思っています。

Hello everyone! Today, we have good news! A group of students from the Department of Global Tourism Studies worked in collaboration with Awara City, Fukui to create a very unique local photo spot at Fujino Genkuro Memorial Hall in Awara.

Awara City is known for its hot springs. For the past two years, all the first-year students and faculty staff of the Department of Global Tourism Studies went to Awara Onsen in Fukui prefecture to conduct fieldwork. This photospot project started with a question gained through the fieldwork and developed by five 1st year GT students outside the university curriculum.

One of the leading students of this project, CHO Taisei is going to tell you the details.

★How this project started
 When we visited Awara in June 2019 as part of our school trip, I talked to Ms. TSUDA Kayuki of Awara City Tourism Association about my motivation to revitalize the city of Awara.
 We formed a student group called WiTEP to work on the project, but I faced the leadership challenges of managing this group and ended up making decisions pretty much for myself working on the project. However, I was lucky enough to be supported by some of my classemates including DEGUCHI Hayato and MAEDA Karen.
 In August 2019, I was given a chance to do internship at a traditional Japanese inn called Mimatsu. While doing internship, we did some more research in Awara.
In November, after many meetings with the city's tourism association, we decided to create an instagrammable photo spot. In December, we made parts one by one to decorate the spot. Finally, on January 28th, we attended the opening ceremony of the photo spot "Awara Roman Hall", and our 8-month project was completed.
 The reason why we created this photo spot was because we hoped to contribute to the promotion of tourism in Awara from the perspective of students. Through our field research, we learned that Awara hot springs used to attract many tourists wearing Kimono and Yukata.But, the number of tourists now decreases year by year, and the town also faces the challenges of aging population and fewer children. As we heard from many tourists that there was nothing to do outside the hotels, we thought it would be nice to have a place where they can take photographs. We also think that cosplayers can enjoy themselves taking photos there.

★Our reflections and projections
 Through this collaborative project with Awara City Tourism Association, we realized that the most important thing was to interact with local people. During the summer internship period, I was able to hear the real voices of the locals when we spent time with them eating and bathing together. These experiences made me think and question about many things. Is it really okay for an outsider like me to involve the local policy-making process? How do local people think about that? These quesions and voices have shaped my way of involving the project and the tourism promotion of Awara City.
It was such a precious experience for me to extend my learning beyond in-class lectures through this project. I am grateful to all the people who have helped us with this project and to the media attention given to the opening ceremony of the photo spot. I am hoping to continue our partnership with Awara city tourism association.
  • オープニングセレモニーの様子
  • あわらロマン館でハイ・ポーズ!
  • コスプレーヤーの方々にもお薦めです!

Page top